ウインドゲイト緑

2018年08月21日

【From America】「自殺について」

じさつ03アメリカのウインドゲイト緑です。

日本からは学校でのいじめが原因で自殺してしまう10代の若い人達のニュースが沢山聞こえて来ます。リストラされて悩んでいる中年男性の自殺のニュースも多かったように記憶しています。日本は老いも若きも国民性から推して自殺が多い国なのかしら? と思っていました。所が、アメリカでも実は自殺が大変多いのです。自殺の数は交通事故死より多いというのですから、驚きですね。

最近になって有名人が二人も相次いで自殺したことで、アメリカの自殺問題が大きく浮き彫りになってきました。ハンドバッグのデザイナーとして有名な
ケイト・スペード。フードチャンネルで御馴染みにシェフ・アンソニー・ボデイン。どちらもファッション界、料理界で大成功を収めている有名人。お金も名誉も知名度も抜群で一体どんなことで自殺したいと思ってしまうのだろう? と不思議に思う人も多かったと思います。しかし、二人は心の病で苦しんでいたということが分かりました。心の病は見た目では分かりません。本人が苦しんでいることは極親しい周りの人達しか知らなかったようです。一般の人達の中にも心の病で苦しんでいる人の数は相当なものである、と報道しています。

なんとか自殺を食い止めたい、という周囲の親しい人、或いは見ず知らずの人も大いに貢献しています。この二人の自殺のニュースが報道される少し前に、素敵な自殺を救うシーンがTVで報じられました。写真を見ていただければ分かると思いますが、高速道路を渡るようにかかっている橋。その橋から飛び降りようとしている人が居る、という報道に、トラックの運転手達が協力して、橋の下にトラックを何台も止めて飛び降りても命の危険が無いように、いわゆるトラックのセーフテイー・ネットを用意したのです。勿論、この間 高速道路は閉鎖です。一人の人の命を救う為に大勢の人が協力した涙が出てしまうような光景です。

自殺の数は殺人の2倍、そして1999年から2016年を比べると25−30%の増加だそうです。心の病を患っている人を救おうとするヘルプ・ラインの電話番号もあり、何とか専門医の指導の元に治療を成功させて頂きたいと思います。また、周りの人達はこの「トラック野郎の粋な計らい」のように自分達が出来ることで何とか自殺を食い止めたいものですね。この世に生まれてきた以上、みんなが寿命を全うしていただけるように祈るばかりです。



aokijuku at 00:00|この記事のみを表示コメント(0)

2018年08月14日

【From America】「ミス・アメリカの審査」

アメリカのウインドゲイト緑です。

ミスアメリカミス・アメリカ・ページェントはとても視聴率の高い番組で、大勢の方が興味を持って毎年観ているようです。アメリカ全土の各州からの代表が集まって、イブニング・ドレスで着飾ったり、水着姿でスタイルを強調したり、勿論、その人の才能や人柄も大いに重視される審査方法です。

その審査方法が今度から変わる、という発表がありました。名前もミス・アメリカ・ページェントからミス・アメリカ・コンペテイションに変わり、今までの項目から削られるのが水着姿の審査です。
残念!と思っている男性軍。一方、水着姿でその人を審査するのではなく、その人の内面をもっと重視するべきだから、この決定に大賛成、というグループ。
さて、貴方はどちらのグループでしょうか?

ミス・アメリカに決まれば、大学の奨学金がもらえ、更には女優になるなど様々な将来への可能性が広がります。アメリカ国内で一番に選ばれれば次の段階は世界中から選ばれた各国のミスが登場するミス・ユニバースに行くわけです。アメリカを代表する女性として、この新しい審査方法でどんな方が選ばれるのか注目していきたいですね。





aokijuku at 00:00|この記事のみを表示コメント(0)

2018年08月07日

【From America】「ビタミン剤って効くのかしら?」

01ビタミンアメリカのウインドゲイト緑です。

アメリカ人はビタミン剤が大好きな国民です。食べ物の○○が身体に良い、と報道されれば直ぐに錠剤を作って、これを飲めば大丈夫と言っていました。

ところが、長期にいろいろ調査してみると、総合ビタミン剤をはじめ、B-12や葉酸などは飲んでも飲まなくても健康に特に変わりがない、ということが証明されたそうです。この報道に「がっかり」と思っているアメリカ人は多いと思いますが、ではどうしたら良いのでしょうか?

その答えは、「食べ物から摂取することが一番」だそうです。やはり、薬に頼らず、毎日の食事を見直していくことが一番良いのだと改めて知らされた思いです。皆さんも 毎日バランスの良い食事を心がけましょうね

02ビタミン


aokijuku at 08:43|この記事のみを表示コメント(0)

2018年07月31日

【From America】「Road Rage: 怒りをどうする?」

Road rage 02アメリカのウインドゲイト緑です。

車の運転をしていると、マナーも何もないような運転をする人がいて腹立たしくなることもあります。しかし、普通なら「あらあら、、、」と思っても、直ぐにそのことを忘れられると思うのですが、最近はこんなちょっとした事で、非常に腹を立てて、その怒りを抑えきれずに仕返しを試みるいわゆる「Road Rage」が増えてきました。

以前にも、子供に運転を練習させていたためにゆっくり走っていたことに腹を立てた人が、その家まで追っかけていき、銃で殺してしまった、という悲惨な事件がありました。今回もまた、腹を立てた人がその車をボコボコにした事件、他にも殺人に繋がってしまったという事件を報道していました。

Road rage 01世の中は自分の思うようにばかりは行きません。きっと、別のことで様々な怒りが溜まりに溜まっていたところに、ちょっとした運転マナーのイライラが加わって怒りが爆発した、ということなのかも知れませんが、実に悲惨な事件です。

いつ、どこで、そんな場面に直面するかも分からないので、とにかく 運転手の気持ちを逆なでしないような運転の仕方が自分の身をまもることになるのかも知れませんね。



aokijuku at 00:00|この記事のみを表示コメント(0)

2018年07月24日

【From America】「DNAが事件解決の糸口に」

DNA01DNAは様々な分野で活躍しています。医療の分野では、その人がどんな病気になり易いか? を見分けたり、DNAをちょっと操作するだけで病気が治ったり、と非常に貢献しています。また、犯罪の鍵を解くのにも、現場に残った血液から犯人を特定して逮捕に漕ぎ着けたというニュースも聞きますね。

さて、ここでは今アメリカで話題のgenealogy (系譜)が犯人逮捕に大活躍したという話題です。アメリカ人は移民の集まりですから、自分の祖先がどんな人だったのか? 自分は混血といってもどこの国のどんな血が何%混ざっているのか? などを知りたいと思う人が多いのです。TVではAncestry DNAなどの会社が貴方のDNAを鑑定(?)して、先祖はどんな人? というレポートを送ってくれるサービスもあります。
今回は、犯人の特定は出来ないものの、犯人の従兄弟が浮かび上がり、そこから祖父、祖母にさかのぼり、犯人を特定した、という何だか映画の世界のようなニュースが報道されました。この技術を駆使すれば、今まで不可能だと思われていたような未解決の事件も、犯人逮捕が出来そうなものが後20件くらいあるというのです。

DNA02昔だったら「指紋」はその人特有のものだから、指紋で犯人を特定する、という方法が一般的でした。時代は変わり、技術が進歩すると共に犯人を特定する方法も様変わりしていくのですね。



aokijuku at 00:00|この記事のみを表示コメント(0)
最新コメント