【ドイツ在住ピアニスト】

2018年05月12日

ビュッケブルグ歳時記 178

考えさせられる未来 続き


 先回は人工知能の発達過程について学んだことを書きました。その中に、人間のしていた仕事を機械がするようになる社会がどのようになるのかが心配だと書きましたが、この心配はわたしだけのものではなく、現代の労働者社会全般の持つ、考えるべき大きな課題であるようです。
 ある日刊紙が、「視点ーーデジタル化は大多数国民を失業者にするのか? それとも発展啓発の余地があるのか」という標題でこの問題を取り扱っていますので、この国では現時点でどのように考えられているかをお知らせしてみます。


 先ず、次のような職業の将来が例として取り上げられています。
 47歳のシュミットさんは時速200kmで都市間を走る急行列車の運転手です。
「子どもの頃の夢が実現した汽車運転手という職種は、”最初に無くなる職業の例”となるだろう」と、考え深い面持ちで語っているようです。すでに、ある地方で23kmが無人列車のテスト区間として用意されていることからの発言とのことです。
 第2例は医学関係で、ここではある種の職が過多とされる可能性があるのではないか、とあります。例えば患者のレントゲン撮図を、コンピュータープログラムが医者よりも早く読み取り、分析が出来るようになれば、医者の必要はなくなるのではないか。また、ある手術が出来るロボットが作られた場合は外科医は不必要になると、いうわけです。
 そして次には、弁護士が、例えば2会社間の分厚い契約書を作る場合、作成の場では機械の言語知識組織が、間違えなく、短時間で作り上げることになり、多くの人間の手が不要となるとの例が挙げられています。
 また、中国のアリババ・オンラインデパートの繁盛振りは、以後3世紀間に800万の、今まで人間が扱っていた職場を奪うことになるだろうと予言しているとあります。
 

 これらの例は、猛スピードで発展している人工知能技術が社会に与える、極端に云うとネガテイブな面を示していて、ここからは上記の”心配な面”だけが読み取れるわけです。
 が、次に読み進むと”啓発の余地について”としてポジテイブな面が挙げられています。これは言い換えると、機械が働くようになる未来社会に対して国民の持つべき心構えを示しているような気がしますので、お伝えしておきます。


 シーメンス会社で開発技術者として働いているS.さんは、「自分たちはModulと基礎用材のプログラムを作る仕事をしているが、この二つの組み立て方を工夫することで、我が社の製造物に特殊性をもたらせることが出来る。例えば、薬品関係の機械が、今までのように全ての患者に標準薬品を与えるのではなく、その患者に適した薬品を選ぶ機械を生産することが出来るということなのです」と云っています。そして、「今の仕事は大学で学んだとととは全く違うものなのですが、そこで止まってはいけません。このコトが示しているのは、止まること無く、新しいことに対する興味を持ち続けること。言い換えると学ぶことを面白いと思う心を忘れないことが、デジタル化する社会への心がけだと思います」と結んでいます。
 

 社会が新しくなるという革命的!前提に対しての、実行が出来るような気になる
忠言はやはり慰めになります。


aokijuku at 01:23|この記事のみを表示コメント(0)

2018年04月28日

ビュッケブルグ歳時記 177

考えさせられる未来

 とっている日刊紙の日曜版がスマートホーンに牛耳られている最近の社会の現状や見解を記事にしていました。「IT器具が行き渡り、殆どの市民が一日に200回はスマートホーンの画面を覗いている。これは一種の病的中毒現象であるとWHO(世界保険機関)が最近格付けした」とありました。 
 そしてこの利器により人々が一瞬に身近だけではなく世界中の状況を知ることができるなどの利点とともに、マイナス面もあげられていました。友人知人との交流が、器具により人間性に欠けたものになる危惧や、保護者の子どもに対する時間切れ(描いた絵を見せようとしたモリッツに、アイフォーンに忙しい母親が「今忙しいから後で」と拒絶する例が特に読後の印象に残りました。

 そこへ日本の友人から、「今先進国ではほぼ2045年ごろをSingularity (技術的特異性)と考えて、いろいろな物事が進められているが、ドイツではそういう感じがありますか」との質問がありました。2045年もSingularity も聞いたことがなかったのですが、こちらの digitalisieren = デジタル化する、数字で表す、に相応することと思われます。
 デジタル化すると言われてもよく判らないのですが、易しくいうと人口能力のことだと勝手に解釈をしています。ロボットをはじめ IT 機械の研究発展が為され、多くの仕事がこれ等の機械によって成されることが目的と解釈しました。

