【ドイツ在住ピアニスト】

2019年05月11日

ビュッケブルグ歳時記 202

Ein Kaiser fuer morgen (明日の皇帝)


 が標題で、続いてお二人の写真に、「5月1日に126代天皇として即位されるナルヒト皇太子は、2700年という世界最古の歴史を持つ天皇国家日本を近代化するだろう」との新聞記事が目に入りました。 
 この国の人は日本の天皇政体をどう理解しているのかと、興味深く読んでみました。記事に忠実に、内容を書いてみます。

{「天皇としてわたしは、遍歴する時代に添った皇帝制の道を模索し、その道を歩むつもりである」との即位の言葉は、非常に意味深い。
 第2次世界大戦後の1989年からのアキヒト前天皇は、和解の天皇として我がドイツ国と同じように、在籍期間中、大戦での非行を世界に陳謝をしなければならかった。
 それにもかかわらず今でも日本の社会は完全に解放されていないように思えるし、男尊の習慣や経済停滞などの問題を抱える日本で、新天皇の「皇室を時代とともに新しくする道をゆきたい」との言葉は、非常に勇敢で意味深い言葉で、国全体の進化の指標のように思われる。というのは新天皇は、固まった皇室の中でもすでに自分の生き方を認識しているように見受けられる。これ等のことは、例えば1993年に皇后を自分で決め、彼女を、いかなる困難の中でも守り通すとの約束を公にして結婚したことや、令娘の教育にも係わっていることなどで証明されている。
 ナルヒト皇は非情な読書家で、広範囲な物事に興味を持つ国際人天皇であると旧ドイツ大統領のヴルフ氏も尊敬の念とともに云っている。
 今、世界は非常な勢いでグロバール化しているが、日本はその流れに載っていない。中国や南韓国は着実にその存在を固めているのに反して、日本は世界での位置を未だに模索しているようにみえる。例えば2004年での日本人外国留学生数が2011年には3分の1に減っていることや、外国人労働者を拒否していることなどを知ると、新天皇の前向き精神が市民に大きく反響することを望む。
 最後に考えることは、女天皇を認めない現在の体制を変えて、愛子令娘が天皇になる時には、これこそ大革命になるだろう。}

 この記事の良否は別にして、日本から云うと外国のドイツが、旧天皇の後退と新天皇の即位をどのように見ているかとともに、現在の日本の位置をどのように見ているのかがわかり、面白いと思いました。

 そして、この事を何故ブログに取り上げたかというと、丁度、今回のブログに、再度、わたしの思う日本の教育とこの国の教育の違いを書きたいと思っていたからなのです。
 そのきっかけは歳時記197でお知らせした、スウェーデン人グレタさんが起こした地球温暖化への抗議行事の行方なのです。このアクテイビテイーは今 「Fridays for Future」との符号で、世界の多くの国の生徒や学生を中心に活発な活動をしているのです。5月4日に開かれたドイツ第2位の電力会社(RWE)の総会の場では、23歳のルイザさんが RWE は全ローロッパを通してCO2については最高の責任を担っているのだと債権者に訴えています。
 そしてこの国では政治家の世代が若くなっているとの印象が強くあるのです。

 この現象の起こりを考えてみると、政治がオープンだから、と思われるのです。家庭でも学校でも社会でも政治は普通の話題として、自由に話し合えるのです。 
このように政治がオープンな欧米の社会から見ると、日本の社会は上記の記事にあるように「開かれていない社会」に見えるのだろうと思います。そう思われることは、なんとなく無視されるような感じがあるのです。無視されるのではなく協議が出来る国になるためには、自分の意見を持った若い人の育成が必要だと思うのです。知識習得だけではない、自己形成のための社会教育をする教育制度、学校教育の重要さを認めて、奨めてもらいたいと思うのです。世界の動きからおいてきぼりにされないために!

 前向きの新天皇のお言葉に、この気持ちが肯定されたように思ってのブログです。


aokijuku at 02:00|この記事のみを表示コメント(0)

2019年04月27日

ビュッケブルグ歳時記 201

エレクトロキッカー(電動スクーター)への期待


 自動車国にもかかわらず車生産につまずき、深刻化する地球温暖問題など多くの
困難との案配を考えながら、市民の移動を循環にするために、今この国で期待されているのが標題の、”(短い距離用の)電動交通器具”です。

