【ドイツ在住ピアニスト】

2017年10月14日

ビュッケブルグ歳時記 164

周りを見渡すと


 既に、近所の外国人住人、仕事関係のロシア帰化人アナについてはお知らせしましたが、今回は、今までに教えた生徒の中にいる(た)移住民子ども達についてお話ししたいと思います。


 と言っても、わたしにとっては、数年前からのシリアやアフガニスタンからの戦場難民問題が持ち上がって以来、移住民についての認識を強いられるようになったというのが実情なのです。ドイツには様々な国からの移住民が多いということも、改めて思い知らされたことです。それまでは、習いに来る子ども達の中に名前とか様子とかがドイツの子ども達とは違う事は感じ取り、出身国を質したりしていたのです。ただ、小学校2年生以上でピアノを習いにくる子ども達は、この地で生まれたか、ごく幼少の時に家族で移住をしたという環境が多いので、ドイツ語に支障を持たないということも、外国人という意識を持たされない理由だったかとも思えます。このように、外国人でも何の差異感も持たずにレッスンをしてきたわけです。


 もう20年前になりますが、兄弟で入ってきた生徒がありました。兄のヤコブは数年でアビテュアー(高校卒業大学入学資格試験)の年になり、その準備のためにピアノは止めました。そしてその年の卒業生総代となり、あの当時は未だあった学校からの3万マルクの賞金を授けられました。その後は、これも未だあった義務兵役を終了し、ハンブルグの、ドイツでは異例の、私立大学で法律を勉強、博士号を取り、現在は大手の会社の弁護士をしています。
 7歳年下のマークスは小学2年生から、ニュルンベルグ大学の歯科入学まで、ピアノを続けました。最後のレッスンに、「僕は、盲腸の手術の時、1回休んだだけで後は皆勤だった」と云いました。云われた先生のわたしが驚くとともに、大喜びをしたという愛弟子です。そういえば、何かの都合、例えばレッスン場の学校の都合などでレッスンが出来ない場合は、両親から「お宅でしていただけないでしょうか」との丁寧な依頼があり、家庭を知るのも良いかとの思いから、送り迎えの両親共々の機会が数回あったことも思い出します。両親は二人とも医者です。
 

 この折りに両親が「私たちは共産主義で灰色の祖国を捨て、自由とより良い生活を求めて、生まれたばかりのヤコブだけを連れてドイツに来た。その他には本当に何も持たなかった。一生懸命働いて今の地位を築き上げた」と云っていたのを思い出すとき、この言葉の持つ本当の意味を今はわたしも少し理解出来ると思うのです。
 理由は、ベルリンに住む一女性ポーランドジャーナリストの本を読んで、1989年をピークとするポーランドからの移住民の在り方を知ったからです。
「我ら、努力家の移民者」というタイトルからも読み取れると思いますが、ドイツで受け入れられる移住者になろうとする努力と、その裏にはドイツ人には負けないという野心も見逃してはならないと読み取れるわけです。
 マークスは今、ライプチッヒで歯科医をしていますが、この兄弟は今でも、何かの機会があると私を訪ねてくれます。ある時、ヤコブが話してくれた彼の今後の生活についての話をご紹介します。「僕が結婚した時には、姓名を彼女の(ドイツ人であることが前提)ものにして、その代償として、子どもの宗教教育(ポーランドは厳正なカトリック)は彼女の望む通りにする積もりだ」
 姓名をドイツ名にするのは弁護士のような職種では、外国名、特にポーランド名ではよい?!クリエントが来ないから、というわけです。両親の話も、ヤコブの話も、何の気も無しに聞いていました。移民となった人達にはこのような悩みがあるなどとは思っても見なかったことです。


 今ではドイツ化したポーランドからの移住者は2百万人以上ということです。
いろいろな国の国民が共存するためには、来る者と、それを受け入れる者との間に深い事情があり、それを克服するためには双方の、非常な努力が必要なことを知らされるこの頃です。


 



aokijuku at 00:32|この記事のみを表示コメント(0)

2017年09月23日

ビュッケブルグ歳時記 163

腑に落ちない事ごと  2


 選挙まで後1週間となり、今、この国の社会はそれぞれの党の政策宣伝で溢れています。その中で、月始めから、先週まであったTVでの4回にわたる「市民と党首の質問討議会」は興味のある番組でした。選出された市民は、18歳から上限のない男女で、質疑応答の課題は、現在問題となっている事柄、例えば、年金問題、介護課題、格差とそこから来る貧困児童問題など、多くの人が持っていると思われるこれ等の問題に対する政策を、メルケルCDUと、SPDシュルツ党首に問いただす形式です。この2人が、それぞれ1時間45分の時間に、質問に対する党及び党首の意向を主張説明するのです。


