【ドイツ在住ピアニスト】

2019年07月13日

ビュッケブルグ歳時記 206

パラグラフ([法規の]条)219a

 今回はまず標題の解明から始めなければなりません。
 218条は、この国の成人市民の大半が知っている条で、連邦刑法典にある妊娠中絶に関する条です。219aはそれの関係刑法条で、先月の半ばに、この条に起った変化が今、ニュースになっているのです。

 起った変化のきっかけとなったのは、2年前に、一女性 医師(H.氏)が彼女のホームページに、中絶についての一般注意事項などや、質問にはE-メールで答えるとの旨を載せた所、これは彼女自身の宣伝コマーシャルになり、自己の産を増やすことに繋がる。そしてこのような広告は、医師法では禁止されているとして、
6000ユーロの罰金判決を受けたのです。
 しかしこの判決に対して、中絶に関しては、施行医者と普通の医師の自己表示(患者に対してのコミュニケーションや商化など)とを同様に扱ってはならないとの意見が強くなり、今年の3月に、刑法219a の一部が、次のように変えられたのです。
 「中絶を実施する個人医師、又は病院はそのことを公表してよい。ただし、その方法や誘導などの詳細公表は禁止」と変わったのです。

 ここから、H. 医師は無罪になったのですが、このような形の変化は、インターネット上の規約を変えただけの見かけだけの変化であって、生む事と中絶の間で苦悩している女性達にはなんの助けにもならないとして、H. 医師はインターネット上で、妊娠している女性達の助けになる方法のために、実のある法が認められる迄、闘うつもりだとの意見を強くしているとのことです。
 
 ここで、キリスト教が基礎になっているドイツの堕胎について簡単に書いてみます。
 堕胎法はナチスが政権をとった直後の1933年に、ナチ国家がその刑法典に「堕胎は刑を受けるべき行為である」と記したことが元だということです。
 そして旧東では、当時この規定は進歩的で過激な良い規定と扱われていたようです。それに比べ、旧西では刑とするべきか否かが議論されはじめていたにもかかわらず、今でも218条は処罰の中に入っているのです。が、個人の自由が認められる国としてのドイツでは中絶は ”事情に寄っては”(”条件を満たせば” などが適当なのかもしれませんが法律用語を知りませんのでお許し下さい)刑罰にはなりません。
 ”事情” とは、大まかに書き出すと、妊婦自身の希望であること。施行は受胎から12週間以内であること。執行3日前までに国家認証の相談所で話し合いを受けたこと。が”事情”として挙げられています。これ等を満たしていれば中絶を受けられるわけです。

 今回のH. 医師の判決がきっかけとなって、国も中絶者への思いやりのある扱い方などを考えているようですが、例えば、施行医者のリストを作り、連邦医師協会がそれの管理をし、相談者に示すなどの、これらの政策実行は容易ではないようです。このことは今期の家庭大臣が指摘している、毎年約76000人が中絶しているにも関わらず、記録数は2003年には2000件、2017年には1200件と減少していることに現れているようです。中絶を相談する、信頼できる医者が少なくなっていることの表れで、隠れた中絶が多いようです。

 5月半ばの新聞にはアメリカの、カトリックの力が強いアラバマ州では中絶は拘留の罪になるという記事がありました。カトリック国ポーランドも、ヨーロッパ一番の厳しい規定を持っています。暴行の結果の妊娠、妊婦の生命が危ぶまれる場合、生まれる子が重病の場合以外は中絶は認められないということです。ヨーロッパ中で一番の自由主義のオランダでは、施行は受胎後24週間以内という期間原則以外は規定が無いということです。
 
 このように生まれて来るーー来たい子どもへの待遇も、国によって様々な事がわかります。正しい道は何処かという声が止むこと無く聞えるように思えます。




aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2019年06月22日

ビュッケブルグ歳時記 205

動物ーー ハチとの問題


 2ー3年前から、高速道路を走った後の車の掃除が手軽くなったという現象はこの国の全てのドライバーがもつ印象だと思います。

 何が軽くなったかというと、目的地に着いた後、フロントグラスを透明に磨き上げる必要がなくなったのです。昔は、左右に拓けた田園の中や、鬱蒼とした森の中のアウト・バーンを時速100キロ以上で走った後は、フロントガラスが大小の昆虫の死骸で、なにかの糊でも塗ったようにとても汚されたのです。ある地域では、特に夜間走行中には水を出してワイパーを使ってきれいにしないと前方の安全が保てないというほどの汚れかただったのです。それが今では、ガラス掃除が不必要となったのです。

 昆虫が居なくなってしまったのです!

