【From America】

2024年04月16日

【From America】「皆既日食」

アメリカのウインドゲイト緑です。

日本でも報道があったと思いますが、4月8日にアメリカの各地で皆既日食が見られました。アメリカ各地で日食が始まりしばらく真っ暗になる瞬間をとらえて、TVでも各局が報道していました。この日の午後は、アメリカ中がTVにくぎ付けになりました。

私の住んでいるコネチカット州では、100%の皆既日食ではなく92%ということで、真っ暗にはなりませんでしたが、確かに夕方の感じでちょっと暗くなった感じがしました。
日食地図数人の友人は、100%の皆既日食を見るために、会社からお休みをもらってNY州の北の方まで泊りがけで出かけて、この100%の皆既日食を体験しに行きました。そのくらい、全米がこの皆既日食に湧いていました。わざわざ遠出はしなくても、家の近所で広くて木々にさえぎられない公園などに集まって、一緒に日食を見るというイベントは各地で行われていました。
日食眼鏡
お出かけしないまでも、自宅で日食を見たい、という人が多いので、日食を見るための眼鏡(簡単なボール紙で出来ている眼鏡)を買うのに苦労した、という話も沢山聞きました。私は幸いにも前もってネット注文して取り寄せていたので、準備は万全。後は、お天気を望むばかりでした。

日食コネチカット州では午後2時15分ころから日食が始まり、どんどん欠けていき、3時45分頃には最大のサイズにまでなり、メガネを通してみる太陽は細い三日月のようになりました。そして、再び段々太陽が大きくなり4時15分ころには元の丸い形になりました。

皆既日食はなかなか体験できるものではないので、「次は何年も先だから、私はもう生きていない」」という人。「いやいや、世界中のどこかで日食はあるのだから、飛行機に乗って見に行けば良い」という人。「でも、わざわざ出かけてお天気が悪かったら、見られないじゃないか」という人。皆さんそれぞれに意見が分かれますが、この皆既日食(私は部分日食でしたが)を見る機会は本当に「一生に一度かもしれない」体験になりました。

日本での皆既日食は2035年になるそうです。どうぞ皆さんもこの「又とない機会」を逃さない様にして見てください。絶対に感動しますよ。

aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2024年04月09日

【From America】「アメリカ東海岸で地震」

4月雪アメリカのウインドゲイト緑です。

4月になって、日本では桜が満開の時期だと思います。暖かくなって春の訪れを感じる嬉しい季節ですね。所がアメリカの東海岸では異常気象現象が起こっています。

先ず初めに、4月4日の朝には雪が降りました。大雪警報が出たほどでしたが、幸いにも私の家の地域は大雪にはならず、我が家の庭も真っ白になったものの、雪かきが必要なほどではありませんでした。4月に雪が降るのは珍しいですが、異常というほどではありません。

所が、本当にびっくりするような出来事が発生しました。4月5日午前10時20分頃に、地震が起こったのです。日本人の私は地震に慣れているので、さほど驚かなかったのですが、東海岸に住むアメリカ人は、先ず地震を経験したことがありません。西海岸のカリフォルニア州には地震は良く発生するので、アメリカ人全員が地震を知らないわけではありませんが、このニューイングランド地方に住んでいる人にとっては「青天のへきれき」の出来事で、先ず何が起こったか? 分からない人が多かったようです。
周りの人たちに聞くと、大きなヘリコプターが近くを飛んでいたのかと思った。とか、大きなトラックが走り去ったのかと思った。という表現の人が多かったです。家が揺れて、ガラス窓がビリビリと揺れる事と言えば、上記のようなことしか経験がなかったようです。

地震私の住んでいるのはコネチカット州で、震源地であるニュージャージー州からはかなり離れていますので、この程度の感覚で終わったのですが、ニュージャージー州のお隣のニューヨーク州マンハッタンやその反対側のペンシルベニア州の方々はもっと怖い思いをしたでしょう。そして震源地近くのニュージャージー州の人たちはマグニチュード4.8ですから、それはそれは怖かったことでしょう。
そして、ホッしたのもつかの間。再び、夕方6時半ころに、いわゆる余震が起り、また同じような感覚を味わいました。私達が感じていないような余震が、震源地近くではもっと頻繁に起こっていたようです。

最近の台湾の地震の報道があったことからも、地震の怖さは報道で見て知っていたけれど、実感として味わったのは初めて、という人が多く、天災の怖さを思い知った4月の始まりでした。

世界各地で様々な異常気象、天災が起っています。日本の皆様もくれぐれも気を付けて、春の訪れを大いに楽しんでくださいね。


aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2024年04月02日

【From America】「イースターの食卓」

アメリカのウインドゲイト緑です。

イースター飾り3月31日の日曜日はイースターでした。さてイースター(復活祭)の食卓には何が上るのでしょうか? アメリカは人種のるつぼと呼ばれるように沢山の移民が住んでいるので、11月のサンクスギビングのように全米が皆こぞって七面鳥を食べるような決まったメニューではなく、様々な食べ物が各家庭のバックグランドにより違うようです。

