イク・リスマン

2018年11月10日

ビュッケブルグ歳時記 190

メルケル首相の党委員長引退に因み

 コトに当たって、常に感情を交えず理性的に処理をしてきたメルケル首相の施政
でEU国の間では一番安定しているように思えたこの国も、国民の間での不満の声が大きくなったため彼女の党委員長引退決意が発表され、これはいずれ首相引退に繋がることを思うととても残念に思えます。

 先回と先先回のブログでお知らせしたように、東西統合という特別な問題を解決しなければならないドイツの事情を知ると、市民の持つ不満も判るようにも思えるのですが、現在、世界がなんとなく不安な方向に向かっていることを思うと、この国もそれと同じ方向に動くのかと不安になってしまうのです。
 一主婦のわたしには 不安の形も不明瞭なので、具体的にどういうことなのかを、新聞記事や資料を読んだり、政治に大きな関心を持つクレメンス(娘の夫)に訊いたりして勉強しましたので、それを書いてみます。興味のある読者の方が読んで下さると嬉しいです。

 バイエルン地方が本拠のCSU(CDUとの共同党)の州選挙、続くヘッセン州の州選挙は、大連党のCDU(民主党)もSPD(社会民主党)も大敗という結果になりました。その理由は次のとおりです。
 メルケル首相は、本来は保守主義のCDU党を、右派と左派の真ん中辺りに焦点を置くことによって社会事業をおろそかにしない、別の言い方をすると下層階級を忘れない政治を18年間してきたそうです。が、米国をはじめとする自国第一というモットーがこの国の市民の間にも強くなり、この敗北結果になったということです。それに今年3月の大連党結成は苦難の結果に、ようやくまとまったもので、最初から市民は新しい政治を望んでいたとも云えるのです。
 そして、AfD(ドイツのための選択肢党)は、この施政変更を望む市民の声を激怒になるまで煽ることで多くの票を集め、議会席を大きく占める結果となったということです。

 メルケル首相の引退発表後直ぐに後継候補者の立候補が取りざたされているのが今のドイツです。有力者の3候補者をご紹介してみます。

 一人は現役の健康大臣スパーン氏で、この大臣は反メルケル派と云われています。
 次にはクランプ・カーレンバウアーという女性です。彼女はザーランド州の首相でしたが2月にこの職を退き、党の事務総長の役についていて、この事実はメルケル引退を予想してのことと云われてもいるようです。彼女はメルケル派なので、彼女が党委員長になっても政情に大きな変化はないわけです。
 最後はメルツ氏で,彼は以前は党派長でしたがメルケル首相と折り合わず、普通の議員に戻っていたのですが、その間、某金融機関の仕事にかかわっていたということで、その事実が云々されていることが耳に入りますが、政治的実力は認められているようです。
 12月に行われる党大会で、現在候補が決まっているこの3人のうちの一人が党委員長となるわけです。
首相と委員長が目的方針が異なる人となった場合の困難さが憂慮されます。

スパーン氏とメルツ氏はアンチ・メルケルとすると、この2人のうちの一人が党委員長に就いた場合には、CDUは昔とおりの保守党となり、保守的政治をすることになり、これは有産階級に有利な政治をするということになるわけです。
 今迄のメルケル首相の下層を忘れない中間主義政治が無くなるのかと心配だったのですが、今朝の新聞に「メルツ氏は中間コースで行く方針」との記事が載りました。心配は杞憂だったようです。


aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2018年10月27日

ビュッケブルグ歳時記 189

「話すこと」の続き ー 合併後28年を経たドイツ歴史の一齣に・・・


 「ドイツ統一の日」として1990年に休日として規定された10月3日も過ぎましたが、先回のブログでもお伝えしたように、現在この国に、完全に合併が達せられていないことが大きな原因で、社会に目に見えない壁が出来、不穏な雰囲気がある事は否めません。先回の”ドイツ国は話す”につぎ、今回は「話すこと」で合併が少しでも良い方向に向かうことを目標に、4年前に自身のプロジェクトを計画、実行に移している一女性のことをお話ししてみたいと思います。


