【ドイツ在住ピアニスト】

2017年12月09日

ビュッケブルグ歳時記 168

腑に落ちない事ごと 4


 今回はこの国でコミュニケーションが、友達間、クラス、学校という子ども達の共同体造りにどう取り扱われているかをお伝えしたいと思います。


 この国の学校でもいじめとか暴力行為があります。それに対して「Soziales(社会生活)を学ぶ学科」として、5年生の必修科目になっている学校が多くあるのです。この制度は全部の学校がではなく学校のある地域によって違うのです。どの都市でも問題の多い、低階級市民が多い地区があり、そこにある学校では、貧困、低い教養度から来る暴力行動が多い外に、難民児童の融合問題が多くあるので、その解決にこの科目が必修となっているのだと思われます。


 あるクラスの授業内容を書いてみます。
 この時間には「規則を自分たちで造り、それを守る」「皆がお互いを配慮する」を学ぶことが中心です。
 今日の授業の課題は「5年B組の”自信”を築こう。どうしたら造れるか」です。
教師は3本脚の椅子を黒板に書きました。そしてこの椅子を支える3本の脚は「出来ると自信を持つこと」「その自信を互いに認め合う」「そしてこの2つに責任を持つ」という意味だとの説明をした後、クラスの皆で、それぞれが出来ることを話し合うことに進みます。各自が得意とすることをあげ、級友がそれを評価するかを問い、それぞれの持つ力が何処で役に立つかを話し合うのです。自分が出来ることを言えない生徒が居ると、友達が「君は冗談を言うのが上手いじゃないか」などと言葉を添え、助け合うことを学ぶというわけです。またトルコ人の子どもが自分の家では、やり方が他の友達の家と違う事が多いという悩みを打ち明けたりするのです。内情を知ることから、今まで近づかなかった子ども同士が友達になった例も多くあるようです。またそこから、担任の教師は子ども達の家庭環境をより良く知ることにもなるということです。このように、落ちこぼれたように見える級友を引きずり上げて一緒に進むことになり、それがクラスの自信、誇りとなるわけです。これはまた、社会に出た時に移民を受け入れる精神に繋がり、外国人との共存を学ぶことであるように思えます。
 ケンカに付いても、もし起っても、暴力ではなく言葉で解決する努力の大切さを
教えられるのです。これもコミュニケーション力養成教育だと思われます。ここでまた、話すこと、言葉の大切さを見せつけられます。 


 このような授業をみると学校の在り方を考えさせられます。ここからは学校とは学びの舎とともに、社会生活への準備の舎という印象が強くなりますから。
 コミュニケーションから、学校の在り方まで話題がどんどん大きくなりました。
 

 最後に全く関係のない、オカシな出来事をお話しします。
 先日、古い手紙の整理をしていた折りにある1通が目に入りました。差し出し人はALDI という、ドイツ最安のスーパーです。読んでみると、開店間もない頃の
1998年に、わたしが出したこの店の美点、特に店員の機転と親切さを褒めたたえた手紙への返礼の手紙でした。全く忘れていたのですが、その後、店員が会計所に並ぶ全ての来店客に対して、こんにちはとかハローとかの挨拶をするようになったのです。これは今ではこの国の何処のスーパーでも実行されていることです。
 この挨拶習慣を知った時に、もしかしら、わたしの手紙が?!と、思ったことを今思い出したのです。ウヌボレ妄想と笑われても、こう思えることは一つのコミュニケーション成功例と思うのですが、いかがでしょうか。

aokijuku at 22:58|この記事のみを表示コメント(0)

2017年11月25日

ビュッケブルグ歳時記 167

腑に落ちない事ごと 3


 数週間前に河辺さんが、リハビリでコミュニケーションが行われていると書かれておられました。残念ながら、わたしには書かれておられるコミュニケーション力の意味がよく読み取れないのですが、勝手ながら、話し方とか、話題を云々することではなく、皆で話し合おうということに重点があると解釈させていただきました。
 そして、コミュニケーションという言葉の意味も、すでに書いた通りきちんとした理解が出来ていないのですが、リハビリにおいては三省堂の新明解国語辞典にある「言葉による意志・思想などの伝達」を主な意味とすると解釈させていただきます。悪しからずお許しを。


 リハビリでコミュニケーションが行われているということは初耳でした。これは、人々といろいろと話し合うことが、病気によって傷められた精神状態を元の健康状態に戻すための良い療法だとして行われているのだと推察されます。日本の医学の万全さに大きな敬意を持ちました。
 そして直ぐ頭に浮かんだのが、この方法を何故教育に使わないのかという疑問なのです。腑に落ちないことなのです。


