【青木塾便り】

2020年03月26日

ブログ20-13

スワンヒル

オーストラリア メルボルン西北300kmにスワンヒルという小さなまちがあります。

先輩の妹さんが国際結婚でそこに住んでいるので,よかったら訪問してみてといわれましたので、トレーニ時代時間をつくっていってみました。

途中メルボルン大学の学生がヒツチハイクでのりこんできました。なかなかたのしいひと時でした。

何事ものんびりやる国柄で小さな店を開いたら、何をやるにもクイックアクションですからあれよあれよと大きくなり、靴屋から洋品店と店を拡張しました。

早ければ良いだけではなく、そこはオーストラリア流日本の良さをかみしてうまくやっています。

あれから数十年経ちますから今はさらに繁盛していることでしよう。


aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2020年03月05日

ブログ20-10

ネイサン チェン

イエール大学で勉強を始めてから新しい世界が開け、世の中はスケートが全てでないとあたりまえのことを感じて気持ちが楽になりましたと。

日本の場合は大分違うようですね、オリンピックでは金、銀をねらってそれが全てというかんじてす。

スケートを除いたら何も残らない、チェンさんの生き方はどうもちがいますね。

ロシアはどうなりますか。その他の国は?


aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2020年02月27日

ブログ20-09

マックから肉がきえる?
アメリカで豆など植物由来の原料で作った人工の肉が人気を博しています。

パンに挟んであるのは豚肉や牛肉ではなく、植物由来の材料で作った人工の肉です。昨年、本物の肉の味わいに似せた植物肉はアメリカで大ブームになりました。これは何と言っても科学の進歩で味が本物に近づいてきたからでしよう。

30年ぐらいまえでしょうか人工肉が日本でもブームになりましたが、結局ものになりませんでした。味が本物とは違っていたからでしようか?

今回は環境問題や健康への意識が高い若者を取り込もうとファーストフード店が相次ぎ植物肉をメニューに採用したため。


aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2020年02月20日

ブログ 20-08

学研HD〇〇で成長

株価、昨年8割上昇23年ぶり高値。
〇〇は何がはいりますか?教育ではありません。介護、です。

5年まえに比べて、営業利益は2.5倍になりましたが教育関係はかわりません。医療福祉関係が1%から67%にのびました。高齢化を追い風に一段の利益成長を期待する声があります。

転機となったのが18年9月の認知症高齢者向けグループホームを手掛ける、MCS,メディカル ケア サービスの買収です。

軽、中度の認知症の人が共同生活をする。1カ所の人の規模が20人程度。

入居料に専門的なケアの報酬も加わるため業績が伸びやすい。更にmcsを買収したことでサービスの選択肢がひろがり、といあわせを受けた際に対応できるケースがふえました。

学研HDが教育分野ではなく認知症分野伸びるとは驚きです。

ますますこのようなケースが増えるでしよう。


aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2020年02月13日

ブログ 20-07

リハビリセンターKさん

今年96歳になられるkさんはいつも背中をぴんとしていて、それだけでも見習いたいと私だけでなく参加者皆さんおもいます。

先日の話から、この歳になると、仲間がほとんど黄泉の世界 にいかれ、寂しいかぎりです。

リハビリセンターに来てこうやってみさんとお話することができることが脳の活性化にもなって楽しみです。
毎週この日がまちどうしいと言われますが、我々参加者もかれから教わることたたあります。

アイススケートにしても16歳前後で騒がれと間違いなく、それがピークで20歳なるとぶくぶく太りはじめます。

生きていくために、必然的な流れ、とのことです。


aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)
月別の記事一覧
最新コメント