イク・リスマン

2019年01月26日

ビュッケブルグ歳時記 195

素晴らしい若い人達 2                                  

 第2の例はスゴイ(!)意見だと思いますので全文を読んでいただきます。

”「代議士」に民意を背負わせよう” アルバイトの麦太君21歳の意見です。
「世論とは流され易いものだし多数意見が常に正しいとは限らない。そんな民意の不完全さを少しでも補うため、民主主義は熟議を前提としている。だから,出来る限り多くの人が意見を述べ、出来る限り多くの人の合意を得るのが基本だ。結論より、議論の過程を重視する。それが民主主義だ。
 しかし、わたしたちが選挙で代表を選ぶ時、その基準はどうなっているのだろうか。「決断」や「実行」という単語に、ついついひかれてしまいがちだ。閉塞した社会状況を「この政治家なら変えてくれるのではないか」と考えてしまう。その結果、当然ながら、強行採決や憲法を無視した政治が行われる。今の日本は、政治の暴走を止めるのも、スキャンダル頼みという、何から何まで人任せな民主主義になってしまった。
 議員を「政治家」と呼ばずに「代議士」と呼ぼう。彼らに社会を変える力などないし,持たせてはならないと思う。わたしたちが議論を尽くして、自分たちの代表を選び、彼らにしっかりとわたしたちの意見を背負わせるのだ。面倒臭いし、意見を言うのは勇気が要るけれど,一人一人が変わらない限り、決して社会は変わらない。」

 後先が間違っているかもしれませんが、このような考えを持ち、それを公にする若い人が居ることを知るととても嬉しくなります。日本の未来が光に包まれているような気がするのです。

 麦太君は彼の考える民主主義の在り方とそれへの国民の心構えを書いています。
 そこから思い浮かぶのが12月にあったフランスでの暴力デモのことです。隣国フランスのことを良く知らないわたしが云々するのは良くないと思うのですが、象徴とする黄色のチョッキを着て、税金と生活費に余裕を求める成人によるデモ群とともに、多くの生徒、学生ではなく高校生までの生徒がデモに参加したことが報道されたことが印象深かったのです。(ドイツでは生徒のデモ参加は未だに聞いたことがありません)因みに彼らは政府が発表した教育改革(学校教育は3歳から始める。一クラスは12人とするなど)の現実化を要求することが目的だったようです。そして彼らに対する警官の態度を非難する声が大きかったこともニュースになりました。

 これ等のことは余談で、記憶に残ったのはフランスでは政治的な自由が市民の、この場合は未成年の生徒にさえ近い所にあるということだったのです。
 昨年12月のパリでのデモは建物や道路の破壊が大きく、暴力デモとなり、決して良い行動とは云えないと思いますが、市民が政権に、直に、今自分たちの欲していることを示し、政府の再考を望むということは民主政治の真義ではないでしょうか。 

 麦太君はきちんとした意見を持っていて、それを言う勇気を持っています。そして彼の言うことを聞くと、彼の云う「人任せになってしまった民主主義」が、”話すこと教育!”が進むことによって熟議が可能になる議会となり、そこから市民と政治が近くなる将来社会が来ると信じられるように思えるのです。
 最近、選挙年齢が下げられたことなどを読むと、規制は緩和されているのに、肝心の政治を公的に話さない慣例は依然として続いているように思えるのです。
ある機会に「日本は自分たちで鎖国しているような気がする」という意見を聞いたのですが、政治話はしないという習慣は、この意見の表れのような気もします。
 自分の国の政治は何処ででも、誰でもが、公開して話せるものであるベきだと思います。そのためにも麦太君の意見を一人でも多くの人に読んでいただきたいと思うのです。


aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2019年01月12日

ビュッケブルグ歳時記 194

素晴らしい若い人達 ! 1


 あけまして、おめでとうございます。今年も平和な年でありますように!

