【From America】

2017年08月22日

【From America】「車内での携帯電話使用暦をチェック」

携帯チェック機能01アメリカのウインドゲイト緑です。

携帯電話は便利ですが、車の運転中には危険な事故の原因になることが多いのも事実です。法律で「車の運転中は携帯電話禁止」と決められていても、つい、ちょっとだけなら良いだろう、私は事故を起こすことは無いから大丈夫、と思って、携帯電話を使ってしまうことがあると思います。

中でも危険なのはメールです。電話の会話なら、ブルートゥース機能を搭載して、運転中でも会話が可能です。更に、会話をしながらでも(多少、注意力は散漫になるでしょうが)前を見て両手を使って運転が出来ます。しかし、メールとなると、どうしても目を携帯画面に落とすことになり、その間は車の前を見ることが出来ません。

携帯チェック機能02事故を起こしてしまった時に、警官から「携帯電話でメールを使っていましたか?」との質問に正直に答えない人が居ることもあるようです。そこで、警察にとってとても便利な機能が開発されました。それは、事故を起こした人の携帯電話につなぐだけで、いつ携帯電話でメールを使っていたかがひと目でわかるアプリです。警察官は持参のパッドに携帯電話をつなぐと、証拠が出てきます。

様々な便利な機能が登場する携帯電話の世界ですね。この機能導入で、メールによる交通事故が減ることを祈ります。


aokijuku at 00:00|この記事のみを表示コメント(0)

2017年08月15日

【From America】「あなたのチェックイン荷物はどこ?」

アメリカのウインドゲイト緑です。

荷物追跡01皆さんは飛行機で旅行をする時に、チェックインしたスーツケースが紛失してしまった経験はお有りですか? 私自身は数回経験しましたし、友人知人に聞いても殆どの人が一回か二回は経験しているようです。

さて、そんな問題がほぼ起こらなくなる画期的な「チェックイン荷物追跡機能」がデルタ航空にお目見えしました。当然のことながら、他社も追随することになるでしょう。このシステムはチェックインをした荷物につけるタッグの中に小さなチップを埋め込むことによって、コンピューターや携帯電話で「今、あなたのチェックイン荷物がどこに居るか?」を即時に探すことができる機能を取り付けたのです。

最近は、自分のiphoneを探す、とかペットがいなくなることを防ぐために犬の首輪にチップをつける、とかGPSの機能をフルに活用したサービスが盛んに行われています。その機能を飛行機の手荷物紛失防止にいち早く役立てたのがデルタ航空というわけです。これで、荷物の紛失は殆どなくなるはずであると報道していました。

このサービスは本当に有り難いですね。私の知り合いで、出張のお土産に「明太子」をスーツケース荷物追跡02に入れたが、その荷物が紛失。なんと3ヵ月後にやっと手元に届いた時には中に入れた明太子が腐って、その臭いがスーツケース本体や中に入れていたビジネス・スーツなどに移ってしまって、どうやっても臭いが消えず、全て捨てた、という話を聞いたことがありました。このサービスのお蔭でこんな悲劇はもう起こらないのでしょう。万歳!



aokijuku at 00:00|この記事のみを表示コメント(0)

2017年08月08日

【From America】「空港で顔写真判定」

顔写真01アメリカのウインドゲイト緑です。

夏休み真っ盛りの時期になりました。大勢の人が海外旅行に出掛けるシーズンでもあります。皆さんはどんな旅行の計画を立てていらっしゃいますか? 飛行機でお出かけの方も多いでしょう。

さて、混雑が耐えないアメリカの空港ですが、テロ対策のためにとうとうラップトップのコンピューターなど、携帯電話より大きい電子機器の機内持ち込みは禁止となりました。また、セキュリテイー強化と時間短縮のために、アメリカのジェットブルー航空が顔で認識して本人確認をする方法を導入しました。
フェイシャル・レコグニションといえば、TVや映画の刑事物に登場して犯人を捕まえる方法として、良く見かける方法ではありましたが、それがこのような形で実用化されるのは、技術の進歩の速さを痛感させられますね。

顔写真02チェック・インした時に乗客の顔写真を撮っておきます。すると搭乗間際のゲートではパスポートの写真と先ほど撮った写真を即時に比べるので搭乗のチェック時間が大幅に短縮され、チケットも不要になるようです。正に「顔パス」ということですね。

せっかくの夏休みですから、混雑を減らし、セキュリテイーチェックの時間を短縮して、安全で快適な空の旅を楽しみたいものですね。



aokijuku at 00:00|この記事のみを表示コメント(0)

2017年08月01日

【From America】「トランス脂肪酸」

トランス脂肪01アメリカのウインドゲイト緑です。

心臓病や循環器の病気が原因で亡くなる方が死因の上位を占めているのは、日米両国とも同じです。何とかこれを解決したいと、トランス脂肪酸を減らす運動が繰り広げられています。多くのトランス脂肪酸とはファーストフードの代表ともいえるマクドナルドのフライドポテトを揚げる際に使用しているマーガリンやショートニングに含まれるトランス脂肪酸です。

アメリカでは、このトランス脂肪酸の使用を禁止して心臓病や循環器系の病気を減らすことにある程度の効果があった、と発表をしました。
心臓発作や脳卒中で入院する人の数は6.2%減少。循環器系の疾患で死亡する人の数は1/3減少した。という報告がありました。食品を提供する側が努力することは勿論、消費者も製品のラベルに書いてある表示を良く読み、自分で気をつけることも必要ですね。

トランス脂肪02日本も食の欧米化が進んでいますので、「アメリカの出来事」と他人事では済まされない事態になっていると思います。
どうぞ食品のラベルを良く見て、トランス脂肪酸を摂取しないように努力したいですね。


aokijuku at 00:00|この記事のみを表示コメント(0)

2017年07月25日

【From America】「米国のホットドッグ消費」

ホットドッグアメリカのウインドゲイト緑です。

日本の皆さんはホットドッグをどの位食べますか? うーん、一年に数回食べるくらいでしょうか? それに比べてアメリカ人のホットドッグの消費は物凄いです。7月4日はアメリカの独立記念日でしたが、この日一日のホットドッグの消費は、なんと1億5千万個だそうです。アメリカは広いし、人口も多いし、老若男女 皆が食べるのだから当然といえば当然ですが、それにしても凄い数字だと思いませんか?

NYのコニーアイランドという遊園地では、毎年7月4日にホットドッグの早食い競争が行われます。以前には日本人男性チャンピオンが出たことで、日本でもこの早食いコンテストは有名かもしれませんね。今回は女性の部で、ラスベガス在住の須藤美貴さんが優勝しました。10分間になんと41個のホットドッグを食べて優勝。しかも、2014年から連勝しているチャンピオンなのです。

ホットドッグの食べ方には、黄色いマスタードとケチャップをトッピングするのが好みの人。或いは、きゅうりを細かくしたスイート・レリッシュとすっぱいキャベツのサワークラウトをトッピングする人。と好みは大別されるようです。皆さんは、どんな食べ方が好きですか?

カロリーや健康のことを考えると、やはり日本人はアメリカ人ほど頻繁に、かつ沢山のホットドッグは食べられそうにありませんね。ホットドッグ早食いコンテストを見ていて、日本の「わんこそば」を思い出しました。やはり、それぞれの国にはそれぞれの身体に合った食材による「早食い競争」があるのだなあ、と思いました。



aokijuku at 00:00|この記事のみを表示コメント(0)
最新コメント