【ドイツ在住ピアニスト】

2020年03月28日

ビュッケブルグ歳時記 223

コロナ災害をめぐって・・・

 前回のブログでは措置の薄いドイツのコロナ状況をお伝えしたのですが、その直後にはイタリアでの状況に影響されたのか、この国でも政府の対策が驚くほど活発になり、市民への呼びかけも徹底したものとなりました。

 連邦制度のこの国では教育もその州によって異なり、フランスとの国境に近い州では既に学校閉鎖が行われていたのですが、メルケル首相の「団結」強調に同意したこともあるのか、全国での4月末までの学校閉鎖が発表されました。勿論、学校以上の教育機関、専門学校や大学も休講です。

 そして感染者を少なくするために、社会的コミュニケーションを控えるようにとの告知もありました。この「社会的コミュニケーション」とは、人と人の接触を意味し、要するに、感染速度が落ちるまでは、家族以外の人と会って話すなどの付き合いは止めるようにとの通告です。それが仲の良い友達あっても、近くには寄らず、例えば二人で歩くときの間隔は最低1.5メートルとするなどもこの中に入ります。
 感染者低下には、要するに感染者と健康人の接触を極力少なくすることにあり、そこから他人同士の出会いを少なくする事で、外出を極力しないようとの告知も出ています。バイエルン州では例外を除いては禁止令が出ていると思います。
 このため、太陽の出た日の公園での日光浴とか、街角のアイス店での野外おしゃべり会は全面的に禁止されました。もちろん、夜の居酒屋ビール飲みも、デイスコ訪問もです。コロナは若い人には軽症という事で、これらの掟を守らない若者が多かったためか、初めは警察車の巡回も多くみられたのですが、今は市民に「団結協力」が徹底してきています。例外の店を除いては、営業禁止の店も多くなり、わたしの住む小都市の昼間の街並は閑散として不気味なほどです。
 ベルリンのような大都市では、バスや電車は相変わらず通勤者でいっぱいのようですが、道路を走る車の数は目に見えて減っているとのことです。  

 このように一般市民の協力努力が求められているコロナ恐怖症のようなドイツの毎日なのですが、自由を拘束される環境の中から少しでも次の発展に役立つものをという発展心が見えるような新聞記事が目に止まりましたのでお知らせしてみます。
 「コロナ騒動ーー教育のデジタル化への督促」が見出しです。
「百万人の生徒が現在、通学禁止になっている。家で学べるのは教育がデジタル化されていればの話で、残念ながら我が国はこの点では非常に遅れている。中国で見学した読み書きの時間では、生徒各自がスキャナー機で、書き方を習い、間違えを直されていた。その他、地理の授業では教科書ではなくスクリーンに映る写真で世界中を旅していた。ここで重要なのは「学ぶ」ということの形態を新しくする、という感覚をまず、教師にも生徒にも父兄にも行き渡らせることである。例えば、interaktive 学習ヴィデオなどは、教師と生徒間の感覚改良などに非常に役立つものと思われる。だが、このような新しい教育法を現実の教室に持ち込むまでには長い時間がかかるだろう。先ず、infrastruktur{下部構造)の設立を急ぐべきだし、教師たちのデジタル教育者としての感覚改良にも力を入れる必要がある。
 この数年のOECDの学力検査の結果では我が国の生徒の成績は下がる一方である。知識集積の教育を良しとしない方針には、「新しい教育の形」の設立を急ぐことが重要ではないか。そうでなければ我が国の教育の行方はどうなるのか」

 もう一つ、経験した小さな助け合い協力精神をお知らせします。
 隣組の若い主婦の奥さんたちから「これからスーパーに出掛けるのだけれど、買い忘れたものとか、何か欲しいものがあったらついでに買ってきてあげますよ」との電話が二回あったのです。彼女たちより年上のわたしの外出を気使っての電話に、春先の冷たい風を押しのけて、体に暖かい太陽光線が届いたような気になりました。


aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2020年03月14日

ビュッケブルグ歳時記 222

コロナ・ヴィールス


 日本よりもずいぶん遅れて、イタリーでの蔓延をきっかけにこの国でもコロナ病源病がエピデミー(流行病)として取り上げられ、様々なニュースが公開されることになった今日この頃です。

