【ドイツ在住ピアニスト】

2018年08月11日

ビュッケブルグ歳時記 184

我が目を疑った記事


 先週金曜日(3日)の朝、何時ものように日本の新聞3紙のデジタル版を見ていたとき、女子受験者の点数減点との見出しが目に入りました。ある医学大学が医学部医学科の一般入試で、女子受験者の点数を一律に減点して合格者数を調整していたことがわかったという記事でした。男性医師を多くするため、入学時に女性の医学勉学意志を阻む方策が取られていたとの記事と知った時、本当のこととは思えませんでした。読み間違えかと数回読み返しました。
 大戦後日本は民主国家になって、民主主義には男女は平等であると謳われているはずだと思ったからです。


 ドイツでも、この2、3年、政治、経済界への女性進出奨励が云われていて、数ヶ月前からTVのニュース番組を見ていて気がついたのが、あるニュースが読み上げられ、それについての短い説明があるとき、解説者として女性の起用が多くなったなあと思っていたところだったのです。昔は殆どが男性でした。また、3月に任命された大臣16名の内訳が男性9、女性7名ということも平等に近いと思われます。これに反して俸給平等や企業内でのマネージメント地位が同等ではないという問題は未だ大きく残っているようです。
 このような一般における男女平等ではなく、今回は医学部進学から、医者稼業にまつわる平等問題についてこの国の事情を簡単にお伝えしてみます。


 ドイツでは今までは(ここの 今までは には下線が引かれているとお取り下さい)医学部進学を決定するのはアビチュアー(高校卒業および大学入学資格試験。以下Abiとする)の成績でした。医学、法学など、その時によってNumerus clausus(入学許可数制限。以下Ncとする)がおかれ、これに値する成績を取った学生が即時の入学を許可されていたのです。医学部は平均点が1からせいぜい
1.5(ドイツでは日本と反対で1が最優)までという高成績が必要です。年々、20%がNc で、20%のNc に至らなかった学生が空き席待ち、あとの60%は、志望する大学との話し合いで進学するというのが現状でした。


 ここで新しいことを知りました。この国ではAbi の総計は女生徒が男性徒よりも優っているということです。ということはNc に値する生徒は女生徒が多いことを意味し、したがって医学部進学は女性が男性より多いということになります。この結果から来る男性医師を多く!と声を大きくする要求問題は、日独同じで現実の社会問題になっているというわけです。


 そこでこの問題解決にこの国が取っている、または取ろうとしている方法を不充分かもしれませんが書いてみます。
 最初の段階としてNc の規約を緩和しました。これは人間医学部入学希望者で成績が満たなかったハンブルグのルーカスという学生が、Nc による選抜方式に疑問があるとして改革要求を裁判にかけたのです。Abi の結果だけで決めるのは人間の持つ要素を全部見ていないのではないか。成績優者だけが偉い医者になるわけではない。大学の独自性が大きすぎるのではないかなどの点を訴えた結果、ルーカスが裁判に勝ったのです。そこからNcの改良が考慮され、規約が緩くなったのです。そして よい医者となるためにはAbiの成績だけではなく、人間として医学に向いているかをよく見るための精神的テストを重くみる。また生理科学や社会心理学への関心が深いかをも重視し、介護実習を義務とする。また、前にコミュニケーションの重要さを書いたブログに、医学部の授業改革に「話すことを学ぶ」が加わるとあったのを思い出します。そして長い医学部学習期間の途中で学業をを中止する学生には裁可(処罰)として弁償を課すなどで、男性医師育成を奨励していることをこの国でも考えているのを知ったのです。新しいことでした。


 この方法で医師の男女同数問題を解決できるかどうかは別問題として、日本の一大学が取った受験女子の成績減点という方策は、現代の民主国家として世界に対して恥ずかしいことに思えます。女性は学問希望学科選択も同等に取り扱われないなんて!


aokijuku at 13:35|この記事のみを表示コメント(0)

2018年07月28日

ビュッケブルグ歳時記 183

WMの余波


 フランスの勝利で終わったはずの(ちなみに勝負を別にして、一番きれいで、見応えがあったのが日本対ベルギー戦であったという評が多いことをここで皆様にお伝えしておきます)WMは、サッカーが国技のこの国では未だ終わっていないのです。理由を知ると驚いて、なんとなく不審な感じが先ずあったのですが、いろいろな面で考える点も多いように思えますので書いてみます。