 そしてどのようにしてデジタル化をしようとしているのかを知りたいと思っていた所に、ある記事が目に留まりました。
 数回前のブログで家庭大臣についてお話ししましたが、今回は連邦教育学術省のK.大臣(女性)のデジタル化への抱負をお知らせしたいと思います。
 
 「デジタル化は経済界のことではあるが、その基はIT技術を更に発展させる能力を持った人作りである。デジタル化後は多方面で社会が違ったものとなる。その違った社会で勝者となるためには、今、皆でそのための飛躍をしなくてはならない。そのためには教育を変える必要も起こる。学校教育は、変わる社会を作る人物養成と、その変わった世界で生きる人間作りをしなければならないのである。そこから授業方法も従来の方式から、変わる形になると思う。その時期に使用できるIT技術を出来るだけ使う方法がとられる。我が省は現在50億円の用費を与えられているので、自分としてはそれを各学校のIT機械の充実に分配し、それによって学校間の流通を速やかにする方針である」

 スマートフォーンの浸透から、人間同士の接触やコミュニケーションが無くなると心配になっていた所へ、人口能力の発展に拍車がかけられていると知らされ、機械が多くの仕事をするようになると人間は何をするのかなあと、全く違う様相となる未来が想像できず、心配になるのです。残念ながら時代に取り残されているわけです。

 でも、ここでの説明は不必要かもしれませんが、このような状況の中で慰めとなるのは、今住んでいる国の、国と市民の関係です。
 デジタル化についても、上記のとおり、一主婦にも判るように説明をし、教育までさかのぼる長い目で見ている内閣の意図を市民に知らせることで、理解と承認を期待していることがわかります。反対意見であればそれを表明することも出来ると思うと、民主社会であることがわかり、それが慰めになるのです。
 それにもう一つ、北朝鮮の核実験中止の意図や、北南の首脳会談予定によって、祖国日本の心配感が少しうすれるのではないかと思えるのも慰めになるのです。


aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2018年04月14日

ビュッケブルグ歳時記 176

差違大!

 5年ほど前から、カルタ(トランプのこと)会の一員になりました。
 それまで行き来をしていたエルナおばあさん(彼女は年齢を訊かれると「わたしはエリザベス女王と同じ年の生まれ」と誇らし気に答えます)の視力が衰えて、ルーペの力を借りてもカードを読めなくなったことから、彼女の代理としてわたしにお誘いが廻ってきたのです。エルナさんはその後老人施設に入りました。
 ずいぶん前から、女性会員により毎週日曜の午後、3時半頃にコーヒーとケーキでおしゃべりを始め、その後カード遊びを5時頃までするという会です。会場は会員の家の居間を順に廻ります。ですからコーヒーとケーキの準備も順番になるわけです。
 昔は7人ぐらいいた会員も一人減り、2人減りして残ったのはエルナさんも入れて3人だけになってしまったということです。インゲさんとヒルデさんは同年で92歳です。2人とも未亡人です。歩行が困難とか、不整脈とかの障害はあっても頭はとても健在です。それぞれ庭付きの自家で、一人暮らしをしています。この状況を聞いた時に将来の模範になるかもしれないと思ったことが、わたしが会員になった大きな理由かもしれません。

 この両人と私の住まいが、それぞれ徒歩で5分もかからない三角形なので、会のある日はわたしが一人を迎えにいって、腕を組んで、凹凸のため歩きにくい歩道を会場の人の家まで一緒に、という送り迎えをします。なお両人とも息子が一人という家族構成ですが、両方とも独立又は退職して離れた都市に住んでいます。
 
 日本では知らなかったカナスタという遊びは、参加する人数によって使うカードの数が決まるのですが、3人で遊ぶ時は2組のカードを使います。2組のカードを混ぜるのはけっこう大仕事なので、これも、一番若い私の役目です。細かいことは省きますが、一人が上がった時にゲームが終わりとなり、それぞれの得点はそれぞれが合計します。お二人ともここまでの計算は各自でなさいます。回ごとに合計点をノートに書き、最後にそれを合計して順位が決まるのです。
 勝負の後、軽いアルコール飲み物を小グラスに一杯いただいて、帰宅となります。

