ウインドゲイト緑

2022年09月27日

【From America】「オミクロン対応のワクチン接種」

アメリカのウインドゲイト緑です。
日本のワクチン接種は、オミクロン対応のワクチンが始まったばかりと聞いていますが、アメリカでは現在、全てのワクチンはオミクロン対応の最新のものになっています。

アメリカでは、オンラインで予約が出来ますし、近所のドラッグストアで接種できるのでとても便利になっています。ワクチンを接種してくれるのは、医師でもなく、看護師でもなく、トレーニングを受けた薬剤師です。普通のドラッグストアの一角がワクチン接種の場所になっていて、予約があるために待ち時間はゼロ。料金も無料で、あっという間に終わります。接種後15分ほど店の中に居て様子を見てください、といわれますが、殆どの人は問題なく帰宅します。

オミクロンワクチン私も先週、このオミクロン対応のワクチンを受けました。お陰様で特に酷い副反応もなく、無事に終わることが出来ました。2週間しなければ効果は出ないので、ワクチンを接種したからと言っても安心しないでマスクをつけていてくださいね、という注意を受けました。

ワクチンを打ってもコロナにかからないという保証はないのですから、気をつけなければなりません。実際に、私のご近所の方はワクチンを打ったのにコロナに感染してしまいました。アメリカでは無料で自宅検査キットが配られているので、先ずは自宅で自己検査をします。それで陽性になった人だけが、念の為にWalk-inクリニック(予約がなくても行かれるクリニック)に行き、改めてPCR検査を受けていますので、日本のようにクリニックが感染しているか心配な人、証明書を出してもらいたい目的で行く人で溢れてしまうということは先ずありません。

相変わらずアメリカ人は殆どマスクをしていませんが、大統領がペンデミックは終わったと発表したこともあり、一般の人達は 間もなくインフルエンザと同じになっていくだろうと楽観視している人が多いようです。しかし、今でもコロナで亡くなる人もいるのですから、甘く見てはいけないと思って欲しいものですね。

日本の皆さんも秋になって涼しくなると風邪の時期が始まります。どうぞ気を緩めずにコロナ予防に気をつけながら毎日を送ってくださいね。



aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2022年09月20日

【From America】「ワインの持ち込み」

アメリカのウインドゲイト緑です。
夏休みも終わり、アメリカでは新学期が始まって普通の生活が戻ってきているはずなのですが、経済面ではインフレの話題もあり気持ちが落ち込んでいる感じを受ける今日この頃です。
外食産業は今まで出かけられなかったこともあり、外食をしたいお客様で一杯です。私の見る限りでは好調と言いたいところです。しかし、コロナで従業員を失ったレストランでは人手が足りないということも起こっています。皮肉な状況ですね。

レストランのかき入れ時は何と言っても週末ですね。TGID(Thank God It’s Friday)という言葉あるように、金曜日、土曜日は皆が次の日に寝坊できることもあり、お客さんは羽を伸ばして夜遅くまで飲み明かすことが出来て賑わいます。一方、平日は次の日には朝早く起きて仕事に行かなければいけないこともあり、レストランは空いていることが多いです。
そこで、何とか平日にもお客を集めようとレストランは工夫を凝らします。

Wine photo飲食業で一番儲かるのは何と言ってもお酒だと聞きます。食事の利益よりもお酒の利益のほうが高いのは周知の情報でしょう。そこで工夫です。アメリカのレストランの中には、お客さんの財布に優しい方法を考えて、「コルク・フィー」と呼ばれるワインの持ち込み料を無料にするのを週の真ん中の火曜日や水曜日にする方法があります。日本では、先ず自分の好みのワインや酒類を持ち込む、という考えはないと思いますが、アメリカではこの持込を許している店があります。しかし、自分の店のお酒を飲んでくれないと利益が上がらないので、「コルク・フィー」という名目で持ち込んだワインのコルクを開ける料金を請求するのです。しかし、余りお客が来ない週の真ん中の平日にこの「コルク・フィー」を無料にしますから、ぜひ食事に来てください、とアピールするのです。

このルールがあることは聞いてはいましたが、先日初めてワインの持ち込みで友人達と食事をしました。ワイン2本分くらいの大きな瓶、赤ワイン、白ワイン、何本持ち込んでもコルク・フィーに制限もなく、食事だけの請求でした。
とにかくお客に来て欲しい。それがレストランの目的ですからなかなか良い方法だと感じました。

コロナが長引く昨今、レストラン業界はなかなか難しい状況だと思いますが、工夫を凝らして生き延びて欲しいですね。



aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2022年09月13日

【From America】「珈琲のカスの使い道」

アメリカのウインドゲイト緑です。
日本人は珈琲が大好きな国民だと聞きます。自宅でインスタント珈琲ではなく、きちんと珈琲を入れる方は多いと思います。珈琲を入れたあとのカスをどうしていますか? それを観葉植物の肥料にするという話はよく聞きますが、ラスベガスに住むタイ人の友人から面白い使い道を教えて貰ったのでご紹介します。

ゴキブリは世界中どこにもいるのでその駆除に困っているのは皆同じです。日本でも沢山のゴキブリ退治の商品が出回っています。しかし、ゴキブリは手強いですよね。誰でも何とか家の中にだけは入ってきて欲しくない、と思うことでしょう。

