【ドイツ在住ピアニスト】

2018年12月08日

ビュッケブルグ歳時記 192

首都ベルリンにまつわり・・・

 最近、ベルリンは”自由の都市”として、統合以来住民が増え続けていると同時に、世界中から多くの若者たちが観光に来るということを耳にします。その事実と自由の都といわれることに興味が湧くので、ベルリンについて、わたしの目に入る範囲の様子をお伝えしてみます。
 
 ドイツが第2次世界大戦の敗戦国となってソ連、米、英、仏国の4国に支配権を取られていたことは衆知のことですが、首都ベルリンも、東のソ連と西の3国圏に分けられて統治されていたということは余り知られていないように思えます。

 大戦を経験しなかった若い読者のために、ベルリンのおかれている地形を少し詳しく説明すると、ソ連が支配権を取った東ドイツに、まるで共産圏の海の中に孤島のように位置していたのがベルリンなのです。西のドイツ連邦共和国(西ドイツのこと)からベルリンに行くには長々とドイツ民主共和国(東ドイツのこと)を横切って行かなければならなかったのです。そしてベルリン自体も東(ソ連圏)と西(米・英・仏圏)に分けられていたのです。東から西圏に行けないように建てられたのがベルリンの壁なのです。今でも路上を市電が走っているのが旧東区だと、整備された町並みの中で昔の東西区別に戸惑う観光客の目安になっています。

 この、4国に支配権があった時代のベルリンは一つの島国だったような感じがあるのですが、実際には、わたしも最近知ったのですが、法的には国として認められることも出来ず、非常に曖昧なモノだったということです。首都としての存在もなかったのです。壁崩壊まで西ではボンが首都だったのですから。

 そして、当然かもしれませんがベルリンと旧西ドイツ間には同じ民主国としても様々な相違があったようです。例えば1956年に西ドイツでは徴兵制度が設定されたのですが西ベルリンに住む男性にはその義務がなかったということです。ですから徴兵義務を逃れようとする多くの西からの年齢相当の男性連がベルリン移住を希望したということです。これに対して西側からは、西で徴兵検査を終わった後の男性の移住は認めても、また戻って来ることは許されないなどの制約があったということです。それでもその時代には、徴兵を逃れる若い男性の移住者が多かったということです。
 
 又、統合後は学生の数が3万人と、ドイツの都市では学生に限らず若い人の数が一番多いのがベルリンということです。これ等のことが原因かもしれないと勝手に思っているのですが、ベルリンには同性者のカップルが多いとよく聞くのです。先市長も当時からアウテイングして公然のことでした。ベルリンではどんな人でも自由に振る舞える、自分の思うように行動しても文句を云う人は居ない、などと聞くと、やはり地方の、人の口を避けなければならなかった人達の逃避所であったのかとも思えます。このような事実からベルリンが”自由の都市”と思われるのかもしれません。
 
 現在のベルリンへの移住希望者の目的が「自分探し」が多いこと、皆がそれぞれ自己の構想を持って、それの達成を夢見てベルリンに集まるなどと読むと、やはりこの国の首都は、未だにある合併による混沌の中にでもエネルギーが溢れているようにも思えます。

 皇帝時代に小都市から首都となり、ナチス時代には世界を恐怖させた政治が行われ、戦後は東西に分けられたという多彩な歴史が ”自由都市”を形造り、自分を自由にしたい人達のメッカになっているのがベルリンなのかもしれません。

 このような自由都市ベルリンにも、降誕節の照明が輝やいています。


aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2018年11月24日

ビュッケブルグ歳時記 191

自然との触れあい


 11月も終わりに近付き、黄金に輝いていた秋と、霜が冷たく光る冬が、力競べをする季節になりました。


 もう大分前のことになりますが、ある日、台所でナッツの皮を剥いでいた夕暮れ時、窓越しに、悲鳴のような動物の鳴き声が聞えてきました。不審に思い庭に出てみると、家の壁に沿って造られた、60cmに40cm、深さは50cmほどのコンクリート壕の中からの声と判りました。このような壕は地下室の明かり取りとして造られるもので、地上の天井の部分は金属の格子がはまっています。
 懐中電気で確かめたところ、手のひらに載せられる程のハリネズミ=Igel (イーゲル)の子が、この格子の隙間から小壕に落ちてしまい、母親を呼んでいる声だったのです。


