2024年01月13日

ビュッケブルグ歳時記 312

新しい年になったドイツの近況


 大晦日0時きっかりに盛大に打ち上げられる爆音の大きい花火に、今年の幸運を託して新年が迎えられたドイツですが、それが止んで静寂が戻った元日は休日なので、日本で言われる寝正月というのが、この国の仕事を持つ人々の元旦風景と思えます。

 2日からはまた普通の勤務日に戻るわけですが、今年は暮れに政府から出された政策に不満を持つとの農業組合の 抗議で、「農夫抗議デモ」が盛大に行われると報道されていたのですが、その通りベルリン付近の道路はトラクターの行列で、一般交通が阻止されている報道がありました。そして1週間後の今はトラクター抗議デモは全国に広がり、アウトバーン(高速道路)やその他の行道が見渡す限りのトラクターによって通行止めになっているのです。


 ここで新聞に載っているこの国の農夫の生活状況をお伝えしてみます。

* この国の農夫は平均して1年、115000ユーロの収入があり、この額は決して少なくではなく、この10年間農夫の生活水準は満足できる額であるはずなのに、世界的にみた場合や自然保護法などを考慮すると不満が出てきて、デモの動機となっている。

* また、これだけではなく、農機具としての車にかかる税金も免除されている。同時に農業ジーゼル車にかかる税金免除も2026年まで伸ばされた、という外から見ると大きく優遇されているように見えるのであるが、”農業がなければ、スーパー・マルクトも、レストランも無くなる”ということを盾にとって、農業デモが行われる。国が出す補助金の4%は農業に行き、その上にEUからの援助も大きいのである。

* 農場閉鎖は昔は1年に100000件があったのだが、現在は32000と少なくなっている。

* そしてウクライナ戦争による穀物の値段上がりで、2023年の農場の経済は今までより45%も向上したのだ。

* 最初の揚げた115000ユーロという収入額は一つの農場の受ける額であって、その農場で働き、生きる家族数によって額面が違ってくるわけで、1週間40時間の労働で、49000ユーロの報酬、というのが平均値であろう。


 このように高速道路はもちろん、小さな町の道路さえも緑のトラクターで塞がれ、交通が阻止されたというのがこの国のお正月だったのです。
 連邦農業大臣 Cam Oezdemir (みどりの党)は、「今までのところ、農業者デモは絶対的に ”平和” で ”合法” であった」とコメントしています。


 今回のトラクター・デモには色々なことが含まれているように思われます。鉄道のデモがまだ未解決で、多くの市民が迷惑を我慢している時に農夫デモも受け入れるという(国)民の政治に対する意識は尊いことのように思われます。
 そして連合農業大臣の名前をアルファベートで書いたのは、ドイツ人ではないことを示すためです。この国では政治家も国際的なのです。

aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2024年01月09日

【From America】「エッグノッグ」

アメリカのウインドゲイト緑です。

日本は正月早々、地震や航空機事故で、お正月どころではない、という気分になったことでしょう。アメリカでもこの二つのことは、大きく扱われて、どのTV局も一斉に報道していました。地震や事故に見舞われた方々に心からお見舞いを申し上げます。

さて、話題は変わって、お正月の話題といえば、初日の出を拝んだとか、三が日に食べたお節料理や初詣に行ったことなど、皆さんも沢山思い出を作ったことと思います。昔は「おとそ」を飲むというのも、お正月の祝い方の中の一つだったと思いますが、最近ではお正月におとそを飲む家庭は少ないのではないでしょうか。その代わりに、大好きなビール、ウイスキー、日本酒、焼酎などで乾杯をする方が多いと思います。

eggnogアメリカのクリスマスやお正月(New Year)によく飲まれるドリンクに、「エッグノッグ」という物があります。エッグノッグと聞いて、卵酒みたいなものかな? と想像することでしょう。確かに卵が入っているのですが、生クリームや牛乳とお砂糖の入った甘い飲み物です。これに、ラム酒などをいれてアルコール飲料としても飲まれていて、大人用、子供用、様々なエッグノッグがあります。歴史的にはイギリスから来た飲み物らしいですが、材料は牛乳、卵、砂糖、それにシナモンやナツメグなどの香料をちょっと足したもので、ゆるいカスタードクリームを飲んでいるような感じです。