 2ー3年前から、昆虫退治のためのFipronil とか Neonikotinoid とかの難しい名前の化学薬剤の使用を禁止するとかしないとかのニュースがよく流れていたのですが、人間の食料となる農産物をもっと良く育てるために使われるこれ等の化学駆虫剤の効果がこのような所に大きく出ているのです。

 この消えつつある昆虫の中にBiene=蜂も入ります。Biene を辞書で引くとみつばち と出ているのですが、この国の人はみつばちだけではなく野生蜂など蜂を総合してハチと呼び、この昆虫を大切に扱い、そしてハチは多くの市民のアイドルとなっているのです。

 ハチは植物が実を付けるために花粉の運びをしている大切な生き物として、存在を再認識することがこの2ー3年重要視されています。ある店では、ある一日、数種の果物を棚から消して、ハチだけではなくスズメバチや甲虫、蝶々などが居なくなるとリンゴやコーヒーやチョコレートやオレンジジユースも無くなってしまうと子ども達を中心に自然界の原理を示したりしています。
 また大手のスーパーがハチを中心にした昆虫のための広大な花畑を造ったり、あるスーパーは自然(bio=ビオ)農場で飼った牛からのミルクをビオ・ミルクとして売り出したりしています。
 また62歳のシルビアさんは、街中の空き地とか空き工場などを、その筋元と交渉してハチの好きな花畑にする組織を作り上げ、同時にハチの寄って来る花の種を全国へ広めることを務めているようです。
 このような所行には、平和的締結として公の所からの認意援助もあるようです。

 また Imker と呼ばれる養蜂者も増えているようです。
 54歳のヤンさんは "Bee-Rent" という名の”ハチ貸し” 業を始め、貸したハチの養育法から 造られた蜂蜜の販売法までの指導をしているという記事も読みました。


 そしてこの間から、自分の家を持っている人達は庭の造り方を、ハチが好んで来るような方式にすることを勧める奨励文をよく見かけます。わたしの住んでいる小都市は、お城を中心に静かで落ち着いていることから老人の数が多くなって隠遁者都市となりつつあるのですが、それに伴って住まいにしても、花畑の手入れの煩わしさを省くため、砂利を敷くというふうになるとハチの数は減るとの配慮があるような感じです。そういえば、昨年秋には家々の大きな樹が軒並みに伐採されていたことに驚いたのを思い出します。老人には落ち葉掃きも大仕事なのです。
 若い人達の家もクールな石造りになるとこれもハチの住まいにはそぐわないと思われます。
    

 人間の食物生産と自然界との葛藤。昆虫、特にハチの数を増やす努力をしているドイツです。


aokijuku at 11:04|この記事のみを表示コメント(0)

2019年06月08日

ビュッケブルグ歳時記 204

EU 選挙

 5月26日の、40年前に始まった28カ国による、5年毎のEU選挙の様子は日本にも色々と報道されていると思います。この地でも、このところ続いている右翼ポピュリストの台頭に加え、直前にオーストリヤでイビツア・スキャンダルが暴露されたりとEU全体の混乱状態が伝えられています。専門的なことはメデイアに任せ、このブログでは、普通の市民のわたしの興味を引く、ドイツでの選挙後の状態をお伝えしてみます。

 選挙後の月曜日の朝刊のタイトルは 「分割されたドイツ」でした。この分割には2種類あり、第一は、旧西ドイツは「みどりの党」が、旧東では右翼の「ドイツのための選択肢党」(以下AfD) が大勝という結果が出たのです。この東AfD現象は30年前の東西統合が未だに全うされていないともとれますし、経済的に同等になっていないことから豊と貧の差別が大きいとの分離のようにも受けとれます。
 第2の区分は、投票者の年齢による選択党の違いです。

 今回の選挙では、30歳以下の投票市民の33%がみどりの党に票を入れた結果から、EU議会へはみどりの党の勝利になったのです。

 この第2の年齢による分割理由はとても興味があると思いますので少し詳しく書いてみます。

 この国の若い人達は、今までの政党は何もしなかったとして、ーーこの代表が地球温暖化への改正政策をしなかったことが挙げられるーー自国の将来に信頼が置けないと、次のような命題をこれからの新政府に出しています。
 「今までの2大政党はデジタルに対して文盲であったが、これをベンキョウしてもらいたい。これからはデジタル時代になるのだから」
 この項には次のような説明が必要です。
 選挙の3日前に、Rezoと名乗る、26歳の男性が、ユーチューブで自身のCDU批判の意見をVideo にして流した所、数百万人の市民がそこから影響を受け、このプログラムが原因で票が少なくなったとCDU から文句が出たのです。この番組は、批判事項を誰でもが理解できるように、強いて云うと日本のお笑い番組のように、ユーモアを交えた文体であったことがCDUの怒りを買ったのかもしれません。
 「ユーチューブ・スラングはユーモア隠喩であることを理解してほしい。将来の政治家とのコミュニケーションはデジタルなのだから、このスタイルの真意を掴んでもらうことが必要である。我が国では言論も報道もその自由が基本法で決められているのだから、文体の自由も認められるはずだ」「デジタルでの意見と口答での意見とを区別することはおかしい。両方とも”一つの意見”であることにかわりは無いのだから」
 
