2024年03月09日

ビュッケブルグ歳時記 316

武器提供について


 今、この国を沸かしているのはある種の武器をウクライナに提供するかしないかの問題です。

 ここで問題になっている武器とは、ドイツとスエーデンが作ったTarget Adaptive Unitary and Dispenser Robotic Ubiquity System 「TAURUS」(ラテン語で雄牛の意) と呼ばれる自動操縦のロケットです。空中及び地上の巡航ミサイルということです。この武器は、

* 5mの長さと1400kg の重さを持ち、1つの歯車装置と4つの航法(ナビゲイション組織)を持つ。

* 距離間隔が自由で(100km飛べる)強固で低いところにある建物、例えば兵器倉庫とか軍事相談所などを爆撃出来る。

* KEPD ー350は500Kmの所にあるものを近寄らずに攻撃することが可能なのでパイロットの安全が保証される。

* Tornado と Eurofighter と同等の力を持つ。

* 80Kg の弾頭システムなので、敵機の下を飛ぶことができる。

* 1機の値段は1 Million ユーロ。

* この武器が完成した当時、ドイツは600機を購入し、その中の150機は今でも活動可能。残りの機は整備が必要。


 この武器をウクライナの首相が欲しいと願ったのです。そしてその返事に困っているのが今のドイツなのです。

 理由は色々取り沙汰されているようですが、この武器をドイツが提供した場合は、第一の理由としてドイツが戦争に参加するというか、戦争を肯定するという立場に置かれる可能性があるということのようです。


 そしてまた、ウクライナの操縦員がこの機を操縦できない場合にドイツの兵隊がウクライナの戦場に出ることも不可能であることも理由の一つに挙げられています。

 そしてTaurusロケットの飛行及び目的地がモスクワまで届くという結果になると、戦争国がソ連対ドイツとなるわけで、提供は不可能になるなど、色々取り沙汰されている今日この頃です。

 TVの政治番組でも専門家や政治家や市民がそれぞれの意見を発表して、活発に討論及び論争しています。


 ショルツドイツ首相は「提供できないと」と明言しています!

aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2024年03月05日

【From America】「オレオ・クッキーの日」

アメリカのウインドゲイト緑です。

オレオ3月6日はNational Oreo Dayだということをご存知でしょうか?
私は勿論、大勢の人がオレオ・クッキーのファンだと思います。オレオ・クッキーを知らない人はいないと思いますが、白くて甘いリームを真ん中に入れて、丸いチョコレートクッキーでサンドイッチしたお菓子です。日本でもお馴染みの「ナビスコ」が売り出したクッキーです。

食べ方は色々ですが、
●そのまま食べる(勿論ですね)
●ミルクに浸して食べる。
●二つのチョコレートクッキーをひねって、二枚に分けて食べる。(この時に、白いクリームだけ先にペロペロ舐めて、後からチョコレートクッキー部分を食べる)
このような方法が一番人気のある一般的な食べ方だと思います。

オレオ・クッキーの歴史は長くて、最初に販売されたのは1912年、アメリカのニュージャージー州だそうです。その名前にも歴史があり、オレオ・ビスケットという名前から、オレオ・クリーム・サンドイッチに替わり、更にはオレオ・チョコレート・サンドイッチ・クッキー、という現在の名前になったそうです。とはいえ、日本ではそんな長い名前は不要で、オレオと言えば、誰でもわかる有名な名前ですね。

クッキーとして食べるのは勿論、細かく砕いてパイの生地にしたり、アイスクリームと混ぜて食べたり、またオレオ・ボールというクリームチーズと混ぜて作るトリフもあり、利用方法は多様です。

オレオ・クッキーの好きな人には二種類のグループがいる、と言われています。というのは、チョコレートクッキーの部分が好きな人と中身の白いクリームが好きな人に分かれるのだそうです。「私、オレオが大好きなの」というと、「貴女はどっち派?」と聞かれます。これは動物好きの人に 「あなたは犬派? それとも猫派?」と聞かれるようなものですね。
白いクリームが好きな人の為には、中のクリームがダブルになって入っている物もあり、また白いクリーム部分がミント色になっている物など、クリーム派の皆さんは色々選ぶことも出来ます。

オレオ・クッキーはファンが多く、なかなか奥が深いなーと思います。

ハッピー オレオ・クッキー デー!!!

aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2024年02月27日

【From America】「アメリカの酒販売」

アメリカのウインドゲイト緑です。

アメリカの日本食ブーム、酒ブーム、ということは日本のTVなどでも報道されていますから、日本の皆さんもご存知だと思います。しかし、NYのマンハッタンならわかるけれど、実際のところはどうなんだろう? と思っていらっしゃると思います。

酒今年もまた恒例のユタ州のパークシティーにスキーに行って参りました。丁度 Sundance 映画祭が開催されていることもあり、映画関係者やかなりのセレブが集まっている時期ですが、ユタ州の酒屋さんで「酒コーナー」を見つけました。私の記憶では、昨年は存在しなかった酒コーナーです。
酒屋さんの店内の作りは、全米ほぼ皆同じで、ワインのコーナー、ウイスキー、ジン、等々 探したいお酒の種類がすぐに見つけられるように分類されて棚に並べられています。そこに「SAKE」と書かれているコーナーが出現しました。
それも、単に日本酒、というのではなく、吟醸酒、にごり酒、梅酒など。かなりの種類が展示されています。殆どの酒の瓶は750ml、つまりワインの瓶と同じサイズなのですが、もう一つ珍しいものを見つけました。

