ウインドゲイト緑

2023年01月31日

【From America】「空港のコートの預かりサービス」

アメリカのウインドゲイト緑です。

コロナ禍でも様々なことが元に戻りつつあり、世界中の人が「ニューノーマル」と呼ばれる「With コロナ」生活が始まっています。旅行もその一つで、今まで3年も旅行出来なかったから、という理由から 旅行に出る人が多いです。

アメリカは大きな国ですから場所によって気候が全く異なります。冬の雪深いNYやミネソタから飛行機に乗れば数時間で常夏のハワイやフロリダに飛んで行かれます。特に寒いところに住んでいる人は寒さを逃れるために冬に暖かい場所に旅行することが多いです。そんな時に邪魔になるのが分厚いコート類です。自宅を出て空港に行くまでは寒いので当然暖かいダウンコートなどを着て出かけます。しかし、一旦 暖房の効いた空港内でチェックインを済ませれば、後は飛行機に乗り、目的地に行くので分厚いコートは不要になります。そのコートを機内に持ち込み、スペースの限られた頭上の棚に収め、常夏のバケーション中にそのコートを持ち歩くのはナンセンス。とばかりに空港での粋なサービスがありました。それは空港でのコート預かりサービスです。

冬のコートミルウオーキーのMilwaukee Mitchell International Airportでは1日2ドル、又は戻るまで1旅行につき10ドルで分厚いコートを預かってくれるそうです。この空港では、行き先がフロリダ、アリゾナ、カリフォルニア、メキシコ、カリブ海のお客様が利用できるそうです。似たようなサービスはミルウオーキーに限らず、フランクフルトの空港にもあり、期間限定で10月から4月の寒い時期だけだそうですが、利用できるそうです。NYのJFK空港でもJetBlueに搭乗するお客様はこのコート預かりサービスを利用出来るそうです。

このサービスは、お客様が身軽になるだけではなくて、満席で頭上の棚のスペースがなくて搭乗寸前に無理やり手荷物をチェックインさせられることもぐんと少なくなりますね。荷物を入れるスペースがなくて苦労するお客やキャビンアテンダントの助けにもなる素敵なサービスだと思います。

aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2023年01月24日

【From America】「コネチカット州でレクリエーション用マリファナ解禁」

アメリカのウインドゲイト緑です。

アメリカでは州によって法律が違うので、様々なルールも違ってきます。最近話題になっていたのは、マリファナの使い道とそれを合法化するかどうかです。

ネバダ州はかなり早くから医療用マリファナは勿論のこと、レクリエーション用のマリファナも認められていました。海外や州外からの観光客でも州の中で購入、消費してしまうなら構わないけれど、他の州に持ち出してはいけない、ということで空港にはトレーニングした犬が荷物の臭いを嗅ぐなどして、持ち出しを規制していたこともありました。私が現在拠点にしているコネチカット州では遅れを取ったものの、医療用が認められ、ついに2023年1月にレクリエーション用も解禁となりました。

マリファナNV勿論、21歳以上、運転免許証を見せて、決められた量のマリファナを購入できます。保管方法も厳しく決められているのですが、お菓子にマリファナを含ませたものが子供の手に入ることを懸念しています。
マリファナと言えば、たばこのように紙に巻いて火をつけて吸う形が最も有名で一般的です。肺から入るマリファナは効き目も早いと聞きます。しかしそれ以外にお菓子作りにマリファナをいれてクッキーにするとか、熊の形をしたグミのような食べられる形もあります。これが問題です。家の中にお菓子があれば子供はつい食べたくなります。マリファナ入りと知らないで美味しいお菓子だと思ってパクパク沢山食べてしまうと、子供の体には多すぎて救急車で運ばれるなどの事故も考えられます。

また、レクリエーション用マリファナを使用して車の運転をした場合には事故の原因にもなりますし、飲酒運転と同様に罰せられるので、使用する場合には注意が必要、と呼び掛けています。
医療用のマリファナには痛みを和らげるなどの利点もあります。またきちんとした医師の処方も元に患者だけが入手出来るようになっています。しかし、レクリエーション用マリファナとなれば、規制が緩くなるので、様々な事故が起こらないようにと祈るばかりです。


aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2023年01月17日

【From America】「嵐による停電」

アメリカのウインドゲイト緑です。

この冬は日本でもアメリカでも大雪が降ってたくさんの被害が出たことはTVのニュースで皆さんご存知です。
私達の生活は便利なことに慣れてしまっていますが、一旦 それが失われると本当にその有難さがわかります。

停電01アメリカ東海岸もクリスマスの直前に猛烈な寒波が来て、大雪が降ったところもあれば、雪が降らないものの風が強くて停電になってしまい、摂氏マイナス15度にもなって本当に困りました。
現代の生活は本当に電気に頼っているものが多くて、電気がないことにはどうにも生活が出来ないことになります。先ず、暖房が使えないので寒くてこまります。アメリカの暖房は殆どが重油のタンクを地下に置いていてそれを燃やして温水を家全体に回して室内を温めます。特にカントリーライフの場合には、水道が引かれていない井戸水生活が多いので、これまたポンプで水を汲みあげますから、電気がないとトイレの水洗につかう水がなくなります。勿論シャワーも使えません。冷蔵庫や冷凍庫の中の食料品が痛んできます。携帯電話は近くのタワーに電気がいかなくなると使えません。ケーブルTVなどを使ってインターネット接続をしているので、電気がないとネットにもつながりません。全く孤立した状態になってしまうわけです。

