ウインドゲイト緑

2017年09月12日

【From America】「ラッテのアート作品」

ラッテ03アメリカのウインドゲイト緑です。
前回は、コーヒーが健康に良い飲み物である、という話題をご紹介しました。
今回は、そのコーヒー好きは、その味だけでなく目でもコーヒーを楽しむことが出来るという話題です。

コーヒーの飲み方には色々あります。何も入れずにブラックで味わう。ミルクをたっぷりと入れてカフェオレ。小さなカップでカプチーノ。などなどです。
最近は、カフェ・ラッテが流行っているようですが、カップの中に色々な模様を描くことも楽しいですね。ハートの形や葉っぱの形などは、初心者でも出来るようで、友人も自宅で凝って挑戦したりしています。

ラッテ02ところが、それをアートのレベルまでに引き上げることが出来るということを証明してくれたかのような素晴らしい作品も出てきました。こんなに素晴らしいアート作品を飲んでしまうのが惜しい気がしませんか?

日本料理は目と舌と両方楽しませてくれる料理、と世界中で定評のある食事です。季節感をたっぷり盛り込んで、更にアートとも思える飾り切りやら盛り付けで食べる人を魅了します。一方で、飲み物を目と舌で楽しませてくれるのは、このカフェ・ラッテのアートではないでしょうか?



aokijuku at 00:00|この記事のみを表示コメント(0)

2017年09月05日

【From America】「コーヒーは寿命を延ばす」

アメリカのウインドゲイト緑です。

世界中の人々が何とか長生きしたいと思って、様々な食品について研究していいます。「これを食べると健康に良い」と言ったかと思うと、「あの情報は間違いで新しい情報ではこちらです」と目まぐるしく情報が変わります。

その代表的なものは「卵はコレステロール値を上げる」と言っていたのが、今では「卵は完全に近い素晴らしいたんぱく質ですから、一日に1個は食べるように」と変更が加わりました。

コーヒー01さて、コーヒーもその代表的なものの中に含まれると思います。アメリカ人は大のコーヒー好きですが、それに勝るとも劣らないコーヒー好きは日本人です。
コーヒーが身体に悪い、といわれた時には、がっかりなさった日本の方も多かったことでしょう。ところが、最近では、コーヒーを飲むと長生きが出来る! という情報に変わったことは皆さんもご存知だと思います。
アメリカでもこの情報が報道されて、「一日一杯のコーヒーで12%死亡率が下がる」「一日3杯のコーヒーで18%死亡率が下がる」と言われています。
コーヒー02しかも、アメリカ人が良く飲むカフェイン抜きのコーヒーでも効果は変わらないそうですから、夜に眠れなくなることを心配してカフェイン抜きコーヒーを愛飲している方にも朗報です。

アメリカ人は大きなマグカップでコーヒーを飲みます。日本の喫茶店で「アメリカン」と注文すれば、薄めのコーヒーが出てくるくらいで、アメリカのコーヒーは決して濃いとはいえません。それにしても、あのマグカップで5杯も6杯も空きっ腹に飲むことが良いかどうか? はちょっと疑問がありますが、何事も中庸が良い、ということで、どうぞ日本の皆さんも大いにコーヒーを楽しんでくださいね。


aokijuku at 21:16|この記事のみを表示コメント(0)

2017年08月29日

【From America】「日本のお土産 キットカット」


アメリカのウインドゲイト緑です。

皆さんは楽しい夏休みを過ごされましたか? この夏休み中、沢山の外国人観光客が日本を訪れたことでしょう。旅行に行くとお土産を買うのも楽しみの一つですね。日本を訪れた外国人観光客は一体何をお土産に買って帰ったのでしょうか?