それでも、イースターのシンボルである卵やウサギをテーマにした飾り物やお菓子、そしてメニューにはラム肉を食べる家庭もあるようです。羊は聖書にも良く登場する動物で、羊飼いや迷える子羊などキリスト教には欠かせない動物です。
私の嫁いだ家ではイースターのメインの料理はハムでしたが、デザートには羊の形をしたケーキを義理の母が作ってくれていました。私の限られた周囲の人たちを見渡すと、ハムを食べる家庭はかなり多いようですが、それに沿える副菜にはそれぞれのお国柄が出るようです。

ちなみにチェコスロバキア出身のご家庭では、ピエロギやソーセージが登場するそうです。イタリア系のご家庭では、クリスマス・イブに食卓に乗る7種類のシーフードメニューをアレンジして、7種のシーフードの入ったラザニアを食べる、と言っていました。日系のご家庭にはどんな副菜が登場するのでしょうか? ちょっと食卓テーブルの上を覗いてみたいですね。

家族が集まって祝うイースターは春の訪れを祝う楽しい祝日です。

aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2024年03月26日

【From America】「イースター」

アメリカのウインドゲイト緑です。

イースターはキリストの復活を祝う祝日です。クリスマスはイエス様のお誕生日で、皆さんご存知のように12月25日と決まっています。所が、イースターは毎年日にちが変わります。その決め方というと、「春分の日の後の最初の満月の次の日曜日」という方法なので、早い時には3月下旬、遅い時には4月上旬から半ばになることもあります。イースターは、キリストが十字架にかけられて亡くなった後3日目に復活したことのお祝いである「復活祭」です。

クリスマスといえば、クリスマスツリー。ハロウィンといえば、カボチャ。というように定番のシンボルが決まっていますね。イースターは「イースター・エッグ」と「イースター・バニー」です。イースターエッグは卵。つまり命の象徴なのです。一般的には、ゆで卵に春らしい黄色、ピンク、薄いブルーなどの色を付けて飾ります。

また、子供たちにとっては庭に隠された卵を探すというゲームも楽しみの一つです。これを「イースター・エッグハント」と呼びます。この時に使うのは本物のゆで卵ではなくて、プラスチックで出来た卵で、中は空洞になっています。その中にちょっとしたお菓子や現金を入れておいて大人が事前に庭の低木の下や草木の茂みに隠しておくのです。それを子供たちは「宝さがし」のような感覚で探します。実に楽しい光景です。

イースターバニーもう一つは「イースター・バニー」で、これは兎です。兎は多産であることから、繁栄のシンボルになっています。というわけで、アメリカのイースターには兎がバスケットに入った卵を持っている姿が沢山飾られます。

春の訪れと共に祝うイースターは、花が咲き、木々が芽生える時期でもあり、生命の力強さを感じる楽しいいお祝いの時です。みんな春らしいドレスを着て教会に行くのが楽しみな、そんなお祝いの日です。

今年のイースターは3月31日の日曜日です。
ハッピー イースター!!!

aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2024年03月19日

【From America】「好きな物を我慢する期間」

アメリカのウインドゲイト緑です。

日本ではキリスト教の行事はクリスマス以外にはあまり知られていない様に思います。クリスマスはイエスキリストのお誕生日ですが、イースターはキリストが十字架につけられて亡くなった後に復活した日のお祝いです。
そのイースターのお祝いの前に「レント」と呼ばれる40日間のキリストが苦難を受けたことを思い起こす期間があります。前回 カーニバルの話題をお伝えした時に、キリストの受難を覚えて何か自分の好きな物を絶つ、という行いをするカトリック信者が私の周りにいることをお伝えしました。

チョコレート私だったら何を絶つか? 好きなものが沢山あるので、どれを選ぶか悩むところですが、あまり好きでないものを絶つのは簡単なので、やはり「これは大好き!」を絶たないと意味がないですよね。
そこで、私は「チョコレート」を選びました。1週間くらいは、あー、意外に簡単かもしれない、と思ったのですが、40日間(しかも日曜日をのぞいているので実際には46日間)で、これは長い!!!

初めてこのチョコレートを絶つということをして感じたのは、好きなものを絶つのは思ったよりも難しい、という事です。カーニバルで大いに騒いで、次にくる「レント」の前に羽目を外す気持ちがちょっと分かった気がしました。
チョコレートをもっと食べておけば良かった、と思っても、もう遅いですね。イースターまであと一息。頑張ります。

皆さんだったら 何を絶ちますか?

aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)
月別の記事一覧
最新コメント