 2日前のTV夜ニュースの第一画面が一人のサッカー選手の選手でした。この選手がドイツ国テイーム脱退を発表したことが大ニュースとなったのです。
 この選手はドイツ国テイーム中堅選手のMesut Oezil (以下Oe.) で、彼はトルコとドイツ両国の国籍を持つ、ドイツ生まれのトルコ人選手なのです。(現在はイングランドのFC アルゼナルに在籍)先回のドイツ優勝にも参与していました。それ以来、このことがサッカー界の「新しい、世界に開けたドイツを現すシンボル」と賞賛されてきた選手なのです。 それが今回の敗戦では「贖罪のヤギ(この国でよく使われる聖書から来る言い回し)」にされてしまったから、脱退するというわけです。
 「贖罪のヤギ」にされたという大きな原因は、丁度あったトルコ総裁の選挙に勝利をとったエルドアンの招待を受け、背番号付きの上着を掲げて総裁と並んで微笑む写真がメデイアで広まったこともあるのです。この微妙な出来事を緩和しようとシュタインマイヤー大統領がOe. を招待したりしたのですが、時すでに遅しで多くの市民の反感をかうことになったのです。
 

 Oe. の脱退は二つの明暗として、今の社会に様々な疑問を投げかけることになったのです。
 この国の社会は本当に外国人差別を克服したのか、ということが大きな問いとなって国内だけではなく世界に向かって出されることになったのです。このことの元はやはり未だにホロコーストにあり、そこへ難民問題が重なり、社会が右傾してきていることなどで解決までには未だ長い時間がかかるように思えます。が、この国では避けることができない要注意点です。
 またスポーツが政治に関与しているのも気にかかることです。Oe. は、総裁の招待を気楽に受けたのだと思われる一方では、総裁は、ドイツで人気のあるスポーツ選手を招待することから、ドイツに住むトルコ人たちの票を多く集めることなるとの権力増大策略に成功したと見なし、政治がサッカーに勝ったという味方をする人も多いのです。
 又、難民を多く受け入れているドイツの大きな仕事は、彼らとの融合のための様々な問題解決です。Oe. は脱退文の中に融合について云々しているようですが、外務大臣は、英国に住む百万長者の選手に我が国の融合仕事を評価する資格はない、とはねつけています。この発言にまた多くの反対意見が出るという具合で、Oe. の脱退宣言がこの数日間、世間を騒がせているWM未終了のドイツのこの頃なのです。


 このようないろいろなことを聞いたり、読んだりするとき、良く気をつけて考えると今の世界に大事なことが結構あるような気がしてきます。ドイツのように周りに多くの国があると外国人との接触は避けられないことで、そのための心得を持つこと。そのためには各自が意見を持って、人の意見も受け止めて、それをどのように融合としての結果に導くかなど、考えさせられることが多いように思われるのです。


aokijuku at 22:23|この記事のみを表示コメント(0)

2018年07月14日

ビュッケブルグ歳時記 182

カナスタ会の終末

 数回前のブログで2人の93歳になる老婦人とのカナスタ会のことを書きましたが、今回はこの会の幕切れの様子をお伝えすることになってしまいました。
 御両人の年齢を考え合せると頷かれることなのですが、夏の始めに、不思議なことにお二人とも大腿骨骨折と、同じ怪我で入院、手術の後、慌ただしくそれぞれの息子さんの側の施設に入られることになったのです。ヒルデさんはミュンスターランドという比較的近い土地のホームに、インゲさんはフランクフルトの保護住居と呼ばれる介護付きのアパートにです。

 インゲさんの経歴は60年前の、まだ壁が作られない前の比較的監視が厳しくなかった時代に、旧東からご主人を置いて一人で西に越境し、ビュッケブルグに腰を据えた基礎学校(小学校)教師だったというものです。この小都市に、基礎学校は今は数校がありますがわたしの娘が小学生の時代は一校しか無く、したがってインゲさんは担任になったことは無いのですが、娘の恩師というわけです。
 数年してご主人も西に来られ息子さんが生まれ、今の家に定住されたのは40年ほど前のことと思います。そしてこの40年は彼女にとってはかけがえのない年月で、これまでにも息子さんは自分たちが住む近くに来るようにと度々奨めたようですが、頑として聞く耳を持たなったのですが、今回の怪我には彼女も降参するより他なしということだと思います。それで独り身の自由を束縛されぬようにと、2間に台所、風呂場付きの、介護付きアパートに行かれることになったのです。

