【ドイツ在住ピアニスト】

2019年09月14日

ビュッケブルグ歳時記 210

プラステイックごみ問題  その1


 標題の問題は今、地球温暖化問題と同じくらい健康な地球のために世界中が思考解決しなければならない課題になっていると思います。
 毎日の生活に、今では「あるのが当たり前」のようになっているプラステイック製品。人間の頭脳が作り出した、ある面では素晴らしい人工化学材料が、人々に便利な生活をもたらした後、還る所が無くなって、それを作り出した人間の住む地球を汚すことになったと考えると、還る所を作るのは作り出した人間の責任であるように思えます。ただ、わたしのように化学とかその他の難しいことに無知なことや、製造とその後の販売組織などにも知識が足りない市民には、廃棄物になったプラステイックの処置法を理解するのは難し過ぎる感じがするのです。
 例えば包装ゴミとプラステイックごみの差別も定かでは無いというのがわたしの状態なのですから。 
 この事をわきまえた上で、今のドイツの様子を2回にわたりお伝えしたいと思います。


 先ず、家庭ゴミとしてのプラステイックごみは、販売されている、指定されたこれもプラステイックの袋に溜めておくと、2週間毎に収集車が来て処理所に持って行ってくれます。このゴミはプラステイックだけでなく、例えばアルミニュウムのフォーリエ、ヨーグルト容器などの使い捨て器もこの中に入れます。
 横浜に住む姉の地域で、プラステイック製品を2種に分けてゴミ収集されているのを見たときには、日本は進んでいると感心したことを思い出します。ドイツの主婦には、化学合成物質プラステイックにある差別は教えられていませんから。
 

 ここで一例、日本に無い(と思われる)処理法をお知らせしたいと思います。
 ドイツでは、2003年から、容器Pfand (辞書には 担保 とあります)法が使われているのです。この規定とは、簡単に云うとアルコールの入っていない飲み物(ビールは例外)の入っていた容器は、飲んで空になった後、買った店に返還すると容器の担保代が買い主に戻って来るという法規です。
 プラステイックとガラス製の瓶に入ったビール、ミネラルウオーターなどの飲み物の値段には、それが入っている容器の Pfand の値段が含まれているのです。このことは容器に張られたラベルに、空き容器(ガラスでもプラステイックでも缶でも)の担保値段はいくらと明記されています。飲み終わった容器を返すと、相応の金額が戻ってくるシステムです。
 そのため、スーパーの入り口には鉱泉水とか清涼飲み物の瓶の返還機が置かれています。機械の吸い込み口に、用済みの空き容器を一つづつ入れると、機械が検定して、最後に総計した担保額のレシートが出てくるのです。例えば、コカコーラやファンタ瓶は一本につき15セントと全国同一の容器担保料金が決められているので、2ユーロの健康水を買って、飲み終わった瓶を機械に入れると、15セントのレシートが出てくるのです。このレシートは勿論、買い物をした時に総計から差し引かれます。一本ではなく10本の場合は1.5ユーロとなり、レジでこのレシートを出すとその分、買い物の総計額が安くなるわけです。 


 このように飲み物用の容器を、代金そのもので処理をするのは賢い方法だと思います。空いた容器を捨てることは担保金を捨てることになるので、捨てる数は少なくなるはずですから。とはいえ、街角にあるゴミ捨て籠や駅内のくず箱を、行きがかりに返還できる空き瓶はないかと漁っている人を見かけるのも度々なのですが。


 この容器担保法はスカンジナヴィア諸国以外の欧州諸国には未だ行き渡っていないそうです。アメリカ、スイス、オランダなどでは使用されているということです。
 日本のスーパーではこの容器返済機を見たことがないように思ったことと、ペットボトルの返還云々の批判を聞いたように思うので、この国での処理法をお伝えしてみました。   つづく


aokijuku at 02:00|この記事のみを表示コメント(0)