 5年前辺りから、いじめが理由で自殺した小中高校生の数は驚くほど増えていることを読みます。そして3年前には対策法が作られ施行されていることも聞きました。残念ながらこの法律の効果は低く、依然としていじめられて命を絶つ子どもが後を絶たないようです。法律を作るだけではなく、文部省はいじめ対策委員会とか第三者委員会とかを作って、組織での対策を実行に移しているという記事も読みました。このように、自殺防止法はいろいろ考えられていて、必要だと思いますが、「防止」とともに「予防」を考えることが忘れられているように思われるのです。子ども達の命が絶たれるということは、コトが起ってからではどんな方法も何の役にも立たないことです。命は一度限りのものなのですから。ここから判るようにこの場合の予防は、いじめの根源を無くすことを意味します。リハビリとは再生の意ですが、再生の必要がないようにするのが予防と思うのです。
 

 コトが起らないように予防するということはいじめを無くすことです。
 いじめに対する記事を読むと、「今の時代は、本音で語りあえる人間関係づくりが難しくなっている。それによるストレスが、いじめの根本的な原因である」とあります。ここから、本音で語り合える人間関係を作ることがいじめを無くす方法と解釈していいと思います。
 人間同士のコミュニケーションとは「人間が互いにその意思、感情を言葉によって伝達し合うこと」との解釈もあります。そこから人は、その意志を疎通し合い、心や気持ちの通い合いを果たし、お互いの理解を深めることになります。


 ここからコミュニケーション力を育む科目を学校が実践することは、とても良いことで、率先されるべきことではないかという考えが起るのです。上記の本音で語り合える人間関係をつくるためにも。
 日本語の辞書には無いのですが、ドイツ百科事典にはコミュニケーションの意味に共同体、連帯体ともあるのです。学校を一つの共同体と考えると、学校でのコミュニケーション教育の必要性を考えるのも、意味ある意見ではないでしょうか。 







aokijuku at 10:11|この記事のみを表示コメント(0)

2017年11月11日

ビュッケブルグ歳時記 166

ある現象


 9月の選挙後、キリスト教民主同盟、自由民主党、みどりの党の3党での連立政権建策のための会議を続けているのが、この国の現状です。
 今回は選挙後に起きた”ある現象”についてお伝えしたいと思います。
 

 選挙日曜日の夜、おおよその取得票数状況が判明した時点で、各党の候補者を招いて選挙を終えた勝負感想会が開かれTVで放映されました。そこで、今までとは違う、ある現象が起こったのです。
 今までは、メルケル首相を中心に席に連なっていたのは背広スーツの男性政治家
ばかりだったのですが、今回は色彩もあざやかな服装の女性政治家の数が多かったのです。そしてこの女性政治家の殆どが旧東の出身であることに注目が集まりました。これは衆知である旧東出身のメルケル首相に並んで、左翼党とみどりの党の党首が旧東出身の女性でした。これをきっかけに政界を見渡すと活躍している女性政治家の多くが旧東の出身であることに目が引かれる結果になったのです。 
 現在政界で活躍している女性政治家を見ると次のような例が挙がります。
 第一が、生まれはハンブルグでも牧師を職業とする父親の意向で東ドイツで成長、ライプチッヒで物理を学んだメルケル首相。子ども無し。左翼党党首K. 氏は子ども一人の離婚者。子どもの頃から政治に関心を持つ。同じく左翼党のW. 氏は、壁崩壊直前に旧東ドイツのドイツ民主共和国党に入党。子ども無し。社会民主党のS. 氏は子ども2人。税金監視官を経て政治家に。みどりの党のG-E. 氏は子ども2人。東の民主主義開発の発起者。もう一人忘れてならないのは、ドイツのための選択肢党(AfD)のP. 氏です。5人の子どもを持ち、自身も学者として活躍。AfDの中心活動者だったのですが、意見の相違から選挙後党を脱退しました。


