2023年12月09日

ビュッケブルグ歳時記 310

Karlsruher 裁判官達の持つ大きな権力!


 Blog309で2024年の国家予算成立の行方が危ぶまれていることをお知らせしましたが、今回は来年の予算を持てないとの判決を下したこの国の連邦憲法裁判所の持つ大きな力と、裁判所が現在検討している政府の、又は政治家の諸々の疑問点についてお伝えしてみます。


 先立って、連邦憲法裁判所とは16人の裁判官(半分は連邦議会、半分は連邦参議院により選出され、12年の任期を持つ)によるこの国の憲法裁判所です。

 裁判所と聞くと「人間の犯した罪を裁判する所」と思ってしまいますが、憲法裁判所は罪を裁判するのではなくて、「政府がこの国の憲法に沿った仕事をしているか」を検討する裁判所なわけです。 


 この裁判所で現在、検討されている問題とは、 

* ショルツ首相と銀行問題
 これは首相個人の問題で、彼が首相になる前にハンブルグ(はベルリンと同じように市が州に見なされる)の市長をしていた時に、W. 銀行との間で行われたと言われる財政と税金政策の Cumーex スキャンダルの真相。
 判決が出て不正事件があったとされることになっても、その詳細とか刑に関することはこの裁判所では降りないわけです。

* 暖房法規
 この法規についてはSPD( 社会民主党 )と CDU /CSU, FDP( 自由民主党)が長い間争っていたのだが、この法規を作るには時間が必要だというCDU党の意見がこの裁判によって決まって、今もその時が来るのを待っている。

* 再度の選挙法改革
 アンペル連合党の要求で新しくされた選挙法について抗議する告訴が出ている。この案は連邦議会を小さくするという案で、この案は左翼とバイエルン地方のCSUから出されたもので、裁判所の判決が待たれている。

* 連邦政府への質問
 内務省のF 氏の「アンペルl連合党は言われた期限を守らなかったが、それに対する対する処置は」という問いに対しての裁判所の答えは 「14日間というのは仕事の忙しい時には守れる期間ではない」との判決を明らかにしという判決が読めます。

* 2021年のベルリン選挙での混乱
 選挙用紙の不足、選挙までの長い待ち時間、決められた選挙時間を過ぎてからの選挙、もっと酷かったのは選挙所の扉が閉まった後の選挙で、CDU /CSU は選挙をやり直したいと訴えているが、この判決は12月19日に下りる予定。


 ベレー帽を少し硬い形にした帽子も、長いゆったりしたローブも深紅、そこへ太いネクタイ状の白いマフラーで襟すじを彩っている老若男女の、この国最高の憲法裁判官達の写真からは、この国と国民を守ってくれるような雰囲気が見えるような気がするのですが。

aokijuku at 00:30│コメント(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
月別の記事一覧
最新コメント