2010年02月16日

【From America】「シティー・センター」

アメリカのウインドゲイト緑です。
ラスベガスで今一番新しい観光スポットと言えば、なんといってもシティー・センターでしょう。MGMミラージュとドバイ・ワールドが共同で計画し、昨年12月にオープンしました。

ラスベガスのストリップにあるベラージオとモンテカルロの間に位置する大きな土地に、6種類の建物から成り立つ巨大なシティー・センターがあります。その6つとは、Aria リゾート & カジノ、Vdara、The Harmon Hotel & Spa、Mandarin Oriental、Veer Towers、The Crystalsです。シティー・センターは今までのカジノ・ホテルとは違い、コンドミニアムを含んでいます。12月にオープンしたと言っても、まだ建築中の部分もあり、高級コンドミニアムも売り出し中。世界の経済がこんな状態では、果たして高級コンドミニアムが完売になるのかどうか???

Tram01今回私が行って来たのは、高級店の並ぶショッピング・センターのクリスタルズとカジノ・ホテルのアリアです。既存のカジノ・ホテルのベラージオとモンテカルロの間をモノレールが結んでいましたが、その中間に駅が作られましたので、ショッピング・センターのクリスタルズ駅で降りるのが一番交通の便が良いでしょう。

私個人のシティー・センターの印象は、モダン・アート・ミュージアムみたいな場所という感じがしました。今までのラスベガスのカジノ・ホテルはそれぞれテーマがあり、その建物に入った途端にイタリアやエジプトにタイム・スリップしたような錯覚に陥るほど模倣が上手でした。今度はモダン・アートの世界です。クリスタルズとアリアの間には、ヘンリー・ムーアの彫刻(箱根の彫刻の森を思い出します)が飾られています。アリアのエントランスには、大きな滝を思わせる巨大壁面の噴水があり、ガラス張りのエントランス部分から中に入ると銀色のアートがきらきら。モダン・アート:ミュージアムの雰囲気です。

聞くところによれば、カジノ・ホテル「アリア」に一回宿泊するとコンピューターがお客様の好みの室内温度やらウェークアップ・コールの時間、好みの音楽など全てを記憶してしまい、次回泊まるときには同じ設定で迎えてくれるというVIP扱いを全室でしてくれるそうです。リピーター客には嬉しいサービスですね。

Elvis01アリア」の中で一番私の興味を引いたのが2月半ばから正式オープンする「ビバ・ラスベガス」というショーです。「キング」のニックネームを持つエルビス・プレスリーをテーマにシルク・ド・ソレイユが織り成すショーは大勢の人の注目を集めています。アリアの二階にあるシアターの前には、プレスリーの銅像があり、ショップの中にはプレスリーのCDやDVDをはじめ、Tシャツからギターなどたくさんのおみやげ物を売っています。

Elvis02アメリカ人はプレスリー大好き。いいえ、きっと世界中にプレスリー大好きという人がたくさんいると思います。どんなショーになるのか今から楽しみですね。

midori_windgate at 00:00|この記事のみを表示コメント(0)

2010年02月15日

【明日の世界】その7

モンゴル」その2
モンゴル国:面積は日本の4倍で人口は300万人、広島県と同じとのことです。首都ウランバートルに100万人。日本の相撲中継が始まると全国で仕事しながら見ているそうです。半ば見ることを公認?しているようです。

目を閉じて横綱朝青龍、白鳳の声を聞いているまったく日本人と変りません。モンゴルの最近のアンケートで最も親しみを感じる国は日本とのことです。

さてウルジさんが何故日本に関心を持ったかについて彼女はこう言いました。終戦後日本人の捕虜がウルジさんのお父さんが住んでいた町にも来たそうです。その捕虜収容所の生活振りが実にまじめで、住民にも好印象を与えたことをお父さんからよく聞いたそうで、間違いなくそのことが日本をもっと知りたいと潜在意識にありました。
モンゴルとの紛争のきっかけはノモンハン事件とのことですがお恥ずかしいことにどんな事件が知りませんでした。司馬遼太郎のモンゴル紀行から一部ご紹介させてください。
「1939年関東軍が満州と外豪(モンゴル人民共和国)の国境近くのノモンハンにおいて積極的に国境紛争をおこした。事件の発端はモンゴルの騎兵数騎がハルハ川まで馬に水を飲ませに来たことから起こった。この付近の国境線は不明確で日本側はその付近は満州領であるとし、モンゴル側はそれを自領としていた。その数騎を満州国軍の警備騎兵が実力で追い払ったのに対してモンゴル側は翌日60騎で問題の地点へやってきた。押し返すためにやってきたのではなくて、モンゴル側にいわせると、「あそこで馬に水を飲ませるのは、何千年来われわれが続けてきた」と言うことであったらしい。それを日本側が挑発とみた…