 ハリネズミは、嗅覚、聴覚、味覚が優れている夜行性の動物で、成長すると体長は25cm位になります。甲虫、ミミズ、かたつむり、蠅などや、野菜のくずや果物のかすなどが食料です。庭にある堆肥を作るための場所は彼らの食料倉庫で、夜になると、本当におかしくなる程の舌鼓の音が聞こえることがあります。もう少しお行儀よく食べられないの、といいたい程の音です。英語で "hedgehog" =垣根豚 と呼ばれるのは、この舌ツヅミの音から来ているのだそうです。
 またIgel はネズミや雀などと同じ、文化親近性動物で、暗い森などは避け、庭のある家屋が並ぶ住宅地などに居棲くことを好む生き物だということです。つまり、人間の文化を取り入れて生きている動物なわけです。
 彼らの特性は5ヶ月間の冬眠をすることです。そして冬眠からさめた時が繁殖期で、8、9月に子どもが生まれます。11月に始まる冬眠に耐えるための体重は少なくとも450ー500グラムは必要であるとされています。少し遅れて生まれた子 Igel は、この体重に追いつけない場合が多いのです。この国では Igel は保護されていますから、秋に見つけた体重不足の子Igel を預ける場所も決められています。


 ウチの小豪に落ちたカレは、本当に小さくて、取り出して放してやろうか、どうしようか家族で話し合った結果、この壕で育てようと決まりました。体重の少ないIgel 子 を地下室で育てるのは良くないと聞いていたので、壕なら自然の空気の中なので、そこで餌を与え、太らせようと決めたのです。エゴンという名前も与えました。
 手に入るIgel 世話書にはダニがついていることが多いので、入浴させることと読むと、3人掛かりでお風呂に入れたりもしました。餌は彼の大好きなひき肉や野菜屑など、毎日せっせとゴチソウを与えました。そのためか、よく太ってきたので冬眠したいかもしれないと、クリスマスも真近い日、落ち葉をたくさん入れたダンボール箱で冬ごもり家を作ってやったのです。そしてその後・・・数日が経ったとき、エゴンがいなくなってしまったのです! ようく考えた結果、エゴンは新築の家の屋根によじ登って、格子の隙間から庭に逃れ、自由の身になったのだと思うことにしました。そのくらい身体も大きくなり、肥ったのだと、冬眠邸宅の屋根の高さを考えに入れなかった人間世話家族のあさはかさを押しやって、エゴンの自己解放に同意、祝福して寂しさを紛らわせたことを思い出します。それ以後、庭に Igel の気配、例えば冬のある日、イチイの垣根の下から聞こえる遠慮のないイビキなど、に出合うと、ああ、エゴンの子孫が安心して眠っているのだと、和やかな気分になるのです。


 近くに緑の多い、田舎の小都市の、街外れの、自然との触れあい情景です。


aokijuku at 13:51|この記事のみを表示コメント(0)

2018年11月10日

ビュッケブルグ歳時記 190

メルケル首相の党委員長引退に因み

 コトに当たって、常に感情を交えず理性的に処理をしてきたメルケル首相の施政
でEU国の間では一番安定しているように思えたこの国も、国民の間での不満の声が大きくなったため彼女の党委員長引退決意が発表され、これはいずれ首相引退に繋がることを思うととても残念に思えます。

 先回と先先回のブログでお知らせしたように、東西統合という特別な問題を解決しなければならないドイツの事情を知ると、市民の持つ不満も判るようにも思えるのですが、現在、世界がなんとなく不安な方向に向かっていることを思うと、この国もそれと同じ方向に動くのかと不安になってしまうのです。
 一主婦のわたしには 不安の形も不明瞭なので、具体的にどういうことなのかを、新聞記事や資料を読んだり、政治に大きな関心を持つクレメンス(娘の夫)に訊いたりして勉強しましたので、それを書いてみます。興味のある読者の方が読んで下さると嬉しいです。

 バイエルン地方が本拠のCSU(CDUとの共同党)の州選挙、続くヘッセン州の州選挙は、大連党のCDU(民主党)もSPD(社会民主党)も大敗という結果になりました。その理由は次のとおりです。
 メルケル首相は、本来は保守主義のCDU党を、右派と左派の真ん中辺りに焦点を置くことによって社会事業をおろそかにしない、別の言い方をすると下層階級を忘れない政治を18年間してきたそうです。が、米国をはじめとする自国第一というモットーがこの国の市民の間にも強くなり、この敗北結果になったということです。それに今年3月の大連党結成は苦難の結果に、ようやくまとまったもので、最初から市民は新しい政治を望んでいたとも云えるのです。
 そして、AfD(ドイツのための選択肢党)は、この施政変更を望む市民の声を激怒になるまで煽ることで多くの票を集め、議会席を大きく占める結果となったということです。