 昨夜のニュースでは全国で約千人強が感染の疑いがある者として数えられ、死者は3名と伝えられました。わたしの住む州では今までに一人の老女性が感染の疑いがあるという現状からか、握手をするとか、公衆建物の扉の取手には触れるなとかの、注意事項は発表されているのですが、知人との挨拶の握手や、親しい友人たちの間での挨拶抱擁は「してはいけなのかもしれないけれど・・・」との笑いと共に行われているのが現状です。
 この現状に輪をかけているのが、「家庭医はこの事態に対して政府から置き去りにされているように感じる」との地方紙にある記事で、家庭医には必要とする防護服も、一度使用で破棄すべき手袋も、マスクも十分に配当されていない、との記事や、感染を疑う患者の診察鑑定所が、地方によっては未定であったり、そのため様々な診察所を回り歩く結果になるなどの記事は、市民に事態の緊急さを伝えていないような感じがあるのです。なんとなく「まだ身近ではない」という感じが強いのです。
 感染者の出た地域では、学校は閉鎖になっていますがその他の地域では幼稚園、学校、大学などの閉鎖は行われていません。
 千人以上が集まる集会やスポーツ事業の開閉如何は、その施行者に委ねるというのが今日までの事態です。

 これに反して新聞紙上やトーク・ショウなどで多く取り上げられているのが、
「コロナ・ヴィールスは世界経済に感染を振りまいている」です。世界より先に「ドイツ経済を不景気にする」として、政府は早急に政治経済企画を作成し、4月半ばのイースターまでに可決をとの要求が強く出ています。
 障害の大きい部門の例としては:
1. 世界最大の観光事業社ITAは54年以来初めて「旅行展示会」の開催中止を決定 
2. 航空事業。イスラエル航空では短縮労働となり、英国Flybe社は破産宣言 
3. 薬品関係。中国は薬品に生産国としては最前線をゆく国で、 どの薬品にも含まれるAPI が生産されなく
  なると痛み止め、甲状腺薬の上で世界的な障害が予想される 
4. 機械製造界 中独国間の接触は密なので両国にとって不利 
5. 自動車工業 今までのところ障害は顕著ではないが、中国から送られてくる部品が上陸を許可されない
  場合の障害は大きい、

などです。それに株価の暴落は世界中で起こっていることで、日本でも案じられている事と思います。

 このようなことを読んだ時、浮かんだのは、コロナヴィールスは兵器かもしれないという考えです。以前にエイズが流行った時、2次対戦中に兵器として作られていた病菌がアフリカのどこかで漏れた、との流言飛語を思い出した事と、昔々のペスト流行のことから出た考えだと思いますが、株価の騒動を聞かされると、経済戦争を目論んだ世界中へのヴィールスによる警告かもしれないと思ったのかもしれません。この考えは、もちろん話した友人たちに即刻、否定されましたが。

 ただ、もう一つ浮かんだ考えを読んでいただきたいと思います。
 世界へのコロナヴィールスの挑戦は、地球を今のように不健康にしてしまった私たち人間への警告挑戦かもしれないという、サイエンス・フィクション的な考えです。長い間、地球の温暖化が云々されていますがいまだにその成果は現れていないとか、プラステイックごみの行方や、デジタル化された社会の行方などです。

 これまでコメントを控えていたメルケル首相が昨夜、コロナ対策会議の後、自身の考えとして「この問題は一致団結と、理性と、心情で解決しなければならない」とのコメントを発表したのです。このコメントを聞いたときには、「具体性がなくてわからない」と思ったのですが、よく考えてみると、経済界を襲う病菌をいかに扱うかに対する抽象的ではあるが当てはまったコメントかもしれないと気づいたのです。


