2024年06月11日

【From America】「女性ならではのがん検診」

アメリカのウインドゲイト緑です。

皆さんは定期的にがん検診を受けていますか? 仕事が忙しくてそんな暇はない、と後回しにしている人も多いことと思います。それは洋の東西を問わず皆同じで、仕事を優先していると、なかなかお神輿があがらないですよね。アメリカでは特に女性ならではの子宮がん検診と乳がんのマンモグラフィーは受ける人が少ないので、何とかその受診率を上げたい、と必死になっています。

今回取り上げるのは、二つの受診率を上げるアイデアについてです。
先ずは、子宮がん検診ですが、これは女性が女性の医師にお願いしても、やはり恥ずかしいと思ってしまう検診ですね。先日TVのニュースで報道していたのは、自宅でしかも自分一人で出来る検査キットが出来た、というニュースです。これなら、自分の好きな時に一人で安心して検査できます。画期的ですね。これで、子宮がん検診の受診率が上がると良いと思います。

女性がん検診次は乳がんのマンモグラフィーですが、検査方法が乳房をぎゅーと押されて痛い、という声も多く聞かれます。痛さをこらえることが出来る度合いは人によって違います。痛いけどいちょっとの間だし、平気よ。という人も居れば、痛くて耐えられない、という人もいます。こちらはやはり機械がないと出来ないので、自宅で、というわけにはいきません。そこで、自分磨きには余念がない女性を対象に、マンモグラフィー検査に来たら、併設されているネールサロンでマニュキアが出来ます。というオマケを付けることにしたそうです。その名も マンモグラフィーとグラマーラスという言葉を組み合わせて、「グラモグラフィー」と名付けました。

これらの新しいアイデアで、女性がもっと積極的に検査を受けてくれるとよいですね。

aokijuku at 00:30│コメント(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
月別の記事一覧
最新コメント