私の知り合いのフィリピン系アメリカ人は、家族5人で日本を旅行しました。先ず、日本の素晴らしいことは「清潔であること」。特に公衆トイレの清潔さにびっくりしたそうです。確かに、日本の公衆トイレにはウオシュレットが完備されており、実に清潔に掃除がされていることに気づいてくれて、日本人としてとても嬉しく思いました。次に食べ物が美味しいこと! 日本でお寿司を食べたら、その新鮮さに驚き、アメリカでお寿司は食べたくなくなった、と話していました。

kitto katto02私が「お土産は何を買ったのですか?」と聞くと、その答えはキットカット。それも抹茶味のキットカットを買ったということでした。確かに抹茶味のキットカットが人気であることは聞いていましたし、空港のお土産屋さんでもあちこちに売っていることから容易に想像できました。

すると、アメリカのTVでも日本のキットカットを取り上げていたのです。ネスレが販売するキットカットは世界各国で生産されていますが、日本のキットカットは日本独特の味、季節限定の味、袋菓子とは思えないほどに開発に力を入れていること、などを報道し、米国人レポーターが色々な味を試食し、味にこだわった前半のレポートでした。そして後半ではなんと日本の受験生にとってのお守りみたいな役割をしていることを伝え、キットカットと「きっと勝つ」という音の組み合わせまでも説明する、なかなか面白い報道でした。

kitto katto01キットカットはもう既に「日本独自のお菓子」に変化しつつあると感じるTV番組に、日本のお土産品として実にぴったりの品なのだと再確認しました。


aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2017年08月22日

【From America】「車内での携帯電話使用暦をチェック」

携帯チェック機能01アメリカのウインドゲイト緑です。

携帯電話は便利ですが、車の運転中には危険な事故の原因になることが多いのも事実です。法律で「車の運転中は携帯電話禁止」と決められていても、つい、ちょっとだけなら良いだろう、私は事故を起こすことは無いから大丈夫、と思って、携帯電話を使ってしまうことがあると思います。

中でも危険なのはメールです。電話の会話なら、ブルートゥース機能を搭載して、運転中でも会話が可能です。更に、会話をしながらでも(多少、注意力は散漫になるでしょうが)前を見て両手を使って運転が出来ます。しかし、メールとなると、どうしても目を携帯画面に落とすことになり、その間は車の前を見ることが出来ません。

携帯チェック機能02事故を起こしてしまった時に、警官から「携帯電話でメールを使っていましたか?」との質問に正直に答えない人が居ることもあるようです。そこで、警察にとってとても便利な機能が開発されました。それは、事故を起こした人の携帯電話につなぐだけで、いつ携帯電話でメールを使っていたかがひと目でわかるアプリです。警察官は持参のパッドに携帯電話をつなぐと、証拠が出てきます。

様々な便利な機能が登場する携帯電話の世界ですね。この機能導入で、メールによる交通事故が減ることを祈ります。


aokijuku at 00:00|この記事のみを表示コメント(0)

2017年08月15日

【From America】「あなたのチェックイン荷物はどこ?」

アメリカのウインドゲイト緑です。

荷物追跡01皆さんは飛行機で旅行をする時に、チェックインしたスーツケースが紛失してしまった経験はお有りですか? 私自身は数回経験しましたし、友人知人に聞いても殆どの人が一回か二回は経験しているようです。

さて、そんな問題がほぼ起こらなくなる画期的な「チェックイン荷物追跡機能」がデルタ航空にお目見えしました。当然のことながら、他社も追随することになるでしょう。このシステムはチェックインをした荷物につけるタッグの中に小さなチップを埋め込むことによって、コンピューターや携帯電話で「今、あなたのチェックイン荷物がどこに居るか?」を即時に探すことができる機能を取り付けたのです。

最近は、自分のiphoneを探す、とかペットがいなくなることを防ぐために犬の首輪にチップをつける、とかGPSの機能をフルに活用したサービスが盛んに行われています。その機能を飛行機の手荷物紛失防止にいち早く役立てたのがデルタ航空というわけです。これで、荷物の紛失は殆どなくなるはずであると報道していました。

このサービスは本当に有り難いですね。私の知り合いで、出張のお土産に「明太子」をスーツケース荷物追跡02に入れたが、その荷物が紛失。なんと3ヵ月後にやっと手元に届いた時には中に入れた明太子が腐って、その臭いがスーツケース本体や中に入れていたビジネス・スーツなどに移ってしまって、どうやっても臭いが消えず、全て捨てた、という話を聞いたことがありました。このサービスのお蔭でこんな悲劇はもう起こらないのでしょう。万歳!



aokijuku at 00:00|この記事のみを表示コメント(0)
最新コメント