【From America】

2019年03月26日

【From America】「プラスチックに代わるものは?」

アメリカのウインドゲイト緑です。

ゴミ問題は深刻になってきて、プラスチック製品の見直しが迫られています。アメリカではかなり前から、スーパーのビニール袋が問題になり、茶色の紙袋を使う店が増えました。また、自分で袋を持っていく方式も少しずつ浸透してきました。日本でもプラスチックのストローを紙製に変えましょう、という動きがあることも報道されましたね。

プラスチックの代替01しかし、プラスチックの良さがあるからこそ捨てがたいわけですから それなら環境に優しいプラスチックを作れば良い、という発想でアメリカでは研究が行われています。TVのニュースで報道していたのは、先ず材料に木の皮とカニの甲羅を使って作るプラスチックでした。その出来上がった製品は、プラスチックと同じ強さや軟らかさを持っているように見えました。家を建てたりするのに使う木材は木を伐採してから形の整った柱などにするには皮を削ります。現在はチップにしてガーデニングなどに使ったりしているのでしょうか。一方、カニを美味しく食べても甲羅は食べませんから、手軽に入手できるでしょうし、環境に優しいですね。
プラスチックの代替02
また、私達が毎日飲む水のボトルですが、これもプラスチックです。この写真にあるのは試作品ですが、水の玉(?)でこれを口に入れると、それがはじけて中から水が出てくるそうです。なんと食べられる水の入れ物、ということのようですね。

様々な研究を重ねて、ゴミ問題、環境問題が少しでも解決していく方向に進むと良いと思います。



aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2019年03月19日

【From America】「トイレの表示」

アメリカのウインドゲイト緑です。
日本ではLGBTのことが取り上げられ、性別が多様化して来ました。オリンピックに向けて、ロッカールーム、シャワールーム、トイレなどの表示をどうするのか? 頭を悩ませているのかも知れませんね。

トイレサインこの写真はロサンゼルス空港で私が撮影したものですが、色々悩んだ末、苦労の結果だろう、ということが伺える素晴らしいトイレの看板だと思いました。
GENDAERという言葉は一般的には様々な書類に記入するときの「性別」に当たり、普通ならMale またはFemaleと記入します。しかし、ALL GENDERですから、誰でも使えるトイレ、という意味です。しかし、それだけでなく、イラストを使って、子供が大人と一緒に使えますよ、車椅子の人も使えますよ、という表示もつけることにより、「皆で一緒に仲良く使いましょうね」という優しい意味合いが込められている賢いトイレの表示だと思いました。

性別というくくりが、アメリカではどんどん取り去られています。例えば、職業も一昔前なら、男性の職業、と言われていた分野にもどんどん女性が進出していきます。言葉にもそれが表れてきて、警察官はポリスマン、だったのはポリスウーマンも出てきました。郵便配達はメールマン、だったのが女性も出てきてメールパーソンになりました。道路の真ん中にあるマンホール。あれも新しい名前が必要だという声を聞きます。

今日、車の中でラジオを聴いていたら、サンタクロースが男性だと誰が決めたのか? 性別のないサンタクロースの新しいイメージを作るべきだ、と言っていたのが印象的でした。


aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2019年03月12日

【From America】「医療ロボット、万歳」

ウインドゲイト緑

アメリカのウインドゲイト緑です。
3月は卒業シーズンです。沢山の若者が卒業して社会に出て行く、晴れやかなシーズンですね。

医療ロボットアメリカの卒業式といえば、ガウンをまとって帽子をかぶってというのが一般的です。しかし、この写真の卒業式はそれだけではない、ちょっと一味違うことが加わっています。というのは、この学生は在学中に事故で歩けなくなり、車椅子で残りの学生生活を送りました。
今は日本でも車椅子に対応できる場所が多くなりました。車椅子でも不便は無いだろう、と思う方もいらっしゃると思いますが、車椅子生活になった人にとって、再び自分の脚で立って歩きたい、と願うのは当然です。それを実現させてくれたのが医療ロボットでした。自分の脚で立って、卒業証書を貰った喜びは格別だったと思います。

日本は世界に先駆けて医療ロボットの開発に力を入れていて、世界からも注目されています。この日本の技術が、もっと多くの人達に希望と喜びを与えてくれるように望みます。

医療ロボット 万歳!


aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2019年03月05日

【From America】「パパの育児休暇」

アメリカのウインドゲイト緑です。

日本は少子化問題が深刻です。金銭的な面で子供手当てを出したり、保育園を増やしたり、育児休暇を認めたり、と一昔に比べれば、かなり子供を育てやすい環境になったのか? と思いますが、まだ十分ではないのが現状でしょうか。

育児休暇01お母さんの育児休暇は当然になり、お父さんも育児休暇を貰うことが出来るようになったそうですが、アメリカではこのお父さんの育児休暇が長いところでは11週間、つまり約3ヶ月弱も有給でもらえるというのは嬉しいですよね。
また、アメリカでは養子縁組も多いので、その場合にもお父さんの育児休暇が有給でもらえるというのもアメリカらしいと思いました。

育児休暇02家族を養い支える為に身を粉にして働くお父さんですが、一昔前、お父さんは仕事で忙しくていつも家に居ない。一緒に過ごす時間があまりにも少ないので、お父さんと子供の関係は何だかギクシャク、ということもあったようです。しかし、現代の子育ては、父親が育児休暇を貰って、子供の小さい時から世話をしていれば母性ならぬ「父性」をはぐくむことに繋がります。また、子供もお父さんの顔を見て「この人、だあれ?」などという事にならず、親子の絆が育つことと思います。

お父さんの育児休暇を上手に使って、大いに親子の絆を育んでくださいね。


aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2019年02月26日

【From America】「アメリカの平均寿命」

アメリカのウインドゲイト緑です。

寿命01日本は世界的に有名な長寿国です。では、アメリカはどうなのでしょうか?

アメリカの平均寿命は日本に比べれば低いのですが、それが更に低くなってしまった、というTVニュースの報道がありました。2016年には78.7歳が2017年には78.6歳になり、今も下がってきているということです。

寿命02では、その原因は何なのでしょうか?
それは、防げるようなことが原因だということが分かりました。
ひとつの理由は「薬の摂取過剰」これは、普通の病気の時の薬という意味ではなく、最近大いに問題になっている痛み止めの薬の乱用です。手術の後に痛み止めを貰ったが、それが習慣性になってしまい、止められなくなってどんどん量が増えてしまった、というような 最初は罪のないことで始まったにも関わらず、抜け出せなくなるという負のスパイラルに陥ってしまうのでしょう。量が増えて致死量を上回ってしまった結果の死。何とか防げるのではないか? と残念です。

そして、もう一つの理由は「自殺」です。アメリカ人はとても陽気で楽天的な国民のように見えると思いますが、自殺が思ったより多いのは、ちょっとびっくりなさった方も多いのではないでしょうか? 

医学の進歩で人間の寿命は延びているにも関わらず、こんな理由で平均寿命が下がってしまうのは実に残念です。


aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)
月別の記事一覧
最新コメント