イク・リスマン

2020年06月27日

ビュッケブルグ歳時記 229

新しい法規、Antidiskriminierung


 日本にも報道されたと思われるアメリカで起こった警察官による黒人殺人事件は、この国に大きな波乱を巻き起こし、コロナの残した残骸処理に追い討ちをかけるように国内の安全を脅かすような事件が続く2020年6月のこの地の近況をお伝えしてみます。


 ドイツでは、今だに第2次世界大戦でのナチスによる民族純血主義に伴う非行が影を残しているため、 Rassismus (人種差別主義)には、どんな場合にでも非常に敏感な反応を示し、この主義の駆逐に励むのがこの国の課題です。
 今回のアメリカでの事件は、被害者が黒人であったということと、 犯罪 人が警察官であったということで、人種差別と国家安全機関の警察制度という二つのテーマが、この国の政治に大きな影響を与えたように思われるこの頃なのです。

 米國の事件の後は、ドイツの数都市ではRassismus 反対の大きなデモが行われ、この国の国際友好が叫ばれていました。ただ、新聞、雑誌、TVなどのメデイアでは時折、肌の色の違う学生や、宗教の違う人や難民として入国した人々が、自分たちが置かれている本当の世相状態を告白するニュースも多々、目に入ったこともお伝えしておきます。

 このような時、6月4日に都市州のベルリンの議会で、表題Antidiskriminierung と銘打つ法規が可決されたのです。この法規の意味は、 Anti は反対とか否定という意味を持ち、Diskriminierung は人種、差別などによって不利になるような差別をすることを意味します。差別待遇禁止法律です。ですから今まで警官が、外国人や、自国人でも挙動に不審のある場合には、そのような不審点を持つ市民に対して排斥挙動をしていたことを禁止する法律が作られたわけです。 LADG と呼ばれるばこの法規はドイツで初めての形で、人種差別だけではなく階層による差別とか慢性不具者に対する挙動も含まれている、警察官への自重を促す法律なわけです。そしてこれを差別されたと思う側から見ると、市民という共同体を守る法律であり、組織上の機構に対する権利を持つことを意味するという解釈もできるわけです。
 警察官から侮蔑対応をされたと思う市民は裁判に訴えることができ、訴えが通った時には相応の見舞金というか賠償金が受け取れるということです。 


 遅れてしまいましたが、ドイツでは警察機関は、教育機構と同じように各州が全権を持つ州行政なのです。これだけが原因ではないかもしれませんが、この法規に対する各州からの賛否意見は様々で、バイエルン州からは以後、ベルリン警戒のための派遣警官送付(首都ベルリンでの外国からの来客安全装備の時とか、大規模なデモ警備には、ベルリンの警察官だけでは不足なので、他の州から多くの警官が援助のために派遣される)はしないなどと強硬な態度の州も多くあるようです。
 そしてアメリカの警察官は1年間の教育、ドイツの警察官は3年の教育期間であると優劣を云々したりすることと、警察機構の成績をコントロール(試験する)機関はドイツにもフランスにも無いが、英国では Indipendent Office for Conduct という民間の組織があり、警察仕事をコントロールしている。この国でも見本としてこのような機構を作るべきだという建設的な意見が目に止まりました。


 このような問題で混沌としている時、6月20日の夜、南のB.W州の首都シュトットガルトで、500名の21歳以下の若者による暴動が起こったのです。
この州は知的階層が多く、世界に開けた平和州として通っているところでの暴動には国全体があっけに取られたという状態なのです。Video に移された暴動群れの警官に対する暴力を見ると、上記の志向の反対を行っていることがわかり、どう考えて良いのか混沌としてしまうのです。
 コロナ騒ぎのため、スポーツクラブやトレーニングセンターなどが使えないことから、若者たちが溜まっていたネルギーを憤怒や攻撃力として発散した事件で、政治的理由は見られないとのことがせめてもの慰めですが、このようなことは法治國にはあってはならないことであるとして、24名の逮捕者、負傷警官19人という事件の行為者には重い刑罰を与えると報道されています。


 世相が、このように混沌としている今のドイツです。




aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2020年06月13日

ビュッケブルグ歳時記 228

Pfingsten(フィングステン)(聖霊降臨祭)


 今回の題名には首をかしげる方達が多いと思いますが、この国では今年は5月の最後の日、31日と6月1日が聖霊降臨祭日として、全国が2日間の連休になる祭日だったのです。この祭日は、本来はクリスマス、イースターに続く3つ目のキリスト教の大きな祝い日なのですが、前者2つの祝日のように世界中に行き渡っていないので知られることが少ないと思われますが、キリスト教の歴史を知るには興味深いと思いますので、お知らせしてみます。