 エレクトロキッカーとかエレクトロ・ステー・ロラーとかいろいろな名前で呼ばれるこの器具は、12ー20km/時速、50キロ以下の、見た目には子ども達が遊ぶ、片足で道路をけって走るスクーターのようなものです。違うのは速度を出すのが足動ではなく電動という事です。保険証を機械に貼付ける事は義務。運転免許証を持つ必要は無い。 
 このような短距離を徒歩よりも短時間で、安い価格で移動できるこの器具は、今までは公道での使用は禁止されていたのですが、今春から公の道路での使用許可が下りるという事に期待が寄せられているのです。勤務人は、家から駅までと、降りた駅から勤務先まで(公共交通機関への持ち込み可能)を歩かなくてよいので時間短縮になるとか、主婦達は小さな買い物に使用できるとか、今まで自転車を使用していた学生達にも歓迎の声が大きいようです。

 「公道の何処を走らせるか」ということが残る問題のようです。

 ここで、平地の多いこの国の交通道路の模様をを少し書いてみます。
 都会では車道に歩道が付いています。そして、主要道路の歩道には自転車用の道路が示されているのです。ある都市では、自転車道を色の違った煉瓦で敷き詰めたり、ある市では自転車道の両端を太いペンキで塗って存在を示しているのです。この道路巾は歩道の巾によって違いますが、狭くても一台の自転車が充分通れる巾を持っています。ベルリンのソニー会館前の大道りの自転車道は2台の自転車が並行して通れる程の巾で、自転車王国の感じがあります。ベルリンがドイツ最大の自転車都市を目指している結果かもしれません。
 信号では自転車道が車道の次にあるので、歩行者は自転車道を避けて信号待ちをしなければなりません。うっかりして自転車道路上で待っていると、近付いて来る自転車の呼び鈴で下がるように促されます。
 自転車道を歩道に造れない場合には車道の端をペンキで自転車用として区別してあります。
 地方の街でも自転車に対する道路への心配りはきちんとされています。特に近くの街や都市から休養に来る人の多い村などは、自転車道路を良く整えています。これは近くの学校に通う、村の生徒達への考慮があるのかもしれません。 

 因みにこの国では小学校4年で自転車乗りの試験が行われ、子ども達に自転車運転免許状を与えます。大人の車運転免許証と同じように、交通標識、街路上の交通規則、救助法の理論試験と、路上での自転車運転の実技が試験され、受かると自転車通学も許可されるのです。この試験は通常、警官と交通関係の役員の指揮で、それぞれの学校の校庭で行われます。そして最後に、警官と指導者と合格者全員による集団自転車ハイキングが街に出て、そこで、腕による軌道変更法や、追い越し法などが教えられるのです。 

 4月初めの新聞に、日本の地方のある都市でも電動スクーターが取り入れられたとの記事を読みましたが、日本の行楽を中心とした使用と、この国の、街角をスイスイと行く業務的移動器具としての使用とでは違うように思えます。国によって平地の大小の違いから来るこの差は当然ですが。
 もう一つの違いは、歩行者と自転車乗り人への優先がドイツでは明瞭のように思われます。これも道路を広くとれる国だからかも知れません。 


aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2019年04月13日

ビュッケブルグ歳時記 200

臓器提供をめぐって

 4月になっての連邦議会での第一論争テーマは、健康大臣提出の臓器提供についてで、臓器提供規則を新たにするというものです。
 臓器提供は死にまつわり、それに続く移植は生を意味することで、人の生死に関わる重い問題です。そして新たになる規則は、「反論しない者以外は、全員を提供者とみなす」というもので、ドイツ語では「Widerspruchsloesung」といいます。
この意味は、「反論解決策」で、抗弁しない限り、国民全員を提供者と見なすとするものである事から、心ある市民は考えざるをえないということになり、メデイアも個人の間でも、このことについて議論されているのがこのところのドイツなのです。 

 このような、ある意味では人民の選択権を犯すような規則を施行しようとするのは、2010年には11%の移植で生き延びた患者が記録されていたのが、年々減って、現在約1万人の患者が移植を待っているのに、提供者が少ないことでこの内の2千人が移植前に死亡する状況にあることがあげられています。

 また、この状況を煽ったのは2015年にあった移植スキャンダルと呼ばれる事件があるのです。これは、ある地方の病院で提供された臓器を、適当と思われていた患者以外の患者に移植した事の良否が問われ、地方の裁判では執刀医者が有罪と見なされ、禁固刑に職業権剥奪の刑を受けたのです。その後、大学病院でも移植の是非が問われることもあり、連邦最高裁判所では無罪判決となったこともあり、この後、提供患者も執刀医者も臓器移植に心配感がつきまとうということになり、提供者減少になっているとも云われています。

