【ドイツ在住ピアニスト】

2018年01月27日

ビュッケブルグ歳時記 171

日本での印象

 年の初めを日本で過ごしたのですが、今回受けた印象は「日本は、世界一富んだ国!」でした。食 については以前から豊かさに目を見張っていました。
衣 も大方の人が高級に装っていると思いましたし、住 も高層建物の林立だけではなく、個人のマンションの豪華さにも驚くばかりでした。

 このように発展した日本に感嘆し、国民が満足している理由も納得出来、それが政治に対する充足感とイコールなのかもしれないと思いました。
 ですが、いわゆる里帰りのわたしにはどこか肌触りが違う感じもあったのです。
 
 ある朝、教育問題を取り上げていたTV番組を見ました。地方の或る中学校で行われ始めた授業方法を紹介する内容でした。その内容を簡単に書き出してみます。授業開始に当たって、担当の教師は、今日の授業は僕はしない。生徒の君たちが自分たちで考えて、話し合って、結論に持って行く形の授業をする。課題はこれこれ、と伝えた後、生徒の考えを主体にした形式の授業が始まりました。アクテイブ・
ラーニングと名付けられていました。教師はその間、生徒一人一人の様子を観察し、点数を付けていました。
 その後、この授業形式についての専門家の話があったのですが、その中で興味をひかれたのは、「思考力が薄い」とつけられた生徒の成績について、母親が、この力を大きくすための方法を知りたいと要求した所、教育相談の専門家が「家庭での話し合いを多くすることも一手段である」と答えていたことでした。

 この授業型は、前にお伝えしたドイツで行われているプロジェクト授業と同じ型で、日本ではこの型を「終尾から始めている」のかな、と思ったのです。理由は「話すことの重要さ」が最後に、学校からではなく相談員から指摘されていたからです。家庭での話し合いが、生徒の思考力向上に適切だということは、話すことの重要性に繋がることです。相談役が云うことを何故学校は率先して教えないのかが疑問になるのです。家庭だけではなく学校でも話すことを授業とするべきではないでしょうか。このような点を知ると、上(文部省)と下(教室という現場)の連結不備を見せられたように思えるのです。
 また、この授業形式が未だ試行の段階にあるということも残念に思われました。

 ここから、現在、注目されているドイツの教育法を思い出しました。
 Kooperatives Lernen と呼ばれる方法で、「協力して学ぼう」とか「共同で学ぶ」という意味です。
 この形式はカナダ人のグリーンが最新的な教育法として考慮したもので、学校教育だけで終わる勉強ではなく、生涯を通じてためになる勉強法として築かれた方式ということです。学校での成績が良いということが良い仕事を見つけることに繋がることではないし、社会的能力を持った人とか、グループの一員として物事を処理する能力を持った人の方が、仕事の上での成功が予想されるとの考えが基本となっている教育法です。
 以後この方式について折りにふれお伝えしたいと思っています。

 ここから、この国では学校教育がその後に続く職場を考慮に入れて考えられていることがわかると思います。既述のように、学校は決して学びだけの舎だけではなく、職場を考慮に入れた人生の舎と考えられているのです。
 こんなことが肌触りの違いとして感じられたのかもしれません。


aokijuku at 14:50|この記事のみを表示コメント(0)

2018年01月13日

ビュッケブルグ歳時記 170

Integration


 新年、お目出度うございます。
今年は某国の核実験問題、環境問題、エルサレム問題等々問題の多い年のようですが、世界中の人々の努力によって良い方向の解決に行き着けるよう願っています。
 今年もわたしの目でみたこの国の様子を、皆様にお伝え出来ればと思います。努力しますのでどうぞよろしくお願いいたします。