 手術の後、レハビリの病院にお見舞いした折りの彼女は、ロラートアと呼ばれる歩行介助機をしっかり操作して、これからの新しい生活への意気込みに溢れて見えました。非常に自己意識のしっかりした老婦人です。
 彼女のビュッケブルグの家が無くなると話した時、孫たちは「エツ、これから何処でチェスするの」と訊いていたと話してくれました。オマ(オバアちゃん)のところへ来ると、わたしとのチェスを楽しみにしてくれていた孫たちのことは前のブログに書きましたので記憶して下さっている方もあると思います。19歳になったアンスガーはこの5月にアビチュアーをとり、希望学科が決まるまでの1年は自由意志による社会保護事業奉仕に参加する積もりだそうです。双子の一人テイモンは中等科を良い成績で終えたためギムナジュウムに転校してアビチュアーを取った暁に、願望のオーストラリア旅行が両親から贈られるそうです。ビクトアーは、1年のフランス滞在を終えた後は見違えるほど何事に関しても自立したそうです。アンスガーは10学年生の時に、1年間北京の世界学校に留学していたのです。このような2人の兄弟の外国体験がテイモンのオーストラリヤ行き願望の基であることを書き添えておきます。
 この3人の若者と知り合えたことと、もう一つ、インゲさんが残していってくれた良いことがあるのをお知らせしておきたいと思います。

 インゲさんの家の向かい側に住んでいるケストナー夫人のことです。彼女はこれまでインゲさんの毎週の買い物行きと、重要な公務の付き添いをしていた人です。今回のインゲさんの怪我のことでわたしとも知り合ったわけですが、ある日突然、彼女自身の前暦を話してくれたのです。中でとても感動したのは、生後間もなくの子どもを亡くし、その後若くして未亡人になった時、彼女が選択したのは不幸な子どもの親になることで、「2人の女の子を養子にしたのよ。その中の1人が肌の黒い子なのよ」と云うのです。今、彼女が80歳ということは50年以上前のことで、まだまだ外国人に対する差別感のあっただろうこの国で、彼女には全く偏見が無かったのかと驚いたのです。来週はこの二人の娘と、白黒混じり合った4人の孫たちが来て、彼女の誕生日を祝うという予定を聞いて、尊敬するべきと思われる人格を持つ彼女のこれからの歳月を、わたしも心からお祝いしたいという気になりました。


aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2018年06月23日

ビュッケブルグ歳時記 181

サッカー哲学


 今のドイツは先週始まったサッカー世界選手権に沸いています。先回は優勝を飾ったドイツですが、今回は対メキシコの第一戦で残念ながら1:0で負けてしまいました。
 サッカーはこの国の国技なので、敗戦についても色々原因が取り沙汰されたりしているのですが、中にG. 氏という哲学者のサッカー感が目に入りました。新しい見方を興味深く読みましたので、皆様にもお伝えしてみます。


 「サッカーは不公正な競技でしょうか」という問いかけが標題で、G. 氏 へのインタビュウーの形です。彼の発言を書き並べてみます。
 「手 という、人間の持つ素晴らしい機能機関を使うことを禁じた競技サッカーとは、突き詰めると、人間の身体を原始に戻し、進化を拒否することを意味し、サッカーの脚競技は一種のアントロポロギー(人類哲学)の実験と云える。そして、脚競技の果てに、オーバーヘッドキックが必要になった場合などは、それこそサッカー競技の最も芸術的な美しいシーンとなる」
 しかし、ハンドボールやバスケットボールのように、ゴールに入る点が多いことが目的なゲームと違って、いくらやってもゴールが入らないサッカー競技は、退屈で、面白くないという声が多いが、との質問には次のような返事がありました。「その質問は、サッカー理解者とそうでない人の区別から来る質問である。理解者は、サッカー競技はゴールに入れないことが競技の目的でもあることを知っている。敵方のボールをゴールに入れないことと、味方のボールをゴールに入れることの2つが、サッカーの競技目的である」
 今回のように1:0で勝負が決まる場合は、勝者は満足するだろうが、反面、負けチームの被る精神的打撃はそれ相応に大きくなると思われるが、そこからサッカーは不公正な競技ではないかとの問いかけに対しての返答は「サッカーでは負けていたチームとか、不評の声の多かったチームが最後にどんでんがえしとして、逆転勝ちする可能性もあるわけで、そこには公正も不公正もない。ここから、サッカー世界は決して平穏世界ではないことがわかるであろう。実際的には、不公正で、破損した、野卑な世界ともいえる。そこから競技という意味だけではなく、実生活に通じるものがあるのだ。サッカーWMも最後に残ったチームは90分間に、同点の場合は延長戦になり、そして場合によれば11メーターキックで勝負を決めることになる。これは劇的事件と云ってもいいのではないか。このようなことは人生でも同じことで、いろいろと疑問が湧いたり、悲しみも、喜びも起こるのは誰でもが知っていることで、競技と同じことと考えてよいと思われる」
 フランス人の哲学者 カミユは、若い頃ゴールキーパーとして活躍していましたが ”わたしは、ボールは何時も予期しない方向に飛んで来ることを知っていた。これが自分の人生への教訓となった”という言葉を残していますが、と訊かれると、「やはりここでもサッカーと実生活の並行線が見えるのではないか。サッカーでは時によって勇気を持って一人でボールをドリブルしながらゴールを目指す選手を目にする場合もあるが、実社会でも冒険を望む人は、自分から壁を破って危険を冒すことを選択するわけで、その危険度は同じだと思われる」との返事がかえってきたとあります。