 私感が多すぎるブログになったかも知れませんがお許しください。


aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2020年02月22日

ビュッケブルグ歳時記 221

Schluss(終わり)、Ende(最後)、Vorbei(過ぎ去った)

 これは2月15日の新聞の注視点欄の表題です。これが今世界の恐怖になっているコロナヴィールスに対する終局コメントであれば良いのですが、残念ながらそうではなく、対象は今この国の市民を驚かしている3つの”引退”事件なのです。

 第一は、CDUキリスト教民衆同盟党の党首であるAk-K(長すぎる名前のため、縮小形で呼ばれることが多い)女史。第二はカトリック教派の最高顧問のM.司祭。
第三はベルリンのヘルタ・サッカー団のトレーナー K. 氏の引退です。

 順を追ってお知らせしてみます。
 月始めに行われた旧東のテュウリンゲン州の選挙の結果は、ダム崩壊のような事件になってしまったのです。この州はペギダ・グループで反難民デモをしたり、
AfD(ドイツのための選択肢党)を支持する州民が多い、一言で言うと東西合併に
満足していない州のような感じが強いのです。今まではLinke (左党)のR 氏がうまく政治をしていたのですが、今回の選挙の開票結果で議員長を決める段階になった時、赤( SPD)ー赤(Linke 左党)ーみどりの党 の3党連合をしても議員長になるためには3票が不足となったのです。そして2回目の議長決めにはAfD から立候補が出ての選挙になったのですが、R. 氏の票はここでも足りませんでした。そして3回目の選挙となった時に、FDP (自由民主党)からもう一人 K. 氏が立候補したのです。そして開票の結果はK. 氏が議員長となったのです。ただこの事実はAfDの議員は、自分の党の候補者に票を入れず、FDP候補者に票を入れたということになる(そう)です。政権獲得のための汚いやり方なわけです。
 そして CDU議員*も、 FDP議員もこれに同意し、K. 氏の議員長承諾宣言となり、これが騒動を巻き起こす原因となったのです。というのはCDU もFDP も民主主義政治の党であるのに、AfD という最右翼の、テュウリンゲン州ではナチ党であるとみなされる党と連合して政治をするつもりなのかとの両党に対する政治方針が問われることとなり、その結果は、選出された議員長 K. 氏の引退となり、再選挙となりました。
 ここで問題になるのが*印の同意で、州の議員だけでなく、西側の最大党CDUの役議員も同意したことは党としての自覚が足りないとされ、メルケル首相から譲られたCDU党首席にあったAKーK氏の党に対する引率力不足が指摘されて、彼女の引退となったのです。今後は彼女は軍事大臣だけとなるわけです。
 この引退事件はいろいろなことを含んでいることに気づきます。
 全く違った思想の二つの世界をある日統合することの難しさや、統率者のもつ引率力や責任感の重大さなどです。
 わたしにとって初めてだったのは、ナチ党はこの国には存在しない、させない、ということでした。AfDという党が最右翼の党で、他国排斥で自己重大視の党だとは思っていたのですが、今回の事件で、AfD党がはっきりナチ党と決まっている場合は、断固として受け入れないということを学びました。2次大戦での過ちを再現しないために警戒線が常に厳しく引かれているわけです。

 2月半ばにフランクフルトで行われていたカトリック派改革会議の真っ最中に、
議事長であり、6年間教皇の席にあったM. 司教が引退を表明したのです。
 現代は教訓の厳しいカトリック派の改革が強く叫ばれています。女性の聖職位
任命権許可、Zolibat と呼ばれるカトリック聖職者の独身制の緩和などが要求されているのですが、今までの法王に比べて近代的と考えられているバチカンのフランテイスクス法王も、これらの改革には積極性を示さないということです。
 教義を固く守る旧派カトリックの改革にサジを投げたような教皇引退は市民を驚かせたショック引退です。