 前置きが長くなりましたが、ここで標題の”差違大”に至らなければなりません。
ヒルデさんの息子はウイーン在住ですが、フランクフルトに住んでいるインゲさんの息子は弁護士で、税理士の奥さんとの間に3人の息子があります。長男のアンスガーは18歳で、5月にアビチュアーを取ります。16歳のテイモンとビクトアーは2卵性の双子です。彼らは学校が休みになると順番に、一人ずつ、おばあさんの所に来るのです。一度に2人の面倒は見られないというインゲさんの要求をいれての処置です。

 カナスタ遊び中に、孫たちはチェスが好きで、チェス・クラブ会員でもあるという話があった時に、時々チェスをする機会のあるわたしが「わあ、教えて欲しい」 
と声を挙げたことがもとで、彼らはオバアちゃんの所に来ると電話でわたしの都合を確かめたうえで、ある午後、必ず来てくれるのです。3人とも希望のケーキは決まっているのでそれを焼いて待ち、その後Oma=オマ(祖母の愛称的呼び方)から、帰宅催促の電話があるまで、チェスをしたり、身近な話をして過ごすのです。

 先週、イースターの前の週、突然の呼び鈴に驚いたのですが、扉の外にいたのは、今春休みはアビチュアー準備のため来ないと聞いていたアンスガーでした。彼は弟たちと違って、チェスをするよりも話をしたいらしく、来ると、とうとうといろいろなことについて話して行きます。今回は主に、自分の学校の不備さを非難することと、これ又トランプ氏に対する非難でした。

 この3人に就いては又の折にお話しする機会があると思います。

 差違大とは、付き合う人たちの年齢差の大きさを、こう表現したのです。


aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2018年03月24日

ビュッケブルグ歳時記 175

明るくみえる出来事


 昨年秋の選挙後、約半年を経て3月10日にこの国の政権が決まったことは日本に既報のことと思います。先政権と同じ、保守政党と社会民主党との大連合の提携がようやく話し合いの終局を迎えたのです。
 保守党10名、6名が社会民主党になる総16名の大臣が発表されました。その内、7名が女性大臣です。
 この半年間は、先期と同じ連合政権に対する不満や、4期連続のメルケル政権に対する批判もあったようですが、今は新しい政権に対する期待が耳に入ります。


 今回はその中で一番希望の光を放っていると思われる、一女性大臣についてお知らせしたいと思います。
 フランチェスカ・ギファイ(以下、G氏)という39歳になる社会民主党に属する家庭大臣です。日本にはこの部門の省は、したがって大臣も無いようですが。
 ブランデンブルグ(旧東)に生まれ、壁崩壊後西ドイツで教育を受け、教師志望だったそうですが音声障害のため政治に転向、ベルリンの一区であるノイケルンの管区長を2年間務めたという経歴です。
 

 ここで管区について説明します。ドイツでは、ベルリン、ハンブルグ、ブレーメンの3都市が Stadt(町)Staat(国)といわれる町国として、州と同じような 役目を果たしているのです。そしてベルリンは12の管区に分かれていて、この管区はそれぞれ政治的権力を持っているのです。


 この1区であるノイケルンは統治が最も難しい区とされています。居住者約30万人の国籍は160国にわたり、43%が難民や移住人ということです。こちらではこのような社会状態を Multi(多数の)-Kulti(文化の)と表現していますが、肌の色も、宗教も、習慣も違う人々の集団では、学校中退、犯罪、ユダヤ人排斥、イスラムの亢進などが日常茶飯事で、また金銭的にも貧困地区でもあるわけです。
 G氏は子ども達の教育問題には非常に熱心で、例えば、或る学校の古いトイレを新しくするとか、学校専用の検事をおき、学校刑事事件解決を図るとかの策を2年間に実行したそうで、社会的有効案を云うだけでなく、着実に実行に移すという、主動家でもあるわけです。このような区の区管長を務めたことについて、「女の身でこの区の区管長を務め得たのは、もしかしたら小革命であったかもしれない。これが若い女性たちへの見本となってくれればうれしい」と云っているそうです。
 このような、自身が破滅的な区の住人の身になって統治したG氏の業績が認められ、管区長から連邦大臣へと異例の出世となったわけです。
 なお、16大臣の中で旧東出身者は彼女一人です。 