2019年08月24日

ビュッケブルグ歳時記 209

金婚式


 先週、古くからの知人夫妻の金婚祝賀会に招待され、この国でも最近は余り頻繁に聞かなくなった金婚式を経験する機会を持ちました。
 金婚式とは、既婚夫妻が、結婚してから共に過ごした50年の月日を振り返り、万感をこめて感謝祝賀をすると同時に、これからの二人の結婚生活に改めてお互いの忠義と安定を約束するという儀式です。この儀式は、教会で神に結婚を誓うと同様に、通常、教会で行われます。
 今回の友人の金婚式も荘厳なオルガン奏楽とともに牧師に引率されて老夫妻が入場、コーラス、吹奏楽団の演奏などに飾られた祝賀礼拝が行われ、前記のように、これからのお互いの不変の真義を神に誓うという形式でした。
 昔は老いた花嫁はデイアデムと呼ばれる頭飾りをつけ、黄金に色付けされた花束を持ったそうですが、今回は省略されていました。
 礼拝の後は近くのホテルで昼食、その後夕方の解散時まで祝賀会でした。 


 (前後しますが)この国の結婚は、戸籍役場で承認される法的な結婚式が必要で、この式は当事者二人と、結婚立会人の他に、両親、親族、数名の友達の同席で役所の専門事務員によって、通常市役所にある会場で行われます。
 この公的式の他に、この国では日を新たにして教会での結婚式をする人が多いのです。やはり結婚のような行事は神に誓いたいという希望を持つのか、それとも白いウエデイングドレスの誘惑が強いのか、教会での結婚式を望む人が多いのです。外国映画に出て来る父親の付き添いで教会に入場する華やかな花嫁の姿などはこの時の模様です。
 最近多い他宗教の市民とか、教会脱退者、または経済的な支障で教会結婚が出来ないカップルなどは、教会結婚をしませんし、既婚市民と認められるには戸籍役場結婚式だけで充分なのです。


 この国では今どのように結婚制度が考えられているか、少し書いてみます。
 日本でも最近は結婚数が少なくなっているようですが、この国も同様で、過去60年間に結婚数は約半分に減ったということです。現在の既婚者数は約16百万人とのことです。
 離婚の数は増えていて、結婚後15年経った時が一番多いということです。原因は21%が、どちらかの不倫行為ということです。
 女性からの離婚希望が52%ということは、浮気行為は男性に多いということを示しているようです。


 EU圏ということや、移民が多くなっているとかなど、原因は定かではありませんが、増えているのが外国人との結婚で約1.2百万人いるということです。しかしこの形は離婚率も高いということです。やはり宗教の問題や、二人の結婚生活上の役目の理解に困難があるのが原因となることが多いということです。 
 

 20ー40歳までの市民の3分の1は、結婚は陳腐な制度だとの意見のようですが、愛し合っている二人の人間が一緒に住むための制度としては、他の制度が見付からないためか、良い制度と思う人が約半分いるということです。


 結婚統計によると、2013年に結婚した組の16%はインターネットで相手を見つけたということです。
 面白い統計を読みましたので、読者の皆様にも・・・
 65歳以上の男性の希望は : 「髪はブロンド、ブルーアーイズ、離婚者、体形はスポーツ型、就職中、年齢10歳以下まで」
 女性の希望は : 「茶色の眼、男やもめ、ノー・スモーカー、普通の体型、1ー2歳若くてもOK」


 最後に、この国で祝われる結婚記念日は、10年ー木又は薔薇、25年ーシルバー、50年ーゴールド、60年ーダイヤモンド、65年ー鉄、70年ー恩恵、
75年ー王冠、80年ーオーク木、100年ー天 です。 が、この風習が実行されることが少なくなっていることは、上記の事柄を読んでいただくと納得していただけると思います。


aokijuku at 14:44|この記事のみを表示コメント(0)

2019年08月10日

ビュッケブルグ歳時記 208

暑気の最高記録!


