【ドイツ在住ピアニスト】

2018年09月22日

ビュッケブルグ歳時記 187

政治錯誤

 夏休みも終わり学校が始まりました。この国では9月が学期の始まりです。今まで幼稚園に通っていた子ども達が、小さな胸を弾ませて学校に通い始める時なのです。そんな時に今騒がれているのは教師不足、特に小学校の教師が足りないということなのです。
 ドイツでは教育は連邦ではなく各州が主権を持っている体制ですが、今回の小学校教師不足は2、3の州を除いてその他の州で問題となっているようです。その中でもベルリン、デユッセルドルフやケルンのあるNrW州、ザクセン州などでは深刻な状況を呈している様子が報道されています。例えば、ある州で今学期は2千人の教師が必要なのに、集まったのは約半数強の教師で、その他は代用教師で授業をしなければならないという状態のようです。

 何が原因かという問いには、例えばベルリン(この都市は、都市が州権を持つ)の場合は政治の過ちであったと主権を持つSPD(社会民主党)が陳述しています。充分な数の小学校教師を養成しなかったこと。これにはいろいろ理由があるようですが、やはり2015年の大量の難民受け入れによる子ども数の増加を予想できなかったということが大きいということです。これは上記のNrW州も商工業都市の多い州であることを考えると同じことだと思われます。こんなところに難民受け入れ政策の影響が出てきていることに驚きます。

 この資格を持った教師の変わりとなるのが Quereinsteiger(これはQuer=斜め横、とeinsteigen=乗り込む、の二つの単語を組み合わせた言葉で、教師不足対策のために使われるようになったようです。以後Qeとします)といわれる、「斜め横から入り込む」というような意味をもつ人達によって埋め合わせされるのです。

 例えば、45歳の、声楽を専門とする音楽教育を受けた女性は、1年間の準備期間に、授業の理論と実際面の講習を受けた後、Qe教師となり、新入生に算数、国語、一般社会科を教えることになるのです。また地質学者で洞窟研究家である49歳の男性B. さんは5年と6学年生を教えることになったそうです。「自分の授業は時々、従来の授業法からはずれることがあるが生徒はそれに対して却って好意的に反応する。それによって私の学校からの代理授業契約期間が延期されたのが嬉しい」との感想を述べています。
 このQe教師の他に、停年退職の教師に呼びかけて以後も教壇に立つことを奨めたり、師範学校の学生達に「レストランの給仕アルバイトよりも小学下級生に授業しよう」とのプラカードを出しているとも耳に入ります。
 
 このような状勢に対して非難の声が高いのにも頷けます。

 この国は戦後、アメリカからの誘いを断って伝統の教育制度を残し、教育国家としての誇りを持っていたのですから。今回の教師不足問題が、この誇りに大きな疑問を投げかけることになったといえるわけです。
 その声への答えとして、既述のとおり過ちを認めた上でベルリン市の教育庁は次のような次期の目的を挙げています。 特にベルリン市の教育の第一目的は、人種、宗教、教養などによる社会的差別をなくすることにある。そのためには言語修練とか移住者や障害者との共存教育も忘れてはならないとしています。

 そして疑問のかけられるQe教師による教育については「このような教育によって未来の学校は「教育機関であることとともに生活に近い機関になるかもしれない」
と、好意的な見方をしていると読みました。願わくはそうであってくれますように。


aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2018年09月08日

ビュッケブルグ歳時記 186

混沌混迷・・・


 最初に、今回ブログの標題について弁解をさせていただきます。
 歳時記184で日独の男性医学生奨励について書きましたが、その中で、一学生ルーカスが選抜方法に疑問ありと裁判にかけ,勝ったので、Numerus clausus 規制が緩められたと書きましたが、このことが持つ意味が後になって重要に見えてきたのです。一市民が国家の重要な規約を変えることが出来るということは、民主主義の本質ではないかと気がついたのです。国民主権ということの見本ではないかと思ったのです。勿論、ルーカスの場合は男性医者を増やしたいとの社会状勢が背景にあったので実現したこととは思いますが。
 政治的なデモクラシーなどは、主婦のわたしには難し過ぎて判らないのです。
一般市民の主婦が希望する民主主義は、一人の市民の声を聞く耳を持つ政治をする国なのです。