 メルケル首相の引退発表後直ぐに後継候補者の立候補が取りざたされているのが今のドイツです。有力者の3候補者をご紹介してみます。

 一人は現役の健康大臣スパーン氏で、この大臣は反メルケル派と云われています。
 次にはクランプ・カーレンバウアーという女性です。彼女はザーランド州の首相でしたが2月にこの職を退き、党の事務総長の役についていて、この事実はメルケル引退を予想してのことと云われてもいるようです。彼女はメルケル派なので、彼女が党委員長になっても政情に大きな変化はないわけです。
 最後はメルツ氏で,彼は以前は党派長でしたがメルケル首相と折り合わず、普通の議員に戻っていたのですが、その間、某金融機関の仕事にかかわっていたということで、その事実が云々されていることが耳に入りますが、政治的実力は認められているようです。
 12月に行われる党大会で、現在候補が決まっているこの3人のうちの一人が党委員長となるわけです。
首相と委員長が目的方針が異なる人となった場合の困難さが憂慮されます。

スパーン氏とメルツ氏はアンチ・メルケルとすると、この2人のうちの一人が党委員長に就いた場合には、CDUは昔とおりの保守党となり、保守的政治をすることになり、これは有産階級に有利な政治をするということになるわけです。
 今迄のメルケル首相の下層を忘れない中間主義政治が無くなるのかと心配だったのですが、今朝の新聞に「メルツ氏は中間コースで行く方針」との記事が載りました。心配は杞憂だったようです。


aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2018年10月27日

ビュッケブルグ歳時記 189

「話すこと」の続き ー 合併後28年を経たドイツ歴史の一齣に・・・


 「ドイツ統一の日」として1990年に休日として規定された10月3日も過ぎましたが、先回のブログでもお伝えしたように、現在この国に、完全に合併が達せられていないことが大きな原因で、社会に目に見えない壁が出来、不穏な雰囲気がある事は否めません。先回の”ドイツ国は話す”につぎ、今回は「話すこと」で合併が少しでも良い方向に向かうことを目標に、4年前に自身のプロジェクトを計画、実行に移している一女性のことをお話ししてみたいと思います。


 48歳のカトリンさんはポツダム市(旧東)で、絵と写真を中心とする芸術家として生活してきました。彼女は2014年頃から世の中が分裂し、無言社会になってきたことに気がついたそうです。その頃から彼女は身近な人達に難民問題などについての意見を聞くことを心掛けていたそうですが、ポツダム市のような大都会に住む人達だけではなく、地方の小都市や村の住民の意見も聞きたいとの要求が深まり、「話をする(聞く)移動応接間」でドイツの地方を旅して、片隅に住む人達の話を聞こうという企画を思いついたのです。
 彼女のこの応接間とは:板を約2メートル四方にすだれのようにつなげた(使用後、巻いて移動できるように)床の上に、人工芝生が絨毯代わりに置かれ、小さなテーブルと、2脚の古い肘掛け椅子と、コーヒー接待ができるセットに、レコーダーという内容です。
 これ等の道具を、彼女の父親が整備してくれたという10年前の古いフォルクスワーゲンのバスに積んで、主に旧東ドイツの地方を回っているのです。村の広場でも、農家の庭でも、黄色のバスが着くと、そこに、またたく間に”話したい人はどうぞ。歓迎します!”という居間が現れるのです。
 

 このようなプロジェクトに疑問を持つ人もあるかもしれませんが、カトリンさんの徹底した「聞くだけ。質問はしない」とのモットーが功を奏したのか、男女、年齢を問わず多層の人達が集まって来るということです。
 「きれいに改築された都市の町並み、何処にでも繋がる舗装道路などは出来たかもしれないが、我々のような村住民は、働く工場もなく放り出されている」「政治家は形のあるものについては話しているが、我々のメンタリテイ(精神的素質)については取り上げることがない。わたしたちは置き去りにされた故郷喪失者のような感じで生きている」「合併後に来るのは、合併によって起こる様々な転換を解決することであるはずなのに、それは為されていない」「そこへ難民受け入れの問題がおこり、これは私たちにとって又のありがたくない変動という感じがする」などが、彼女のプロトコールから読み取れます。
 彼女は毎年違う州を廻っているということですが、彼女の移動居間に来る人がほんの僅かという州もあるということを付け加えておきます。


 わたしのように田舎の小都市の住民は、この分裂の形をとった壁の硬さに直接触れることは少ないので無関心でいることも出来るのですが、カトリンさんの話を読むとAfD=(ドイツのための選択肢党)が多数の票を得て、右派党として政治に加わってくるようになった理由がわかるようにも思えるのです。合併の不完全さが大きな原因となって差別が大きくなり社会を分裂させてしまったともいえるのではないかと考えさせられます。