 寒さに対する武装には事欠かないドイツですが、7月末の42度という最高記録の猛暑と、それに引き継ぐ、ほとんど毎日の気温が30度以上になるトロピカル夏の毎日にはお手上げの当地です。
 日本の長い、激しい、蒸し暑い夏を知っていると、湿度が少ないだけでも過ごし易いと云いたくなるのですが、毎日の新聞には注意事項とか病状対策とか警戒事項などが細かく挙げられています。そしてこれは地球温暖化の混乱状態の、今年の夏のドイツを映しているように思えますのでお伝えしてみます。


 A紙は、「涼しい都市はクールだ」との見出しで、都会を覆う暑気に対しての処置対策を取り上げています。「暑いという感覚は都市と地方では10度も違う。
都市の家々は昼間吸い込んだ熱気を夜になって吐き出すことから、昼夜の温度に差が出ない。地方では夜になると樹木や植物が暑さを処理してくれる。最近は温暖化防止のためにCO2排出を少なくすることと同時に、森を作ることの重要さが指摘されている。ミラノ市が最近3百万の木を市内に植えたことがその好例である。
 旧東に多くあるパネル構造式建物は暑気を吸い込むだけなので建設停止になるのも近いと思われる。これからの建物は堅牢な石壁になるだろう。
 冷房装置を入れればよいとの意見には不賛成の一言。これは運行にエネルギーを必要とし、温暖化を進ませることを意味するのだから。
 その他は南ヨーロッパの国々の風習を見習うこと。例えばギリシャのように家を、熱をはじく白に塗ることや、空気の入れ替えは早朝と深夜に開窓し、日中は窓を閉めきって暑さを入れない空気交換法を学ぶことも重要」
 加えて「マドリッドの細い街路の上は布切れで日傘のような日よけが作られていて涼しい。この方法は我が国の巾の広い街路には適しないのが残念だが。ローマでは市の至る所に飲み水の出る蛇口が装置されている。ギリシャの野外マーケットでは、日よけの布の下に霧の吹き出る装置がつけられ、霧の中で涼しく買い物や歓談ができる。パリでは一定の暑さを超えると都庁から独り者の老年者に連絡があり、近くの清涼室に行きそこでの滞在と飲料水が与えられる」などの、他国の涼の取り方の紹介があります。


 B紙は暑さに対する健康注意事項を書き並べています。
 特に高年者と幼児に対する注意や、慢性の血液循環不備の病人、肺疾患の病人への特別な注意の他、暑気による吐き気や呼吸困難などの症状が出た場合の連絡病院の電話番号なども示されています。
 幸いに熱中症による死亡患者は、今のところ出ていないとのことです。
  

 C紙の標題は「穀物収穫機による火災危険」で、時々起る収穫中や収穫後の畑で起る火事について一農夫のT. さんにインタビュウした記事です。
 日本での穀物収穫風景は記憶にないのですが、この地では夏の終わりから秋にかけての広大な穀物耕地は、刈り残された穀物の根元が黄金の絨毯のように広がり、その上にはコンバインとよばれる複式収穫機で刈取られて大きな樽のように形作られた、牛の冬用の飼料が秋の太陽の残光を受けて、ゆるく広がる耕地のそこここに転がっている田園風景によく出会うのです。平和そのものを描いた絵のようです。
 が、この収穫中の畑に発火が起ることがあるのです。
 T. さんの話によると、耕地に散らばる小石と、収穫機の藁切り装置とが偶然出合って火花を飛ばすようになった場合。又は外温が非常に高くなり、機械の回転も
早くなった場合に燃料タンクの管が破裂することもあり、収穫機を運転する時は
音とか匂いとかに常時注意をしなければならない。勿論、消火器はどの収穫機にもついているが非常の場合の処置法も知っている必要あり。また機械の整備も重要な仕事であると強調して話しています。
 

 夏には世界中での森林や草地火災がニュースになります。雨が降らず、外界が乾燥しきっている状態のときには、自然発火があるとは解りますが、人間が起こすバーベキュウの後始末の悪さからとか、時折の放火からの火事は許せません。
 自然界がいつの間にか復活してくれることが、ただ一つの慰めです。


aokijuku at 14:10|この記事のみを表示コメント(0)