 サッカーが国民スポーツのこの国では、リーグの成績結果は重大事です。ベルリン・ヘルタ団の振るわない成績のため、昨年からこの国が誇りとするクリンツマン
がアメリカから呼ばれてトレーナーになっていたのです。この招聘には80Million ユーロがかかったということです。その彼が、突然引退を発表し、サッカー界を煙に巻いたのが第三の引退事件です。

 この3つの引退事件が今この国の人々の話題のトップにあるのです。
 第二と三はさておいて、第一の引退の後に来るドイツの政権変化が、EU 結束に
揺るぎを齎せないようにとの忠言は大切だと思います。


aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2020年02月08日

ビュッケブルグ歳時記 220

Stolperstein  つまずき(Stolper)の石 (Stein)

 今回は、ドイツを旅行中、ある街角でふとつまずきそうになった、どちらかといえば不愉快な経験をお持ちの方もあるかもしれないと思い、その「つまずききっかけ」を釈明するブログです。

 つまずく感じのあった足元の路上をよく見ると、約10cm四方の金属製の敷石が、ときには1個、ときには数個、道路にはめ込まれていて、平坦な道をさえぎる一見、邪魔な障害物に見えるのに気がつきます。頭を下げてよく見るとこの銘板は角は丸く削られ、路面と同じ高さなので障害物体ではないことがわかります。そしてこの表面の金属面には文字が記されているのに気がつくと思います。この Messing (黄銅、真鍮)製の敷石が、この国で「つまずきの石」(以下、Sー石)と呼ばれるものなのです。 

 このSー石の由来は次の通りです。
 1990年にケルン在住のG. Demnig という芸術家が、ユダヤ人だけではなく
1000人にのぼるSinti Roma と呼ばれる中欧ジプシー族も強制収容所行きになったことへの慰霊として、この銘板を作り、許可を受けずにケルンのある教会の前の歩道に埋めたことが始まりだとされています。そして2年後の1992年には、この案に深い印象を受ける人たちが増え、アウシュウィッツをはじめ、その他の収容所での犠牲者を対象とした慰霊板として、ドイツだけではなくオーストリア、ベルギー、仏、ポーランドなどの国でもこの慰霊石が使われるようになり、今では「ヨーロッパ最大の、分権化した警告記念碑」として存在し、2019年の終わりには7万4千の銘板が道路に埋め込まれたということです。

 試行者Gemnig 氏の意向は、「強制収容所に収容されたユダヤ人はナンバーを刺青され、ナンバーとしてしか存在を許されなかった。そのような悲惨な運命にあった人たちに人間としてのアイデンテイテイを返して、故郷での安眠を与えたい」と言っています。ですから「板の表面には通常、犠牲者の名前、生年月日、収容年月日、死亡日及び場所を記す」ということです。そして「道路にはめ込んだ後の安全を保つために、この板の角を丸く削った後、コンクリートの底深いブロックにはめ込むという工程が必要で、そこからこの黄色に光る真鍮のSー石を作るのは手作業となり、工費が高くなる。現在は彼ともう一人の職人の二人で制作している。一枚の価格は120ユーロで、この費用は方々の学校からの寄附金、エルサレムの団体からも、その他の団体からの寄付金などが主な基金となっている」また「ある生徒から、つまずくということは転ぶことで、良くないという意見もあったが、自分としてはこの石の持つ「転ぶ」の意味は、足が転ぶのではなく、頭と心で転ぶという意味にとってもらいたい。読むために頭を下げることはすでに鎮魂の意味であると思うので」との見解を述べています。 

 この国では毎年、1938年にシナゴーゲ(ユダヤ教の教会)やユダヤ人の持つ店々が焼き払われた11月9日が、ナチスのユダヤ人に対する政治的迫害日として記念日になっているのですが、この日には多くの社会人有志や生徒たちがそれぞれの地域にあるSー石を磨く姿が見られるのです。 

