【From America】

2018年06月12日

【From America】「アメリカ人も片づけが下手?」

貸し倉庫アメリカのウインドゲイト緑です。

日本では「断舎利」という言葉が流行っているようですが、思い切って持ち物を整理する、という決断をするのはなかなか勇気が必要ですよね。
日本の住まいはウサギ小屋という言葉を覚えていますか? アメリカは土地が広いし家も大きいから収納スペースも大きくて、きっと整理整頓が上手なのだろう、と想像している日本人は多いと思います。しかし、そうでもなさそうです。

アメリカでは良く貸倉庫を見かけます。お家を整理して、すぐには使わないけれど捨てられない、いずれ使う時がくるかもしれない、それなら一先ず貸倉庫に入れておきましょう、ということで有料で倉庫を借りるわけなのですが、その数はなんと驚きの数です。どこでも見かけて多いなあと感じるハンバーガーのチェーン店マクドナルド、サンドイッチのチェーン店サブウエイ、ドーナッツやコーヒーのチェーン店ダンキンドーナッツ、の数を合計したものよりも多い、というデータがあるそうですから、その多さは想像を絶すると思います。

さて、貸倉庫を借りなくてもアメリカはお家が広いのだから、、、、と思うでしょうね? アメリカの家は地下室や屋根裏も含め、日本の家屋よりも収納スペースは多いと感じます。しかし、それでも足りない。アメリカは車社会ですから2台分のガレージがあるお家はかなり多いです。所がそのガレージの使い方というと? 2台分のガレージを所有している人の25%は2台分のガレージを収納に使って、大事な車は屋外に駐車している。35%の人は1台分を収納に使って、一台は屋外に駐車しているというから、アメリカ人も日本人と同じで「捨てられない」のですね。このデータを見ていると、収納スペースがあるから整理が上手、というわけでもないようです。では、どうすれば良いのでしょう?

アメリカでは多くのチャリテイー組織が寄付を募っていますので、日本のように「もう使わないけれどゴミとして捨ててしまうのは勿体無い」と整理を躊躇する必要がなくて、寄付をすれば家の中は片付く。低収入の人達は格安で必要な中古品が手に入る。という一石二鳥のシステムがあるのです。日本にもこのようなチャリテイー組織がどんどん増えると整理整頓もし易くなるのかもしれませんね。しかし、最終的に必要なのは手放す勇気を持つことなのかもしれません。それが出来ないと、アメリカのようにいくら良いシステムが揃っていても整理できない、ということがあるのかもしれません。そういう私もお片づけをしなければ、と思います。さあ、思い立ったら吉日。やりましょうね。



aokijuku at 00:00|この記事のみを表示コメント(0)

2018年06月05日

【From America】「チキンスープ」

チキンスープ日本では体調が優れない時、病気になった時の食べ物として代表的なのは「おかゆ」でしょうか。アメリカでは「チキンスープ」と言われています。

風邪を引いたときにはチキンスープを飲んで治しましょう、ということは古くは12世紀からいわれているそうです。それは本当なのか? という健康雑誌の記事がありましたのでご紹介しましょう。チキンにはアミノ酸が含まれており肺の中のねばねばした痰を薄める効果。暖かいスープは鼻詰まりを楽にして脱水を防ぐ効果。のどの炎症を抑える効果。など医学的にも根拠があるそうです。ポタージュなどのとろみのあるスープではなく、クリアなスープは水分と塩分がはっているので、脱水を防ぐ効果があり、普通その中に様々な野菜が入っているのでそれも身体に良い。チキンスープは特に風邪、インフルエンザ、などの炎症を抑えるのに効果が高い。ということで、おばあちゃんの知恵として言い伝えられてきた「チキンスープは」本当に効果があるそうです。

そこで、様々な病人が集まる病院の食事にもこのチキンスープをメニューに取り入れていることが多いようです。大勢の食事をまかなう病院の調理場では、なんと鶏を丸ごと大鍋に入れてコトコトじっくりと煮込んで作るそうです。

日本はこれから梅雨に入り冷える日もあります。その後には暑い夏がやってきます。暑いときに冷たいものばかりを食べたり飲んだりしている時にも、このチキンスープは役立つかもしれませんね。チキンスープは一年を通して、私達の体調を整えてくれる優れもののスープだと思います。日本の皆さんも、体調が優れない時には是非チキンスープをお試しください。


aokijuku at 00:32|この記事のみを表示コメント(0)