 このような情景に社会の目が向き、そこから、東西合併後の28年間になされた旧東の女性の成長度に感嘆するとともに、その理由があれこれ探索されているのです。SEDの政策では男女平等が西よりも優れていたのだろうかとか、何処に旧東の女性成長の原因があるのかとその詮索が色々と耳に入ってきます。興味のあることなので少しお伝えしてみます。
 戦後、共産圏になった東ドイツでは、SEDレジームで、いわば独裁政治が行われていたわけですが、戦争で男性の数が減っていたため、国の再建のための経済上に女性の労力が必要だったわけです。そこで女性の殆どが働くことを要求されたのです。そして家庭を持ち、育児も同時に要求されました。全日働いて育児、家事、社会事業への参加が義務だったようです。その頃の女性の生活は重労働だったと想像出来ます。当事者の女性たちも、このような生活を、党から国のドクトリンとして強制されたと云っています。男女平等という名目はあっても、女性が企業の中で上役になることは出来なかったし、党 でも、政治をしていたのは男性だけで、女性を仲間に入れることなどは考えられてもいなかった、ということです。
 このような過酷な生活に長く耐えてきた女性たちは、合併後に来た困難、例えば失業など、に対して男性よりも、自己保存に立ち向かう底力を持っていたということです。そして、より良い社会を作り出すのは自分たちだとの信念を持っていたので(持たされたともいえる)、それが今、実を結んだのだというのが彼女等の意見のようです。


 今は世界中で女性の社会への進出が叫ばれていますが、育児、家事などとの両立問題解決が二の次というのが気にかかります。その点ではSED 政権の託児施設設定は優れていたようです。現在の託児所調査でも、西では27%の子どもに席が用意されているのに対して、東では52%の子どもに席があるということです。




aokijuku at 01:00|この記事のみを表示コメント(0)

2017年10月28日

ビュッケブルグ歳時記 165

周りを見渡すと


 先週末、2人の女性と一人の男性とでブランチ会を開きました。この3人はもう30年も前になる市民学校のイタリヤ語講習を受けていた仲間なのです。講習を受けていた3年間ほどは、講義の後、時折、アナマリア先生を含めた数人でクナイペ(居酒屋)に行ったり、家に招いたりしていました。この習慣が、時には長い空間を置いたりしながらも今まで続いてきたわけなのです。ア.先生は事情で最近イタリヤに戻ってしまったため、残念ながら、今回も以後も欠席となります。


 ブランチ会の模様を大ざっぱにお伝えしてみます。
 出席の男性は、アメリカ黒人の父親とドイツ人の母親間の子どもで、今年62歳になるカークで、職業は弁護士です。彼は、この8年間は、この地方の赤十字社の総監督役をしていたのですが、カークの言い分では単なるモビングから退職のはめとなったのです。しかし裁判の結果は彼の正当さが認められ、合法的にまた弁護士にサバイバルしたという職歴です。この間の事情は地方新聞でも大きく取り上げられていました。
 カーリンとアネグレートの2人はすでに退職して、主婦業にある人達です。
カークと女性たちは3年以上の空間の後の再会であったので、会の最初はカークの赤十字社退職事情に話題が集まり、この一事だけに占領されていました。


 その後、やはり話題は難民問題に移り、カークとカーリンは数人の未成年難民者の保護監督役に就いていることを知りました。 
 カークの外貌は全くの黒人とのハーフです。彼に、外国人としてみられてイヤな思いをしたことがあるかと訊くと、5歳で弟と米国から祖父母の下に帰ってきた彼は、ドイツ人として成長しているので、また余り繊細さを持たない性格のせいか、外部からの攻撃に対してこだわりの無い処理法に長けているような感じの返事でした。例えば学生時代に下宿を探して、外国人には貸さないと拒否されても、それを受け流すことができるような感じです。今回のモビングも、肌の色が関係しているかもという見方は、全く法外な憶測であるようにも感じられます。このような外界に対する動揺しない精神というか、性格のタフさを持つことも生き方の一方法だとも思いました。そして外国人の容姿を持っていることが、外国人の立場をより良く理解できるとは云えないことも知りました。いろいろな所で、異民族の共存の困難さを見せつけられるのです。


 女性2人が帰った後、カークはもうしばらく居ても良いかと訊くので、OKしました。それからの話は彼の女性問題でした。2回の離婚の後、私の知る限り2人の女性と同棲していたのです。そして今は11歳年下のウルリケと一緒にいるそうです。60を超えた年齢からも、彼女との関係が末永く続くことを彼自身も願っていると思われます。前記のように、何事も大ざっぱに受け流す彼の性格から、相手のことを考えることが少ないのかもとの印象があったので、今回の赤十字免職事件にかけて、少し出過ぎかなとの気持ちを脇にどけ、人との生活は、人のことを考えないと全うできないことだと思うと、おセッキョウをしておきました。赤十字勤務で、弁護士生活には無い、普通のサラリーマンが置かれているグループ社会生活を経験出来たのだから、私生活でもそこで学んだことを活かすようにしたらと意見したのです。しばしの沈黙がありました。そして「ありがとう、イク。今日は楽しかった」といって帰ってゆきました。