 このような番組で一番興味を持ったのが、初めて選挙権を持つ18歳の若い人達の意見主張でした。4回とも最初に選挙を経験する人達が招待されていました。
 病院で看護士をしている一人の青年の、今のままの状態ではある日、看護体制が破壊するのは目に見えている、それに対してどのような解決策を考えているかとの問いには、満場の賛成拍手がありました。現在の看護士体制では、一人の看護士の受け持たなければならない病人、障害者、老人の数が多過ぎて仕事を全う出来ないだけではなく、投げ出して止める人が多い。これは看護人に対する待遇が少しも改良されていないことによる、など、自分の経験からの質問には真実性がありました。病院での看護と、老人ホームなどでの看護とには違いがあることも、この討論会で知ったことです。又、東ヨーロッパ人の援助をアプローチする計画も早期確立が望まれていました。 
 その他、女子大学生の「自分達が職業に就いて支払う年金が、自分達が年金者になった時、支払われる確証はあるか」などの質問がありました。 


 この国の18歳は、学生ではなく既に職業に就いている若者が多いことが、このような現実の基づいた自分の意見を持つようになる原因だと思われますが、そこに足したいのが、若者と政治の近さです。
 いつも同じことになりますが、この国では政治が市民に近いのです。政治は市民がすると云っても間違いではないのです。
 家庭、学校、社会で政治について話すことが自由だからかと思われます。


 標題の、腑に落ちない事がここにあるのです。
 まず、選挙年齢低下で18歳から選挙に行かせるという根拠は何処から来るのでしょうか。年齢低下は、政治教育が改良されて、若い人達が自由に政治を語り合えるようになってからなされるべきではないでしょうか。今の選挙年齢低下は段階違いに思えます。
 そして、文部省が政治教育をどのように考えているかも不明です。
「話し合いの技術を学校で鍛えて」「18歳選挙権に戸惑っています」「義務教育で政治を考えさせて。誰でもいいから投票するのではなく、これからの日本をきちんと考えた上で、代表を選びたい」「学校を政治を自由に語れる場にして」
 このように日本の若い人達が考えていることを知ることはとても嬉しいことです。このような教育体制が具体的になるのを若い人達は望んでいるのです。
 話し合うことと、政治教育という二つの核をきちんと整えてから、選挙年齢低下があるべきと思うのです。




aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2017年09月09日

ビュッケブルグ歳時記 162

腑に落ちない事ごと  1.


 この国では9月が入学月です。学校が始まって、日に焼けた肌に産毛を金色に輝かせながら、6週間の夏休みをそれぞれに満喫したーーこの”満喫”に下印をつけますーー子ども達が話してくれる体験談は、臨場感に満ちて、私もしばし海辺に、山辺に佇まされる感じです。
 日本でも、夏休みが生徒の一番長い休みであることは同じです。両国での違いは宿題の有無です。ここで下線を付けた”満喫”を思い出していただきたいのです。
この国の学校では休みは休みで、宿題が出ないのです。ですから、生徒は6週間の休みを100%謳歌出来るわけです。


 昨年の日本の新聞で、2000年頃に始まったゆとり教育を止めるとの記事を読みました。学力低下が理由でした。
 ここで、腑に落ちない 感じを持ったのです。
 詰め込み教育といわれる、向き合い(教師と生徒の)授業の改善のために、また
いじめ、不登校、落ちこぼれ、校内暴力などに対策するために、との理由で始められたこの教育法を、成績結果が下がるという理由で止めてしまうという、文部省の意向が腑に落ちないのです。ここに示された、詰め込み教育是正と校内生活改良のためとの2つの目的には2つの思考点があるのではないでしょうか。
 授業時間数を少なくするとか、学習内容を減らすなどは、生徒に学校生活にゆとりを与える事項だと思います。ただこれは、学校の定義を知識集積地とした場合にだけ当てはまることです。詰め込み教育を是正したい理由でゆとり教育を決定したのなら、学力低下を理由に中止することに納得出来ます。だた、学力向上教育とゆとり教育の間にある矛盾に、なぜ事前に気が付かなかったのかと疑問になるのです。OECDの調査結果を上位に留めることが目的の場合は、ゆとり教育の必要は無いわけです。
 そこから学校というものの在り方を改めて考える必要があるように思えるのです。良い成績を取って、名のある大学に入る生徒を多く出すことが学校の在り方なのか。学業習得の傍ら、良い社会人となる準備基地と考えるか。
 今、文部省が唱えている脱ゆとり教育とは「確かな学力」「豊かな人間性」「健康体力」を兼ね備えた「生きる力」を育むための教育とは、素晴らしい教育目的で、学校を良い社会人となるための教育場と考えているととれます。このためにはゆとり教育が良い方法に思えます。それなのに中止ということが腑に落ちないのです。
 きちんとした、経過まで見通せる計画案を作って、教育場に指令するのが、責任のある政策ではないでしょうか。やってみて、ダメだから止めるという政策では、生徒も、教師も、保護者も戸惑うばかりのような気がします。