 新しい年の初めにはやはり明るいことを書きたいと思案していた時に、ひらめいたことがわたしの今回のブログです。

 日本のニュースは,毎朝の朝日、読売、日経新聞のデジタル版を見ることから知ります。その他には船便で送られて来る朝日新聞の朝刊があり、今は2017年の5,6月頃の版を読んでいます。
 朝日新聞に「声」という読者のオピニオンを載せる欄があります。そこに書かれている意見は、広範囲で、様々でとても興味深いので、いつもきちんと読んでいるのですが、この間から、おもわず「そうよ!そうよ!賛成!」と叫びたくなる意見があるのです。投稿者を見ると14歳から21歳という生徒、大学生のなのです。 

 新聞記事の借用は金銭に関係しない限り合法だと聞いていますので、2つの例を挙げてみます。
 「守るべきは学校の評判ですか」という題で、大学生の21歳の佑佳さんの意見は:「東京の6割の都立高校が『持毛証明書』を提出させている。私はこの証明書に大きな疑問を感じる。人は異なる遺伝子を持っているのだから、色々な髪の色の生徒が居て当たり前ではないか。髪の色一つで生徒は自分らしく生きることを阻害されるのではないか。学校側は『生徒の見た目で学校の評判が落ちては困る』と云っているそうだが、学校が本当に守るべきは『学校の評判』ではなく、生徒の『自分らしく生きる権利』ではないか」との問いかけです。

 これはわたしがかねがね思っていた個性教育と、制服規定との矛盾をきちんと形式立てて書いています。
 制服の用途もわかりますが、中高生の時代に自分の装いを育てるのも個性教育ではないでしょうか。
 独国では幼稚園から大学迄,服装は自由です。時折、制服云々の議論が起こるのですが、その起原はブランドものを着てこない、買えない級友を侮る傾向が強くなると貧富の差が瞭然となり、それがイジメになるおそれがあると杞憂することからその現象を避けるために制服規定論が出てくるのです。皆が同じものを着ていれば、較べることがないわけです。今でも提案だけで制服規定がないことは、イジメになっていないことと、やはり個人尊重の気風が行き渡っていることの証明のように思えます。
 日本のイタリアデザイナーの制服規定云々を聞くと、両国での制服に対する定義が全く違う事に気付き、驚きます。
 この国の学校は学年が上に行く程、生徒運営が多くなるように思えます。
 例えば、通学の服装に関しての校則を必要とする場合には、軍隊靴(底の厚い、ひもで結ぶ半長靴。このような靴は暴力喧嘩になった時に武器となるそうです)や開放的すぎる洋服などの着用禁止などは生徒達に決めさせるのです。上からの命令に従うより、自分たちで決めたルールの方が従い易いという見解からです。
 このようなやり方、教育法は、学校で学ぶのは知識だけではなく、社会の掟のようなものも学ばせるのではないかと思うのです。強いて云うと、将来、民主主義の政治とそこに生きる市民の生き方の訓練をしている教育という感じがするのです。                              

 投稿者の佑佳さんも、持毛証明書に不信感を持つことを通して、これからの学校の在り方を考えているように思われるのですが。そしてこのような若い人が日本の未来を担っていると思うと嬉しくなり、安心するのです。                              
                               

                                     つづく

aokijuku at 22:04|この記事のみを表示コメント(0)

2018年12月22日

ビュッケブルグ歳時記 193

希望

 2018年も終わる時となりました。世界中に不穏な空気が多かったように思われる年の最後に、来る年への燭光がないかと探してみました。探すのはやはり身近なところ、住んでいる地、ドイツが属するヨーロッパ圏のことになってしまうのですが。

 この国では何かの拍子に「宿敵」という言葉を聞くことがあった(る)のですが、長く住む間に、この、少し恐ろしさを含む言葉は、隣の国フランスとの間柄に使われるということを知りました。
 独仏の両国は長年にわたりお互いに相容れることなく、敵愾心をもって対してきたということです。1600年代の30年戦争、その後に続く仏とプロイセンの闘い、両国の文化も関係したフランス革命など、二つの国の間には多くの争いがあったようです。その中でヨーロッパ大陸のほぼ真ん中に位置するエルザス地方の所属が大きな問題であったということです。
 1950年にEG同盟が始まり、その後ド・ゴールとアデナウアー両首相によって友好関係が奨められ、1963年にエルザスがフランス領となるエリゼイ条約が諦結されたことによって両国の好意的国交が固まったといわれています。このエリゼイ契約は、民間人の大きな協力(姉妹都市を多く造ることや、仏独語の学習施設を整備する、両国共通の歴史教科書使用など)無しでは成立出来なかったといわれる程、両国民の意志と努力で成立にこぎ着けられた条約といわれています。 

 EU圏が働きを始める前にはこのような経過があったわけです。そして現在、EUのモーターとなるのはやはり独仏の両国であることは誰もが認めることだと思います。
 今年は、英国のEU離脱に続きポーランドやハンガリーの法治国家違反やイタリーの借金問題があってEU結束が危ぶまれるようにも思われますが、EU体制の大きな業績は、同盟国同志の戦争がな(い)かったということだと思います。この状態を持続するためにはEU連合がしっかり一致団結していることが必要で、核となる
仏独の連携のためかと思われる次のような行事がありました。 