3L 酒日本では小さいサイズは750mlで、その上のサイズの日本酒は「一升瓶」と呼ばれる1.8L 入りの瓶が普通ですね。所が、ここでは写真のような丸い感じの3L入りの日本酒が売られていました。
このような大きな瓶が存在して、更にそれを買うお客様がいるからこそ、店頭に並べているわけです。ということは、かなりの酒好きな人がいる、という事でしょう。ちょっとお試しに買うのなら、750mlで十分です。

ということで、日本で報道されているアメリカの酒ブームは、かなり全米に広がっていると言っても間違いない!と実感しました。

aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2024年02月24日

ビュッケブルグ歳時記 315

痩せ細って帰ってくる子供たち!


 こんな表題の、今年の1月の新聞記事が目に止まりました。よく見ると子供たちは日本の子供たちです。お正月の休みの後に、子供達が母親と共に、無料でもらえる食物店に群がっている大きな写真も目に入ります。


 内容は今の日本政府がしている社会政治についてです。内容を縮小してお知らせしてみます。

* 現在の政府のやり方、特にシングル・マザーに対して行っている政策は、救助政策イコール自力救済と言えるもので、一人で子供を育てている母親への援助は皆無に等しい。

* この政策の結果は、2023年の出生数が2022年の記録よりも少ない726000人という結果になっている。

* 2022年の日本の出生率は1.26。ドイツ1.46。

* 日本の人口は125millionen。この数では老人が多くなっている一方で子供の出生率が少なくなっているという不均衡が目立つ。

* ”私は離婚したのですが、離婚相手からの手当金は皆無” と、仕事として看護人と事務手伝いをこなして子供育てているA子さんは言っている。”どの政治家になっても同じこと。現在の政治家たちは私たちの境遇には目を止めてくれないから” と言っているのはB子さん。

* 日本は ”G〜7 国々の中ではただ一国として「両親権」が生きている国である。 この「権」とは「子供が欲しくなければ、出て行ける」という権利である。
 ということは離婚になると子供は母親が引き取るということになるという終末の権利なのである。その結果、離婚者の半分の母親は非常に貧乏困窮者になるというのも特徴として言えるのである。

* そして離婚家庭の24%の子供たちは1日の食事は2回、というのが当たり前である。

* また、休暇が明けた時に学校に来る生徒たちのうち、父親のない家で育った子供たちは体重が減って、痩せていることが多いのも明白なことである。

* 「このように ”働く男性” を中心に置く現在の日本社会を”子供たち”を中心に置く社会にするのは長い時間が必要とは思われるが、その動きの出発が今始まったと思われることに希望が持てる」と、子供たちに食事を与える食品店の責任者のT.さんが話してくれた。


 この記事では触れていませんが、近頃の日本では結婚する人が減っている。子供の数が減ってゆく、というのは今までにも耳に入ってくる事柄でした。そして民主主義の権法を変えようという前首相の意見も聞こえていました。

 平和と子供達を守る日本であってくれますように願いながらのBlog です!

aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2024年02月20日

【From America】「ビートルズの60周年記念」

アメリカのウインドゲイト緑です。

ビートルズのバンド1964年2月9日 エド・サリバン・ショーにビートルズが初めて出演してから60年が経ちました。
今年の2月で60周年、ということで、あちこちでビートルズを記念するショーが行われています。私達がよく行くレストランでも、地元のバンドを招いてビートルズの曲を演奏していました。

地元のバンドメンバーの年齢は? かなりのシニアたちです。でも、その外見とは全く違って、楽しそうに、そして元気に演奏している姿を見て、ビートルズは世界中の人の心に大きな軌跡を残しているのだと改めて感じました。演奏している曲は誰もがみんな知っている曲ばかりです。

日本人のビートルズファンにとっては、オノ・ヨーコさんが日本人であること。アメリカ人のビートルズファンにとっては、ジョン・レノンさんとオノ・ヨーコさんがニューヨークのマンハッタンに住んでいたこと。また、ジョン・レノンさんが亡くなったのもNYということで、とても身近に感じているのかもしれません。いいえ、そんな事よりも、とにかく音楽の力なのです。ビートルズの音楽は世界中の人を魅了したのです。

音楽というのは、その曲を聞いた途端に気持ちがタイムスリップ。当時のことがすっかり蘇る不思議な力がありますよね。ビートルズの曲には皆さんそれぞれ何かの思い出があるはずです。昔の曲でもメロディーから歌詞までちゃんと覚えていて一緒に口ずさめるもの嬉しいです。バンドと一緒になって歌っているお客様の嬉しそうなお顔。バンドのメンバーもそれを見て、大いに盛り上がっています。この一体感はその場にいてこそ味わえるものですね。ビートルズ万歳!

皆さんの大好きなビートルズの曲は何ですか?

aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)
月別の記事一覧
最新コメント