【ドイツ在住ピアニスト】

2020年01月11日

ビュッケブルグ歳時記 218

新年に

 皆さま、新年、おめでとうございます。
 今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 新しい年はやはり明るい見通しのある年であってほしいと思うのはわたしだけではないと思います。明るい未来は、それを造るのも、そこに居るのも若い人たちです。昨年のブログで知らされた、フイギュアスケート界の未来の第一人者河辺愛菜さん、温暖化対策運動の基を作ったグレタ・トーンベルグさんなど、彼女らの意欲と行動欲と成功に頭が下がります。そして大声で応援を送りたいと思います。 

 彼女らが代表する若い世代が、彼らの持つ才能、意欲、意志をいっぱいに伸ばすことが可能な環境を作るのが政治だとすると・・・との考えから、「奨学金」に考えが行き着きました。
 日本の新聞で時折、奨学金の返済についての疑問を訴える記事を読むことを思い出す他、日本の奨学金については全く無知なのですが、ドイツの奨学金について少しお知らせします。

 この国でBAFOEG(連邦ー教育ー促進ー規則)と呼ばれる奨学金は、生徒(この国では高校生までを生徒と呼びます)及び学生の誰でもが持つ学習権利を可能にする経済的援助金で、生徒と学生で経済力の足りない者に国から貸与されるものとされています。
 対象となるのは両親の収入、又は既婚者の場合、相手の収入が教育費に満たない場合に受けられる、と定義されています。

 この国では2019年の8月に制度改新がありました。奨学金額が高くなったのです。次のような事項が理由です。1. 学ぶことは誰にでも与えられている権利である。そこから経済力の低い中産階級の若者も学べるようにする。2. 大きな問題となっている最近の全国的な家賃の値上がりから学生にも家賃の援助をする。3. 結婚している場合に、学生であることと家庭を守ることの2つの事情の両立が上手く行くように援助する。
 そして改革後は驚くほど多くの面で奨学金を受けられる生徒、学生の申請範囲が大きくなっているのです。例えばある学生の財産ー貯金通帳などーが7500ユーロ以内であれば申請できる。既婚者で子供がいる場合10歳までは月に130ユーロが、2人目は80ユーロが支給される。学習期間に何らかの理由で空き期間が起こった場合、改革前はその期間の支給は中止だったのですが、改革後は通して支給される。又、学習に外国実習などがある場合、その期間も支給される。そしてこの項は、EU 連合の規定で外国語習得を援助する目的で外国から来ている留学生に対しても援助金が払われる。その他、受奨学生でも月450ユーロまではアルバイトも許可されるという幅の広い改新だとされています。

 次に返済期間ですが、最後の学習コースを終えた5年後に始まり、受けた奨学金の50%を返済するとの規定です。ただ、ここには1万ユーロまでという限定があり、受けた金額がこれ以上でも1万ユーロを返済すれば返済済みとなるのです。又奨学金返済には利子は勘定に入っていません。月額105ユーロか(3ヶ月315ユーロでも可)20年間以内に返済を完了すること、との決まりです。
 又、学習を終え、就職をしても給料が少なくて返せない場合は、1年間の返済猶予が与えられる。生徒の場合は返済必要なしです。

 そして学生の数が増えているのも最近の特徴です。女性が多くなっているのも目立つことです。


aokijuku at 23:51|この記事のみを表示コメント(0)

2019年12月28日

ビュッケブルグ歳時記 217

今年起こった良いこと

 記憶にあるだけでも2、3回は下に向かって訂正された景気予報、 EU国間の不調和、決して無くならない、どこかに上がる爆撃の煙、いじめから人種間の憎悪まで、今年も世界は薄闇に包まれていたという感じがあります。その年も終わりに近づき、ブログも最後の回になりました。せめて最後の回には、心が温かくなるようなテーマをお知らせできればと努力してみます。

 まず思い浮かぶのが祖国日本での新天皇即位です。上皇の退位希望が叶えられ、新天皇が生まれたことは、薄暗い世界の中に明るい光を放った第一の出来事だと思います。天災のために延期された即位行進も滞りなく終わり、健やかな皇后さまと共にあるお姿は、これからの日本が平和であるという象徴のように見えました。
 そして「明日の皇帝」の題でお知らせしたナルヒト天皇即位と、この国での新天皇への格別な尊敬感と友好感情についてのブログに読者の方々から拍手をたくさんいただいたことは、わたしにとってもとても嬉しいことでした。読者の方々への
御礼ををここに書かせていただきます。ありがとうございました!