 今のドイツでは Integration (融和統合、と辞書にあります) というコトが大きな課題となっています。ご存知のように9月の選挙後ジャマイカ連党が不立となり、現在、再びの大連党が閣議されている状態です。ここで大きな問題になっているのが難民問題で、CDU・CSU(キリスト教民主同盟)の制限政策に対して、SPD(社会民主党)は無制限の難民政策を主張しているのです。両党間のこの大きな支持政策の違いを融和に統合する努力が現在話し合われているのです。この両党の譲り合いも、少し無理があるかとも思いますが、Integration と云ってよいかと思うのです。そしてその後には、難民をどのようにこの国との融合に導くかという難問題があるわけです。
 日本には難民受け入れ問題がないので、Integration という言葉を新聞で読むことがあまりありません。もしかしたら共存という言葉がこれに変わるものかとも思います。


 話が飛びますが、昨年の春にポルトガルに家族旅行をしました。家族とは、娘とその夫クレメンス、クレメンスの兄とその妻クリスタと息子、この兄弟の両親、それにクリスタの母親とわたしの計9人です。
 子ども達が、寒くも暑過ぎでもない南国での5日間に、わたしたち両親を招待してくれたのです。娘たちの結婚後、20年経ってのことです。
 これまでも、折りに触れ、向こうの両親と会う機会はあったのですが、何かを話し合うなどの時間もきっかけもないままでした。一ケ所、例えば何かの祝賀会などの出会いでは近くに座った人との会話に制限されるように思うのですが、旅という機会は、対等に誰とでも話すことが出来て、反面、個人の自由も作れるという、とても良い方法だと思いました。そして、この機会に娘の家族との融合を与えられたという、強い印象が残ったのです。そしてこの経験が先回のブログの基礎なのです。
 又よく考えてみると、このような機会を与えられたということは、クレメンスと娘、すなわち次の世代との接触がスムースであることから得られたのかもしれないと思い娘夫婦に感謝しています。融合は一方からだけでは成り立たず、双方の努力が必要だと思うからです。
 これが、わたしに与えられた個人の小さな家庭内のIntegration なのです。 


 上記の、共存という言葉は日本の新聞でよく読みます。例えば某大学のモットーが「共存を考える人物育成」などです。この考えはとても重要で大切なことだと思います。これは機構を少し大きくした Integration ではないでしょうか。共存は融合の上に建つものだと思います。
 そして没頭にあげた困難問題や、英国のEU 離脱 は機構がもっと大きくなった困難問題です。これらの難問を解決するには世界の国々の融和統合精神が必要なわけです。融合は平和の基礎だとも気づきます。
 今年が世界中で共存に力を入れる年になるように願っています。


aokijuku at 11:49|この記事のみを表示コメント(0)

2017年12月23日

ビュッケブルグ歳時記 169

未だ続く・・・

 今回もコミュニケーションにまつわる一話をお伝えします。
 ある朝、メールを開けると見慣れない一通があり、よく見ると娘の夫クレメンス が差出人でした。 内容は彼の父親が息子2人に書いた、自身の持つ宗教論とも云える手紙でした。娘夫婦と時々宗教についても話し合うことから、わたしにも興味があるかもと転送してくれたのです。
 このことを知った時にわたしは内容よりも、主題が宗教に関するという事実と、それを父親が息子たちに伝えたいという伝達意志を持つということに驚かされたのです。そしてこのような時が、ここは外国だと再認識させられる時なのです。

 父親はカトリック教派に属する信者です。
 ここでキリスト教の旧教と新教派について、この国での立場を説明する必要があるのです。ドイツではこの両派は現在もその主張を相容れること無く、両派の間には厳然とした間隔があるのです。日本ではキリスト教というと両派の間に違いはないような感覚がありますが。簡単に云って旧派は規律が厳しく、中世の感覚が残っているように思えます。神父が妻帯出来ないことや、一般信者で両派のカップルが結婚した場合、生まれた子どもは旧教に属するという圧政的権力表示などが例としてあげられます。母親がプロテスタントのクレメンス兄弟もこの例に漏れずカトリックでしたが、両人とも成人とともに教会から脱して、今は無宗教者です。
 父親は手紙の始めに「自分の考えが全部の人に影響を与えるとは考えていない。そう考えるの思い上がりだから」と但し書きをしています。自分の考えを人に押し付けないわけです。 
 そして、旧訳聖書の地獄とか剣による宗教ではなく、自身は新約聖書の、言葉による、平和と愛の教えを信ずる、との考えを述べています。そして、イスラム教、ユダヤ教、ヒンズー教、仏教などが、話し合ってお互いの宗旨を知り、寄り添う態度がこれからの世界には必要だと書いています。

