【ドイツ在住ピアニスト】

2021年02月27日

ビュッケブルグ歳時記 243

謝肉祭 ー karneval ー について

 日本で知られているのはブラジルでのきらびやかなダンスの謝肉祭だと思いますが、この地ドイツでもこのお祭りというか、庶民の生活のある一時期が、宗教、特にカトリック教派と結びついている宗教行事として結構大きな意味を持つものとなっていますので、その様子をお知らせしたいと思います。

 カーナヴァルは約5000年前にメソポタミアで祝われたのが最初で、この時は権力のある者と無権力の層との均等を目指して祝われたということです。*1
 16世紀なってこの考えが宗教に取り入れられ、教会で謝肉祭として祝われるようになったということです。
 そしてここから満たされた毎日の生活を謝肉祭期間として感謝して祝い、その反対の何かを我慢するという毎日への精神的な心構えの準備期間としての断食期間を置くという、祝いだけではない期限をも持つ訓練をするという教えとなっているのがこの国の謝肉祭だと思われます。
 ある州は休日となっていますが、ほとんどの州は休日とはなっていないのが特徴です。

 謝肉ということは文字から言うと肉食、言い換えれば美食、飽食に感謝するということで、これは11月11日の11時11分から始まるとされ、この日からカーナバルが始まります。この期間には個人だけではなく、それぞれの機構が持っているグループなどが準備のための話し合いとか、練習とか、制作とかを開始して、グループの中でのコミュニケーションなどを楽しみます。

 約3ヶ月を楽しんだ後にくるカーナバルの終わる最後は次のような順番です。 
 Weiber(女性の意)fastnacht 、木曜日の この日は女性特別日*2とされ、事務所で同僚男性のネクタイをちょん切ってよしとされるところから、男性は古いネクタイを、女性はハサミを持参という具合で、街は半分のネクタイ男性が多いという日です。労働時間もそれなりに短縮されたカーナバル時間となるようです。金曜日と週末を謳歌した後の月曜日が Rosenmontagで、ローゼンというのは薔薇の花という意味でモンターグは月曜の意ですが、濁った読み方で、この日がカーナバルの最高日です。この日は政治その他のニュースを揶揄した行事としての行列行進が街を練り歩く日で、中心都市のケルンでは大勢の市民が仮装をして一日中街の中を闊歩するという日です。*3  火曜日は名残り日で、Aschermittwoch と呼ばれる、灰の水曜日が快楽の全てがおしまいとなる最後の日で、ここから改悛と懺悔の日となり、謝肉祭のお祭り騒ぎが終わるのです。

 宗教上はこの日からイースター復活祭までの7週間が Passionszeit 四旬節と呼ばれる断食(精進)期間となり、4月初めのイースターまでの間、個人の意志で食事や嗜好物やアルコールなどに節制を置くという教えになっているのです。
 子供たちもこの期間はあまりチョコレートももらえないの、と言う子供が多いのです。*4


 今年の謝肉祭は丁度、コロナのLockdown 中の、先週の15日がRosenmontagで、政治揶揄行列は行われなかったのですが、カーナヴァルをこうしてみただけで、趣旨とする所は考えさせられることが多いように思います。


*1が既に市民の平等を考えたとすると、大昔に既に民主主義の芽生があったのかとびっくりしますし、
*2の女性の地位平等権も同じです。
*3も政治家とか企業家などを市民が揶揄して意見することができる社会とは差別のない社会で、自由に個人意見を持ち、それを公言できるのは理想とすべき社会といってよいのでは。 
*4も、市民の健康維持を示唆している良い政治なのではと思うのですが、このように生活と教訓が密接していると当事者の市民の実感は随分薄れてくるのではないかという感じもあります。

 というわけで、今のドイツは4月初めの復活祭まで、コロナのLockdown と節制期間を静に過ごしている(はずな)のです。

aokijuku at 10:47|この記事のみを表示コメント(0)

2021年02月13日

ビュッケブルグ歳時記 242

オリムピック形成会長 森氏の発言について

 数日前の委員会での森会長の女性に対する批判的発言については、日本国内だけではなく外国からも広範囲に渡って批判の声が大きくなっているようです。
 ドイツの様子をお伝えしてみます。

 民主国家として台頭しているこの国でも女性の社会的認知が少なすぎるとして、昨年の11月に法務大臣 L.(女性)の主張により、特に政界と実業界での位置付け改正が あらためて始められました。この改正には、日本ではほとんど聞いたことのない „Quote(クオーテ) 制“ (英語ではクオータ制。以後Quote 制とします)を実施して改正されようとしているのが現状なのです。

