【From America】

2021年09月28日

【From America】「秋の到来」

アメリカのウインドゲイト緑です。

日本の皆さんにとって、秋を知らせる自然界のサインは何でしょうか? 普段通る道の木の葉が色づいてくることだったり、秋の花たちが咲いてくることだったり、朝の通勤通学の時の顔に当たる風が少しずつ冷たくなることだったり、と人それぞれだと思います。

どんぐりアメリカのコネチカットに住んでいる私にとっては、庭のどんぐりの実が落ちて木の枝や葉に引っかかりながらポトリ、ポトリと落ちる音。リスやチップモンクたちが一生懸命そのどんぐりを集めながら、巣に持ち帰ったり、穴を掘って埋めたり、という姿を見るときに、あー、秋だなー。もうすぐ寒い冬の到来だ、と感じます。最近は、熊が人家のそばまでやってきて食物をあさるというニュースはアメリカだけでなく、日本でも聞かれるようになりました。人間にとって熊が庭にやってきたら怖いですよね。身の危険を感じるのが普通のリアクションです。しかし、熊にとっては冬眠前に沢山食料を食べて太ることが冬を越すための大切なことなのですから、あちらも必死です。

ここコネチカットでは、人家のそばに来た熊の扱いにはこんなルールを設けています。人家のそばに出没した熊は麻酔銃で眠らされて、耳にタッグをつけます。そして、山に帰します。二回目に出没したら、もう片方の耳にタッグをつけます。そして、また山に帰します。三回目に出没したら銃で撃ち殺すというルールです。可哀想だけれど人間を危険にさらしてばかりはいられない、ということで3回目の決断になるようです。

人間と自然界の動物がお互いに安全に共存できると良いですね。



aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2021年09月21日

【From America】「Katydid」

アメリカのウインドゲイト緑です。

花と蝶9月に入り、「暑さ寒さも彼岸まで」の言葉通り、少しは秋の気配になってきたのでしょうか? 私の住んでいるアメリカ、コネチカット州は日本に比べると秋の来るのが早いです。秋を感じさせる日本の虫の音といえば、鈴虫とかこおろぎでしょう。

アメリカには「Katydid」という名前の虫がいます。この虫の音は何と表現したらよいか難しいですが「ジー、ジー、ジッ」という音に聞こえます。その音が「ケー、テイー、デイッ」と聞こえることから、この名前が付いたようです。
本当の名前はBush Crickets つまりは日本のこおろぎと似たようなものだと思いますが、残念ながら私は姿を見たことがありません。

興味深いのは、「このこおろぎの音を聞いたら6週間後には秋が来る」と言われているという部分です。今年は7月下旬からこの音が聞こえ始め、8月には毎晩この音を聞いていました。

日本でも、夏の真っ最中には油蝉がジージー鳴くと「あー、夏真っ最中だな」と感じます。ヒグラシが鳴くようになると「夏も終わりに近づいたな」と感じます。そして、鈴虫やこおろぎは秋を告げる虫の音です。
アメリカにも、こんな風に自然界の音が季節を知らせるという事を感じる習慣があるのだと、風情を感じました。


aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2021年09月14日

【From America】「レイバーデーのBBQ」

アメリカのウインドゲイト緑です。

アメリカの夏の終わりを告げるイベントが9月始めのレイバー・デーです。今年は9月6日でした。夏の始まりを告げるメモリアル・デーからこのレイバー・デーまでがアメリカの公式の夏で、レイバー・デーを過ぎたら白いパンツは履かない、なんていうファッションアドバイスもある位に秋の訪れを告げる大切な節目の祝日です。そのレイバー・デーの祝い方としては、季節は夏の終わりと言ってもまだ暑い日もあり、屋外でのピクニックやBBQが多いです。

BBQセットアメリカ人男性にとってこのBBQ、つまりデッキで肉をグリルすることは自分の仕事だと思っている人も多く、この野外調理は男性の出番なのです。ある種、男性の聖域みたいな感じです。
昔はBBQといえば炭火を使ってやっていましたが、これは結構大変な作業でした。ガスのグリルが登場してからはとても楽にデッキでグリルが出来るようになり、殆どどこの家にも写真のようなグリルがあります。庭が無くてもアパートのベランダでグリルする人も多いです。

