【From America】

2019年05月21日

【From America】「クレジットカードの最新読み取り方」

アメリカのウインドゲイト緑です。

クレジットカード今回もまたクレジットカードの話題です。
クレジットカードといえば、機械が情報を読み取る時に「スワイプ」と呼ばれる形で磁気が付いている部分をスライドさせて使っていました。しかし、それは安全性が乏しい。情報を盗まれにくくする為に、チップを組み込む方法が出てきました。今度はカードを「インサート」と呼ばれる形でチップが付いている部分のカードを機械に差し込むようになりました。

皆さんのクレジットカードにチップが付いていますか?
これで安心、これが最新のクレジットカードだと思っていると思います。
ところが、最近 アメリカではクレジットカードを「ただ かざすだけ」という読み取り方法が出てきました。カードの裏にスピーカーを示すような印が付いているカードはこの方法が使えます。

なぜ、こんな方法が出てきたのか? と考えましたが、どうやらアップルペイなどスマホ決済が増えてきて、携帯電話をかざすだけ、という方法が定着してきたのでクレジットカードも「かざすだけ」になってきたようです。

クレジットカードの世界はどんどん進化して来ました。
便利なクレジットカードですが、安全に使いこなしたいですね。

aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2019年05月14日

【From America】「女性は貴重品を何処に?」

アメリカのウインドゲイト緑です。

携帯電話が普及して、携帯電話無しでは暮らしていかれない、という人が多いそうです。こんなに身近な携帯電話は肌身離さず持っていたいですよね。男性は上着のポケットに財布や携帯電話を入れることが出来ますが、女性は服装にもよりますが、ポケットがたくさん無い場合も多いでしょう。女性はハンドバッグを持っていますので、財布や携帯電話はバッグの中に、というのが普通でしょう。

女性の携帯保管01でも、映画などで見るように、パーテイーに行って男性にダンスに誘われたらどうしますか? 大きなハンドバッグを持っていては踊れません。バッグを座席に置いて離れるのは心配です。人によってはパーテイー用の小さなバッグを手に持って踊っている人も居ますが、殆どの人は何も持たずに踊っています。
貴重品はどうしているのでしょう?

女性の携帯保管02先日、ドラッグストアーで写真のような品を見かけました。女性の太もも辺りにつけるバンドのようなものです。巨大なガーター・ベルトを想像すれば良いでしょうか? ここに、クレジットカード、鍵、または携帯電話も挟めます。という物です。こんな女性兵器があったとは知りませんでした。男性と優雅に踊っている女性のロングドレスの中にはこんな仕掛けがあるのでしょうか?
どれだけ実用的か? は私が実際に使ったわけではないので分かりませんが、ちょっと面白い、しかし実用的ともいえるものですね。

アメリカでは女性の携帯電話の保管場所として、ブラジャーの中に入れている人を時々見かけます。ポケットが無くて困っているから編み出した策といえそうです。日本の男性はズボンのベルトに携帯電話ケースを取り付けたりして、上着のポケット以外にも様々な携帯電話保管場所がありますが、女性はなかなか身に着ける良い携帯電話ケースがないのです。

携帯電話をブラジャーから取り出したり、太ももから取り出したりしなくても良いように、女性用のお洒落な携帯電話保管方法があると良いですね。

aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2019年05月07日

【From America】「アメリカの花粉症」

花粉01アメリカのウインドゲイト緑です。

花粉症はいまや日本の国民病ともいえるほど、毎年春になると花粉症で苦しむ人が大勢います。では、アメリカでは花粉症はないのでしょうか? そんな事はありません。広大な土地にたくさんの樹木が植わっているのですから、当然花粉も沢山飛んでいます。

アメリカの天気予報でも、日本と同じ様に「今日は花粉がたくさん飛びます」と注意をしてくれます。花粉症に悩む人はかなり多いのですが、不思議なことにあまりマスクをしている人を見かけません。マスクはとても効率よく花粉を体の中に入れるのを防いでくれる素晴らしい武器だと思いますが、どうしてアメリカではマスクが普及しないのでしょうか?