 また、提供者の出る病院と、移植全般を司るDSO(ドイツ臓器移植運営機関)との連絡がスムースに行かない事とか、費用の問題も解決されるべきこととしてあげられています。
 これ等の問題を解消する目的で出されたのが「反論解決策」なのです。 

 この新規則についての説明を書き写してみます。
 新規則「反対者意外は提供者とみなす」の意味は、生きている間に、反対意見を表明しない限り、自動的に提供者と見なされるわけで、今迄のように提供者パスを持っていなくても提供者とみなされる。因みに臓器提供にポシテイブな考えを持っている人が84%に上るにもかかわらず、提供パスを持つ人は36%というのがこれまでの状況なのです。

 子どもと未成年者は今まで通り両親の判断により臓器提供は決められます。
 反対意志は、これから造られる国営の役所で、全市民が持つ「医学関係証明および通知パス」に反対意志を表示する。この役所が出来るまでの間は、家庭医の所に登録する。これらの事務作業は、後日、スマートフォーンで出来るようになる。 
 

 最後にこの案を議会に出した健康省大臣は、「この新規則は市民の持つ自由権を強く侵略するものであるように見えるが、臓器提供は不安と強く結びつくものである。この不安を少なくするためには問題についてとことん話し合うことが必要だと思われる。それを今始めたい」と提案の動機としています。


 このテーマで行われる、経験者や専門医などによるトークショウや、新聞の読者投稿などでの意見は様々です。この提案がどのような結果になるかはまったく未知です。が、あることを政治家達が議会で決めるのではなく、その前に「国民に考えさせる」ことをする政治法もあるのだということをこの臓器提供反論解決策から知りました。そして規則が通らなくても、多くの人が考えることによって、臓器提供者が増え、生を持続出来る人が増えるかもしれないという希望も持ちました。


aokijuku at 10:02|この記事のみを表示コメント(0)

2019年03月23日

ビュッケブルグ歳時記 199

3月8日!

 今年の3月8日はビックリした日でした。
 この日が仲の良いお友達の誕生日であることと、世界女性日だとは知っていたのですが、今年からベルリン市(都市国家、一都市が州の資格を持つ)ではこの日が法定の休日となったことを知ったからです。

 まず最初の驚き、祭日となった過程を調べてみました。
 この国ではキリスト教の旧教の州と新教の州によって休日数が違うということは
すでにお伝えしました。例えばバイエルン州ではベルリンよりも3日多い休日があったのです。この不平等を質すためだけではないと思いますが、昨年から新教の州でも10月31日の宗教改革記念日を休日とした州もあるのです。その煽りのように急遽、生産企業などの反対を振り切ってベルリン市も3月8日を休日にしたのです。

 第2の驚きは国際女性日という事物に対してです。今までは名前だけのものだったのですが、調べる程に、また現況からも意味が深くなってきましたので、皆様にお知らせしたいと思います。特に分割されていた歴史を持つドイツの今に、潜在する大きな影響があるように思えるのです。
 この女性のための日(ここまでに3種の言い方をしましたが、以下、女性日とします)は、一次大戦が始まる年の3月に、ドイツの社会民主党員であったZ.女史の案、男女平等、女性の選挙権獲得、労働女性の同権化を目的として、女性のための重要な社会機構として始められたのです。1921年からは毎年3月8日がそのための日と決められ、1975年に国連に承認され、世界の女性日となったのです。

 このような歴史を持っている記念日でも、自由な国、例えば西ドイツのように
女性が選挙権も、平等権も得、仕事を持つことも当たり前になった国では、ある意味でこの日の真意を実感として考える機会が少なかったのではと思えるのです。
ですから女性日を祝う習わしはほとんど聞いた覚えが無いのです。
 それに引き換え社会主義国であった東ドイツでは「社会主義国での母の日」として、この日は労働に就く女性に花束を贈り、憩いの日として家庭や職場で女性の日頃の労をねぎらっていたそうです。

 今年の3月8日はこのような経過を持つ女性日が祭日となった事をきっかけに、この日の意義が見直されたように思われるのです。
 その理由は、話が飛躍しますが、最近のこの国の政治現場を見聞きするとき本当に驚く程、女性が進出しているのです。連邦議員709人の内、31%の222人が女性議員ですし、16人の大臣のうち6人が女性ということだけでもこのことの証明になると思います。その他、現在のベルリンでは大学の教授数は男女ほとんど同数ということも挙げられると思います。
 そしてこの現象は東西統合後に起った事なのです。先日あったTVの東出身の女性達のトークショウでは、色々と新しいことを知り、また学ばされました。
 例えば男女平等という一語でも、東西の女性の受け取りかたが違うのです。東の女性は家庭でも、職場でも、社会でも男性と同じに働かなければならなかったのです。ここで注目しなければならないのは、地位が上がる希望は最初から無いのです。そのような環境で、脇目もふらず自分達の役目を果たして来た女性達の強さは、平等を超える強さに成長したという感じがしました。それと、東の女性は向学心が強く、勉強する機会は逃さないということも知りました。 