 ドイツでは今年が第一次世界大戦終了後100年の記念の年にあたり、これをきっかけに、11月の国民敬弔日の議会にマクロン大統領を招待したのです。歴史上最初のことだということです。そこでのマクロン大統領の演説は、わたしに判る範囲内でさえとても良い内容だったと思います。
 「このような場に招待されたことに感謝する。我々の2国は、これ迄にあった闘いでの犠牲者を忘れることなく、失敗と責任を反省し、歴史の流れを避けることなく、真実と目的のために、両国間に信頼と公明を育てようと努力してきた。長い間、我々は不倶戴天の敵であったが、今はEUの主核として持(永)属する平和のための努力を惜しまない」等々。続いて、戦争無しのヨーロッパ大陸の和平のために「ヨーロッパ軍隊」を立ち上げる案などが続きました。

 前置きが長くなりましたが、宿敵だったドイツとフランスが今和解をしようと努力していることに大きな感銘を受けたのです。
 どの国にも、主権を持ちたいとか、相手を服従させたいという欲求はあると思います。それを圧して、あるときそれを克服しようという行動に出るということにはどんなに勇気の要ることか。双方で、この国で使われる言い方、「困難に打ち勝つには自分の影を踏み越えなければならない」を実行に移して、平和を保とうとする両国に感心するのです。

 対象がEUにまつわったので国と大きくなりましたが、この教えは、個人としても人に対する態度などに応用出来ることだと思い、来年の目標にしたいと思います。


 皆様、今年1年読んで下さってありがとうございました。
 読者の方々、良いお年をお迎え下さい! 


aokijuku at 01:10|この記事のみを表示コメント(0)

2018年12月08日

ビュッケブルグ歳時記 192

首都ベルリンにまつわり・・・

 最近、ベルリンは”自由の都市”として、統合以来住民が増え続けていると同時に、世界中から多くの若者たちが観光に来るということを耳にします。その事実と自由の都といわれることに興味が湧くので、ベルリンについて、わたしの目に入る範囲の様子をお伝えしてみます。
 
 ドイツが第2次世界大戦の敗戦国となってソ連、米、英、仏国の4国に支配権を取られていたことは衆知のことですが、首都ベルリンも、東のソ連と西の3国圏に分けられて統治されていたということは余り知られていないように思えます。

 大戦を経験しなかった若い読者のために、ベルリンのおかれている地形を少し詳しく説明すると、ソ連が支配権を取った東ドイツに、まるで共産圏の海の中に孤島のように位置していたのがベルリンなのです。西のドイツ連邦共和国(西ドイツのこと)からベルリンに行くには長々とドイツ民主共和国(東ドイツのこと)を横切って行かなければならなかったのです。そしてベルリン自体も東(ソ連圏)と西(米・英・仏圏)に分けられていたのです。東から西圏に行けないように建てられたのがベルリンの壁なのです。今でも路上を市電が走っているのが旧東区だと、整備された町並みの中で昔の東西区別に戸惑う観光客の目安になっています。

 この、4国に支配権があった時代のベルリンは一つの島国だったような感じがあるのですが、実際には、わたしも最近知ったのですが、法的には国として認められることも出来ず、非常に曖昧なモノだったということです。首都としての存在もなかったのです。壁崩壊まで西ではボンが首都だったのですから。

 そして、当然かもしれませんがベルリンと旧西ドイツ間には同じ民主国としても様々な相違があったようです。例えば1956年に西ドイツでは徴兵制度が設定されたのですが西ベルリンに住む男性にはその義務がなかったということです。ですから徴兵義務を逃れようとする多くの西からの年齢相当の男性連がベルリン移住を希望したということです。これに対して西側からは、西で徴兵検査を終わった後の男性の移住は認めても、また戻って来ることは許されないなどの制約があったということです。それでもその時代には、徴兵を逃れる若い男性の移住者が多かったということです。
 
 又、統合後は学生の数が3万人と、ドイツの都市では学生に限らず若い人の数が一番多いのがベルリンということです。これ等のことが原因かもしれないと勝手に思っているのですが、ベルリンには同性者のカップルが多いとよく聞くのです。先市長も当時からアウテイングして公然のことでした。ベルリンではどんな人でも自由に振る舞える、自分の思うように行動しても文句を云う人は居ない、などと聞くと、やはり地方の、人の口を避けなければならなかった人達の逃避所であったのかとも思えます。このような事実からベルリンが”自由の都市”と思われるのかもしれません。
 