 サッカーを違った角度から見ることを知らされた感じがあります。


 対メキシコ戦ではドイツチーム内に作戦誤解感情があったため、分裂感があったということも耳に入るのですが、選手間の連帯感を新たにして、土曜日のスウェーデン戦に対して欲しいと思うのが、サッカーファンの願いだと思います。


aokijuku at 10:31|この記事のみを表示コメント(0)

2018年06月09日

ビュッケブルグ歳時記 180

エラスムス ー ヨーロッパ教育


 この間、町中で昔近くに住んでいたSさんに会いました。彼女の家族もわたしと同じで女の子が一人いました。彼女がベルリンでジャーナリストの勉強をしているのは知っていたのですが現況を聞いたところ、この間から2ゼメスター(学期)の予定でフィンランドに行っているということでした。方法はヨーロッパで行われている大学生対象のエラスムス奨学金によってということを知りました。知らなかったことなのと、また、ヨーロッパ団結の一策ということに興味が引かれたので、早速、調べてみました。 
 

 まず、 エラスムスとはDesiderius Erasmusu という1466年にロッテルダムで生を受けたオランダ人のことです。彼の称号は哲学者、人文主義者、カトリックの司祭など広範囲に渡っている人道者です。。パリで勉学、英国に在住、トリノで博士号習得、バーゼルやフライブルグで就職、このようにヨーロッパの様々な国を経験していることから彼はスーパー・ヨーロッパ人であるとされているのす。
ルターの時代、宗教改革の時期を生きた人です。
 そして何よりもすでに5百年前に、人間の理知性を信ずることを説き、暴力である戦争も、紛争をもたらす宗教も排することで、人間社会に平和を作ろうとした人だということです。このことこそ、ヨーロッパ団結の真髄であることから、1987年にヨーロッパの大学制度が統一された時、大学生と大学教官の誰もが、希望すれば2ゼメスターを外国で生活、勉学出来るような奨学金制度が作られたとのことです。外国での生活経験が、お互いの国を理解し合うのには欠かせないことだとの信念が見えるように思えます。


 2020年には予算額が大幅に引き上げられる予定とも聞きました。なるべく多くの若い人が外国生活をすることで、今までのように英語を学ぶだけではなく、その他の国の言葉を学ぶことになり、言葉とか習慣の違いを超えてお互いの国を理解する力を持たせようとする奨学金制度をもっと発展させようとするする意図は、すばらしいことだと思います。このようなムルチ・文化奨励教育こそ、グローバール人間養成を意味するように思えます。
 このように、多くの国の人が自由に他の国と行き来することを意図するヨーロッパ的教育は、これからの世界を理解し合う重要な要素ではないでしょうか。若い世代への投資は必要で、エラスムス奨学金制度はこれ以上のものはないようにも受け取られています。その人の人生を良い方向に向け、お互いの理解を深めることから、ヨーロッパの国々の理解を深めることことに繋がるのだからと。
 エラスムス奨学金は、EUがヨーロッパ人に対して行う直接な投資であり、長い目で見るとき、安全な利子が保障される貯金通帳を未来を担う若い人達に与えるようなものだと云われています。


 そしてEU同盟が出来て以来、ヨーロッパの中での戦争はなかったわけです。そこからヨーロッパ軍隊ができるようになったときは、この軍隊がヨーロッパの安全を守ってくれることになるかも、という意見も出てきているようです。
 このような意見はさておき、これからの教育はお互いの国を理解することに重点が置かれるべきだということがわかります。単一文化に留まっていると遅れをとるのではないでしょうか。 


aokijuku at 09:13|この記事のみを表示コメント(0)
最新コメント