 この Quote 制 という言葉は、これまでこの国でもあまり聞いたことがないので戸惑ったのですが、昔からの社会の習性、男性は職業を持ち外で働き、女性は家庭形成をするという習慣に、民主主義の男女平等権利をもたらせ、男女平等の実施を図る役目を課す、という意味だということを今回知りました。社会は進展を続けていてこの風習にも進展が要求されているのだと思います。
 「全ての人間は法の前では平等に同じ権利を持つ。男性と女性は同等である。国家は男女市民に同等の平等権を奨励し、不平等があればそれの除去に励む」と謳われている男女平等制への実施の方法がQuote 制 と言っていいと思います。この言葉は将来、産業国の推進のためにも多く使われる言葉だと思われます。

 この国の現在の連邦政府内閣は16名ですが、その内訳は男性9名、女性7名とほとんど平等の比率です。
 この男女平等改革は政治界だけではなく、行政界、実業界でも同じことで、株が上場されている大企業のオーバー・エタージェに女性を雇うことが企業の発展にもよい結果をもたらすとして、義務化されることも間近のように思えます。
 この女性平等参加案は長い間、連邦議会で実施案が議論されていたそうですが、大企業の上位部に30%の女性を置くようにとの奨励が出たのは2015年だそうです。
 現在、一番進んでいるのがノルウエイで実業界での40%の女性参加は2006年からの歴史があるということです。 

 資料が少し古いのですが、2017年の日本の新聞紙上では「男女格差の大きさを国別に順位付けした”経済フォーラム”の報告書では、日本は144カ国中114位と前年より三つ順位を下げた。主要7カ国(G7)では今年も最下位だった」とあります。そして同じ年に、候補者数を出来る限り男女均等にするようにとの法案に合意があったが、国会混乱や衆院解散で廃案になったとの記事を読みました。がっかりしました。が最後に、この記事について付け加えておきたいことを見つけましたのでここに書いておきます。
 「慶應大の小林教授(政治学)が125カ国について調べたところ女性議員比率が高い国ほど、民主主義の度合いやGDPに占める教育費の割合が高く、軍事費の割合が低い傾向がみられた」という箇所です。
 この軍事費が少ないということは平和につながると思うので大切なことだと思えるのです。

 Quoten 女性という言葉には、まだ女性同等が不完全であるという批判的ニュアンスがあるとは思いますが、今回の森会長の発言を読むと、スポーツ界だけではなく、日本全体の考え方が男女平等制について未開発だとする疑問を持たれることになりとても残念だと思っているところに、次のようなニュースも目に止まりました。
 「130年の歴史をもつ任天堂に昨年、女性社外取締役が誕生した。この女性の仕事は顧客に変わって投資先企業に課題の改善を働きかけるなどである」とあります。
 そして、今日11日には森会長の辞任が決まったという情報を読みました。

 この二つのニュースで日本国に被されようとした不快な雲が取り払われるようにと、切に願っています。




aokijuku at 10:03|この記事のみを表示コメント(0)

2021年01月23日

ビュッケブルグ歳時記 241

非常口を探しているドイツ

 降誕節、クリスマスを挟んで1月の半ばまでとされていたLockdown 期間ですが、英国で見出された感染の早いコロナMutation B. 1. 1. 7. のため、メルケル首相により急遽奨励された各州の議院長、その他の関係者による相談会が火曜日に行われ、その結果が22時に発表されました。
 10万人に千人の割合で感染している英国やアイルランドの状態は避けなければならないとのメルケル首相の主張で緊急に開かれた相談会議は7時間を費やされ、
次のような事項が決定されました。

* 1月10日までとされていた Lockdown 期間は2月14日まで延長。
レストランなどの割烹店、休養のためのスポーツ練習所、デパートを含む小売商店は閉店。
食料店スーパーマルクトを除く。

* 人間間のコンタクト拘束制限は変更なく、一家族は相手として2人で成り立つ親戚、もしくは友達家族を招待できる。が、招待する前にこのコンタクトの必要性をよく考えることが要求される。

* これに伴いHomeoffice の奨励が必要になる。家で出来ない仕事を持つ人は会社出勤となるが、この場合は同僚との席間隔を守り、FFP2マスクを使用すること。

* Laptops や  Software の補給が必要な企業には税金補助が認められる。
必要なデジタル経済商品は1月から税金控除が認められる。

* 近距離交通機関を利用する場合は、今後はOP マスクかFFP2 マスクが必要。

* 老人ホームや看護ホームの従業員と訪問者へのコロナ簡易テストの強化を奨励。

* 外出禁止令 については、人間の持つ基本的権利に背くこととして、メルケル首相の厳令主張は入れられず、各州で決めることとされた。

* そして最後にこれまた重要で困難な討議があったのが教育機関(学校)についてであったが、この事項も外出禁止令と同様に首相主張の全国一致の決定事項とはならなかったのが残念だったが、休憩時間を挟んだ後、98%の意見一致にたどり着いた。