 父親は内務省で法的役務についていたのですが、退職後ボン大学でイスラム教について学び、その後、ボン近郊の街で、「街の、外国人(今はイスラム教徒が中心)の融合機関の水先案内人」という仕事に就いています。ボランテイアです。移民の法的手続きやその他の様々な手助け、難民児童のドイツ語学習、ムスリムとキリスト教教会との対話の実現(旧派はこの試みに最後まで参加をしなかったそうです)などの仕事をしている人なのです。
 
 このように宗教についても、政治の見方にも、調和が強調され、寛容を手段とする彼の主義は、先回の「学校での社会生活への準備」のまとめのような気さえするのです。難民問題が大きくなっているこの国にとってだけではなく、世界の共存を考えた時に参考になる考え方のように思われるのです。
 
 あっという間に今回のブログが今年最後のものになりました。
 この1年、色々書きましたが、読んで下さった読者の方々、ほんとうにありがとうございました。そして重要なことだと再認識したコミュニケーション(マスメデイアをも含めた)が行き渡り社会が明るくなってくれることを、又、皆様が良いお年を迎えられることを願いながら筆を置きます。


aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2017年12月09日

ビュッケブルグ歳時記 168

腑に落ちない事ごと 4


 今回はこの国でコミュニケーションが、友達間、クラス、学校という子ども達の共同体造りにどう取り扱われているかをお伝えしたいと思います。


 この国の学校でもいじめとか暴力行為があります。それに対して「Soziales(社会生活)を学ぶ学科」として、5年生の必修科目になっている学校が多くあるのです。この制度は全部の学校がではなく学校のある地域によって違うのです。どの都市でも問題の多い、低階級市民が多い地区があり、そこにある学校では、貧困、低い教養度から来る暴力行動が多い外に、難民児童の融合問題が多くあるので、その解決にこの科目が必修となっているのだと思われます。


 あるクラスの授業内容を書いてみます。
 この時間には「規則を自分たちで造り、それを守る」「皆がお互いを配慮する」を学ぶことが中心です。
 今日の授業の課題は「5年B組の”自信”を築こう。どうしたら造れるか」です。
教師は3本脚の椅子を黒板に書きました。そしてこの椅子を支える3本の脚は「出来ると自信を持つこと」「その自信を互いに認め合う」「そしてこの2つに責任を持つ」という意味だとの説明をした後、クラスの皆で、それぞれが出来ることを話し合うことに進みます。各自が得意とすることをあげ、級友がそれを評価するかを問い、それぞれの持つ力が何処で役に立つかを話し合うのです。自分が出来ることを言えない生徒が居ると、友達が「君は冗談を言うのが上手いじゃないか」などと言葉を添え、助け合うことを学ぶというわけです。またトルコ人の子どもが自分の家では、やり方が他の友達の家と違う事が多いという悩みを打ち明けたりするのです。内情を知ることから、今まで近づかなかった子ども同士が友達になった例も多くあるようです。またそこから、担任の教師は子ども達の家庭環境をより良く知ることにもなるということです。このように、落ちこぼれたように見える級友を引きずり上げて一緒に進むことになり、それがクラスの自信、誇りとなるわけです。これはまた、社会に出た時に移民を受け入れる精神に繋がり、外国人との共存を学ぶことであるように思えます。
 ケンカに付いても、もし起っても、暴力ではなく言葉で解決する努力の大切さを
教えられるのです。これもコミュニケーション力養成教育だと思われます。ここでまた、話すこと、言葉の大切さを見せつけられます。 


 このような授業をみると学校の在り方を考えさせられます。ここからは学校とは学びの舎とともに、社会生活への準備の舎という印象が強くなりますから。
 コミュニケーションから、学校の在り方まで話題がどんどん大きくなりました。
 

