【From America】

2020年04月07日

【From America】「コロナウイルスが離婚の原因に」

アメリカのウインドゲイト緑です。

皆さん、週末の外出自粛をどのように過ごされていますか?
アメリカでは外出禁止令が出ているため、近くを散歩する位しか外に出ることは出来ず、ずっと家の中に閉じこもっている生活です。すると、コロナ疲れ、という言葉がふさわしいかどうか分かりませんが、よほど仲の良い夫婦でない限りは、お互いにイライラして些細なことでも喧嘩に発展してしまうことがあるようです。離婚大国であるアメリカでは、一時、離婚率が下がったと言われていましたが、ここに来て「コロナ離婚」が急激に増えているのです。

IMG_0047日本では「亭主、元気で留守が良い」という言葉がありますが、お互いに好んで一緒にいる休日。楽しいプランがあって出かけるバケーション。これなら何にも問題のない夫婦なのに、コロナウイルスのおかげで家の中に閉じ込められる事態になりました。そこで、相手の本性も見えてくる。今まで気にならなった相手の些細な習慣や性格が気に障るようになる。こんな現象が起きているようです。
ラジオでは「独身の皆さん、外出禁止令の間 一人でさびしくお過ごしでしょうが、ご安心ください。コロナウイルスが終息したら、沢山の離婚で独身の人が増えます。新たな出会いの機会がどんどん増えますよ」と言っています。

新型コロナウイルスは、経済に影響を与えるだけでなく、皆さんのLove Lifeにも多大な影響が出ているようです。


aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2020年03月31日

【From America】「アメリカ、ラスベガスの買い物事情」

アメリカのウインドゲイト緑です。

新型コロナウイルスの影響は今や世界中どこにいても危険度は同じになってしまいましたね。
アメリカでは日本よりも厳しい外出禁止などの措置がとられています。

そこで気になるのは、毎日の食料品の買い物。
今回はビデオでご紹介します。
このような事態になると「買占め」をしたくなるのは人間の心理です。これは洋の東西に関わらず同じことです。
食料品は毎日トラックで運ばれてくるから安心してください。無くなることはありません、といわれても、やはり少し余分に買っておきたい。もうひとつ。いや、もうひとつくらいあっても良いかな? これがだんだんエスカレートしていくものです。そこで、棚は空っぽになります。
人が大勢店に入ると「密」になるから、と入場制限を加えて、店の外で待たされることもあるそうです。

一刻も早くこの新型コロナウイルスが終息することを祈っております。

以下の画面をクリックすると、動画が見られます。



aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2020年03月24日

【From America】「マスクについて」

アメリカのウインドゲイト緑です。

今、世界中に広がっている新型コロナウイルスですが、マスクについての考え方は国によってかなり違うということは、皆さんもTVのニュースなどでもうご存知だと思います。

IMG_0020アメリカではマスクをつけている人をあまり見かけません。一方、日本ではマスクをしていない人のほうが珍しいという位だと思います。また、マスクにも様々な種類がありますが、今回の新型コロナウイルスには、普通のマスクでは防ぐことが出来ず、N95という特殊なマスクだけが有効、との情報もあります。
そのN95マスクをご紹介します。写真をご覧になっていただきましょう。
お椀をひっくり返したような形のマスクです。
しかし、これは医療現場などしか手に入らず、普通の使い捨てマスクも現在では入手不可能です。

私のかかりつけの医師は、とにかく手洗い。飛行機に乗る場合などは、除菌テイッシュで良く拭いて、後は自分の免疫力をつけるくらいだといって、マスクの使用を特に薦めることはありませんでした。
予防の効果は殆ど無い、といわれていますが、やはり心理的にはマスクを付けたい、と思うのは私が日本人だからでしょうか?


aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2020年03月17日

【From America】「スーパーの開店時間帯」

ウインドゲイト緑

アメリカのウインドゲイト緑です。

世界中に新型コロナウイルスが広まり、アメリカでもかなりの生活の規制がかかっています。 食材も買占めが始まり、何故か? 日本の波が押し寄せたかのようにトイレットペーパーが消えてしまいました。そんな中でなんといっても生活に欠かせないのが食料を調達するスーパーでの買い物です。ここで、コネチカット州で採用している方法をご紹介しましょう。

IMG_0021老人は感染すると重症化する傾向が大きい、ということで、あるスーパーでは開店時間を60歳以上の高齢者だけに制限する時間を設けました。普段は朝7時半からオープンしますが、朝6時から7時半までを高齢者専用の買い物時間に設定して、症状がなくて感染している可能性のある若い人たちとの接触を避けようという試みです。勿論、7時半以降にも高齢者が行きたいと思えば買い物をすることは出来ますが、高齢者に考慮した優しい試みですね。



aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2020年03月10日

【From America】「掃除ロボット」

アメリカのウインドゲイト緑です。

日本の皆さんはどのくらいの方が家庭用お掃除ロボット(ルンバなど)を使っていますか? 便利だという人もいれば、家の中(特に床)がきちんと整頓されていないと、ロボットが思うように動き回れないので片づけが大変だ、などの不便を感じるという人もいるようで、使い勝手は人様々なようです。

IMG_4499アメリカのスーパーマーケットで、このお掃除ロボットの企業版とでも呼ぶべき大型のロボットを見かけました。スーパーマーケットのフロアーを自由自在に動き回り、床を磨いてピカピカにしています。
家庭用のお掃除ロボットは一般的には丸くて薄い形をしていますから、ソファーの下にまで入って掃除をしてくれます。一方、スーパーマーケットでは、このお掃除ロボットの存在をお客様をはじめとしてスーパーにいる人たちに分かってもらうことが必要ですから、とても背が高いロボットです。最初はちょっとびっくりしますが、慣れてくると「可愛い」とさえ思えてきます。
お客様がいても店内の通路をくるくると回って掃除してくれるので、いつもスーパーは清潔です。また、従業員は掃除の手間が省けて、他の仕事に専念できますから、仕事の能率が上がります。

様々な簡単な作業が、人間の手からロボットの手へと変わりつつある時代に、このお掃除ロボットは「優れもの」だと思いました。


aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)
月別の記事一覧
最新コメント