 現在のベルリンへの移住希望者の目的が「自分探し」が多いこと、皆がそれぞれ自己の構想を持って、それの達成を夢見てベルリンに集まるなどと読むと、やはりこの国の首都は、未だにある合併による混沌の中にでもエネルギーが溢れているようにも思えます。

 皇帝時代に小都市から首都となり、ナチス時代には世界を恐怖させた政治が行われ、戦後は東西に分けられたという多彩な歴史が ”自由都市”を形造り、自分を自由にしたい人達のメッカになっているのがベルリンなのかもしれません。

 このような自由都市ベルリンにも、降誕節の照明が輝やいています。


aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2018年11月24日

ビュッケブルグ歳時記 191

自然との触れあい


 11月も終わりに近付き、黄金に輝いていた秋と、霜が冷たく光る冬が、力競べをする季節になりました。


 もう大分前のことになりますが、ある日、台所でナッツの皮を剥いでいた夕暮れ時、窓越しに、悲鳴のような動物の鳴き声が聞えてきました。不審に思い庭に出てみると、家の壁に沿って造られた、60cmに40cm、深さは50cmほどのコンクリート壕の中からの声と判りました。このような壕は地下室の明かり取りとして造られるもので、地上の天井の部分は金属の格子がはまっています。
 懐中電気で確かめたところ、手のひらに載せられる程のハリネズミ=Igel (イーゲル)の子が、この格子の隙間から小壕に落ちてしまい、母親を呼んでいる声だったのです。


 ハリネズミは、嗅覚、聴覚、味覚が優れている夜行性の動物で、成長すると体長は25cm位になります。甲虫、ミミズ、かたつむり、蠅などや、野菜のくずや果物のかすなどが食料です。庭にある堆肥を作るための場所は彼らの食料倉庫で、夜になると、本当におかしくなる程の舌鼓の音が聞こえることがあります。もう少しお行儀よく食べられないの、といいたい程の音です。英語で "hedgehog" =垣根豚 と呼ばれるのは、この舌ツヅミの音から来ているのだそうです。
 またIgel はネズミや雀などと同じ、文化親近性動物で、暗い森などは避け、庭のある家屋が並ぶ住宅地などに居棲くことを好む生き物だということです。つまり、人間の文化を取り入れて生きている動物なわけです。
 彼らの特性は5ヶ月間の冬眠をすることです。そして冬眠からさめた時が繁殖期で、8、9月に子どもが生まれます。11月に始まる冬眠に耐えるための体重は少なくとも450ー500グラムは必要であるとされています。少し遅れて生まれた子 Igel は、この体重に追いつけない場合が多いのです。この国では Igel は保護されていますから、秋に見つけた体重不足の子Igel を預ける場所も決められています。


 ウチの小豪に落ちたカレは、本当に小さくて、取り出して放してやろうか、どうしようか家族で話し合った結果、この壕で育てようと決まりました。体重の少ないIgel 子 を地下室で育てるのは良くないと聞いていたので、壕なら自然の空気の中なので、そこで餌を与え、太らせようと決めたのです。エゴンという名前も与えました。
 手に入るIgel 世話書にはダニがついていることが多いので、入浴させることと読むと、3人掛かりでお風呂に入れたりもしました。餌は彼の大好きなひき肉や野菜屑など、毎日せっせとゴチソウを与えました。そのためか、よく太ってきたので冬眠したいかもしれないと、クリスマスも真近い日、落ち葉をたくさん入れたダンボール箱で冬ごもり家を作ってやったのです。そしてその後・・・数日が経ったとき、エゴンがいなくなってしまったのです! ようく考えた結果、エゴンは新築の家の屋根によじ登って、格子の隙間から庭に逃れ、自由の身になったのだと思うことにしました。そのくらい身体も大きくなり、肥ったのだと、冬眠邸宅の屋根の高さを考えに入れなかった人間世話家族のあさはかさを押しやって、エゴンの自己解放に同意、祝福して寂しさを紛らわせたことを思い出します。それ以後、庭に Igel の気配、例えば冬のある日、イチイの垣根の下から聞こえる遠慮のないイビキなど、に出合うと、ああ、エゴンの子孫が安心して眠っているのだと、和やかな気分になるのです。


 近くに緑の多い、田舎の小都市の、街外れの、自然との触れあい情景です。


aokijuku at 13:51|この記事のみを表示コメント(0)
月別の記事一覧
最新コメント