バーで飲んでいる男性の話題に、このグリルのやり方を教えあったり、僕の作るBBQソースは天下一だと自慢したり、何だか女性たちが集まって料理の話をしていて「そのレシピ、教えて」とお喋りしているかのように思えるほど、BBQクッキングの話に火がつきます。日本でも「男子厨房に入らず」は死語となり、料理上手な男性も増えて来ました。
家族や友人と集まってわいわいガヤガヤ屋外で良い空気を吸って料理しながら食べれば、最高ですね。


aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2021年09月07日

【From America】「古い国旗を回収」

アメリカのウインドゲイト緑です。

アメリカ人はとても愛国心が強い国民だと思います。日本で国旗を掲げているお宅をみることはほとんどありませんが、アメリカの個人の家で国旗を掲げるのはとても普通で、家の入口には国旗を掲げるブラケットがついているのはかなり普通のことです。アメリカの祝日は勿論のこと、毎日掲げている家も珍しくありません。
月日が経てば、国旗も古くなります。風が強い日には風になびき、破れてしまうこともあります。こんなに大切な国旗ですから、簡単にゴミに捨てることなど出来ません。さて、この古くなった国旗をどうするのでしょうか?

日本では、神社やお寺から頂いたお札対して尊敬の念があると思います。ですから、お札はゴミには捨てずに「お焚き上げ」をお願いするために神社やお寺に持っていく方が多いのではないでしょうか。
日本のお札は宗教的な意味があり、どこの神社仏閣から頂いてきたお札かも分かっていますから、頂いた場所にお返ししてお焚き上げしていただく、という方法で良いのですが、アメリカの国旗はお店やネットで簡単に購入することができ、購入した店にお返しすることもできないのです。では どうするのでしょうか?

907古い国旗ずっと疑問に思っていましたが、先日、ゴミ収集場所に写真のような看板と入れ物を見つけました。
アメリカも日本と同じでゴミ収集のトラックが来てゴミを集めてくれるサービスがあります。都会ではそれが普通の方法ですが、カントリーライフになるとゴミ収集会社にお願いする方法と、ゴミ収集場所に自分から持ち込む方法との2種類から選ぶことが出来ます。もちろん、誰でもごみを捨てられるわけではなく、その町に住んでいることを示すステッカーを車に貼ることは義務付けられていますが、分別の入れ物にそれぞれ自分たちで入れていくことになります。そのゴミ収集場所で、この古いアメリカ国旗を集めていることを知って、私はとても嬉しくなりました。謎が解けたと同時に、アメリカ人がどんなに国旗を大切にしているのかということ、そして「リタイアした国旗」という表現もなかなか粋な表現だと思いました。お仕事を終えたアメリカ国旗にご苦労様、というメッセージです。

日本人のお札に対する尊敬の念とアメリカ人の国旗に対する尊敬の念を同じように感じるのは私だけでしょうか。国や人種が変わっても、この尊敬の念を抱くことには共通点があるように私は思います。

aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2021年08月31日

【From America】「鹿は困り者」

アメリカのウインドゲイト緑です。

831鹿日本の皆さんが「鹿」と聞くと奈良のお辞儀をする鹿を一番先に思い出すのではないでしょうか? 奈良では鹿をとても大切にしていますし、日本の他の地域でも鹿を困り者と思うことは余り無いと思います。しかし、アメリカのニューイングランド地方では野生の鹿が沢山居て、庭木を食べて仕舞ったり、夜道を運転していて突然飛び出してきて事故になってしまったり、とあまり歓迎されないことが多いのです。

私が現在住んでいるコネチカット州でも鹿は余り歓迎されません。というのも、せっかく植えた植物を食べられてしまうので、悲しくなったり腹を立てたりすることの方が多いといっても過言ではありません。写真を見ていただけば分かると思いますが、無残にも食べられてしまった時には悲しくなります。私の家でも、明日咲くだろうと楽しみに待っていたチューリップの蕾がその翌日の朝には何も無くなって仕舞った時の驚きと腹立たしさは今でも忘れられないほどです。

831ハスタ01さて、対策を講じなくてはなりません。人様に聞くところによると、料理に使うタバスコ。これはスパイスの効いた辛くて赤い液体の香料として日本の皆さんも良くご存知ですね。
日本の皆さんはピザやパスタ料理にかけることが多いのではないでしょうか。
これを大匙1杯、そこに約1リットルの水を加えて草花などにスプレーすると良い、と聞きました。鹿はスパイシーなものが嫌いということで多くの人がやっているようです。やってみる価値はあると思いますが、人間もスパイシーな味が好きな人もいます。鹿も、うーん、今回は味がついていて更に美味しくなった、とパクパク食べてしまう可能性もあります。どうなるか、先ずは試してみたいと思います。
831ハスタ02

aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)
月別の記事一覧
最新コメント