 次に、滞在国、ドイツにあった良いことを探してみました。
 第一に挙げたいのは基本年金の給与実施が決まったということです。
 東西統合の困難で右翼が勢いを増したり、また初めから困難の多かった大連党の政治の行方が危ぶまれていたのですが、この間、連合党の意見がようやく一致して「基本年金」行使が決まったとの、少し明るいニュースがありました。

 基本年金とは、長い間ーー最低35年間ーー低賃金で働いて、年金掛け金もきちんと払い込んでいた人が定年になってもらう年金額が、生活費用に達しない場合に、その不足分が給与される、という形の年金のことです。
 このような境遇に陥る人とは、低賃金で働いている理髪(美容)師や、一人で子供を育てている看護婦などに多く、したがって基本年金の行き先は女性定年者が多いということです。例えば40年間、基礎賃金よりも低い賃金で働いてきた美容師が受ける年金額は、現在では530ユーロで、これでは生活ができない。不足額を足して950ユーロにするのが基本年金だということです。現在は120−150万人が受けられると予想されているということです。
 いろいろと難しい規律もあるのですが、それはさておいて、このような下層階級の援助制度を実施にまで持っていった政治は良い政治だと思います。
CDU/CSU(保守政党連盟)とSPD(社会民主党)の違った意見をまとめたのはやはり徹底した話合いだと思います。
 基本法にある「ドイツは民主主義とsozial(社会的な)国である」に当てはまると思うのです。
 
 もう一つは温暖化対策に少しだけでも乗り出したということです。この問題は
全世界の問題で、ドイツだけで解決できる問題ではありませんがグレタさんの呼びかけで多くの若い人たちが動くことがなかったら、この国でもなんとなく見ないふりをしていたと思われるのです。
 11月に環境保護法案が作られ次のような事項が実施されると発表されました。
1.CO2 の税金を2025年までに10ユーロから35ユーロに引き上げることで
CO2排気数を55%まで下げる。2. 通勤者の電車代を安くする。3, 航空券を高くし、汽車代を安くする。
 一方では、このような対策の成果が云々されるのももっともだとは思いますが、何もしなければ地球はもっと不健康になると思うと、少しでも具体的に取り組むことは良いことだと思うのです。

 来る年が良い年となりますように!

 来年もまたどうぞよろしくお願いいたします。


aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2019年12月14日

ビュッケブルグ歳時記 216

宗教にまつわり・・・

 まずお詫びを書かなければなりません。数回、ブログに「キリスト教がこの国の国教」という言葉を使ったのですが、この表現はドイツでは間違っていると指摘されました。
 理由は、「国教」の意味は「その国の政治と宗教が一体である場合」に使われるのであって、ドイツのように基本法で、宗教および Weltanschauung(世界観)が政治と切り離されていて、国民は信じたい宗教を信じることができる国ではこの言葉は使われないとの忠言でした。「信じる自由」を保障されている国を思えば、自ずとわかることでした。お許しください。

 ドイツ国民の55%はキリスト教(36%は無宗教でこの傾向は増加しつつある)、5%がモスリム、4%がその他の宗教との調査結果が出ているこの国の宗教現状に興味を惹かれ、少し調べてみましたのでその結果を書いてみます。

 国としてドイツは宗教と国を隔離しているわけですが、この区別の解釈は、国家が宗教を拒絶するのではなく、反対にパートナーとして扱い、政治にも同意
を得るよう宗教機関の働きに経済的支援をするなど、非常に協力的なのです。そして社会を一体化するのにーーまとめるのに宗教は大きな力を持つとして存在を重視しています。

 そのために国は「休日」と「学校教育での宗教授業」を保障しているのです。
 ここからドイツでは、聖書にある規定から日曜は休日と決められ、仕事をしない日なわけです。ですから日曜日は会社、役所、特別な許可のない限り商店も全て閉まってしまうのです。デパートも例外ではありません。日本のように、日曜は家族の買い物日ということは、例外日以外はないのです。
 この国の休日は、数日を除いては、ほとんどがキリスト教の祝日です。数えると28日あるのですが、このうちの何日かは、ある州だけが休日で、他の州は勤務日なのです。これは州によってその州が旧・新教に属するかの違いから起こる現象で、州によって休日数が異なるわけです。
 ベルリンは宗教中立の都市州なので昨年まで一番休日が少なかったことから、今年から3月8日を女性の日として休日にしたことはブログでお伝えしました。