 この国は連邦制度で、そのため教育は日本のように全国統一ではなく、各州が高権を持ってそれぞれの州が良かれと思う制度を用いているのですが、このやり方には良否があることが時々目につくようです。
 今回もわたしの住んでいる州では小学校を閉鎖せず、両親の選択によってある子
は学校で授業を受け、ある子は家でオンライン授業を受けるという・・オープン学校・・とでもいうような形式になっています。そして今朝の新聞にはこの形式には不安が多いとの医師協会の会長の批判が第一面に載っていました。「コロナのような危険な病気については”中途半端”な決定はされてはならない。この決定はその国の政治がするべきで、国民はそれに従うべきである」 

 この最後の2項目、外出禁止令と学校問題を読むと個人の自由と民主主義のあり方の難しさを見せつけられるように思えます。
 民主主義というものはそこにあってすぐ手に取れるものではなく、皆で話し合って、研究して、やっと手に入るものであるという教えを思い出します。 
 ”思考、言論の自由”と、こちらで言われる”Querkopf" (つむじまがり)との
共存方法についての討論は、高校生の社会科時間のテーマかもしれません。

aokijuku at 11:02|この記事のみを表示コメント(0)

2021年01月09日

ビュッケブルグ歳時記 240

Das Superwahljahr (スーパー選挙の年 )2021年 !

 ワクチンの接種が始まり、徹底した Lockdown が1月の終わりまで続くということで今世界中に蔓延っているパンデミーも人間が征伐できるという段階になり、ドイツでは前年のコロナ被害から抜け出す方法が勢いを得て詮索されています。ちょうど今年、2021年が、連邦制度のこの国では数多くの選挙が行われるということもこの兆候を煽っているのかもしれません。

 パンデミーの後始末や、これからの政治方向を決定する選挙として非常に重要視されている6つの州議会、2つの地方選挙、そして16年間のアンゲラ・メルケル首相の引退となる11月の連邦議会の選挙について簡単にお伝えしてみます。

 まず1月半ばにCDU (キリスト教民主同盟党)の党首の選挙が行われます。三人の立候補者があり、ここでの当選者は11月の首相立候補者の一人となり得る。
 3月には2州の選挙があり、ここでの注目はみどりの党が野党から与党へとの飛躍を望んでいることで、女性の党首立候補者は若い東独出身者。男性党首も若い政治家。このみどりの党の野心を見ると、ドイツの政治の若さに感心します。
 対コロナ政策で民主主義が云々されることになっている現在ですが、議員に女性の多いこと、年齢の若いこと、出身地方を問わないことなど、平等という点でも民主主義に近いことが目につき、この国の政治は本当に民がしているという感じがあるのです。 

 そして11月の連邦議会の選挙となり、上記の通りメルケル首相の引退となるのです。2020年の大晦日の市民に対する首相のTV新年挨拶でも引退を述べていましたが、彼女の引退を惜しむ市民が多いだろうとの情報が多く耳に入ります。
 2005年11月に東独出身の若い女性が、ドイツ初めての女性首相として、世界でも上位の工業国家の首相としての地位につき、ドイツが ヒットラーの時代を後にしてNeutrum(中性的国家)であることを世界に知らしめた首相であることを称賛する市民が多いのです。  
 そして次には恐慌救済マネージャーとして、経済、EU恐慌、ギリシャ問題を解決してきたのです。
 次に彼女を襲ったのは避難民の救援事業で、彼女の政策に反対も多かったということですが、彼女の態度がある時は保守的であり、ある時は社会的であり、ある時はリベラルであることから、キリスト教的人間像が浮き彫りにされて、国内だけではなく世界の国々からの、時間をかけての同意を得られたと解されているのが今だと言ってよいと思います。
 これで終わりではなく次にはSara-CV-2が来たわけですが、この病害についての彼女の態度も、信用のおける、期待のもてる、真面目なもので、その中には皮肉な影や効力を欲しがる意図が皆無だったことで国民の信用を得たのです。

 ここで一つ、知ったことをお知らせしたいと思います。
 連邦議会の選挙を終わっても、与党の連合(Koalition)などが成立しない場合の過渡期が発生した場合には、基本法の69条の3条に、「新政権が確立するまでは、選挙前の首相と議員は新政権確立まで、それまでと同じように仕事を続けなければならない。ただし首相の権利は持てない」との条項が記されているそうです。
 新首相が絶対的票数を獲得できないことになればメルケル首相が在籍することはできるのではないかと、わたしのような素人は思うのですが、よく考えてみると首相の権限なしでは無意味であるわけです。でもこれほど彼女の引退は惜しまれているのです。