 48歳のカトリンさんはポツダム市(旧東)で、絵と写真を中心とする芸術家として生活してきました。彼女は2014年頃から世の中が分裂し、無言社会になってきたことに気がついたそうです。その頃から彼女は身近な人達に難民問題などについての意見を聞くことを心掛けていたそうですが、ポツダム市のような大都会に住む人達だけではなく、地方の小都市や村の住民の意見も聞きたいとの要求が深まり、「話をする(聞く)移動応接間」でドイツの地方を旅して、片隅に住む人達の話を聞こうという企画を思いついたのです。
 彼女のこの応接間とは:板を約2メートル四方にすだれのようにつなげた(使用後、巻いて移動できるように)床の上に、人工芝生が絨毯代わりに置かれ、小さなテーブルと、2脚の古い肘掛け椅子と、コーヒー接待ができるセットに、レコーダーという内容です。
 これ等の道具を、彼女の父親が整備してくれたという10年前の古いフォルクスワーゲンのバスに積んで、主に旧東ドイツの地方を回っているのです。村の広場でも、農家の庭でも、黄色のバスが着くと、そこに、またたく間に”話したい人はどうぞ。歓迎します!”という居間が現れるのです。
 

 このようなプロジェクトに疑問を持つ人もあるかもしれませんが、カトリンさんの徹底した「聞くだけ。質問はしない」とのモットーが功を奏したのか、男女、年齢を問わず多層の人達が集まって来るということです。
 「きれいに改築された都市の町並み、何処にでも繋がる舗装道路などは出来たかもしれないが、我々のような村住民は、働く工場もなく放り出されている」「政治家は形のあるものについては話しているが、我々のメンタリテイ(精神的素質)については取り上げることがない。わたしたちは置き去りにされた故郷喪失者のような感じで生きている」「合併後に来るのは、合併によって起こる様々な転換を解決することであるはずなのに、それは為されていない」「そこへ難民受け入れの問題がおこり、これは私たちにとって又のありがたくない変動という感じがする」などが、彼女のプロトコールから読み取れます。
 彼女は毎年違う州を廻っているということですが、彼女の移動居間に来る人がほんの僅かという州もあるということを付け加えておきます。


 わたしのように田舎の小都市の住民は、この分裂の形をとった壁の硬さに直接触れることは少ないので無関心でいることも出来るのですが、カトリンさんの話を読むとAfD=(ドイツのための選択肢党)が多数の票を得て、右派党として政治に加わってくるようになった理由がわかるようにも思えるのです。合併の不完全さが大きな原因となって差別が大きくなり社会を分裂させてしまったともいえるのではないかと考えさせられます。


 2回にわたり話すことの重要さをお伝えしましたが、最近の世界が暴力即ち軍備拡大の方向に向かっていることを思うと 、東西合併というドイツの歴史の一齣に、言葉で係わり合うカトリンさんは、言葉で自国民同志の理解への第一歩を踏み出し、これは行く末の否戦争への世界に繋がるように思えるのです。
 語り合ってお互いを理解し合うということは世界の共存にも不可欠なことだと思うと、「話すこと」の重要性を見直すように教えられる気がするのです。


aokijuku at 11:27|この記事のみを表示コメント(0)

2018年10月13日

ビュッケブルグ歳時記 188

「話すこと」についてーーー”Deutschland spricht”


 先先回のブログの締めくくりに、暴力の代わりになるのが「対話」であると学んだと書きましたが、このことを実証するような行事が報道されました。現在、不穏な状態に追い込まれつつあるこの国で、その緩和のための重要な策として「話すこと」がとても重要視されている現況をお知らせしたいと思います。


 9月23日に大統領官邸で、上下左右、老若男女の多数の市民を迎えてシュタインマイヤー大統領を保護者とする話し合う会が催されました。この会の標題が ”Deutschland spricht" で、上手い訳ではないかもしれませんが、”ドイツ国は話す”なのです。
 「東西合併後28年を経ても完全合併には達していないこともあって、近頃の我が国の社会は分裂してきている。そしてまた大戦での責任が影を引き難民受け入れが大きな問題点になっていることなどから、ある目に見えない壁が社会に出来てしまった。嘆いていても壁は無くならない。この壁を無くするにはどうすればよいか。考えてみるとこのような壁が出来た原因は、最近、違う考えを持った人達とは話さないという傾向が強くなっているように思われる。そこで 対話を見直す必要があるのではないか。招待に応じて集まった皆様と私共々、対談して壁を崩す方法を考えようというのがこの会の目標なのです」 と、大統領は挨拶で述べています。
 

 このように Dialog=対話を重要視する会であることから、上記のように、階級も上下にわたる、考えも左右両派の、広範囲の市民層から選ばれた多様な人たちが残夏の太陽が輝く官邸庭園に集まって対話を繰り広げたのです。「対話」ですから、意識的に、反対派の2人が支持政党政治について話し合う会だったことが報道されていました。スーツにネクタイの男性の話し相手は髪をムラサキに染めた若い女性、その隣はポロシャツに裸足の男性とはげ頭にあごひげが長い一目でネオナチスとわかる中年男性が話している情景がTVに映っていました。