 2回にわたり話すことの重要さをお伝えしましたが、最近の世界が暴力即ち軍備拡大の方向に向かっていることを思うと 、東西合併というドイツの歴史の一齣に、言葉で係わり合うカトリンさんは、言葉で自国民同志の理解への第一歩を踏み出し、これは行く末の否戦争への世界に繋がるように思えるのです。
 語り合ってお互いを理解し合うということは世界の共存にも不可欠なことだと思うと、「話すこと」の重要性を見直すように教えられる気がするのです。


aokijuku at 11:27|この記事のみを表示コメント(0)

2018年10月13日

ビュッケブルグ歳時記 188

「話すこと」についてーーー”Deutschland spricht”


 先先回のブログの締めくくりに、暴力の代わりになるのが「対話」であると学んだと書きましたが、このことを実証するような行事が報道されました。現在、不穏な状態に追い込まれつつあるこの国で、その緩和のための重要な策として「話すこと」がとても重要視されている現況をお知らせしたいと思います。


 9月23日に大統領官邸で、上下左右、老若男女の多数の市民を迎えてシュタインマイヤー大統領を保護者とする話し合う会が催されました。この会の標題が ”Deutschland spricht" で、上手い訳ではないかもしれませんが、”ドイツ国は話す”なのです。
 「東西合併後28年を経ても完全合併には達していないこともあって、近頃の我が国の社会は分裂してきている。そしてまた大戦での責任が影を引き難民受け入れが大きな問題点になっていることなどから、ある目に見えない壁が社会に出来てしまった。嘆いていても壁は無くならない。この壁を無くするにはどうすればよいか。考えてみるとこのような壁が出来た原因は、最近、違う考えを持った人達とは話さないという傾向が強くなっているように思われる。そこで 対話を見直す必要があるのではないか。招待に応じて集まった皆様と私共々、対談して壁を崩す方法を考えようというのがこの会の目標なのです」 と、大統領は挨拶で述べています。
 

 このように Dialog=対話を重要視する会であることから、上記のように、階級も上下にわたる、考えも左右両派の、広範囲の市民層から選ばれた多様な人たちが残夏の太陽が輝く官邸庭園に集まって対話を繰り広げたのです。「対話」ですから、意識的に、反対派の2人が支持政党政治について話し合う会だったことが報道されていました。スーツにネクタイの男性の話し相手は髪をムラサキに染めた若い女性、その隣はポロシャツに裸足の男性とはげ頭にあごひげが長い一目でネオナチスとわかる中年男性が話している情景がTVに映っていました。

 僅かでも会の模様を知っていただくために、ある記者のレポートを書いてみます。

 彼が最初に出合ったのはヤナという22歳の女子学生でした。話題が難民問題となったとき、彼女は移民受け入れに、数を制限する上限制度設置に賛成する人は全て非人間的と決めつけて譲らなかったそうです。そして自分の考えに縛られているため、相手の記者の意見を聞くことがなかったため会話が進まなかったということです。これが彼女の若さから来る熱狂症であればよいが、昨今の社会がこのようになっている可能性も見えることを考えると、それが心配だと記者は書いています。

 次の相手は44歳のスウェンで、彼は自分はネオナチスであると明言し社会からはみ出している自分の経歴を披露したあと、「さあ、話し合おう」と、対話に積極性を示し、彼の方からいろいろな質問も出してきたそうです。彼の理想とする国とは、「隣の国との領土的な問題のない(つまり戦争をしない)ヨーロッパの一国として、自分の国の国民だけを面倒見てくれる国家」だと云うので、その中には黒人、ユダヤ人、モスリムなどの人達も含まれているのかとの記者からの質問には「彼らはパス・ドイツ人(ドイツのパスポートを持つ外国人の意)だから、本当の国民の中には入らない」と、ドイツ人種尊重の意見です。ただしシリアやイラクなどの戦争国からの避難民は受け入れるべきだとの意見だということです。そして、もし自分の住んでいる村に異国人が入ってきたとき、その人を知るためのコンタクトが成立しない場合は憎悪するかもしれないが、その人の、人となりを知った場合には憎むことは出来ないだろうと云うスウェンに好感を持ち始めたと記者は書いています。


 このように対話会から得ることはいろいろあると思いますが話すことで相手の人柄を知り、そこから相手を理解することができ、それが暴力を止め、共存を可能にし、平和を保つという難事に繋がるのではないかと思いました。
 「対話」ということから、読んで下さった方々の意見が、コメントででも、聞けたらよいなあと思っています。


aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)
月別の記事一覧
最新コメント