モンゴルの満点の星空を見ると心が癒されるそうです。日本からのツアーが増えそうですね。
ウルジさんの益々のご活躍を期待しております…続く

kiyoshi_kawabe at 00:00|この記事のみを表示コメント(0)

2010年02月14日

【青木塾に学ぶ】 3

おかげさまで、2月10日の青木塾も盛況でした。
今回も始まりのカンパイの音頭を山田社長にお願いしましたが、いつもカンパイの音頭の前に必ずお話を一つ披露していただけます。今回は最近読まれた本の紹介でした。「かもの法則」という本でしたが、その日の夜にすぐネットで購入して、翌日届いて一気に読んでしまいました。昨年話題になった、「シークレット」という本も読んだことがありますが、内容的にはほぼ同じポジティブな心構えを啓蒙する内容ですが恐らく翻訳でない分この「かもの法則」はとても分かりやすく、また一つ元気をもらった気分です。
山田社長にはお忙しい中、月に一度はお時間をいただきいろいろなお話を伺いますが、必ず最近ご自身が経験して良かったことを教えてくださいます。それら全てご自身で体験されて良かった事ですので、こんなにありがたいことはありません。私は山田社長から教えていただいた本などは必ず読むようにしています。
お会いすれば何か自分の為になることが伺える・・・。毎回お会いするのがとても楽しみな先生です。山田社長に感謝・・・。
山田社長もご自身のブログを持たれています。青木塾ウエブサイトから、「ミニメイド・サービス蝓廚悒螢鵐していただき、さらにリンクサイトから「ミニメイド社長の企業ブログ」でご覧いただけます。


aokijuku at 00:05|この記事のみを表示コメント(0)

2010年02月13日

フクオカマーケット

福岡に笠榮一という知人がいます。実に精力的な人物です。
1943年生まれの66歳ですが、今日東京に出てきたと思ったら、翌日には沖縄にいて、翌々日には韓国といった具合です。(少し表現がオーバーです。)重い荷物(キャリーバック)を引きずって歩速が又早いのです。一般の人の倍速です。並んで歩くのに息切れします。この笠さんがコーディネーターとして参画している「フクオカマーケット」があります。協会会長は九州電力(株)相談役の鎌田迪貞氏です。協会会員、銀行・商社・メーカー・証券会社等での様々な分野から参加しています。
毎月マンスリーマーケット(毎月20日頃)を開催し、ベンチャー企業の資金調達、販
路拡大、技術の提携、業務提携などの支援をしています。又、年2回(毎年1月、7月)展示会等を開催しています。このマーケットは福岡だけでなく、九州全域、日本全域、アジア地区(福岡、アジア新時代創造特区)にも拡大して、新しい出会いの場を設けています。3月18日のマンスリーマーケットには、河辺さんの紹介で知り合った大坪風貴子さんが支援している高性能マスクを開発販売している螢皀船ゼ(鳥取市)と私の関係先でLLC(新時代の蛍光灯)の販売元、つばさインターナショナル(有)が参加します。
地方発信ですが、新しい出会いの場として期待できます。景気低迷、アジアに追いつ かれ、追い抜かれ、日本政府に期待が持てない時代に、地方が頑張っています。青木塾の皆さんもぜひ参加してください。
(財)福岡県産業・科学技術振興財団。ベンチャーサポートセンター
     http://www.ist.or.jp/ven/


aokijuku at 00:05|この記事のみを表示コメント(0)

2010年02月12日

バレンタインデー

真穂としみ日曜日はバレンタインデーですね。

ヨーロッパではこの日を『愛の日』として、花やケーキ、カードなどを贈る風習が生まれました。この風習をビジネスに上手として活用したのが、メリーチョコレート。昭和33年に新宿・伊勢丹で行われたチョコレートセールが始まりだといわれています。当時、3日間で売れたのは30円の板チョコ5枚と4円のカード5枚だけだったそうです。

100212_211322今年は早くも母から夫にチョコレートが贈られてきました。
白金台にあるチョコレート専門店『ショコラティエ・エリカ』。
ここのチョコレートは、見た目の上品さとほんのり甘い味が大人のお菓子と感じさせてくれるチョコレートです。いつも季節を映す数十種類の手作りチョコレートがショーケースを飾っている人気のお店。特にこの時期は連日にぎわっています。
贈り物にもお勧めですよ(^0^)/

まだチョコレートを買っていないという女性の皆さん、よろしければ足を運んでみてください。






toshimi_maho at 22:25|この記事のみを表示コメント(0)
月別の記事一覧
最新コメント