 僅かでも会の模様を知っていただくために、ある記者のレポートを書いてみます。

 彼が最初に出合ったのはヤナという22歳の女子学生でした。話題が難民問題となったとき、彼女は移民受け入れに、数を制限する上限制度設置に賛成する人は全て非人間的と決めつけて譲らなかったそうです。そして自分の考えに縛られているため、相手の記者の意見を聞くことがなかったため会話が進まなかったということです。これが彼女の若さから来る熱狂症であればよいが、昨今の社会がこのようになっている可能性も見えることを考えると、それが心配だと記者は書いています。

 次の相手は44歳のスウェンで、彼は自分はネオナチスであると明言し社会からはみ出している自分の経歴を披露したあと、「さあ、話し合おう」と、対話に積極性を示し、彼の方からいろいろな質問も出してきたそうです。彼の理想とする国とは、「隣の国との領土的な問題のない(つまり戦争をしない)ヨーロッパの一国として、自分の国の国民だけを面倒見てくれる国家」だと云うので、その中には黒人、ユダヤ人、モスリムなどの人達も含まれているのかとの記者からの質問には「彼らはパス・ドイツ人(ドイツのパスポートを持つ外国人の意)だから、本当の国民の中には入らない」と、ドイツ人種尊重の意見です。ただしシリアやイラクなどの戦争国からの避難民は受け入れるべきだとの意見だということです。そして、もし自分の住んでいる村に異国人が入ってきたとき、その人を知るためのコンタクトが成立しない場合は憎悪するかもしれないが、その人の、人となりを知った場合には憎むことは出来ないだろうと云うスウェンに好感を持ち始めたと記者は書いています。


 このように対話会から得ることはいろいろあると思いますが話すことで相手の人柄を知り、そこから相手を理解することができ、それが暴力を止め、共存を可能にし、平和を保つという難事に繋がるのではないかと思いました。
 「対話」ということから、読んで下さった方々の意見が、コメントででも、聞けたらよいなあと思っています。


aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2018年09月22日

ビュッケブルグ歳時記 187

政治錯誤

 夏休みも終わり学校が始まりました。この国では9月が学期の始まりです。今まで幼稚園に通っていた子ども達が、小さな胸を弾ませて学校に通い始める時なのです。そんな時に今騒がれているのは教師不足、特に小学校の教師が足りないということなのです。
 ドイツでは教育は連邦ではなく各州が主権を持っている体制ですが、今回の小学校教師不足は2、3の州を除いてその他の州で問題となっているようです。その中でもベルリン、デユッセルドルフやケルンのあるNrW州、ザクセン州などでは深刻な状況を呈している様子が報道されています。例えば、ある州で今学期は2千人の教師が必要なのに、集まったのは約半数強の教師で、その他は代用教師で授業をしなければならないという状態のようです。

 何が原因かという問いには、例えばベルリン(この都市は、都市が州権を持つ)の場合は政治の過ちであったと主権を持つSPD(社会民主党)が陳述しています。充分な数の小学校教師を養成しなかったこと。これにはいろいろ理由があるようですが、やはり2015年の大量の難民受け入れによる子ども数の増加を予想できなかったということが大きいということです。これは上記のNrW州も商工業都市の多い州であることを考えると同じことだと思われます。こんなところに難民受け入れ政策の影響が出てきていることに驚きます。

 この資格を持った教師の変わりとなるのが Quereinsteiger(これはQuer=斜め横、とeinsteigen=乗り込む、の二つの単語を組み合わせた言葉で、教師不足対策のために使われるようになったようです。以後Qeとします)といわれる、「斜め横から入り込む」というような意味をもつ人達によって埋め合わせされるのです。

 例えば、45歳の、声楽を専門とする音楽教育を受けた女性は、1年間の準備期間に、授業の理論と実際面の講習を受けた後、Qe教師となり、新入生に算数、国語、一般社会科を教えることになるのです。また地質学者で洞窟研究家である49歳の男性B. さんは5年と6学年生を教えることになったそうです。「自分の授業は時々、従来の授業法からはずれることがあるが生徒はそれに対して却って好意的に反応する。それによって私の学校からの代理授業契約期間が延期されたのが嬉しい」との感想を述べています。
 このQe教師の他に、停年退職の教師に呼びかけて以後も教壇に立つことを奨めたり、師範学校の学生達に「レストランの給仕アルバイトよりも小学下級生に授業しよう」とのプラカードを出しているとも耳に入ります。
 