写真のボトルはお酒が入っている飲み物ですが、感謝祭からクリスマス、お正月の時期にアメリカへ来る機会があれば、是非とも一度は味わってみてはいかがでしょうか。

aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2024年01月02日

【From America】「大みそかの祝い方それぞれ」

アメリカのウインドゲイト緑です。

日本の年末年始は様々な古くからの「しきたり」がありますね。年越しそばを食べ、お正月にはお節料理を食べるのは、日本独特の習慣ですが、諸外国にもそれぞれに独特の新年の迎え方があるようです。

アメリカは人種のるつぼと呼ばれています。移民の国であるアメリカのお正月は、母国のそれぞれの風習を持ち込んだ形で行われるので、これがアメリカ式、というものがありません。

この時期のTVのニュースでは様々な国の風習にスポットを当てて紹介するのですが、今回私の目に留まったのはスペインの習慣です。
大みそかの31日の夜 12時、つまり日本では除夜の鐘が鳴る時間です。その時に、緑色のブドウを12個食べる、というものです。12個は次に来る12か月を意味するそうで、それぞれの月が幸せであるようにと祈って12個食べるそうです。
世界中でスペイン語を話す国は沢山ありますから、ヨーロッパのスペインだけでなく、メキシコやプエルトリコを始めとしてラテンアメリカの国々もこの習慣を引き継いでいるのでしょうか?
12のブドウ
TVのニュースでは、長い竹串に12個を刺していたので、一瞬私の目にはお団子?と見間違ってしまいました。12個の緑色のブドウはワイングラスに入れたり、お皿に盛ったり、方法は様々なようですが、簡単に真似出来るので、今年の大みそかにはやってみました。

アメリカは日本と比べて、大晦日(New Year’s Eve)には行事らしい行事は特にありません。あちこちで花火が上がって、シャンペンで乾杯して、大好きな人とキスする、くらいの祝い方が一般的と言えるでしょう。

日本の皆さんは、これから様々な日本のしきたりに従って、お書初めや7日の七草がゆやお供えのお餅の鏡開き、など1月は様々なこと待っていると思います。どうぞ日本のお正月を存分に味わってください。

Happy New Year!!!

aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2023年12月26日

【From America】「クリスマス プレゼント」

アメリカのウインドゲイト緑です。

皆様のクリスマスはいかがお過ごしでしたか? 日本のクリスマスは恋人と祝ったり、お友達と祝ったりすることが多く、家族で集まるのはお正月、というパターンが多いでしょう。お正月休みを前に、25日も会社はお休みでは無く、年末までの仕事を片付けるために必死で仕事をする、というのが日本式ですね。

xmas プレゼント一方、アメリカはクリスマスが家族で集まる大切な祝日になります。25日はお店もレストランも一斉にお休みになります。11月の感謝祭とクリスマス、この二つがアメリカでは家族と過ごす大切な祝日です。その為に日本の帰省ラッシュのように道路も飛行機も込み合います。

クリスマスのプレゼントは一年かけて選びに選んで、沢山用意するというのがアメリカ式です。小さな小物から大きなプレゼントまで、綺麗にラッピングしてクリスマスツリーの下に置きます。誰から誰へ、というシールが貼られていると、一体なにが入っているのか? 子供でなくてもちょっとドキドキしますよね。

さて、このプレゼントを開ける時の日米の違いに注目してみましょう。日本では、進物品を頂いたら、食べ物なら先ず仏壇に供えて、とか有難く頂いておいて後から開けてみる、などがマナーとされていたと思います。勿論 最近は日本のしきたりやマナーも変化してきて西洋化し、その場ですぐに開けて、中身を見て「ワー、素敵! 有難うございます!」と喜びを示すことが、送り主へのマナーになってきましたね。