 このように、コロナ感染者が大幅に減っているわけでもないにもかかわらず、新年、未来への抱負を大切にしているドイツです。


 あけた今年が日独両国にとってことさら良い年になることを願いつつ・・・ 

aokijuku at 10:58|この記事のみを表示コメント(0)

2020年12月26日

ビュッケブルグ歳時記 239

2020年

 Covit19, Homeoffice, Corona, Brexit Chaos, Desinfektion, Lockdown Light、Stay-home などが渦巻く年、2020年も終わろうとしています。

 「この国の通報機関は、今年は特にコロナの危機を報道しなければならなかった場合が多かったが、ワクチンも売り出されている今、それを振り返ると、来年我々を待っているのはここから抜け出す方法を考えなければならないということである。今年、ジャーナリスムで活躍していた人々に彼等の未来 ➖ パンデミーは終わったと報道されたとき ー に対する抱負や意見をインタービューした時のことを掲載する。それを読んだ読者がそれぞれの考えを作る助けとなることを願っての記事である」との注意書きがある新聞記事が目に入りましたのでお知らせしてみます。

 例1 46歳のイラン出身の女性ジャーナリストで、裏の社会に生きている人たちと話し合って、その情報を発表することで有名です。例えば避難民を収容しているMoria というギリシャの島での悲惨な火事事件や、こちらで”つむじまがりデモ” と呼ばれるマスク着装 反対デモをする人達などの意見を聞くことから、 皆が人の意見をよく聞き、裏にある情景を知ることは、それが支配する世間があることがわかる。世の中の多義性を知ることとか、情景の裏にあることを知ることは、それに対して敵意を持つことや人種差別主義を理解し、そこからこれらを廃止しようとの精神が養われると考えるのを元に報道を行っている」というのが彼女の報道精神だということです。

 例2 コロナヴィールス発表以来、TV での毎日の報告は、ハンブルグにあるRobert-Koch-Instituts (1843生の細菌学者で、1905年に結節病とコレラの療法でノーベル賞受賞)の館長である、獣医であり流行病専門家のW. 氏です。
コロナが蔓延して、感染者が多くなった時には彼の報告に不満が寄せられ、公的
な場所への一人歩きが禁止された時期もあったのですが、彼はドイツ国民の持つ一致団結精神と、病魔に対する抵抗精神と知識を確信していると言って、来年のコロナ退治には希望が多いと、どちらかと言えば楽観的見方が強いようです。

 例3 は、Igor Levit というロシア生まれのユダヤ人で(ドイツ移住)、彼はピアニストであり、Aktivist であり、知性派でもある33歳の男性です。
 2020年はベートーヴェンの年ともされ、彼の弾く、全ピアノソナタは今年最高のクラシック全集だとされています。それと同時に、12月の初めにはA29が建設されることに反対する人々の支援のために騒音が止まない森の中でコンサートを行い、このことが例えば Freidays for Future や Greenpeace の今後の活動に役に立つと思うことからの支援だと、Aktivist としての行動も怠らない政治運動家なのです。彼が強調しているのは、あるグループの人間を、下の階級の人間だと区別する人間がいる社会は最低だと言っています。そしてこの国もこのドミナンツ文明国(優勢文化)であるとして、自分はこれに抵抗する行動をしているのだと言っています。

 年の終わりに当たって、未来を思うのは希望の繋がりのような気がしたので取り上げてみました。一読者としてわたしが気づいたのは、来年だけではなく、これからの地球住民の目標は、もしかしたら「共生」とか「共存」ということかもしれないと思ったことです。
 共生を辞書で引いてみたのですが、(マメと根瘤バクテリアのように)二種の違った生物が一緒にすむこと とあります。
 例1と3の方達の目的は社会を平等にしようということで、今の世界は人種をはじめ、経済、環境、能力、など全てに差別があるので軋轢が多いのなら、共生することで差を小さくすれば平和になるように思われるのです。
 ドイツに住んでいるとこの国の多様さに驚かされることが多いのです。わたしの住んでいる小都市でも、道ゆく人だけではなく住民も肌の違った人の多いことに慣れてしまいました。
 いずれかの日に、地球上の陸には国の区別がなくなり、様々な人たちが様々な様子で平和な生活を営むということは望めないことなのでしょうか・・・

 皆様、良いお年をお迎えください。
 わたしのプログを読んでくださる方々に心からの御礼を!


aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)
月別の記事一覧
最新コメント