 このSー石慰霊に対しての批判もあるようです。
 前ユダヤ協会会長のK. 女史は「慰霊といって、結局足で踏みつけることになる」として反対意見ということです。
 また、日本製の Pokemon Go という玩具が、何らかの操作を真似使用したということで、製作者の方からの批判があるようです。

 わたしはちょうど、ある日何気なく本棚から抜いて読んでいた澤地 久枝著の「私のシベリヤ物語」が、大戦後、60万人の日本人が体験した極寒シベリヤ抑留についてだったこともあり、彼らへの慰霊が心に残ったブログになりました。


aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2020年01月25日

ビュッケブルグ歳時記 219

出現した奇妙な情景


 先週、首都ベルリンの街路は奇妙な様相を呈出しました。農業省の近くに400台に及ぶトラクターがビッシリと並び、トラクターの通路となる道路は普通の車は交通止めになっていました。
 そしてこのトラクター行列と、毎年ベルリンで開かれる「緑の週間」と呼ばれる、健康食を勧めるため会がある日、同じ日となったのです。
 この展示会は、土産の食物やチーズやビールを展示奨励した後、訪問者に味見をさせる産物展示及び試食会という、訪問者にとっては魅力的な会なのです。そこから「中はチーズとビール!外は百姓デモ!」という政治風刺とも見える奇妙な街路風景が出現したというわけです。
 「緑の週間」展示会には70以上の国がその国の代表となる産物を展示し、40万人ほどの訪問客があるということです。

 トラクター団出現の理由は、昨年9月に政府から出された「農業改正政策」に対しての反対デモなのです。ですからベルリンだけではなくその他の大都市を始め、小さな村からでも、新しく出された政策に反対の農業関係者は一団となって、徒歩では足りないとしてトラクター大軍・デモンストレーションとなったのです。

 新しく出された農業政策の主な項目は「動物と昆虫の保護」があげられ、殺虫剤として今まで農地で使われていた GLYPHOSATという薬の使用を2023までに完全禁止にする。この薬は草の中で生きる昆虫を殺し、人間には癌の病源をもたらすとされていることが大きな原因とされています。昨年あったドイツの製薬会社バイエルン社対米国のモンザント社との争いを思い出す方も多いと思います。また蜂の数をもっと多くするために努力するこの国の情景は、ブログでお知らせしたと思います。
 また肥料のやり方について出された制限にも誤算があり、政府のやり方は農業者にとって概算だけを言っているようで、抗議せずにはいられないとのデモへの意見もあるようです。このような農業を続けていれば、我が国の農産物は高額となり、南米からの輸出が多くなり、これは不健康な食物や遺伝因子改良植物が入ってくる可能性も強いことになるわけで、それでもよいのかなどを、日ごとに規模を大きくしている反対デモへの意見としてあげています。 

 食物の価格高価化には連邦食品農業大臣K . 氏(女性で、学生時代に「ドイツワインの女王」として選出された経験があるということです。実を言うと、すらりと、ファッションの洋服で装った綺麗な女性は農業大臣には似合わないような気が、わたしにはありますが?!))も考慮に入れているということです。ドイツ国民は一人当たり、一年に平均75キロの食物を必要とするので、生産物価が消費価格より低い場合などには、農業者の採算が合わないことにもなり、考えなければならないと言っています。
 またメルケル首相も「お百姓さんたちは社会的にとても重要な役目をしている人たちである」と発言し、農業改革は彼らの声を聞きつつ共に良い方向に向けたいとの意見のようです。
 これに対し、野党からはそれぞれの反対意見が出ているようです。例えばみどりの党は補助金の分配について、大企業農業と個人農業者への分配率を考えるべきであると指摘しています。

 「中と外が相い入れない奇妙な街頭情景」も消えた今、健康な地球上で健康な農業が営まれる国になってほしいと願いつつ・・・




aokijuku at 10:02|この記事のみを表示コメント(0)
月別の記事一覧
最新コメント