 学校教育では宗教時間があり、キリスト教に属する子供は新・旧に分かれて授業を受けます。つまり、子供時代の市民に宗教教育がなされているのです。また両親の意見から宗教から脱退した家族の子供達は、その学校よって異なる代わりの時間、例えば、哲学や 道徳教育 などの授業を受けることができます。また最近では増えているイスラム教の時間のある学校も多くなっているようです。

 次に、とても特異だと思われる制度がドイツにはあるのです。
「教会税」というもので、収入税の8−9ー%の税金を、教会に籍のある市民は払う義務があるのです。このような税のある国は世界でも少ないと言われています。この税は教会から脱退しない限り、収入税と同時に自動的に税務所に払いこまれるのです。勿論、この収入が教会が行なっている公共事業に役立っていることは否めません。が、高額収入のある人の中には、教会税から逃れるために脱退する人も多いようです。高給ー収入税多ー教会税高となるわけですから。
 
 前に戻って、国と教会は分かれているとは言え、この国の流れというか日々の時間や習慣の裏にはキリスト教の影が濃くあると思われます。例えば、核発電中止のための会議団の中には一牧師(か神父)の宗教者が組み入れられていました。どのような相談決定会議にでも、宗教家が必ず一人、入っているのです。

 このように「国教」という言葉は使われていないのですが、国とキリスト教が
密接な関係にあるのがドイツ国といってよいと思います。


aokijuku at 16:14|この記事のみを表示コメント(0)

2019年11月23日

ビュッケブルグ歳時記 215

お城のクリスマス


 駆け足でやって来る夕闇と競争をするように、大通りの電球飾りが次々に華やかな光を灯す11月末の週には、ビュッケブルグ城の一大イベントとされる”お伽の国のクリスマス”と銘打った10日間の商業を伴ったお祭りが催されます。
 この期間はお城も、周りの広大な庭も解放され、クリスマス装飾品はもちろん、ファッション、家具、装身具、庭園デコレーションなど多くの商品がそれぞれの屋台に煌びやかに並べられ、購入者を待っています。
 この期間は、主な交通道路も制限され、近郊からの見物者を運んでくるバスが毎日、お城の裏の耕作地を埋め尽くします。
 この期間は、お城だけではなく、小都市ブッケブルグの大通りの商店街も観光客でいっぱいになります。


 この国で耳にするお城というものーー昔の君主が建てた建物と、今でもそこに住んでいる旧貴族、子孫などについて少し書いてみます。
 ドイツでは、約100年前の第一次大戦後に君主制が廃止されましたが、 Georg Friedrich Prinz von Preussen とか モナコのカロリーネ姫が再婚した、暴力好きと噂されている Ernst August Erbprinz von Hannover などの人たちは、貴族と呼ばれる称号は無くなったわけですが、祖先の建てたお城に住み、お城を伝統建物として維持することに努力している旧王家の子孫なわけです。
 このような消え去った階級層の子孫については一般に、職業選択など、その生き方が難しく、また残った古城についてはその維持費捻出に苦労すると言われています。ですから子孫がいないとか、居ても住むことを放棄されて地域の所有になっているお城も多いのです。


 このような古城の一つが、ルネッサンス時代に建てられたビュッケブルグ城で、ここには城主が居ます。公爵に相当する、51歳の Alexander Fuerst zu Schaumburg-Lippe です。
 彼の家族は少々込み入っていて、最初の夫人は、旧貴族の Lilly prinzessin zu Sayn-Berleburg 、短期間しか続かなかった2回目の結婚の夫人は弁護士、現在は一人のイラン人女性が伴侶です。第一夫人は、再婚したのですがこれも離婚となり今は”お城カフェー”の責任者としてこの地に戻ってきています。
 第一夫人との間にできた26歳になる青年、ドナートスが次の城主です。彼は現在ロンドンで勉学中ということです。


 アレクサンダー城主は非常に考えが先進的で、FDP(自由民主党)党員で、戦闘的なブロガーであるという噂です。ジャズピアノが彼のホビーです。
「貴族階級は無くなったにも関わらず、世の中には自動的にこの階級は裕福だという観念が染みとおっているので苦労する。例えば城の周りの広大な森林や野生野原の使い方にしても、自分の意見と担当役人との意見に一致が得られない。これでは城の維持費は不足する一方だ」との城主としての抗議文が公開されています。ここから”お伽の国のクリスマス”も、経済的な考えから商売になっていることが察しられます。
 お城も通常は公爵家族の個人的住居の他は、全て公共的に使われ、250ある使える部屋は、事務所とかアパートとして市民に貸し出されています。正門の右は乗馬学校で、秋には猟犬を交えた狩猟行進などで賑わいます。お城の中のピンクの間と呼ばれる、桜色の大理石で作られた大広間は、音楽会や準国賓会合などに使われています。付属のチャペルでは宗教の如何を問わず、希望の人たちの結婚式が行われています。披露宴はピンクの間でどうぞ、という事だと思います。
 