 ここで、例えば、時間数、学習内容量などは既存のまま、ただ、夏休み宿題無しというスローガンで、子ども達に自由な時間のゆとりを与えてみては、という案が浮かぶのです。ある一時期、学業に縛られないという開放感が、生徒の学校感にゆとりを与えるのでは、と思うのです。
 夏休みの終わった2学期には、生徒の自殺数が増えるという記事を読みました。つい最近も2件が記事として載っていたのを覚えています。

 最近、部活動云々の記事も読みました。教育活動の域を超えて、競争の世界になりつつあるとの意見を読むと、「宿題無しの夏休み案」がまた浮かびます。この案実施からは義務教育内の子ども達それぞれが何らかの感知を受けると思うのです。 
  
 学校にまつわる競争場から得ることがある子、宿題なしの解放自由から何かを得る子と、各々が違っても、得るものにそれなりの価値があるように思われるのですが。
 



aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2017年08月26日

ビュッケブルグ歳時記 161

周りを見渡すと


 今回は同僚のアナのことをお伝えしたいと思います。
 彼女は、先回で触れた Russlanddeutsch といわれるロシアからの引揚者です。
26年前に、10歳の娘を連れて、頼る人もいないドイツに来て、幼稚園の先生になる教育を受け、いまは全日制の小学校で、午後、生徒の世話する職に就いている
56歳になる女性です。


 ここで、”引き揚げロシアドイツ人”について、大ざっぱな様相を知っていただきたいと思います。
 大昔、1200年頃からロシアではヨーロッパの発展した国から人を呼んで、自国の進展を計っていたということです。宗教の自由を認め、ドイツ語使用も可、税金免除、軍務無しなど、受け入れ条件は誘惑大で、多くの知識人が移住したということです。そして、1700年頃にペータース大王がとったこの政策の生き印として残っているのが、現在でも栄華を誇るペータースブルグ市ということです。この都市はドイツ人が造ったと云われています。
 時とともにドイツ崇拝感情が徐々にドイツ敵視となり、2百万人以上になっていた移住者の苦難の時代となるのです。昔のようにその人の持つ職業に就くことは廃止され、ボルガ河畔とか黒海付近やカザスタン地方で農業に就かされ、自分の土地を持つことも許されず、昔と反対にロシア人の下で小作人として働かされることになったのです。第一次大戦では背信者で内敵と云われながらロシア兵として参戦しなければならなかったそうです。1941年にロシアに攻め入ったナチス時代の、移住者に対する仕打ちは云うまでもないと思います。その頃のドイツ移民者の兵隊は除名され、シベリアで強制労働に就かされたということです。


 このようにロシアでは、ドイツ敵視が始まった頃から今まで、ドイツ先祖を持つ人達は、住む所の人達から敵視され続けて来たようです。アナも住む所が何処であっても、ロシアの人から好意を受けたことは一度も無かった、何時も意地悪をされたと云っています。彼女の子ども時代はキルギスタンに住んでいたそうですが、ロシアは、私たち移民を人間の壁として、責めて来る敵に対する擁壁とする気だったのだと云っています。父親からは、ロシア人とだけは結婚してはならないと云われ続けたそうです。このような世界から逃れたい一心でドイツ帰国を果たしたわけです。何処かにドイツ族の証明がある人の帰国は認められ、現在では5百万人が引き揚げて来たようです。

 引き揚げ収容所の数ヶ月の後、ミンデンにアパートを見つけ、先ず、ドイツ語を
磨き、ロシアでも、両親がドイツ種族のため家の中では使っていたそうですが、その後、幼稚園教諭資格取りの勉強をして今の職に就いたのです。その間に、両親を呼び寄せています。ロシアで働いていた両親には年金があるようです。

