ウインドゲイト緑

2019年09月10日

【From America】「ストレス」

ストレス01アメリカのウインドゲイト緑です。

日本の皆さんはストレスが溜まっていますか? 毎日の通勤、会社の中での人間関係、仕事が思うようにいかない、よく眠れない、など、ストレスの原因は様々でしょうが、ストレスが無い、という人のほうが珍しいかもしれないのが現代生活ですね。

ストレス02アメリカでも55%の人がストレスを感じている。45%の人が何らかの心配事がある。22%の人が多くの怒りを感じている。と答えているそうですから、ほぼ皆が何かに対してストレスを感じているようで、アメリカも世界中でもっともストレスを感じている国のひとつになっているようです。
    
しかしTVニュースでは、アメリカ人はストレス解消も上手なのでそんなに心配しないでも大丈夫らしいと言っています。
ストレス03陽気で気さくなアメリカ人は、上手に仕事とプライベートを分けて、ストレスをためないすべを知っているようです。日本人はこのストレス解消法がどうも苦手なのではないか? と思います。つまり、現代生活ではストレスを感じない、ということはむしろ難しくて、多かれ少なかれ皆がストレスを感じるようですから、ポイントはいかにストレスを解消できるか? にかかっているといっても過言ではないでしょう。

ストレス04日本人はこれからどうやってストレスを解消するか? が鍵なのでしょうね。
その解消術は私にもまだわかりません。真面目すぎる日本人の気質、陽気なアメリカ人の気質、というような国民性の違いがあるのでしょうか? それとも社会構造が違うのでしょうか? これから機会あるごとにアメリカ人のストレス解消方法を一緒に探って日米を比較してみたいと思います。

aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2019年09月03日

【From America】「キーレスの車の落とし穴」

キーレス車01アメリカのウインドゲイト緑です。

車の進化はどんどん進み、今は車の鍵はキーレス時代。ポケットに鍵を仕舞っておけば、鍵穴にキーを差し込まなくてもエンジンはかかるし、ドアもロックが解除になり、便利になりました。ところが、この便利さが命取りにもなりかねない、というニュースをアメリカで聞きました。

キーレス車02アメリカの家は、ガレージが家に接続しています。車で帰宅したお父さんが、キーレスの鍵であるがゆえに、ついうっかりエンジンをかけたまま家に入ってしまいます。すると、一晩中 車のエンジンがかかったままになり、排気ガスが家の中にまで進入して寝ている間に排気ガス自殺したようになってしまうケースがいくつか起きてしまったというのです。

キーレス車03その半分がトヨタ自動車であったことから、このキーレスの機能にもう一工夫して、あまり長い時間アイドリングをしている場合、コンピューターが感知してひとりでにエンジンを止める、という工夫をすることになったそうです。

便利さの影にはこの様な予想外のことが隠れているので、車の進化に合わせ、事故が起こらないような工夫も次々必要になってくるのですね。便利さを使いこなすのは人間ですが、人間ですからミスもあります。それを補う工夫も色々開発されていくことになるのでしょうね。

aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2019年08月27日

【From America】「海外製ジェネリックの薬にご用心」

アメリカのウインドゲイト緑です。

ジェネリック01皆さんは薬屋さんで処方箋を出した時に「ジェネリック」の薬を使っていますか? アメリカでも日本と同様にジェネリックを推奨しています。ところが、今回、ちょっとショックなニュースをアメリカのTVで見ました。それは、アメリカで使っているジェネリックの薬の原料が輸入である場合、その衛生面や安全性に疑問がある、ということです。

ジェネリック02ジェネリックの薬を作っている工場の85%は海外であり、その多くは中国やインドだそうです。発がん性のある物質が入っているもの、中には原材料にロケット燃料などと書いてあるものまであり、毎日のようにそれを飲んでいたと思うとぞっとする、といっている患者もたくさんいます。血圧の薬やコレステロールの薬は毎日飲み続けている人が多くいます。その人たちはどうすれば良いのでしょうか?
TVニュースでは、それらの薬を急にやめてしまうことは健康上良くないので、慌てずに医師に相談するように、と言っていました。

ジェネリック03日本のジェネリックの薬の原材料がどこの国から輸入しているのか? 全て国産なのか? わかりませんが、健康のために毎日飲んでいる薬ですから その品質には十分気をつけたいものですね。

aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2019年08月20日

【From America】「スーパーのレジ職が無くなる」

アメリカのウインドゲイト緑です。

レジ職01アメリカではどんどん合理化が進み、人の手を借りずに済む仕組みが導入されています。その中の一つがお店のレジの仕事です。今では、セルフ・チェックアウトといって消費者が自分でバーコードを機械にかざして会計をする方法があちこちのスーパーで主流になっています。


レジ職02そのおかげで便利になったとは言うものの、300万ものレジの仕事がなくなりました。アメリカでは、レジの仕事は74%が女性で、特技のない人でも出来るいわゆるエントリーレベルの仕事でした。これは仕事をしたいと願う女性にとって由々しき問題だとTVでは報道しています。


エントリーレベルの仕事を経て、ゆくゆくは管理職になっていくのがどんな職場でも普通です。しかし、このエントリーレベルの職が無いと、会社に入ることさえも難しくなってしまうのです。

レジ職03レジの仕事は、セルフ・チェックアウトでもまだ何人かの店員がお客様のアシストをしていますが、アマゾンGOなど全く無人で、品物を袋に入れたらそのまま店を出ても良い、という方式もあるため、レジ職というもの自体、ゆくゆくは無くなってしまう職業なのかもしれませんね。

時代の変化に伴い、色々なビジネスのやり方が変わっていくので、それについていくのは大変ですね。

aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2019年08月13日

【From America】「一番安全な車の座席はどこ?」

後部座席01アメリカのウインドゲイト緑です。

皆さんは、自動車の座席の中でどこが一番安全な場所だと思いますか?私はずっと昔に、後部座席でしかも運転手の後ろが一番安全だと聞いたことがあります。確かに、黒塗りの社用車では運転手の後ろに社長さんが乗っていることが多いように思います。

後部座席02しかし、今回のアメリカのTVニュースでは、様々な安全テストを繰り返してみると、後部座席の安全性は運転席よりも悪い、という結果が出たそうです。
運転席には、エアーバッグもハンドルからも脇からも出てきて様々な安全装置があるのですが、後部座席にはシートベルトがあるのと脇からエアーバッグも少しは出るが、急ブレーキをかけた時にシートベルトがロックされずに、体が前に飛び出してしまうなど、危険なことがまだまだあることが分かった。これから改善していく必要がある、と報道していました。

後部座席03さて、会社の大事なVIPはどこに座るのが一番良いのでしょうか?
今のところだと 案外 ご自身で運転するのが一番安全かも知れませんね。


aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)
月別の記事一覧
最新コメント