 最後に全く関係のない、オカシな出来事をお話しします。
 先日、古い手紙の整理をしていた折りにある1通が目に入りました。差し出し人はALDI という、ドイツ最安のスーパーです。読んでみると、開店間もない頃の
1998年に、わたしが出したこの店の美点、特に店員の機転と親切さを褒めたたえた手紙への返礼の手紙でした。全く忘れていたのですが、その後、店員が会計所に並ぶ全ての来店客に対して、こんにちはとかハローとかの挨拶をするようになったのです。これは今ではこの国の何処のスーパーでも実行されていることです。
 この挨拶習慣を知った時に、もしかしら、わたしの手紙が?!と、思ったことを今思い出したのです。ウヌボレ妄想と笑われても、こう思えることは一つのコミュニケーション成功例と思うのですが、いかがでしょうか。

aokijuku at 22:58|この記事のみを表示コメント(0)

2017年11月25日

ビュッケブルグ歳時記 167

腑に落ちない事ごと 3


 数週間前に河辺さんが、リハビリでコミュニケーションが行われていると書かれておられました。残念ながら、わたしには書かれておられるコミュニケーション力の意味がよく読み取れないのですが、勝手ながら、話し方とか、話題を云々することではなく、皆で話し合おうということに重点があると解釈させていただきました。
 そして、コミュニケーションという言葉の意味も、すでに書いた通りきちんとした理解が出来ていないのですが、リハビリにおいては三省堂の新明解国語辞典にある「言葉による意志・思想などの伝達」を主な意味とすると解釈させていただきます。悪しからずお許しを。


 リハビリでコミュニケーションが行われているということは初耳でした。これは、人々といろいろと話し合うことが、病気によって傷められた精神状態を元の健康状態に戻すための良い療法だとして行われているのだと推察されます。日本の医学の万全さに大きな敬意を持ちました。
 そして直ぐ頭に浮かんだのが、この方法を何故教育に使わないのかという疑問なのです。腑に落ちないことなのです。


 5年前辺りから、いじめが理由で自殺した小中高校生の数は驚くほど増えていることを読みます。そして3年前には対策法が作られ施行されていることも聞きました。残念ながらこの法律の効果は低く、依然としていじめられて命を絶つ子どもが後を絶たないようです。法律を作るだけではなく、文部省はいじめ対策委員会とか第三者委員会とかを作って、組織での対策を実行に移しているという記事も読みました。このように、自殺防止法はいろいろ考えられていて、必要だと思いますが、「防止」とともに「予防」を考えることが忘れられているように思われるのです。子ども達の命が絶たれるということは、コトが起ってからではどんな方法も何の役にも立たないことです。命は一度限りのものなのですから。ここから判るようにこの場合の予防は、いじめの根源を無くすことを意味します。リハビリとは再生の意ですが、再生の必要がないようにするのが予防と思うのです。
 

 コトが起らないように予防するということはいじめを無くすことです。
 いじめに対する記事を読むと、「今の時代は、本音で語りあえる人間関係づくりが難しくなっている。それによるストレスが、いじめの根本的な原因である」とあります。ここから、本音で語り合える人間関係を作ることがいじめを無くす方法と解釈していいと思います。
 人間同士のコミュニケーションとは「人間が互いにその意思、感情を言葉によって伝達し合うこと」との解釈もあります。そこから人は、その意志を疎通し合い、心や気持ちの通い合いを果たし、お互いの理解を深めることになります。


 ここからコミュニケーション力を育む科目を学校が実践することは、とても良いことで、率先されるべきことではないかという考えが起るのです。上記の本音で語り合える人間関係をつくるためにも。
 日本語の辞書には無いのですが、ドイツ百科事典にはコミュニケーションの意味に共同体、連帯体ともあるのです。学校を一つの共同体と考えると、学校でのコミュニケーション教育の必要性を考えるのも、意味ある意見ではないでしょうか。 







aokijuku at 10:11|この記事のみを表示コメント(0)
最新コメント