ラスベガスは大変乾燥しているので、水溜りが出来ないことから「蚊」が居ません。これは大変便利なことで、夏でも窓を開けていても蚊が家の中に入ってくることも無ければ、庭に座っていても蚊に刺されることもありません。しかし、ラスベガスにもゴキブリは居ます。夜、家の明かりを目指して飛んでくるゴキブリを目撃したこともあります。
コーヒーそんな時、タイ人の友人宅の庭でガラスのビンに珈琲のカスをいれて、蓋を開けたままにして置いているのを発見しました。「これは何?」「珈琲を淹れた残りのカスよ。」「どうしてこれを庭に置いているの?」「ゴキブリを呼び寄せる為なのよ」というのです。彼女いわく、珈琲の匂いに誘われてビンの中に入ったゴキブリはつるつるのビンのふちを伝って出られなくなるので、朝それを見つけたら蓋をして捨てる、というのです。廃物利用してゴキブリを捕まえる、家の中に入る前に庭で捕まえる、という方式のようです。
確かにアメリカには蜂を捕まえるためのビンがあり、中には蜂蜜をいれておきます。小さな入り口から蜂蜜に誘われて入ってしまった蜂が閉じ込められて出られなくなる、というものです。どうやらそのゴキブリ版のようです。

「所変われば品変わる」と言う言葉もありますが、タイ人の興味深いゴキブリ退治方法でした。


aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2022年09月06日

【From America】「パスポート」

アメリカのウインドゲイト緑です。
パスポートコロナが始まって以来、旅行が難しくなってから時間が経っています。今年の夏は初めて行動宣言なしの夏を向かえ、海外に旅行にいらした方も多いかと思います。海外旅行にはパスポートが必要です。今回はそのパスポートの話題です。

私のアメリカの友人のお父様(元々アイルランド人)は晩年米国から母国アイルランドに移住しました。老後は母国に戻り、そこでお父様は亡くなりました。
この悲しい知らせを聞いて、友人はお葬式の為にアイルランドに行くことになりました。前もって計画を立てる楽しい旅行とは違い、こういう知らせは突然来るものです。慌てて旅の支度をしていると、なんとパスポートが見つかりません。こんな時、皆さんだったらどうしますか? もうパニックですよね。どうするのかしら? と心配していると、なんとアメリカには人道的な特例があることが分かりました。

家族の不幸に見舞われた時は特別、ということで、友人は朝の8時に(日本でいうところの)パスポートセンターに行って申請。なんと同日の午後2時には新しいパスポートを手に入れて、そのまま空港へ直行。飛行機に乗れた、というエピソードを聞きました。パスポートの即日発行というのは聞いたことがありませんでした。私は「日本だったらどうなるのだろう?」と思いました。日本で通常のパスポートの発行や更新には約1週間はかかるのではないでしょうか。日本にこのような人道的な特例があるのか? 分かりませんが、私はアメリカの懐の広さに感動しました。

勿論、パスポートが見つからない、というのは友人の落ち度です。しかし、肉親が亡くなった時には悲しみに打ちひしがれ、動揺してしまい、パスポートを探す元気さえも失っているでしょう。パスポートがなければ国外には出られません。もしこの特例が無かったら、彼女は一生に一度しかない父親のお葬式に参列することは出来なかったのです。

日本人はルールを大変よく守る国民として知られています。それは日本人の良いところです。ルールはルール。でも、時と場合によってはそのルールを曲げても人道的な計らいをしてくれるアメリカの懐の深さは日本も見習うべきところがあるかなと思います。移民でいっぱいのアメリカだからこそ、こんな例外も想定範囲内なのかも知れませんが、何事も時と場合によります。こういう柔軟性があるのは素晴らしいことだと思いました。


aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2022年08月30日

【From America】「ツリーハウス」

アメリカのウインドゲイト緑です。

皆さんはツリーハウスを実際に見たことがありますか? TVで見たとか映画の中に出てきたのを見た、という方は多いと思います。大きな生の木の上に建つツリーハウスは子供が秘密基地のような気分で遊び場所に使ったり、大人が母屋から離れて書斎に使ったりと、目的は様々だと思うのですが、究極の自分だけの空間ですよね。

ツリーハウスとは元々は東南アジアの民族が敵から身を守るために木の上に隠れていたシェルター的な意味の場所ということだったようです。イメージとしてはターザンが出てきそうなジャングル、又は広大な土地を持つ西洋のお家の庭に子供のための遊び場として作った、なんていうのが頭に浮かびますね。

tree house私の居るアメリカのコネチカット州は緑の多い場所で庭も広いのですが、ある日朝の散歩をしているとご近所のツリーハウスが目に留まりました。「あれ? こんなの以前は無かったのに、、、、、。」と思いましたが興味深く遠くから眺めていました。するとある朝、偶然にもそのお宅の方に出会ったので 素敵なツリーハウスですね、とお声をかけました。お話を聞くと、なんとキットを見つけて購入して、自分たちで作ったというのです。「子供達が喜んで使っていますよ。」とのお話でした。

最近は沢山のものがキットとして売られているので、素人でも説明書を見ながら簡単に組み立てて作ることが出来るようです。


aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)
月別の記事一覧
最新コメント