 少しの誇張を許していただければ、東からの女性の持つこの強さ、持った信念にまっしぐらに進む精神、学びたいという意志が土台となって、統合30年後に男女平等が昔よりずっと行き渡った現代ドイツ社会を造った、との印象を与えられたのが今年の世界女性日3月8日だったのです。
 

 



aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2019年03月09日

ビュッケブルグ歳時記 198

ドイツの国教にまつわる忌まわしいこと

 日本では一般にキリスト教を云々する場合、この宗教にある区分にまで話がおよぶことはほとんど無く、キリスト教とひとまとめに扱われているのが普通だと思うのですが、この国に長く住んで知ったことの一つに、カトリック(旧教)とプロテスタント(新教)がはっきり区別されていることと、この両派間の共存が理想的とは云えないのがこの国の国教だということなのです。
 明瞭な区別の身近な例を挙げてみます。この国は連邦国家で16の州で成り立っていますが、それぞれの州が旧・新教州かが決まっているのです。旧・新、約半数づつの分割です。この現象は、この国の休日の殆どがキリスト教に基ずいたものなのですが、旧教の州の休日が新教の州より2−3日程多いということによく現れていると思います。

 今回のブログ・テーマを理解していただくために、カトリック派の様子をおおざっぱに書いてみます。
 旧教の教えとは一言で云うと、1546年にマルテイン・ルターにより改革される前のキリスト教の教義、旧約聖書に書かれた教えに基ずく教派で、例えば罪人は地獄に堕ちる、布教のためには戦力も厭わないなどの規則に縛られた教えで、神の権力で信者を統率する権力信教ともいえるのではないかと思われるのです。その中には今でも離婚は認めないとか、避妊用具も基本的には認めない、同性同士の結婚も認めないなど、「認めない」ばかりのはびこる、ある意味では時代遅れの掟を信者に強制している教派であるということもできるように思われるのです。そして今回、又また問題となっているのが Zoelibat と呼ばれる神父の結婚を禁止する神父独身強制制度からくる忌まわしい犯罪なのです。

 忌まわしいこととは、神父による幼少年の子ども達への性的凌辱事件です。 
 1670年から2014年までに約3千8百人(少年が多い)の犠牲者があるということです。
 この国で数年前にも、幼年期に経験した忌まわしい事件を、成人した今になってアウテイングする被害者により刑事事件となったとの報道があったのを覚えています。が、何となくうやむやになっていました。その後、米国やポーランドでも問題が発覚し、今回またドイツの犠牲者が声を挙げることになり、今回はカトリックのフランチテイスクス教皇がヴァテイカンで会議を開き、「この問題のもみ消しは今後しない」との意向を示しました。しかし、この意向・セけでは何の解決にもならないとの不満の声が大きくなっています。
 そして、神父のあるまじき行動は子ども達だけが対象ではなく、同じ教派の女性信者修道女に対しても起こっている事件であることが明らかにされているのです。

 この問題解決には、神父の結婚問題を検討することが必要だと、たとえば新教の人達の声が大きくなっているのですが、既述のように昔の掟を守る宗派では今の所、残念ながら解決には長い時間が必要だと思われます。
 
 このように、先進国であるはずの国にも宗教というものは不可解で、問題があるのだと教えられるのです。
 そして同じキリスト教でも旧・新派の共存は円滑ではないのです。両派とも5月は子ども達の信仰確信の儀式 ,[「旧教 Kommunion ( 聖体拝領)9歳, 新教konfirmation (堅信礼) 14歳]が多く行われる月です。教え子の一人はカトリックなのですが、「仲良しの新教の友達の堅信礼に招待されて行ったのだけれど、その会ではわたしがカトリックだと知ったら、カトリックの悪口ばかり云われてとてもイヤだった」と、こぼしていました。このように子供の時からすでに差別があるのを知らされます。

 宗教の自由は、今の時代は憲法にも謳われていることですからそれぞれの責任だと思います。が、子どもを汚す宗派を許すことは出来ません。
そしてこの旧・新の区別及び両派の対立は、宗教としてあってはならぬ事と云える程大きいと思われるのです。


aokijuku at 09:33|この記事のみを表示コメント(0)
月別の記事一覧
最新コメント