2019年07月27日

ビュッケブルグ歳時記 207

ヨーロッパ最強女性

 先日のEU委員会会長の選出については、日本にも詳しい報道があったと思います。EU議会やその運営法などの専門的なことはわたしにはよく判らないのですが、僅かの票差でEU委員会長に選出された女性 Ursula von der Leyen (以下v. L.)について知ったことや、この事をめぐって起きたこの国の政治の変化の中から、気のついた事を書いてみたいと思います。読んでいただけると嬉しいです。

EU選挙から会長選挙日まで、この国では、ドイツ人W.氏(CSU)か、オランダ人のT. 氏(SPD)が会長候補者だと思っていたのですが、選挙の13日前になって、何らかの理由で2人の候補が取り消され、それまでメルケル政党の連邦国防大臣として、少々のミスを交えて任務をしていたv. L.. 氏にお伺いがたてられたことを市民は知らされたのです。
 これに対して彼女は即刻の了解を出し、当選不当選の如何を問わず、国防大臣の役を降りることを公表し、必要な票をとるための演説の用意にかかったということです。会長当選のために必要な票数の獲得は、その時点では曖昧模糊だったようです。
 会長としてのEU発展への意向演説は、ヨーロッパの未来だけではなく、EU の未来も、そして 彼女の個人的な政治進路もかかっている超重要な意志表示を意味しているわけです。

 演説の概要を簡単に書いてみます。
 「私は60年前にブラッセル市で生まれた。ヨーロピアンとして生まれ、ヨーロピアンとしての教育を受け、そこへ再び戻ってこられるようになれればこの上なくうれしい。私が会長となった場合にはドイツ人会長ではなくヨーロッパ人会長として役目を果たしたい。ーーフランス語でーー40年前に、ホロコースト残命者のS. Veil (女性)氏が初めてEU 議員に選ばれれたことを思い出すと、フランスがこの議会の男女平等に力を添えたことに行き当たり、同国の平等への執念実現に感謝する。ーードイツ語でーー歴史的な見方として、大戦の後の荒野に、EUという大きなモノ、平和(像)を造り上げた過去の政治家に対しても尊敬と感謝の念を忘れていない。ーー英語でーー60年代に貿易関係の仕事をしていた私の父親は、子どもの私たちに、EG 機構になって再び世界と取引をすることなった。取引をすることは友達を作ることでもある。友達間には喧嘩は無い、と良く話してくれていた。」

 この、13日間で用意された3国語による彼女の演説は、反対派の党からの拍手も多く得て、僅かな得票の差でも、35000人のEU 議会最初の女性会長としての席が彼女に与えられる結果になったのです。

 33分間にわたる演説の最後は「EU はヨーロッパだけではなく全世界への責任を持たされている。このことは苦痛とも云えることだが、反面、ヨーロッパ人に持たされた”高潔な義務”とも云えるのではないか」そして最後に「このことは今の若者達の要望でもあるのです。私の子ども達(7人)は、『ママ、時間を無駄にしないで、出て行って直ぐ何かを始めなさい』と云って送り出してくれました」満場拍手。

 この会長選出場面からは様々なことを教えられるように思います。第1に「話すことの大切さ」です。今回は演説になりますが、政治家と市民の繋がりはやはり「言葉」だと思うのです。言葉が無い政治の行く末は考え方も暴力的になるのでは。
 第2は「若い人達の意見をおろそかにしないこと」です。
 今、活発に活動をしている“Fridays for Future" も、タイムリーだとの見方の反面、このために政治がやっと動き出したとも云えるのではないでしょうか。
 