  Pfingsten の意味は「50日後」で、これはギリシャ語のペンタコステからきているもので、イースターの50日後に祝われる祭りなのです。
 祝う対象は何かとの問いに、平たく答えると、復活の後、救世主は昇天してしまったが、救世主の教えを人間たちに伝達するために、彼の教えが聖霊となって、エルサレムに集まったキリストの弟子たちの上に降りてきたということを祝う日であるということです。
 キリスト教という教えを人間界に広めるという使命を持つため、この聖霊たちは外国語に長けていて、その力は弟子たちに受け継がれ、全世界に教えを伝授することができたということです。これが、伝道とか宣教の始まりで、教会というものの基盤ともなったということです。


 フィングステンがクリスマスやイースターのように皆が知っている祭日ではないということは、この国でも同じで、宗教的な意味と同じくらい世俗的な意味で祝われるというのが現状でもあります。理由としては 長い薄暗い秋と冬が終わって、樹々の緑が太陽に輝く時にある聖霊降臨祭は、往々にして春祭りと同様に取り扱われることが多いことが原因だと思われます。
 ですから5月の1日に村の広場に建てられる、高い柱 ”5月木” が、樹木を先頭に
花などの自然植物の順調な成長を祈願するお祭りであると同じように
Pfingstbaum”フィングスト木”と呼ばれる植物移植が行われたりするのです。そして近くの林や森から切り取ってきた、若い白樺の枝で、街の家々の扉が飾られたりする地方もあようです。そして村の子供たちが道端で若い樹木の苗を売ったりする情景も見られるということです。


 また、この祭日が、冬の間、納屋に閉じ込められていた牛たちが、この日に山の草地に放牧され、夏と秋を自由に山の草を喰む季節の最初の日でもあるそうです。ある地方ではボスの牡牛をきらびやかに飾り、この牛を先頭に牛の群れが町中を練り歩くなどの習慣もあるようです。昔はこのボス牛がお祭り後に生贄として屠殺されていたようですが、今はこのようなことはないと思います。
 

 このように6月はドイツに太陽がいっぱいの季節で、市民の興味は礼拝よりも自然への遠足や、スポーツ行事に向くのですが、2020年はコロナ騒動で残念ながら諦めることになっています。
 そしてある地方では54人のコロナ感染者が出て、これは特殊な教派の礼拝で感染されたというニュースがありました。このニュースを聞くと、自然の中に出ようとする市民の意志が通って、世俗的に祝われるキリスト教の第3番目の祝日を健康には良いように使うことが賢いのかとも思われる今年です。


  シャクヤクの花は Pfingstrose フィングスト薔薇と呼ばれ、今この地では白から濃いピンクまで大きく華やかに開花して目を楽しませてくれています。

aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2020年05月23日

ビュッケブルグ歳時記 227

若い人たちとコロナ

 5月の第一週目は、政府が行ったコロナ制限制度緩和に対して不満をぶちまけるデモが数々の大都市で行われ、その様子がニュースの初頭に立っていたのですが、先週は年齢を少し下に置く若者とコロナ騒動との関係を調査した結果が新聞記事になっていましたのでお知らせしてみます。

 「コロナが氾濫する現在、我が国の15歳以上の若者が感じているのは自分たちは無視されている」というものと、もう一つは「わたしは今までに、今感じている失神したような、人事不肖な気持ちになったことは一度もない」という表題です。
 これは学校閉鎖とか、コミュニケーション禁止とか、それぞれの未来への不安などからくる孤独感から出てくるものであることが一人の社会環境研究家の調査で分かったとあります。たったの2週間のオンラインでの質問に、パンデミー時期に経験する孤立感や孤独感を長い文章で訴える15歳から30歳までの若者の多いことに、出題者が驚いたということです。これは同時に、いかに政治が若者層を片隅に押しやったということを示すことでもあるということです。
 また、今までの社会では”若者” を生徒、高等学校卒業生、受験者などという、ある種の枠にはめ込んで取り扱うだけで、周囲社会が彼らが持つ意見や要望に耳を傾けようともしないことへの不満でもあるとあります。

 70%の若者は、それぞれが家庭で世話をしてくれる家族がいるということなのですが、これを良い兆候だと思うのは偏った考えで、13%は自分の話を聞いてくれて、それについて一緒に考え、協議するという話し合い相手はいないということの方が大きな問題であるということとあります。 