でも、綺麗にパッケージされた箱の包み紙を開ける時には、丁寧に綺麗に、包装紙をやぶらない様に開けるのが日本式だと思います。包んでくださったその細やかな気持ちに敬意を表すのも、プレゼントの開け方のマナーという考え方ですね。中身だけでなく、ラッピングにも心がこもっているのを理解して、大切に扱うのが送り主への心遣いだと思います。
ところが、アメリカでは綺麗に包んであるクリスマス用の包装紙を、これでもか!というくらい乱暴にビリビリ破いて開けます。私は見ていてハラハラしながら、内心 もうちょっと丁寧に開けて欲しいな、と思いますが、どうやら、これは「嬉しくて待ちきれないんだ」という気持ちを表す、喜びの表現の一つらしいです。そして、中身を見たら、綺麗なクリスマス用の包装紙やリボンは、ぐちゃぐちゃに丸めてゴミになる、という宿命です。

30年もアメリカに住んでいながら、私は未だにこのプレゼントの開け方にいつもハラハラしてしまいます。
包装紙を綺麗に開けてどうするの? その包装紙を再利用するの? と聞かれますが、なんだか包装紙が可哀相で、この取り扱いに心が痛んでしまうのは、きっといつまでも変わらないだろうな、と思うクリスマスです。
これは喜びの表現の違いですから、プレゼントを頂いて嬉しいのは誰でも同じですね。

今年のクリスマスに皆さんはどんなプレゼントを差し上げたり、頂いたりしたでしょうか?楽しい思い出に残るクリスマスだったことを祈っています。

間もなく、お正月が来ます。来年もどうぞよろしくお願い致します。
Happy Holidays !!!

aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2023年12月23日

ビュッケブルグ歳時記 311

Pisa 調査で最低成績になったドイツ


 ウクライナ、イスラエルなど世界が乱れている時期に、世界の勉学状況の調査であるpisa 調査で、ドイツの生徒の成績が今までで最低という、これまたショックな暗い結果が12月の月初めに出ました。

 初めにこの Pisa 調査がどのようなものであるかを簡単にお知らせしておきます。

* 15歳の男女生徒の読力、数学力、自然科学の学力を3年ごとに調査する。

* 2022年から世界の81国が参加し、600000人の生徒の成績が調査されている。ドイツの参加生徒数は13000人。

* ここでの調査法は、コンピューターで、2時間の間に行われる。

* この調査の重要性とは、この検査によって世界中の青少年の学力を上げることにある。


 このような世界最大のPisa 学力テストは23年間、3年ごとに行われてきたのですが、コロナ・エピデミーが蔓延ってからはこの間隔はドイツでは変更されていたようです。

 そしてこの国の成績は下がる一方で、この傾向は例えば19%の生徒が留年(落第)して同じ学年をやり直すという現象にも現れているということです。この現象は他の国では9%と少ないと報告されています。


 また生徒の家庭環境、貧富の差によることも成績が悪いことの大きな原因でもあり、移民の家庭の子供達が多いということは、学校で話す言葉と、家庭で話す言葉が違うということにもつながり、成績の低いことの大きな原因とされているようです。
 この現象は2012年には13%であったのが2022年には20%、現在は40%と学校と家庭で話す言葉が違うという環境の生徒の成績が Pisa 調査の結果となって現れているということです。

 この国の今年の成績水準は数学475点(2019年は500点)、読み取る力は498点(2019年は480点)、自然科学は503点(2019年は492点)で、3科目とも低くなっているのです。
 他の国も低くなっている傾向が多いが、スイス、日本、南コレア、シンガポールの国々はそのままか、もしくは上がっているということです。

 このように学童の成績基準が下がっていることも明るい話題ではないことで、来る年が思いやられますが・・・


 今年も読んで、応援してくださった読者の皆様に心からの御礼を申し上げます!
 良いお年をお迎えください!

aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)
月別の記事一覧
最新コメント