 このようなことを書こうと思っていたところへ、またこの国を揺さぶる事件が起こりました。
 先々週末に、旧東ドイツザクセン州の3番目に大きい都市ケムニッツで右派のデモ暴動が起こり、その余波が今週のこの国での大きなニュースでした。
 ドレスデンとライプチッヒ市が史跡などで知られている都市ですが、ザクセン州はどちらかといえば貧しい州なのです。ということは経済的発展が少ないということで、そこへ避難民が送り込まれると職場確保の心配が起こり、それが外国人疎外に繋がり暴動となる理由の一つといってよいかと思われます。
 前に書いたペギダ(外国人憎悪グループ)の発祥地がこの市でもあるのです。   
 先々週、ケムニッツ市で右派の人達たち、例えばホリガン(ならず者と辞書にありますが、この国ではスタジオンで暴力行使をするサッカーの熱狂ファンを対象によく使われています)やネオ・ナチスに属する人々によるデモが行われたのです。800人ほどで始まったのが、ネッツで広まり翌日は2000人のデモになって、暴力行使となり、35歳のドイツ・キューバ人の青年を殺害するという結果になってしまったのです。
 右派 ということは今のドイツでもいろいろな意味を持つように思えます。
 今回の選挙で、右派のAfD(ドイツのための選択肢党)が多数の票を集めたことは日本でも知られていると思いますが、ケムニッツの今回のデモもこの党を抜きにしては考えられないわけです。
 この国では外国人疎外問題は、非常に重大視されるということは前にも書いたと思います。ですから今回のケムニッツ暴動は政治的に大きな問題となっているのです。各州で秘密警察機構によるAfD への観察が強化されていると伝えられました。


 このような政治的対策や全国からの警察派遣などで問題点の行く先が示され、暴動が一応治まった先週末には、普通の(!)市民が右派反対のデモを行ったり、夕刻には 名のあるグループによる屋外コンサートが行われたり、教会からのコメントなど、反対意見を持つ集団の意志表示も盛大に行われました。このようなことを見ると、正悪両方の意見が主張できる社会なのだと思い、暴力さえなければ民主的な社会だと思えるのです。


 今はドイツだけでなくアメリカをはじめ多くの国が右に傾いている時代のようです。一方、中近東やアフリカの国々の発展を考えると、先進国との共存も重要なことにも思われて頭が混乱してくるのです・・・。一つだけはっきりしているのは、
暴力はいけない、その代わりとなるのが「対話」ということです。


aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2018年08月25日

ビュッケブルグ歳時記 185

旱魃夏と収穫感謝祭


 8月も終わりになるとこの国では穀物の収穫が始まり、同時にその年の収穫に対しての感謝を表すお祭りが始まります。
 ビュッケブルグのような小都市の周りには、農業を営んでいる人家が多い村も多く、この村々がそれぞれ伝統に基づき趣向を凝らして祭りの用意をするのです。その中での主格は、穂束をたばねて作られる「収穫かんむり」とよばれる
大きな飾り物で、持ち運びも出来るように作られ、民謡服で装った村民の行進の先頭になるのもこの冠ですし、感謝行進車として飾り付けをした軽走車のてっぺんを飾るのも、その村の主婦たちによって作られた「穂束かんむり」なのです。
 数年前に訪問してくれた日本からのお友達と、この町の最も重要な見せ所のお城を訪ねた折り、丁度、感謝祭の時期で、近くの村から集まった数台の感謝祭列車が集まり、見物に集まった市民と声をかけ合いながら市内を練り走る!情景があって、愉快だったことを思い出します。


 この冠を作るのには1400から2000本の、実のついた穂が必要だそうです。


 そこで心配になったのが、この国の今年の旱魃夏の後の収穫の結果です。
 今年の夏は真っ青な空に、太陽が強烈に輝く日が続いていた(いる)のです。ある地では39℃を記録したということです。そして雨が降らなかった(い)のです。
 毎日のTVでは、大きな輸送船は航川禁止になり、痩せ細ったライン、ドーナウ、エルベなどの大河の様子が写されています。同時に煉瓦色に枯れた穀物畑と共に、穀物の穂にはほとんど実がないことも写し出されます。
 この国ではWeizen (辞書には 穀粒としての小麦 とあります)と呼ばれる小麦属の穀物類が多く栽培され、パンやビールその他の食物の原料に使われています。また勿論ジャガイモ畑も多く、その他家畜の餌としてのトウモロコシ畑、ナタネやサトウダイコン畑が耕作地の大部分を占めています。これらの大耕作地の殆どの植物が暑さと乾きに干されてしまったのです。
 このように穀物が実らないことから、感謝祭に必要な穂が集まるかなあと心配になったのですが、近くのG. 村で始まった冠作りには必要な穂が集められたようで、老若主婦たちによる冠作りのなごやかな写真が昨日の朝刊に載っていました。 


