【From America】

2020年01月21日

【From America】「アレクサ、プライバシーは守られるか?」

アメリカのウインドゲイト緑です。

アレクサ日本のTVコマーシャルでもおなじみの「アレクサ、。。。。して」というコマンドに答えて、何でもしてくれる便利なものが登場しました。
皆さんの携帯には「ヘイ、Siri」で始める音声入力が出来るのではないでしょうか? AIは本当に賢いです。

こちらが決まったコマンドで話しかけない限り、おとなしくしていますが、一旦 話かけるとあっという間に回答を探し出してくれます。
しかし、これは一方通行ではなくて、両方通行であることから、呼びかけない時にも家の中の会話や携帯電話をそばにおいているだけで、全ての会話をAIが聞いているのではないか? プライバシーはどうなっているのか? という懸念が出てくるのもわかりますよね。

そのあたりを詳しく聞いてみたいものです。


aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2020年01月14日

【From America】「アルツハイマーは脳の炎症」

アメリカのウインドゲイト緑です。

アルツハイマー病はいまや世界的な問題になっています。高齢化が進む日本でもアルツハイマー病の人が増えることが予想され、どうやって予防するか? ということが話題になります。

アルツハイマーは脳のある部分が萎縮するということは分かっているようですが、では何故? 萎縮してしまうのでしょうか?
アメリカのニュースでは、infection=感染によるものだということが分かったようです。しかし、まだ、どんな感染なのか? どうしたら感染しないのか? 真では分かっていません。しかし、予防することは出来るのではないかと考えています。そのキーワードは以下に示すとおりです。
アルツハイマー
S sleep (睡眠H handle stress (ストレスの管理)
I interact with friends (友達との交流)
E exercise (運動)
L learn new things (新しいことを学ぶ)
D diet (ダイエットとは痩せることではなく、食事の管理)

だそうです。

これをするだけで60%もアルツハイマー病になる確率が下がるというのですから、やらない手はありませんね。


aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2019年12月31日

【From America】「右側通行か? 左側通行か?」

アメリカのウインドゲイト緑です。

世界中を見回すと、右側通行の国、左側通行の国、と色々あり、慣れない時には車の運転がちょっと危険になることもありますね。私も日本とアメリカを往復しているので運転には気をつけています。

しかし、歩行者の場合は車と違って、信号も中央分離帯もありません。なんとなく人の流れに従って、というのが殆どの人がやっている行動ではないでしょうか? 郷に入っては郷に従え、という感じですよね。
しかし、これが混乱を招くこともあると思います。人間は皆、自分の国でやっていることを無意識のうちにやってしまうものです。

ugoku先日、ミネアポリスの空港で、こんな動く歩道を見つけました。
急ぐ人は、動く歩道に乗っていても歩きたい、一刻も早く乗り継ぎのゲートに行きたい。ここが最終目的地なら、のんびりと行きたいから、動く歩道に乗って楽に運んでもらいたい。人それぞれが違う希望を持っているのが空港です。
そこで、はっきりと「こちらは急ぐ人用に歩いてください」「こちらはのんびりと立ち止まっていれば、お運びしますよ」という二つのレーンを設けて、誰にでもわかるように表示されていました。なんと便利なことでしょう!
これなら、立ち止まっている人の間を縫って、乗り継ぎゲートに向かう人のストレスも緩和されると思いました。

日本は、車は左側通行ですが、歩行者はどちら側を歩くのが習慣になっているのでしょうか? オリンピックに向けて、世界中の人が集まるのですから、こんな表示は便利かもしれませんね。


今年1年、From Americaをお読み下さり、有難うございました。
来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

Happy New Year!



aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2019年12月24日

【From America】「電子タバコで死亡相次ぐ」

アメリカのウインドゲイト緑です。
禁煙が世界中に広まり、喫煙家は肩身が狭い想いをしていることでしょう。

電子タバコアメリカでは煙のでないEシガレットと呼ばれる「Vaping」が盛んになってきました。煙が出ないから、他人に迷惑がかからない。だから吸っても良い。
ところが、自分の健康に対してはどうなのでしょうか?

最近、このVapingと呼ばれるEシガレットによる肺の疾患で「poid pnemounia」と呼ばれる重篤な肺炎にかかり、死に至ってしまうというニュースが後を絶ちません。しかも、10代の若者たちが若くして命を落としてしまうのです。
ニコチンが体に悪いことは分かっていますが、普通のタバコではなく、フレーター付きのEシガレットは「綿菓子味」などの代表される「お菓子」として人気のある味が着いています。そうなると、若年層にも人気が高まり、Eシガレットの客の層がどんどん低くなっていったということも背景にあるようです。

とにかく、体に悪いことは間違いないので、是非とも電子タバコはやめて頂きたいものですね。


aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2019年12月17日

【From America】「昼寝の効用」

アメリカのウインドゲイト緑です。

昼寝の効用は最近 日本でも報道されるようになりました。昔なら、昼寝をするなんて「なまけもの」がすることである、という考え方が主だったと思います。
ところが、実は昼寝をした方がその後の勉強や仕事の効率が上がる、というデータが出てきました。それはアメリカでも同じです。

昼ね昼寝をすることにより、48%も心臓発作や脳卒中が抑えられると聞いたら、誰でも昼寝をしたくなりますね。長さは5分でも1時間ちょっとでも良いのですが、大切なことは「一週間に3回まで」。それ以上、たとえば毎日昼寝をしていると、効果がないそうです。

気をつけて、一週間に3回まで、を守りましょう。


aokijuku at 16:02|この記事のみを表示コメント(0)
月別の記事一覧
最新コメント