2024年06月22日

ビュッケブルグ歳時記 323

サッカーのヨーロッパ大会


 6月14日(金)にドイツ対スコットランドで幕を開けたこの大会は、2006年の世界大会と同じように、スポーツ界だけではなく産業界にも、大きな輝かしい ”真夏の夢” を持ってきてくれることを期待するような幕開けでした。ちなみに5:0でドイツが勝ちました。

 この大会についてのコメントを見つけましたのでお知らせしてみます。


* 2006年のワールド・カップは経済界発展がすでに限定されていて財政危機は過ぎ去っていたのだが、産業沈滞の現在には、景気つけや、産業イメージを促すロケット・ブースター(発進用の助けロケット)などような役目をする ”真夏の夢”がくれば、この大会では淀んでいる世情を晴らすことに大きな効用があるはずだ。

* サッカーヨーロッパ大会が持ってくる得点を見てみよう。650000人が観戦のために来独する。この人たちの飲食、Trikot(選手の着るその国のシャツ)の購入、宿泊ホテル、飲食店 etc. がもたらす使用料による利益。
 またサッカーボールや旗などのその他の商品売買による利益なども、経済界に大きな利益を与えると思われる。

* このような利益を小売業者でさえ 今年のローロッパ大会での利益として3、8Milliarden と予測している。

* 残念ながらこの予測を ”相対化” する懐疑者もいて、その人たちは ”なんの利益も持ってこない大会” と言っていることも事実なのだが・・・

* これは観戦のための Ticket にお金を使ったのでその他のモノやコトは倹約するというサッカー・ファンが多いことと考えることからくる結果論。

* 何はともあれ ”しめったー(この国ではアルコールの入った飲み物を表現する時にこのような表現をすることが多いのです)楽しげなー飲み物” は、競技場でも、Public Viewingでも無くてはならないものであるから、ここからの収入が多いことは期待できる。アルコール無しのビールの販売が大きく伸びるだろうというのが業者の見解。

* 最後に経済的な第一の勝者は Europaeische Fussballverband UEFA であろう。この機関は、今年のドイツでのヨーロッパ大会の利益は 2 Milliarden(十億)Euro と見通ししていて、この額は先回のフランスでの大会利益より26%多い。

* UEFA はスイスの ”公益奉仕をする協会” に席があり、この協会では税金を節約することが可能。今年の利益もこの協会に払い込まれる。

* このような状態の中でのドイツでのサッカー・ヨーロッパ大会はドイツの良い姿、例えば客に対して友好的であるとか、大会がよく組織立っているなどと公表できる。


 このように国技のサッカー・ヨーロッパ大会を楽しんでいるのが今のドイツです。対スコットランド、対ハンガリーと勝ちました!

aokijuku at 00:30│コメント(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
月別の記事一覧
最新コメント