 これを読むと、時代の推移をつきつけられたような気がします。「TVはもう昔のもの。今は個人が発信機になる時代になっている」と、何かで読んだことが思い出され、今回の選挙で、その事実を見せつけられたように感じるのです。
 
 そして政治も変わってゆくのだという実感が強くあります。
 今の政治に満足していない多くの国々が、右に傾いてゆくことを見ると、ドイツの若年層の市民の、政治を変えようとの意気込みにはやはり応援したい気持ちになります。変え方がポシテイブだと思うのです。
 子どもへの教育を思い出します。大人からの命令形ばかりでは進歩は得られない。子どもにやらせてみて、必要になったときに大人が援助するというという形には、成長への信頼があるように思われるのです。そしてこれは若い人の人格尊重にも繋がると思うと、今回の選挙には、民主主義の中にある一つの真義、若い人達の人権尊重が実践されているように見えるのです。生きかた練習教育のような感じがします。
 そして、このような若い人達が自分たちの属する国を良い方向に変えようとする社会では、EU 圏の最高目的、平和は保たれるだろうとの期待をしてもよいように感じられます。


aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2019年05月25日

ビュッケブルグ歳時記 203

オンライン陳情


 4月の末から5月の初めにかけてはこの国ではAbiturの季節です。Abitur(以下Abiと略す)とは高校卒業と大学入学資格試験を意味し、日本の大学入学試験に相当するものです。そして、2008年にはこの試験に受からなかった生徒数が3、4%でしたが、2017年には4、5%、昨年は5、5%と不合格者が増えているのが、余り明るくないこの国の教育現状なのです。


 そして今年は、その上に標題のような椿事が起ったと報道されました。これは、Abi に出された数学 の問題が難し過ぎたと、試験日の翌日、わたしの住む州の約9000人のAbi 受験生が、教育省に対してオンラインで請願を提出したのです。これに続きブレーメン、バイエルンその他の9州の受験生達も今年のMathe. の筆記試験問題 は難し過ぎたことと、長過ぎて時間切れになったことを訴え、教育省に善処を望むとの陳情をしたとのニュースが報道されたのです。  


 ここで思い出していただかなければならないのが、この国では教育は各州に権威があるということです。
 Abi 問題は、義務問題と選択問題に分けられ、義務問題は州の区別無く全国で同じ問題を解く。選択問題は各州で独自の問題が出題委員会によって作られるのです。
 7日の20時のメイン・ニュースの中では、女子生徒のS.さんが「わたしは今まで数学に関しては問題が無かったのですが、Abi. の選択問題は解くことが出来ませんでした。今までに習ったことがないような気もしました。ですからMathe で良い点数をとることは出来ないと思い、残念です」と訴えていました。
 またN. 州のある数学教師も、今年の出題問題に関して「わたし自身も、教え方も解き方も難しいと思える問題で、この問題を解くことでその生徒の成績(能力)を計ることには大きな疑問があると思う」との感想を漏らしています。
 

 この他に下記のような批判や、対策などの情報がメデイアを賑わしています。
 今回の問題は、授業で教えたこと以上に高度の数学的思考力が要った試験問題となった事から、問題を造る教師の養成が必要である。
 ある新聞は、Abi. 試験の問題は各州同一だけではなく、全国一律にすべきだとの
コメントを出していました。これは、昔のこの国では、教育に関しては各州が高権を持って、それぞれ好きなようにしていたことからの思惑なのです。例えば学校制度さえ各州で違っていたので、父親の転勤で違う州に引っ越した子どもが、行く学校が無い、という状態もあったという事からの気遣いなのです。そして、Abi. 試験問題も各学校がそれぞれの異なる問題を出題していたのも、そう昔のことではないのです。これは、バイエルン州の、州同一出題のAbi. 成績が優秀という結果から、改善されて他の州も同一となったのです。この改革がなされたときに、同一問題に良い成績を取るには、マルバツ形式となるので、考える教育には良く無いというコメントがあったのが記憶に残っています。
 もう一紙、ベルリンの新聞に、OECD(欧州経済協力機構)の長が、「今回の問題解決には、易しい問題をAbi. に出すことを考えるのではなく、数学の授業法を良くすることが必要だ」「ドイツの学校でのMathe 授業は死んだ授業で、計算処方を
広く、浅く教えるだけであるが、日本の数学授業は教師の出した問題の答えを出すために、生徒全員が取り組む活きた授業だ」と載っているのを読みました。