今回は寒波が来て、外気温は摂氏マイナス15度。アメリカ映画で良く見かける暖炉ですが、実は見た目には暖かそうに見えますが、暖炉にくべた木を燃やすには酸素が必要です。そして換気のために煙突があるので、実際には暖炉の側にいると暖かく感じますが、家の中の温かい空気はどんどん煙突から逃げて行ってしまう、ということになってしまうので、実用的ではない、という結果になります。

停電02私達は、いつ復旧するか分からないので一先ずホテルに避難して無事でした。お陰様で今回は24時間で復旧したのですが 2年くらい前の停電は復旧に8日間もかかりました。冷蔵庫や冷凍庫の食料をクーラーに入れてデッキに置いて外気とスーパーから買ってきた氷を中に詰め込んで何とか食料を破棄することなく済みましたが、これが長く続いたらどうなっていたか?と思います。アメリカの場合、雪が停電の直接の原因になることは少なくて、むしろ大雪のために木が倒れて電線を切ってしまうことが主な原因のように思われます。電線が地下ケーブルならそんなことにはならないのですが、予算の関係で今でも殆どの場所は電柱を使って電線を張り巡らせて電気を供給しています。

日本では今回の大雪で死者も出たとアメリカのTVのニュースでも報道がありました。本当に自然災害はどうにもならないことですが、毎日当たり前に使っている電気に感謝の念を抱く良いきっかけになりました。

aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2023年01月10日

【From America】「紫のリボンの意味」

アメリカのウインドゲイト緑です。

リボンといえばプレゼントに結ぶ、髪の毛に結ぶ、洋服の飾りにする、などデコレーションが一般的なリボンの使い方でした。しかし、最近ではリボンの色によって、ある意味を持たせてあるメッセージを伝える方法も出てきました。その一番分かりやすい例が、10月のピンクのリボンです。これは乳がんに関心を持って検査をしましょう。乳がんの人を応援しましょう、というメッセージが込められていて、乳がんを経験した人やその家族だけでなく、飛行機に乗ればキャビンアテンダントがピンクのリボンを付けていたり、様々な店舗の制服でも10月はピンクのリボンを付けていたりするのを見かけます。

紫のリボンリボンと言えば「黄色いリボン」を思い出す人もいるでしょう。アメリカでは「戦争に行った人が無事に帰ってきますように」という願いを込めて、木に黄色いリボンを結んでいるものを良く見かけました。
そして2022年には、紫のリボンを郵便受けなどに結んで「暴力(特に家庭内暴力)に関心を持ちましょう」というメッセージが行われた、とTVのニュースで知りました。

私はアメリカの東海岸に拠点を置いて生活していますが、自分の目でこの写真のような紫のリボンを見かけたことはありません。しかし、TVのニュースによれば、暴力が増加していることに対する人々の関心が高まって、2022年にはこの紫のリボンを結ぶことが盛んに行われたそうです。

色には様々な意味があります。これからも、様々な主張をリボンの色で表現することが多くなるのかもしれませんから、興味を持ってみていきたいと思います。

aokijuku at 12:15|この記事のみを表示コメント(0)

2023年01月03日

【From America】「魚の盛り付け方」

アメリカのウインドゲイト緑です。

アメリカから日本の皆様に向けて「あけましておめでとうございます。」 
今年もFrom Americaをよろしくお願い致します。

魚盛り付けお正月と言えば、たくさんのお節料理が食卓に並ぶと思いますが、タイの尾頭付きもお正月の料理に欠かせない縁起物ですね。「めでたい」という言葉からタイは縁起物です。
日本では魚の盛り付け方と言えば、必ず頭が左側、尾が右側と決まっています。それが当然と思っていました。ですから、そうではない盛り付けで魚料理が出てくるまではこの盛り付けが正しいものと思って不思議にも思いませんでした。しかし、アメリカでは必ずと言ってよいほど、日本とは逆の頭が右、尾が左で魚料理が出てきます。何故なのか? 不思議に思って調べてみましたが、「日本人は右利きの人が多いから、頭を左手で押さえて右手のお箸で食べるため」 「日本では左側が上座に当たるから」などの他、諸説色々あるようです。

世界中を見回すと、欧米のシェフの料理本などではどうも魚の頭が右側に来ている物が多いように思います。日本では当たり前のことでも、世界から見るとマイナーな常識もあるようです。

しかし、日本には日本の良さがあり、日本人がそれを大切にしていくことは実に大切なことです。
お正月にめでたい「タイの尾頭付き」を召し上がって、今年も沢山おめでたい事で一杯にしてくださいね。

今年もどうぞよろしくお願い致します。

aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)
月別の記事一覧
最新コメント