 そして、日本で参議院選挙のあった週に、デジタル新聞で「政治の話をしない社会はダメ」との標題を初めて見たときにはうれしくなり、内容を直ぐ確かめました。この発言は米国留学から帰って来た女子学生のもので、彼女はアメリカの大学内での政治についての話し合いに感激し、その感想を述べたということでした。
 世界中何処でも若い人の目は確かなことを見届けていると心強く思うのです。


aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2019年07月13日

ビュッケブルグ歳時記 206

パラグラフ([法規の]条)219a

 今回はまず標題の解明から始めなければなりません。
 218条は、この国の成人市民の大半が知っている条で、連邦刑法典にある妊娠中絶に関する条です。219aはそれの関係刑法条で、先月の半ばに、この条に起った変化が今、ニュースになっているのです。

 起った変化のきっかけとなったのは、2年前に、一女性 医師(H.氏)が彼女のホームページに、中絶についての一般注意事項などや、質問にはE-メールで答えるとの旨を載せた所、これは彼女自身の宣伝コマーシャルになり、自己の産を増やすことに繋がる。そしてこのような広告は、医師法では禁止されているとして、
6000ユーロの罰金判決を受けたのです。
 しかしこの判決に対して、中絶に関しては、施行医者と普通の医師の自己表示(患者に対してのコミュニケーションや商化など)とを同様に扱ってはならないとの意見が強くなり、今年の3月に、刑法219a の一部が、次のように変えられたのです。
 「中絶を実施する個人医師、又は病院はそのことを公表してよい。ただし、その方法や誘導などの詳細公表は禁止」と変わったのです。

 ここから、H. 医師は無罪になったのですが、このような形の変化は、インターネット上の規約を変えただけの見かけだけの変化であって、生む事と中絶の間で苦悩している女性達にはなんの助けにもならないとして、H. 医師はインターネット上で、妊娠している女性達の助けになる方法のために、実のある法が認められる迄、闘うつもりだとの意見を強くしているとのことです。
 
 ここで、キリスト教が基礎になっているドイツの堕胎について簡単に書いてみます。
 堕胎法はナチスが政権をとった直後の1933年に、ナチ国家がその刑法典に「堕胎は刑を受けるべき行為である」と記したことが元だということです。
 そして旧東では、当時この規定は進歩的で過激な良い規定と扱われていたようです。それに比べ、旧西では刑とするべきか否かが議論されはじめていたにもかかわらず、今でも218条は処罰の中に入っているのです。が、個人の自由が認められる国としてのドイツでは中絶は ”事情に寄っては”(”条件を満たせば” などが適当なのかもしれませんが法律用語を知りませんのでお許し下さい)刑罰にはなりません。
 ”事情” とは、大まかに書き出すと、妊婦自身の希望であること。施行は受胎から12週間以内であること。執行3日前までに国家認証の相談所で話し合いを受けたこと。が”事情”として挙げられています。これ等を満たしていれば中絶を受けられるわけです。

 今回のH. 医師の判決がきっかけとなって、国も中絶者への思いやりのある扱い方などを考えているようですが、例えば、施行医者のリストを作り、連邦医師協会がそれの管理をし、相談者に示すなどの、これらの政策実行は容易ではないようです。このことは今期の家庭大臣が指摘している、毎年約76000人が中絶しているにも関わらず、記録数は2003年には2000件、2017年には1200件と減少していることに現れているようです。中絶を相談する、信頼できる医者が少なくなっていることの表れで、隠れた中絶が多いようです。

 5月半ばの新聞にはアメリカの、カトリックの力が強いアラバマ州では中絶は拘留の罪になるという記事がありました。カトリック国ポーランドも、ヨーロッパ一番の厳しい規定を持っています。暴行の結果の妊娠、妊婦の生命が危ぶまれる場合、生まれる子が重病の場合以外は中絶は認められないということです。ヨーロッパ中で一番の自由主義のオランダでは、施行は受胎後24週間以内という期間原則以外は規定が無いということです。
 
 このように生まれて来るーー来たい子どもへの待遇も、国によって様々な事がわかります。正しい道は何処かという声が止むこと無く聞えるように思えます。




aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)
月別の記事一覧
最新コメント