 このように、お城持続に苦労しているアレクサンダー公爵とそれを応援する市民
とで、お伽のクリスマス祭りへの準備に追われているビュッケブルグの初冬のもようをお伝えしました。


aokijuku at 10:14|この記事のみを表示コメント(0)

2019年11月09日

ビュッケブルグ歳時記 214

「本質におよぶ問題」

 に続き、「よりにもよって教育国家とかチャンスに満ちた国として教育を誇りとする我が国が、今、教師不足という実質的挫折状態に陥っている」とのタイトルで、今メデイアを賑わせているニュースをお知らせしたいと思います。

 不足しているのは主に小学校教師で、教育省の往年の概算が間違ったための現象だということです。人口少数化時代の教師育成数をそのままにしたため、出生率の上昇や避難民の増加などによる大幅な小学生の増加に追いつけないほど、初段(小学校)教師不足になっているのです。要するに教育省の怠慢が原因というわけで、2025年までに26300人の教師が不足するとの調査結果が出ています。
 この教師不足は、現在ドイツ全国にある学校の45%が被っている災害なのです。
 ちなみにこの国の教師課程は、10ゼメスター(5年間)勉学の後、2年間の試補研修期間が必修で、医学、法律部に次ぐ長い教育期間が必要です。

 この不足補充には次のような方法がとられています。
 一番多いのが ”横入り教師”と呼ばれる、何らかの専門課程、例えばゲルマン語学、物理、政治学などの勉学は終えているが教師資格は持っていない人が、急場の教授法や教育学の講座を受け教師として教壇に立つという方策です。ベルリンでの、昨年新しく教師になった人達の70%がこの種の教師であるとのニュースには驚きました。その他、定年後のギムナジウム教師が希望して、格を落として小学校教師となるとか、ある東州(ここで、この国の教育は連邦制であることを思い出していただきます)では父兄が教壇に立たなければならないという窮状態に陥っているということも聞きます。

 この”横入り教師”についての賛否意見を書いてみます。
 この制度は学校教育に害を及ぼすか否かの質問に対して、Ya(害あり)ーーの意見を持つ46歳の教師本職のP.さんは「短期間での教育法などの急場講義が十分ではないため、”横入り先生”方からの質問が多く、助けたいとは思っても自身の問題でいっぱいの専門教師にはストレスになることが多い。また社会的下層階級の子どもの指導には向かない。この方策を続ける場合には、教育学と教授法の講座を長期にして必要事項を充分学ばせると同時に、教壇に立つ前に専門教師の授業を聴講する期間を長く持たせる必要がある」との意見です。
 Nein(害なし)ーー「”横入り教師”は 教師として一級下の救急教師ではなく、ある意味で 広範囲にチャンスをもたらす改革者となる可能性を持っている。学校とは勉強、知識蓄積の他に様々な事を学ぶ所でもあるはずだ。例えば障害児童との包含クラス生活や、外国人とか他文化との融合などを学ぶ所であることを思うと、”横入り教師”はこれらのことを指導するのに適しているのではないか。本職教師は悲観するのを、父兄は文句を言うのを、ジャーナリストは揶揄するのを止めるべきである」が、38歳のH.氏の意見です。
 
 この国は9月が新学期の始まりなのですが、わたしの通っている小学校も教師不足の影響を受けています。友だちのアナは午後からの生活指導をしている、教師資格を持たない準教育者なのですが、今年の夏休みの最後の週は、研修期間になって、休みが短くなった、とぼやいていたのです。これは、午前中に本職教師ができなかったことを、準指導者の彼女たちが午後、子供達に教えるという教師不足の被害対策であることに気がつきます。

 一国の、明日の建国は子ども達にかかっていると思うと、教師不足は、冒頭の「本質におよぶ問題」であることがわかります。教育の国ドイツの将来が危ぶまれることのないように願いながら・・・ 


aokijuku at 11:49|この記事のみを表示コメント(0)
月別の記事一覧
最新コメント