 このように、帰国後の26年間を自分一人で、責任を持ってやってきた人です。ただ、可哀想だと思わざるを得ないのが、今のドイツでもアクセントから直ぐロシア帰国者と判り、蔑視されると嘆いていることです。世話をしている生徒の母親の中にも心ない人が居るようです。また、教師の中にあるヒラルキー(教階)意識にも悲しい思いをすると云っています。どこに行っても差別感がつきまとってきて安堵することが出来ない。娘と二人、私たちの故郷は何処にあるのだろうと、話し合っているのよ、と云うのを聞くと慰めの言葉が見付かりません。




aokijuku at 10:40|この記事のみを表示コメント(0)

2017年08月12日

ビュッケブルグ歳時記 160

周りを見渡すと


 ふと気付いたことがあります。
 この地ーー1300年頃からの歴史を持つ、君主の居城のある、田舎の小都市での私の生活にはドイツ人だけではなく外国人との接触がけっこう多いということです。見回す隣近所には、様々な国の人達が住んでいるのです。数えて見ると、お隣はポーランドからの移住者、お向かいにはつい最近引っ越してきたスペイン人家族、その向こうには、Russland-Deutschと呼ばれる、大昔にドイツからロシアへ移住した民の子孫で、大戦後、ドイツに引き上げてきた引き上げ帰国者の数軒があり、それに、これは既述のシリアとコソボからの難民フッサムさん夫婦などです。
 教えに行っている学校でも教師の数人はロシア帰国者です。トルコ人の先生も一人います。そして午後からの教育保護者の大部分はギリシャ、イタリー、トルコなどの外国人です。ただ、この職業に就いている若い年代の人達は、両親が、外国者労働力導入時代にこの地に来た人達の子孫なので、ドイツ生まれで、ドイツの学校を出ているという点が少し違っています。この人達は、一応、ドイツ語に不自由がないということです。
 

 前置きはこの辺で止め、今日はお隣のポーランド家族のことをお伝えしてみます。ご主人は35歳で、工業機械の組立が職業なので、職場が全国に渡るため、場合によっては2、3週間留守になることもあるようです。奥さんは美容師で、自己経営をしています。6歳になるアレクサンドラは、先週、小学生になりました。
 半年前に引っ越してきたのですが、とても働き者という印象を受けます。ご主人は、出張の無い時は、勤めから帰ると直ぐ庭に出て庭仕事に励むのです。えっ、又といぶかるくらい芝刈りをします。わたしが、会社での仕事の後、又働くのは大変でしょうと云うと、気分転換になる、という返事がかえってきます。 そして、前の居住者が植えたいろいろな木を、半年間でほとんど伐ってしまいました。残っているのは塀の前に並んでいる数十本のヒノキの木なのですが、これも秋には全部切伐するそうです。そしてその後には、こちらで高床畑といわれる、板で作った脚のついた台床に、土を入れたものを3台作って、野菜を栽培するとのことです。この高床畑は地上ではないので、人参や大根などの地下育ちの野菜は土の中の虫に食われることがないので、一寸羨ましくなります。
 言葉数の少ない人なのですが、とても親切で、私宅の責任の垣根刈りもいつの間にかしておいてくれるのです。昔の居住者にはなかった親切です。そして、PCや電話器などのトラブルも、あれば見てあげると云ってくれています。
 奥さんは若さに輝いている人です。ポーランドとロシアの家族では、女性が美しく着飾るのが伝統だという話は、この地では有名です。生活を上回る着飾りをするということも聞きます。お隣の奥さんは良い意味できれいに装っています。
 この間は、ポーランド製の焼きソーセージをご馳走になりました。やはりドイツのとは違って、生地に特性があるのか濃厚でしっかりした味がしました。寒い風土向けなのかもしれません。違う味を味わせてくれたことに感謝しました。


 あるポーランド人ジャーナリストの書いた本には、ポーランド人は昔からドイツの良い移住者になろうと非常な努力をして、苦労をしてきた、とあります。人前ではポーランド語も話さないような。この裏にはポーランドを差別視するドイツの眼があるように思われます。
 外国人との接触が多いということから学んだのは、差別視の非について考えさせられたことです。多くの国が居並ぶ大陸であるからこそ出来る経験から、です。



aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)
最新コメント