 もう一つの心配は、この夏の旱魃はドイツだけではなくフランスからロシアまでの広範囲における気候変動と云われていることです。とすると、今までのCO-2 減少政策を見直して、真剣に実行に移さないと世界中が食料難に見舞われるかもしれないとの心配です。
 昨夕、農務大臣は国と地方(連邦国の行政区画の意)と半々で、相当額を被害のあった農家に援助金として支払う意向を発表しました。
 また、すでにいろいろな農作物改革案が出されています。Weizen の代わりに大豆を、ジャガイモ生産をひかえめする。また牧草が伸びないため2度、3度刈りが出来ないことからくる餌不足を防ぐため家畜飼育を少なくするなどの案です。
 でもやはり、根本のCO-2減実行を真剣に考えるべきだと思います。
 と云うわたしですが使っている車が普通のガソリン車なのに気が咎めます・・・ 


aokijuku at 14:58|この記事のみを表示コメント(0)

2018年08月11日

ビュッケブルグ歳時記 184

我が目を疑った記事


 先週金曜日(3日)の朝、何時ものように日本の新聞3紙のデジタル版を見ていたとき、女子受験者の点数減点との見出しが目に入りました。ある医学大学が医学部医学科の一般入試で、女子受験者の点数を一律に減点して合格者数を調整していたことがわかったという記事でした。男性医師を多くするため、入学時に女性の医学勉学意志を阻む方策が取られていたとの記事と知った時、本当のこととは思えませんでした。読み間違えかと数回読み返しました。
 大戦後日本は民主国家になって、民主主義には男女は平等であると謳われているはずだと思ったからです。


 ドイツでも、この2、3年、政治、経済界への女性進出奨励が云われていて、数ヶ月前からTVのニュース番組を見ていて気がついたのが、あるニュースが読み上げられ、それについての短い説明があるとき、解説者として女性の起用が多くなったなあと思っていたところだったのです。昔は殆どが男性でした。また、3月に任命された大臣16名の内訳が男性9、女性7名ということも平等に近いと思われます。これに反して俸給平等や企業内でのマネージメント地位が同等ではないという問題は未だ大きく残っているようです。
 このような一般における男女平等ではなく、今回は医学部進学から、医者稼業にまつわる平等問題についてこの国の事情を簡単にお伝えしてみます。


 ドイツでは今までは(ここの 今までは には下線が引かれているとお取り下さい)医学部進学を決定するのはアビチュアー(高校卒業および大学入学資格試験。以下Abiとする)の成績でした。医学、法学など、その時によってNumerus clausus(入学許可数制限。以下Ncとする)がおかれ、これに値する成績を取った学生が即時の入学を許可されていたのです。医学部は平均点が1からせいぜい
1.5(ドイツでは日本と反対で1が最優)までという高成績が必要です。年々、20%がNc で、20%のNc に至らなかった学生が空き席待ち、あとの60%は、志望する大学との話し合いで進学するというのが現状でした。


 ここで新しいことを知りました。この国ではAbi の総計は女生徒が男性徒よりも優っているということです。ということはNc に値する生徒は女生徒が多いことを意味し、したがって医学部進学は女性が男性より多いということになります。この結果から来る男性医師を多く!と声を大きくする要求問題は、日独同じで現実の社会問題になっているというわけです。


