ウインドゲイト緑

2019年07月23日

【From America】「鶏肉は洗わないほうが良い」

アメリカのウインドゲイト緑です。
アメリカの鶏肉にはサルモネラ菌がいる、ということは以前にこのブログでお伝えしました。親の鳥にサルモネラ菌がいるのですから、卵にも菌がいることが考えられるので生の卵は食べられません。日本のように「卵かけご飯」を食べるとか すき焼きに生卵を添えるというのは夢の話です。

02鶏肉さて、それではサルモネラ菌がいる鶏肉はどうすれば安全に食べられるのでしょうか? 熱を加えることで菌を殺すことが出来るため、肉の中心が華氏165度以上になるように肉専用の温度計で測ることを薦めています。次に、調理する前に鶏肉を流水で洗うべきか、洗わないほうが良いか? という論議がかもし出されました。

TVニュースでお医者様が言うには、「洗わない」ほうが正しいのだそうです。
なぜならば、水で洗うと当然のことながら水が飛び散ります。するとキッチンのあちこちに見えないサルモネラ菌が飛び散り、それが思わぬところに付着して、せっかく気を使って安全に鶏肉を調理したはずなのに、生で食べるサラダなどに菌がついてしまうことがあるから、だそうです。
また、鶏肉専用のまな板を用意して、ほかの物とは別にすることも大切だと言っていました。

日本でも梅雨から夏にかけては食中毒が気になる季節です。食の安全は気をつけても気をつけても、気をつけ過ぎるということは無いでしょう。

aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2019年07月16日

【From America】「車には様々な主張が」

アメリカのウインドゲイト緑です。

人間は洋服のファッションで個性を表現したり、住む家にこだわったり、乗る車に主張を凝らしたり、と様々な形で自己主張をしています。
日本で車をパーソナル化する一番簡単なものは、ナンバープレートの番号を選べることでしょうか。自分だけに意味のある特別な番号の組み合わせを選べることになり、「我が愛車」の気分がぐんと高まったと思います。

アメリカではナンバープレートを選べるのは、番号だけではなくアルファベットを組み合わせて文字を書くことも出来ます。更には、ナンバープレートのカバーを付けて、「ハーバード大学同窓生」「リタイア軍人」「乳がん生還者」など様々なメッセージを掲げることも出来ます。また、いわゆるステッカーを貼って、ピンクのリボンなら乳がん撲滅、とか応援しているフットボールチームのロゴを貼るなどです。

魚サインしかし、皆さんは写真のような「魚のシンボル」が車についているのを見たことがありますか? これは何の印だろう? と思う方が多いかと思いますが、実はこれ、キリスト教をあらわしているのです。
歴史的には、どうやらローマ帝国がキリスト教の広がりを恐れて迫害した時に、いわゆる隠れキリシタンのシンボル、ということで使われたのが始まりだそうです。
もちろん、今は宗教の自由がありますから、決してキリスト教徒であることを隠す必要はないのですが、車にこんなシンボルをつけて、自分の宗教を主張する人もいるのです。

こんな風に、アメリカは様々な形で車に自己主張を施しているのです。今度 アメリカで車を見かけたら そんな角度でバードワッチングならぬカーワッチングをしてみると面白いかも知れません。


aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2019年07月09日

【From America】「アメリカ人は働き者」

アメリカのウインドゲイト緑です。

朝焼け日本では「働き方改革」という方針を打ち出し、休まなければいけない、という方針に切り替わり、休みが多くなり、仕事が前ほど順調に進まないということも時々起こっているような弊害もあちらこちらに出ているように聞いています。今年のゴールデンウイークなどは良い例だったかもしれませんね。

アメリカ人はどうなのでしょうか? アメリカは人種のるつぼですから、様々な人種が働き、当然 違法の移民たちもいるので、不当な条件でも文句を言えない人たちもいるでしょう。また、自国に家族を残してきているいわゆる出稼ぎの人たちは、出来るだけお金を稼ぎたいから残業があっても文句も言わないでしょう。そのような方々は除外して、一般の会社員たちの働きぶりはどうなのでしょうか?

私の見る限り、アメリカ人は日本人よりも朝が早いです。日本では一般的に仕事は9時始まりですが、アメリカ人は朝の時間を有効に使っています。一般社員が来る前にボスが早くから会社に来て、仕事をしていることは珍しくありません。また、定時で帰宅して家族と夕食を共にしても、食後、子供が寝静まった後も書斎で仕事をしていることも多いです。

また、医療関係の現場も朝8時からが普通です。クリニックの予約は朝一番が8時です。車の修理などは朝7時から、ということも珍しくはありません。皆、びっくりするくらい早起きです。
日本で「朝活」という言葉が流行ってきて、出社前の時間を自分のために有効に使う人が増えたようですが、アメリカは日本の「朝活」とは違います。本当に早くから働いています。

人間誰にも平等に24時間が与えられているわけですから、その24時間をどうやって使うかはその人次第なのですね。早寝早起きは昔から言われるように三文の徳なのかもしれません。



aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2019年07月02日

【From America】「ペダルの無い自転車」

アメリカのウインドゲイト緑です。

自転車01日本で自転車に乗るのを練習する方法は、補助車を付けるというのが一般的です。しかし、この写真を見てください。これはなんとペダルがない自転車、つまりペダルでこぐ、という方法ではなく、足を使って自転車に乗るものなのです。つまり、子供が歩き始めるときに使う「歩行器」に似たような自転車と思って頂ければわかるかも知れませんね。

自転車02小さいときからこうやって自転車に慣れ親しんでいれば、すぐに本物の自転車に乗れそうです。なんと可愛い自転車でしょう。

今、中国とアメリカの輸入バトルがあり、自転車メーカーは中国産の自転車が入って来なくなると、アメリカ製自転車を作る、あるいは中国以外の国に生産を移す、いずれにせよ、時間がかかるので困っている、というコメントを話していました。
自転車03こんな可愛い自転車も中国製だそうです。


aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2019年06月25日

【From America】「CBDってなあに?」

アメリカのウインドゲイト緑です。

日本の皆さんは「大麻」と聞くと、芸能人が大麻を使用して逮捕された、などというニュースで良く聞く言葉だと思います。日本では違法の薬物です。

CBD03しかし、大麻に含まれる物質のひとつにCBD(カンナビジオール)というものがあり、これは使用してもいわゆるハイにならない、つまり精神作用がない成分とされています。以前、このブログでもご紹介した通り、大麻由来の薬でアメリカのFDAが承認した薬に「てんかんの薬」があります。今のところ、認められているのはこの薬のみです。

CBD02しかし、精神作用が無い上、痛み止めやリラックス作用があるということで、CBDオイルをはじめ、皮膚に塗るクリーム、また食べ物に混ぜてクッキーやグミのような形でも色々な種類が売られています。アメリカでは州によって法律が違いますが、医療麻薬だけでなくレクリエーション目的にも麻薬使用を許している州もあり、このCBDを使った商品もあちこちで見かけるようになりました。

CBD01日本ではまだ承認されていないので、勿論 アメリカ土産として日本に持ち込むことは出来ませんが、本当に安全でなおかつ痛み止め効果があるのなら、いずれ日本にこのCBDが上陸することになるのかも知れませんね。
今後の動向を見て行きたいと思います。


aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)
月別の記事一覧
最新コメント