 最後に、日曜日に載った河辺さんのブログに御礼を申し上げます。
実は、コミュニケーションという言葉がよく理解出来ていないわたしなのですが、偶然、先週の会を考えると、言葉で私の意見を伝えて、もしかしたらその応答があるかもしれないと思う時、これでコミュニケーションの一片を実行したのかもしれないと思うと嬉しくなるのです。




aokijuku at 01:00|この記事のみを表示コメント(0)

2017年10月14日

ビュッケブルグ歳時記 164

周りを見渡すと


 既に、近所の外国人住人、仕事関係のロシア帰化人アナについてはお知らせしましたが、今回は、今までに教えた生徒の中にいる(た)移住民子ども達についてお話ししたいと思います。


 と言っても、わたしにとっては、数年前からのシリアやアフガニスタンからの戦場難民問題が持ち上がって以来、移住民についての認識を強いられるようになったというのが実情なのです。ドイツには様々な国からの移住民が多いということも、改めて思い知らされたことです。それまでは、習いに来る子ども達の中に名前とか様子とかがドイツの子ども達とは違う事は感じ取り、出身国を質したりしていたのです。ただ、小学校2年生以上でピアノを習いにくる子ども達は、この地で生まれたか、ごく幼少の時に家族で移住をしたという環境が多いので、ドイツ語に支障を持たないということも、外国人という意識を持たされない理由だったかとも思えます。このように、外国人でも何の差異感も持たずにレッスンをしてきたわけです。


 もう20年前になりますが、兄弟で入ってきた生徒がありました。兄のヤコブは数年でアビテュアー(高校卒業大学入学資格試験)の年になり、その準備のためにピアノは止めました。そしてその年の卒業生総代となり、あの当時は未だあった学校からの3万マルクの賞金を授けられました。その後は、これも未だあった義務兵役を終了し、ハンブルグの、ドイツでは異例の、私立大学で法律を勉強、博士号を取り、現在は大手の会社の弁護士をしています。
 7歳年下のマークスは小学2年生から、ニュルンベルグ大学の歯科入学まで、ピアノを続けました。最後のレッスンに、「僕は、盲腸の手術の時、1回休んだだけで後は皆勤だった」と云いました。云われた先生のわたしが驚くとともに、大喜びをしたという愛弟子です。そういえば、何かの都合、例えばレッスン場の学校の都合などでレッスンが出来ない場合は、両親から「お宅でしていただけないでしょうか」との丁寧な依頼があり、家庭を知るのも良いかとの思いから、送り迎えの両親共々の機会が数回あったことも思い出します。両親は二人とも医者です。
 

 この折りに両親が「私たちは共産主義で灰色の祖国を捨て、自由とより良い生活を求めて、生まれたばかりのヤコブだけを連れてドイツに来た。その他には本当に何も持たなかった。一生懸命働いて今の地位を築き上げた」と云っていたのを思い出すとき、この言葉の持つ本当の意味を今はわたしも少し理解出来ると思うのです。
 理由は、ベルリンに住む一女性ポーランドジャーナリストの本を読んで、1989年をピークとするポーランドからの移住民の在り方を知ったからです。
「我ら、努力家の移民者」というタイトルからも読み取れると思いますが、ドイツで受け入れられる移住者になろうとする努力と、その裏にはドイツ人には負けないという野心も見逃してはならないと読み取れるわけです。
 マークスは今、ライプチッヒで歯科医をしていますが、この兄弟は今でも、何かの機会があると私を訪ねてくれます。ある時、ヤコブが話してくれた彼の今後の生活についての話をご紹介します。「僕が結婚した時には、姓名を彼女の(ドイツ人であることが前提)ものにして、その代償として、子どもの宗教教育(ポーランドは厳正なカトリック)は彼女の望む通りにする積もりだ」
 姓名をドイツ名にするのは弁護士のような職種では、外国名、特にポーランド名ではよい?!クリエントが来ないから、というわけです。両親の話も、ヤコブの話も、何の気も無しに聞いていました。移民となった人達にはこのような悩みがあるなどとは思っても見なかったことです。


 今ではドイツ化したポーランドからの移住者は2百万人以上ということです。
いろいろな国の国民が共存するためには、来る者と、それを受け入れる者との間に深い事情があり、それを克服するためには双方の、非常な努力が必要なことを知らされるこの頃です。


 



aokijuku at 00:32|この記事のみを表示コメント(0)
最新コメント