 そこでこの問題解決にこの国が取っている、または取ろうとしている方法を不充分かもしれませんが書いてみます。
 最初の段階としてNc の規約を緩和しました。これは人間医学部入学希望者で成績が満たなかったハンブルグのルーカスという学生が、Nc による選抜方式に疑問があるとして改革要求を裁判にかけたのです。Abi の結果だけで決めるのは人間の持つ要素を全部見ていないのではないか。成績優者だけが偉い医者になるわけではない。大学の独自性が大きすぎるのではないかなどの点を訴えた結果、ルーカスが裁判に勝ったのです。そこからNcの改良が考慮され、規約が緩くなったのです。そして よい医者となるためにはAbiの成績だけではなく、人間として医学に向いているかをよく見るための精神的テストを重くみる。また生理科学や社会心理学への関心が深いかをも重視し、介護実習を義務とする。また、前にコミュニケーションの重要さを書いたブログに、医学部の授業改革に「話すことを学ぶ」が加わるとあったのを思い出します。そして長い医学部学習期間の途中で学業をを中止する学生には裁可(処罰)として弁償を課すなどで、男性医師育成を奨励していることをこの国でも考えているのを知ったのです。新しいことでした。


 この方法で医師の男女同数問題を解決できるかどうかは別問題として、日本の一大学が取った受験女子の成績減点という方策は、現代の民主国家として世界に対して恥ずかしいことに思えます。女性は学問希望学科選択も同等に取り扱われないなんて!


aokijuku at 13:35|この記事のみを表示コメント(0)

2018年07月28日

ビュッケブルグ歳時記 183

WMの余波


 フランスの勝利で終わったはずの(ちなみに勝負を別にして、一番きれいで、見応えがあったのが日本対ベルギー戦であったという評が多いことをここで皆様にお伝えしておきます)WMは、サッカーが国技のこの国では未だ終わっていないのです。理由を知ると驚いて、なんとなく不審な感じが先ずあったのですが、いろいろな面で考える点も多いように思えますので書いてみます。


 2日前のTV夜ニュースの第一画面が一人のサッカー選手の選手でした。この選手がドイツ国テイーム脱退を発表したことが大ニュースとなったのです。
 この選手はドイツ国テイーム中堅選手のMesut Oezil (以下Oe.) で、彼はトルコとドイツ両国の国籍を持つ、ドイツ生まれのトルコ人選手なのです。(現在はイングランドのFC アルゼナルに在籍)先回のドイツ優勝にも参与していました。それ以来、このことがサッカー界の「新しい、世界に開けたドイツを現すシンボル」と賞賛されてきた選手なのです。 それが今回の敗戦では「贖罪のヤギ(この国でよく使われる聖書から来る言い回し)」にされてしまったから、脱退するというわけです。
 「贖罪のヤギ」にされたという大きな原因は、丁度あったトルコ総裁の選挙に勝利をとったエルドアンの招待を受け、背番号付きの上着を掲げて総裁と並んで微笑む写真がメデイアで広まったこともあるのです。この微妙な出来事を緩和しようとシュタインマイヤー大統領がOe. を招待したりしたのですが、時すでに遅しで多くの市民の反感をかうことになったのです。
 

 Oe. の脱退は二つの明暗として、今の社会に様々な疑問を投げかけることになったのです。
 この国の社会は本当に外国人差別を克服したのか、ということが大きな問いとなって国内だけではなく世界に向かって出されることになったのです。このことの元はやはり未だにホロコーストにあり、そこへ難民問題が重なり、社会が右傾してきていることなどで解決までには未だ長い時間がかかるように思えます。が、この国では避けることができない要注意点です。
 またスポーツが政治に関与しているのも気にかかることです。Oe. は、総裁の招待を気楽に受けたのだと思われる一方では、総裁は、ドイツで人気のあるスポーツ選手を招待することから、ドイツに住むトルコ人たちの票を多く集めることなるとの権力増大策略に成功したと見なし、政治がサッカーに勝ったという味方をする人も多いのです。
 又、難民を多く受け入れているドイツの大きな仕事は、彼らとの融合のための様々な問題解決です。Oe. は脱退文の中に融合について云々しているようですが、外務大臣は、英国に住む百万長者の選手に我が国の融合仕事を評価する資格はない、とはねつけています。この発言にまた多くの反対意見が出るという具合で、Oe. の脱退宣言がこの数日間、世間を騒がせているWM未終了のドイツのこの頃なのです。


 このようないろいろなことを聞いたり、読んだりするとき、良く気をつけて考えると今の世界に大事なことが結構あるような気がしてきます。ドイツのように周りに多くの国があると外国人との接触は避けられないことで、そのための心得を持つこと。そのためには各自が意見を持って、人の意見も受け止めて、それをどのように融合としての結果に導くかなど、考えさせられることが多いように思われるのです。


aokijuku at 22:23|この記事のみを表示コメント(0)
月別の記事一覧
最新コメント