花粉02TVのニュースでは、今年の花粉の状況は世界的に気候が変化しているため いつもより早く花粉が飛び始め、いつもより長く花粉の飛ぶ時期が持続する、そうです。アメリカ人の花粉対策は、アレルギーを起こさないように注射をするか、アレルギーの薬を飲むように、そして屋外に出ないようにと呼びかけています。アメリカでは5000万人もの人達が花粉症で苦しんでいるそうです。

日本の素晴らしいマスクや花粉の侵入を防ぐゴーグルめがねなど、日本の花粉グッズがアメリカに上陸したら、大いに売れるのではないか? と思うほど、花粉グッズが乏しいアメリカです。

aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2019年04月30日

【From America】「はしかの流行」

アメリカのウインドゲイト緑です。

ストリップ日本では今 風疹が流行っているそうで、特に妊娠の可能性のある女性が回りにいる人達は気を付けなければなりません。予防注射を呼びかけていますから、女性は勿論 男性も積極的に予防注射を受けて欲しいですね。

アメリカでは、「はしか」(Measles)が流行しています。こちらも、大人がかかると重症化する恐れがあります。皆さんは小さいころに「はしか」を経験済みでしょうか? 小さい時にかかったことがある、或いは予防接種をしている、という方は大丈夫だと思いますが、大型連休で海外に旅行なさる方は、飛行機の中、空港では日本人以外の人達と接触することも多いので、是非とも気をつけたいですね。

海外旅行をするまでに時間がある人は、是非、様々な予防注射を受けてから出発することをオススメします。日本国内では全く流行していない病気でも、一旦 海外に足を踏み入れたら、或いは国際線の飛行機の中では、日本とは違うので渡航先でどんな病気が流行っているのか、を事前チェックすることをオススメします。
元気で安全な旅行をなさって下さいね。


aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2019年04月23日

【From America】「貴方のクレジットカードが危ない」

アメリカのウインドゲイト緑です。

アメリカは現金よりクレジットカード決済が盛んに行われています。日本でも最近、カードで支払いをする人が増えてきましたが、皆さんのクレジットカード情報は安全ですか?

カード番号を盗まれる可能性としては、
1.支払いの時に店員がカードを持って店の裏でカードを使って処理をして、書類を持って戻ってくる場合、自分の目の前から消えてしまった間に盗まれる。
2.カード決済をした書類に番号が書いてあった領収書などを上手に保管しておかなかった場合、例えばゴミ箱に入っている領収書から番号を盗まれる。
3.ガソリンスタンドなどの機械が屋外にある場合、カード読み込み機械に細工をされていて、番号を読み取られてしまう場合。
等を想像するでしょう。

安全な財布しかし、カードが貴方のお財布の中にあったとしても、カード情報が盗まれる可能性があるとしたら、どうしますか?
そうなんです。空港やショッピングモールなどの人ごみが危険です。貴方のハンドバッグの中のお財布に保管されているカード情報は、泥棒が特殊な小さな機械で貴方に近づくだけで読み取れる、という最新式のカード泥棒手口が横行しているのです。その小さな機械は、ハンドバッグやポケットに入るほど小さいそうですから、貴方の隣にいる人がカード番号泥棒かもしれないのです。
では、どうしたらこの手口から貴方のカード情報を守ることが出来るのでしょうか? それは、カード情報を盗まれないような裏張り細工をしてあるお財布を使うことなのです。最近の財布売り場には、「この財布はカード情報を盗まれない細工が施されていますから安全ですよ」ということが記されている財布がたくさんあります。決して高い値段のものではありませんから、心配な方はこの際にお財布かカード入れを新しくすることをオススメします。

自分の身は自分で守る、というのが大切なようです。
便利なクレジットカードですが、安全に使いこなしたいですね。



aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)
月別の記事一覧
最新コメント