 またこの調査から「学校」というものが欲求不満とか挫折感を作り出すことは皆が思っていることであって、学校というものが生徒に与える圧迫感は今昔変わりないことであるが、ここで問題になるのは「教師の、今=現在の世情に沿った生徒への認識が欠けていることである」多くの生徒はデジタル授業をどうこなすかもわからず、毎日を価値あるものにする方法もわからずにいるのに、これらの問題を生徒と協議する教師が居ないのが問題なのであると調査官は言っています。現在では、考慮する教師が居た場合でも、その効果は統計が示す、0から10のスカラで4.9という中間点だということも考えるべき事項だと警告しています。

 今回の学校閉鎖も、若い人たちにとっては学校という、ある意味では生徒にとって最も重要な居場所で、友達のいるところ、コミュニケーションと意見の交換のある場所という学校を閉鎖された生徒たちの困惑は、精神社会障害となる可能性があるほど大きな問題であり、生徒たちにとってこれが未来への不安とつながる可能性が大きいと思われる。学校閉鎖は生徒たちから将来の見通しを奪い、卒業後のこと、見習い仕事のこと、大学教育のこと、就職のこと、海外実習や研修などの実体が空中に見えるだけで、実際の形にならないのがコロナ騒動がもたらした残骸だと思われる。またこれは最近の政党の対若者政策が疎かになっていたという証拠であるような気がする。

 これらの形をはっきりさせ、若者に希望を持ってそれぞれの対象に挑戦させるには政治の力が大切で、この機会に若者とのコンタクトを積極的に進め、彼らの意見を真面目に聴く努力をすることが必要だと思われる。若者と同席して意見の交換をするのは大人にとって居心地が悪いことも多いかもしれないが、不可欠なことである。若者はアイディアに富んでいる、そのアイでイアを引き出し、役立てる役目は大人の役である。

 今年、小学校から大学まで、全ての教育機関を終了して次に進む若い人たちの未来には相当なハンデキャップがあると思われます。彼らへの心からの応援を含むブログです!


aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2020年05月09日

ビュッケブルグ歳時記 226

ある意見

 ドイツでは今週から多くの自由(社会コミュニケションや営業禁止など)を禁止するシャットダウンと呼ばれたコロナ 政策の緩和が積極的に行われています。この緩和の時期とそのスピードについて各党の意見や、各州の意見に違いが出たりで、意見の一致が見られないことなど、緩和政策に混沌としている国内状況なのですが、4月26日のベルリン刊行の新聞紙上に載った、連邦大統領 Schaeuble( 以下 (S )氏のインタビュウー記事に興味を持ちましたので、ご紹介してみます。

問い「コロナ政作緩和には「ゆっくり慎重に」と「さっさと緩和する」との2つの意見が争っているが・・・」
S 氏「政府は対象の緩和事柄を様々な点から観察して、慎重にその時期を決めるべきである」

問い「大方のヴィルス学者は、時期が早すぎるとの意見であるが・・・」
S 氏 「ヴィルス学者の意見も大切だが、強大な経済機構や社会機構や市民の心理的作用をも考えに入れる必要がある」

問い「コロナのような自然災害には政治は暗路に迷い込むのではないか」
S 氏「そうかもしれないが ”生命” を守ることが第一で、その他のものは省みないでよいということになれば、自分としては我々の憲法にある基本的権利を思い出すように要求する。そこには ”決して犯してはしてはならないのは人間の持つ尊厳である” と記されている。そしてこれは人間は死ぬものであるということも意味しているのを忘れてはいけない」(わたし個人の解釈では、尊厳が守られていれば連邦大統領個人はコロナで死ぬことになってもやむを得ない、との考えを持っている)

問い「連邦議会は、経済救助に莫大な援助金額を是認したが、これはいつまで続く
とお思いですか」
S 氏 「自分は経済大臣に助言するつもりはないが、今の状態では政府の支援で景気を元のようにできるという雰囲気が強いようだが、国家援助がいつまでも続くと考えるのは間違っている。コロナ騒動は経済・社会・政界での組織上の変化などをもたらすことで、我々はそれらへの対策を真剣に考えなければならない。またパンデミーだけを考えるのではなく気候変化や、自然破壊防止策なども忘れてなならない」

問い「これまでは、例えばフォルクスワーゲン社のシステムが最良とみなされていたが、最近になって老人または病人介護者や、売り子や収穫手助け労働者などの存在価値が高く評価されるようになったが・・・」
S 氏「良いことである。ここ十年来、貧富の差が大きくなり過ぎてしまった。消費者の負担は大きくなるが、それによってこの差を縮める必要があるのではないか」

問い「そのようなことは国家調停システムになる心配はないのでしょうか」
S 氏 「国家が言い出すと、その結果は北朝鮮のようになってしまう。しかし、我が国が数年前に行った、財政(金融)市場調整はやり過ぎだったのだ。それをこの折に調整するのは決して間違ったことではないと思われるし、同時にこれは国と経済管理と社会の関係を新しく調整するために良い機会でもあると思われる。またグロバール化ということも、やり過ぎたと認めることにもなるのではないか。自分たちがしたくないことや、受け取りを拒否する低賃金労働を外国人にやらせたという利己的なシステムの悪さも、この機会に反省し、世界はつながっているということから労働の平等を認める結果になるように努めるのは望ましいことであると思う」