 このような状勢に対して非難の声が高いのにも頷けます。

 この国は戦後、アメリカからの誘いを断って伝統の教育制度を残し、教育国家としての誇りを持っていたのですから。今回の教師不足問題が、この誇りに大きな疑問を投げかけることになったといえるわけです。
 その声への答えとして、既述のとおり過ちを認めた上でベルリン市の教育庁は次のような次期の目的を挙げています。 特にベルリン市の教育の第一目的は、人種、宗教、教養などによる社会的差別をなくすることにある。そのためには言語修練とか移住者や障害者との共存教育も忘れてはならないとしています。

 そして疑問のかけられるQe教師による教育については「このような教育によって未来の学校は「教育機関であることとともに生活に近い機関になるかもしれない」
と、好意的な見方をしていると読みました。願わくはそうであってくれますように。


aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2018年09月08日

ビュッケブルグ歳時記 186

混沌混迷・・・


 最初に、今回ブログの標題について弁解をさせていただきます。
 歳時記184で日独の男性医学生奨励について書きましたが、その中で、一学生ルーカスが選抜方法に疑問ありと裁判にかけ,勝ったので、Numerus clausus 規制が緩められたと書きましたが、このことが持つ意味が後になって重要に見えてきたのです。一市民が国家の重要な規約を変えることが出来るということは、民主主義の本質ではないかと気がついたのです。国民主権ということの見本ではないかと思ったのです。勿論、ルーカスの場合は男性医者を増やしたいとの社会状勢が背景にあったので実現したこととは思いますが。
 政治的なデモクラシーなどは、主婦のわたしには難し過ぎて判らないのです。
一般市民の主婦が希望する民主主義は、一人の市民の声を聞く耳を持つ政治をする国なのです。


 このようなことを書こうと思っていたところへ、またこの国を揺さぶる事件が起こりました。
 先々週末に、旧東ドイツザクセン州の3番目に大きい都市ケムニッツで右派のデモ暴動が起こり、その余波が今週のこの国での大きなニュースでした。
 ドレスデンとライプチッヒ市が史跡などで知られている都市ですが、ザクセン州はどちらかといえば貧しい州なのです。ということは経済的発展が少ないということで、そこへ避難民が送り込まれると職場確保の心配が起こり、それが外国人疎外に繋がり暴動となる理由の一つといってよいかと思われます。
 前に書いたペギダ(外国人憎悪グループ)の発祥地がこの市でもあるのです。   
 先々週、ケムニッツ市で右派の人達たち、例えばホリガン(ならず者と辞書にありますが、この国ではスタジオンで暴力行使をするサッカーの熱狂ファンを対象によく使われています)やネオ・ナチスに属する人々によるデモが行われたのです。800人ほどで始まったのが、ネッツで広まり翌日は2000人のデモになって、暴力行使となり、35歳のドイツ・キューバ人の青年を殺害するという結果になってしまったのです。
 右派 ということは今のドイツでもいろいろな意味を持つように思えます。
 今回の選挙で、右派のAfD(ドイツのための選択肢党)が多数の票を集めたことは日本でも知られていると思いますが、ケムニッツの今回のデモもこの党を抜きにしては考えられないわけです。
 この国では外国人疎外問題は、非常に重大視されるということは前にも書いたと思います。ですから今回のケムニッツ暴動は政治的に大きな問題となっているのです。各州で秘密警察機構によるAfD への観察が強化されていると伝えられました。


 このような政治的対策や全国からの警察派遣などで問題点の行く先が示され、暴動が一応治まった先週末には、普通の(!)市民が右派反対のデモを行ったり、夕刻には 名のあるグループによる屋外コンサートが行われたり、教会からのコメントなど、反対意見を持つ集団の意志表示も盛大に行われました。このようなことを見ると、正悪両方の意見が主張できる社会なのだと思い、暴力さえなければ民主的な社会だと思えるのです。


 今はドイツだけでなくアメリカをはじめ多くの国が右に傾いている時代のようです。一方、中近東やアフリカの国々の発展を考えると、先進国との共存も重要なことにも思われて頭が混乱してくるのです・・・。一つだけはっきりしているのは、
暴力はいけない、その代わりとなるのが「対話」ということです。


aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)
最新コメント