2018年05月29日

【From America】「学生寮にペット」

アメリカのウインドゲイト緑です。

寮にペット日本には「5月病」という言葉がありますが、一生懸命勉強して入試に立ち向かい、やっと合格して新学期を迎えました。4月は全てが物珍しく新しい体験であっという間に過ぎました。そして、五月。なんとなく新しい環境に慣れず、ちょっと憂鬱になったりするのが5月になってから、ということらしいですね。

日本では、親元から大学に通うことは決して珍しくありません。しかし、アメリカでは18歳で大学に行く時に親元を離れるのが普通です。大学の寮に入ることが多く、普通は二人部屋です。今までは自宅に自分の部屋があり、ひとりで勝手気ままに過ごしてきました。しかし、ルームメイトが居る。気が合う人だったら、この二人部屋の生活は楽しくて仕方がないでしょう。でも、そうでなかったら、どうしましょう?

ペットは家族であり、自分の話を聞いてくれる相手として欠かせない存在です。
嫌なことがあった時、ペットに話すなら絶対に他の人に判ることはありません。文句をいっても絶対に言い返さないのがペットです。今までペットに愚痴をこぼしたり、慰められたり、良い関係を築いてきました。ところが、大学に行くことになった途端に愛するペットとお別れして寮に入らなければならない、というのが今までのパターンでした。しかし、最近ではペットを連れて寮に入ることを許す大学が増えてきたというニュースをTVで報じていました。
これは、素晴らしいことだと思います。
老人の一人暮らしの人が、ペットを飼うことによって寿命が延びるというデータがあると同時に、若い世代でもペットの存在は実に大きい、ということに大学側が気づいて、学生の精神衛生上に良い効果があるとしてペット可に踏み切ったといえるでしょう。
ペットが人間に与える影響は老若男女に関わらず計り知れないものがありますね。


aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2018年05月22日

【From America】「斧投げ」

斧投げアメリカのウインドゲイト緑です。

日本の皆さんは少しの時間があって、何か手軽なストレス解消のために身体を動かしたいなあと思ったら、何をなさいますか? ゴルフの練習場でボールを打つ。野球好きならバッテイング・センターでボールを打つ。ジョギングをする。サイクリング。水泳。など様々なことが考えられますね。

ここで、大変ユニークなストレス解消方法をご紹介しましょう。それは、なんと「斧投げ」です。写真のように丸の書いてあるターゲットが用意されて、そこを目がけて斧を投げます。日本の皆さんの日常生活では、斧を使うことなど先ず無いでしょうね。アメリカでは郊外に住んでいれば、山から木を切ってきて暖炉にくべる薪を用意するために、斧で丸太を割る作業に使うくらいでしょうか? TVインタビューされていたシカゴの斧投げ場のフランチャイズ・オーナーによれば全米には100軒もの斧投げ場所があるとの事でした。「斧」そのものが原始的で、だからこそ現代の人には新しいゲームのようで楽しいものなのかも知れません。

丸いターゲットに向けて投げる、といえば「ダーツ」というゲームがあります。しかし、小さな矢を投げるゲームに比べて、斧は重いし、コントロールが難しそうです。そこが魅力の一つかもしれませんね。新しいことにチャレンジする。大きな重いものを投げることにより、心の中にたまっていたストレスを全て発散して投げ出す。そんな所にこの斧投げの魅力があるのかもしれません。



aokijuku at 00:00|この記事のみを表示コメント(0)

2018年05月15日

【From America】「床屋さんで血圧検診」

床屋さんアメリカのウインドゲイト緑です。

日本人はアメリカ人に比べると健康に気をつけている人が多いように思います。日ごろから定期健診を行っている人も多いし、政府の補助があって検診も受け易い仕組みが整っているのは嬉しいことですね。

健康保険のシステムが日本と違うアメリカでは、保険に加入していない人も多くいるので、本当に重病にならないとお医者さんに行かない、という人も居るようです。医療にあまり気を使わない人が多い地域の床屋さんは、お客が床屋さんに来た時にそこで血圧チェックをすることを思いつきました。女性が美容院でおしゃべりするのと同じで、男性は床屋さんで髪を切ってもらっている時には気軽に色々話すようで、お医者さんには緊張して言えないような自分の健康のことも、床屋さんには気軽に話すそうです。

そこで、緊張しない環境の床屋さんで先ず血圧チェック。床屋さんならお客も結果を気にせず、気楽に受けてくれるようです。そこで、もし血圧が高いということが分かったら、髪を切りながらリラックスした気分の時に、お医者さんに診てもらったほうが良いですよ、とやんわり提案します。これが以外と効き目があるそうで、この床屋さんはお客さんの健康に一役買っているそうです。

素敵な床屋さんですね。


aokijuku at 00:00|この記事のみを表示コメント(0)
最新コメント