 今朝の新聞に彼女へのインタビューが載っていました。
 「家庭、老齢者、女性、青少年問題があなたの管轄ですが、これ等の順番は」との問いに「子ども達が最も重要」と答えています。そして、「自分としてはこの国のどの子でも、貧富や階級の差に関係なく子ども達が平等に、自分で決めた道を生きることが出来るチャンスを持てるようにしたい」「そのためには先ず、全日制保育所の万全が必要である。指導者の教育を再考し、報酬も改善する必要を感じている。人間形成となる基礎は幼児期間に培われると思うので」と読んで、子どもの教育に重みをかける新大臣を惜しみなく応援したいと思います。残念ながら、日本国籍のわたしには選挙権がないのですが。
  


aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2018年03月10日

ビュッケブルグ歳時記 174

周りを見渡すと・・・Xhevat
  

 今、教えている”世界学校” と呼ばれている基礎学校に入って来る生徒の名は様々で、書かれているだけでは判らず、耳で聞かなくては云えない(読めない、呼べない)名が度々あるのですが、標題の名もしかりで、ジェワ と読むことは彼女自身から聞きました。今回は彼女ことをお話ししたいと思います。


 この地の基礎学校(日本の小学校にあたる)は4年間で、その2年半生の時に入ってきたのです。動機は1年生の時から習い出していた友達ハナに刺激を受けて、ということでした。
 Xhevat Hoxha(姓)という名からも連想できる、少し濃い肌色に茶色の眼が際立つ9歳の少女でした。アルバニア人であることを知りました。アルバニアが昔のユーゴスラビヤであったバルカン地方の一国であるらしいとは思っていましたが、そしてボスニエンやクロアチエンとかなどの国々からの移住民がドイツには多いこともなんとなく知っていましたが、全て”大体”のことでした。
 彼女の家族もこのような背景です。ですから、家にあるのはキーボードで、ピアノがあるわけではないのです。そしてピアノ教室に必要な経費はミンデン市が持つということでした。
 レッスンを始めるとその理解力の早さに驚かせられました。勿論、指の柔軟さも充分持っていました。あっという間にハナを追い越してしまいました、連弾などで楽しめるかと思っていたのですが、2人のピアノ感覚は違いが大き過ぎました。残念ながらピアノがないので、本格的に演奏することは出来ませんでしたが。
 そうこうする間に4年生となり、進学し、Gymnasium(高校)生となりました。他の学校に進学しても、ピアノは続けてよいとの許可を世界学校は出していましたからXhevat にも伝えてありましたが、わたしの期待に反して、先ず新しい学校での様子を見てから、との両親の意見から来なくなっていたのです。
 それが2年経ったある日、「又、来ます!」 と云ってきたのです。先生の私には心底嬉しいことでした。13歳になった彼女はスラリと背の伸びた、派手な所のない好もしい半少女になっていました。そして、E.ピアノも借りたとの嬉しそうな報告もありました。


 高校での勉強は厳しいので、先ず勉強を第一にと両親に云われているので、それを守っているので、試験期になるとピアノの練習はあまり出来ないと云って、その時間には、少しづつ彼女の家庭の様子や、毎年夏の休暇を過ごすアルバニアの様子を話してくれるのです。
 例えば、彼女の家族はイスラム教徒だが、クリスマスは、ツリーなどの飾りがきれいなので家にも飾り付けるというのです。そんなことから、彼女の国について興味が湧きました。少し読んだ限りでは、アルバニアという国は宗教的にも、国情面でもさまざまな困難のあった、混沌とした国ということを知りました。オスマン帝国による占領、モスレム国となり、大戦中はドイツに占領され、大戦後は鎖国、その後、中国やロシヤの影響で共産政権国となり、毛沢東の死後1992年に非共産政権となって民主化された等々。民主化がつい最近なのにも驚きました。
 宗教もイスラム共和国であったり、中国共産政権が無信国家としたり、ごく最近、宗教の自由化がなされたということも知りました。
 彼女の育ち方は聞いてみるとずいぶん旧式に思われます。子どもの教育を重要視し、道徳面でもドイツの子ども達に較べるとずっと古風で保守的のように思えます。いい意味での古風なので、自由が強い今風との違いに考えさせられます。


 このように、あるきっかけから、教えるだけでなく、いろいろなことを教えられる時間でもあるのがわたしのピアノ教室なのです。


aokijuku at 01:00|この記事のみを表示コメント(0)
最新コメント