2023年09月12日

【From America】「NASAのロケット打ち上げ」

アメリカのウインドゲイト緑です。
 
NASA私が小さい頃には、宇宙に行くというのは映画の世界だと思っていたのが、今はそれが現実となりました。そして、アメリカのNASAは勿論、日本でも日本独自のロケット打ち上げに頑張っています。

日本のロケット打ち上げ場所が種子島なら、そのアメリカ版はやはりNASAで今回私が友人を訪問したアメリカのフロリダ州オーランドにはケープ・カナデラルがあり、友人宅はNASAに近い場所にあったので、滞在中にロケット打ち上げを見たいと思っていました。

最近は国を挙げての宇宙開発のロケットとは別に一般のロケット(いわゆるコマーシャルベースのロケット)も発射されるため、友人の話では1週間に一回はロケットが打ち上げられる、と言います。昼間の場合もあれば夜の場合もあるけれど、とにかく物凄い音がして家がガタガタ振動する、との表現に、いかに大きなパワーを必要としているのかと想像が出来ます。夜に打ち上げられる場合には、空がとても明るくなって綺麗なんだよ。とのお話。それは是非とも見たい、と思いました。

私が滞在している間に2回ほど打ち上げが予定されていて、私はわくわくしながら待っていました。打ち上げ時間は発表されるものの、時間通りにいかないことは頻繁にあることから、TVのローカルニュースは勿論のこと、ウエブサイトにも頻繁にアクセスして、打ち上げの瞬間を見たいと準備していました。
所が、夜中の3時25分などという時間帯で、初日は何かのトラブルで延期。翌日の延期された時間もやはり午前3時35分。パジャマに着替えずにベッドで横になって目覚まし時計をセットしても、気になって眠れません。携帯のカメラを準備して友人宅の庭に出ます。
定刻になっても、何も起こりません。ウエブサイトによれば、またしても延期。それも次のロケット打ち上げは私が帰った後になっていました。二晩とも夜中にずっと起きていたこともあり、「あー、がっかり。次回までお預けなのね。もう疲れたから寝ます」とベッドに戻りました。私は疲れていたこともあり、バタンキューで爆睡してしまいました。

次の朝、「おはよう! 今朝の5時の打ち上げは見たの?」と聞かれて えーっ??? 私はすっかり寝込んでしまい、建物がガタガタと振動する? ことも知らずに寝ていました。あの音と振動で起きないはずはないのに、、、、。と言われて、恥ずかしい思いになりました。友人は、音に気が付いて外に出たものの、もうロケットは空高く舞い上がり、目視出来なかった、とのことで、誰もロケット打ち上げを目撃することは出来ませんでした。実に残念なことでした。

友人の話によれば、地元の人たちは1週間に一回はあることなので、珍しくもないし、全く気にならない、とのこと。また、遊びに来てね、その時には昼間のロケット打ち上げだといいね、と言われました。日本の種子島の皆さんもこんな経験なのかどうか分かりませんが、ぜひ一度は見てみたいものですね。

aokijuku at 00:30│コメント(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
月別の記事一覧
最新コメント