 これ等の反応を読むと複雑な、いろいろなことを学ばされます。OCDE 長の見解は、日独の数学授業法を取り違えているのではないかと思わせられたりもします。実際の授業に無関係の者の云うことかもしれませんが。


 強調したいのは「数学の出題問題が難しすぎた」と、教育省に請願をする自己主張勇気なのです。Abi. をとる年齢は18歳前後で、この国の成人年齢の若者達です。生徒でも、一人の人格を持った人間として振る舞い、応対されるということに感心するのです。
 N. 州の教育大臣は点数を緩和するか否かは、6月になって全成績を見てから善処するとの答えを出しています。


aokijuku at 01:00|この記事のみを表示コメント(0)

2019年05月11日

ビュッケブルグ歳時記 202

Ein Kaiser fuer morgen (明日の皇帝)


 が標題で、続いてお二人の写真に、「5月1日に126代天皇として即位されるナルヒト皇太子は、2700年という世界最古の歴史を持つ天皇国家日本を近代化するだろう」との新聞記事が目に入りました。 
 この国の人は日本の天皇政体をどう理解しているのかと、興味深く読んでみました。記事に忠実に、内容を書いてみます。

{「天皇としてわたしは、遍歴する時代に添った皇帝制の道を模索し、その道を歩むつもりである」との即位の言葉は、非常に意味深い。
 第2次世界大戦後の1989年からのアキヒト前天皇は、和解の天皇として我がドイツ国と同じように、在籍期間中、大戦での非行を世界に陳謝をしなければならかった。
 それにもかかわらず今でも日本の社会は完全に解放されていないように思えるし、男尊の習慣や経済停滞などの問題を抱える日本で、新天皇の「皇室を時代とともに新しくする道をゆきたい」との言葉は、非常に勇敢で意味深い言葉で、国全体の進化の指標のように思われる。というのは新天皇は、固まった皇室の中でもすでに自分の生き方を認識しているように見受けられる。これ等のことは、例えば1993年に皇后を自分で決め、彼女を、いかなる困難の中でも守り通すとの約束を公にして結婚したことや、令娘の教育にも係わっていることなどで証明されている。
 ナルヒト皇は非情な読書家で、広範囲な物事に興味を持つ国際人天皇であると旧ドイツ大統領のヴルフ氏も尊敬の念とともに云っている。
 今、世界は非常な勢いでグロバール化しているが、日本はその流れに載っていない。中国や南韓国は着実にその存在を固めているのに反して、日本は世界での位置を未だに模索しているようにみえる。例えば2004年での日本人外国留学生数が2011年には3分の1に減っていることや、外国人労働者を拒否していることなどを知ると、新天皇の前向き精神が市民に大きく反響することを望む。
 最後に考えることは、女天皇を認めない現在の体制を変えて、愛子令娘が天皇になる時には、これこそ大革命になるだろう。}

 この記事の良否は別にして、日本から云うと外国のドイツが、旧天皇の後退と新天皇の即位をどのように見ているかとともに、現在の日本の位置をどのように見ているのかがわかり、面白いと思いました。

 そして、この事を何故ブログに取り上げたかというと、丁度、今回のブログに、再度、わたしの思う日本の教育とこの国の教育の違いを書きたいと思っていたからなのです。
 そのきっかけは歳時記197でお知らせした、スウェーデン人グレタさんが起こした地球温暖化への抗議行事の行方なのです。このアクテイビテイーは今 「Fridays for Future」との符号で、世界の多くの国の生徒や学生を中心に活発な活動をしているのです。5月4日に開かれたドイツ第2位の電力会社(RWE)の総会の場では、23歳のルイザさんが RWE は全ローロッパを通してCO2については最高の責任を担っているのだと債権者に訴えています。
 そしてこの国では政治家の世代が若くなっているとの印象が強くあるのです。

 この現象の起こりを考えてみると、政治がオープンだから、と思われるのです。家庭でも学校でも社会でも政治は普通の話題として、自由に話し合えるのです。 
このように政治がオープンな欧米の社会から見ると、日本の社会は上記の記事にあるように「開かれていない社会」に見えるのだろうと思います。そう思われることは、なんとなく無視されるような感じがあるのです。無視されるのではなく協議が出来る国になるためには、自分の意見を持った若い人の育成が必要だと思うのです。知識習得だけではない、自己形成のための社会教育をする教育制度、学校教育の重要さを認めて、奨めてもらいたいと思うのです。世界の動きからおいてきぼりにされないために!

 前向きの新天皇のお言葉に、この気持ちが肯定されたように思ってのブログです。


aokijuku at 02:00|この記事のみを表示コメント(0)
月別の記事一覧
最新コメント