 このインタビュー掲載の後は賛否両方の議論が活発に重ねられました。
 それぞれの国民が自分の意見を持ってそれを発表し、論争するという言論の自由があることにこの国の民主主義を見るような気になったことと、S 氏 のコロナ騒動を有意義に使って未来の世界状況を良い方向に向けようとする意見に感銘を受けたのが今回のブログの発端です。

 今週から始まった自粛緩和は、メルケル首相とバイエルン州の意見に反していることで、これは、もしもの「コロナ折り返し」の怖さを暗示しているように思えることも書き添えておきます。

aokijuku at 19:54|この記事のみを表示コメント(0)

2020年04月25日

ビュッケブルグ歳時記 225

0stern (イースター、復活祭)


 日本では英語で言われるイースターは、春の一時期、子供たちが茹で卵を様々な色に染めて楽しむキリスト教の祝祭期間として知られていると思います。一般に、クリスマスの次に重要だと思われているこの祝日は、厳密にはキリスト教徒にとっては、クリスマスという降誕祭よりも、人間界には無い復活を象徴する祭日として最も重要な祭日が Ostern なのです。

 今年のこの国の Ostern はコロナ騒動により、大抵の家庭がひっそりと家族のみで祝うことになった連休祭日だったと思います。
 この祝祭日とドイツ国の関係を知るとーーこれはドイツだけではなく、欧州がキリスト教圏であること思うと、この祭日を少し詳しく知ることは、キリスト教とこの宗教の元で暮らす人間社会の様相が少しわかることでもあると思いますので、長い歴史を持つこの祭日について簡単に書いてみます。

 Ostern が祝われだしたのは、ドイツでは宗教改革のあった1678年の頃で、ー少し宗教に深入りすることになりますがー  Ostern の意味は、キリスト教の中の救世主イエスの受難の苦しみ + 十字架死 + 復活 を祝う祭りで、死は終わりではなく新しい生命の始まりであるとの意味を持ち、よみがえりを通して新しい命をもらうということは、真実は虚偽を卓越し、愛は憎しみを越えるなどのキリスト教の愛の精神を通しての理想的な社会を唱っているのだと思います。

 Ostern は次の様な日々で構成されています。
 復活を祝う前に受難期があるのです。この時期はカーナバルの終わった日からの40日間で、バッハの作品で有名なヨハネス・パッションやその他の受難曲は、この期の受難を音にした芸術作品なわけです。
 また、この受難期はキリスト教徒には暴食、暴飲をしない様にとの教訓が有ります。子供たちもこの間、甘いものや、チョコレートのおやつを制限されていることも耳に入ります。4月の末に始まるイスラム教のラマダンを思い出すと、昔の宗教はキリスト教でもイスラム教でも教徒の健康にも考えが及んでいたのかと驚きます。

 この受難期の終わりが、みどりの木曜日と呼ばれる受難期の最後の日で、この日が有名なダ・ヴィンチの描いた「最後の晩餐」の日です。続く金曜日がカール金曜日と呼ばれる十字架磔つけの日、土曜日を挟んで次の日曜が復活の日Osternで、つづく月曜日もドイツでは祭日です。全国で4日間の連休となるのです。
 受難期を終えた復活祭からは、また美食が許され、伝統は子羊の肉料理です。
 普通の年はこの春の連休には親戚同士が集まり、復活の祝いとして、美味しい料理とワインでお互いの無事を喜び合うのですが。

 この祝日がいつ行われるかといえば、ユダヤ・カレンダーよる、春の最初の満月の日曜で、これはグレゴリアンカレンダーでは3月22日から4月の25日にあたり、現在の欧州では毎年この期間中の核当日にイースターが祝われるわけです。

 またもう一つ面白いのは、ある時期からキリスト教とゲルマン神話やギリシャ神話が混ぜこぜになったことです。そこからドイツではOstern にはウサギが卵を持ってきて、家の中や庭の藪陰に隠してゆくとの逸話があって、子供たちは天気に恵まれると庭や、近くの自然の中を隠された、さまざま卵を探し回るのです。
 このウサギと卵の奇妙な関係は、神話ではウサギは繁殖力の象徴であり、卵も生命の元であることや、昔の債務者は負った借りを卵とウサギで債権者に返したことからきたこの国独自Ostern慣習だと思われます。


aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)
月別の記事一覧
最新コメント