イク・リスマン

2020年11月28日

ビュッケブルグ歳時記 237

歴史的最悪日?!

 日本の国技は大相撲ということですがドイツの国技はサッカーです。観客を締め出しても催されるサッカー競技は、コロナ災害に悩んでいるファンにとっては溜まっている覇気をはき出せる小さなチャンスでもあるわけです。
 国内チームのリーグではなく、ナショナルチームの対戦となれば普通の人も自国の応援のために TV の前に座って自国チームを応援するのは、自由行動を制限されたコロナ時代のささやかな楽しみとして多くの人を惹きつけた一夜が先週の17日、セヴィリャ からの夜間放映だったのです。

 スペイン対ドイツ戦です。

 多くの都市が持つサッカーチームや、その中の専属選手は多すぎてとても覚えられないのですが、ナショナルチームのだいたいの人系は知っていたので、わたしもTVの前に座りゲームを見たのですが、全然の素人のわたしでも最初からこの日のドイツ軍の球捌きは、スペイン軍には追い付かないということがわかりました。高くても低くても飛び交うボールのほとんどがスペイン選手の脚元でゴールを待つという情景だったのです。そして結果は6:0というスコアでドイツチームの大敗となったのです。

 この残酷な戦果 の後残ったのは、次々に出てくる連邦トレーナー J. Loew (以後ヨギ(愛称)とする) への批判です。
 フランスの一新聞は「スペイン監督のE. Enrique は弱いドイツ軍を粉砕した。
どの部分をとってみてもドイツ軍は劣っていた」と批評し、7Milion を越える観映者と解説者、昔の参加者シュワインスタイガーも「一国チームとしての価値が見えなかった」との酷評を発表していました。

 今年60歳のヨギは2006年の1月にドイツのナショナルチームのトレイナーの地位についたので14年間この役を果たしてきたわけです。(ここでアシスタント・トレーナーは H. Flick であったことを記憶に留めていただきたいと思います)
189の Landerspiel をマースター した2018年までの彼の連邦トレイナーとして成績は良かったのですが、2018年にオランダでの世界選手権大会で0:3で負けた時から彼への批判が高まっていたのです。この時にトレーナー交換をするべきであったとの意見が、日々に多くなっているのがこのところの実情だと思います。12月4日までに、来年の3月に始まる対国大会への彼と、ドイツサッカー協会の一員とで、チーム編成案を提出することが課せられ、それによってヨギの未来が決められようとしているのです。
 今回の編成は若い、未経験の選手を多く使って、未来に備えようとしていたのがヨギの方針だったようですが、オールデイに属する34歳のゴールキーパーで、軍長をしていたノイアーの意見によると身振言語や選手間のコミュニカチオンが無かったことがよくなかったということです。そこから、今回ヨギが採用しなかったボアテン(32歳)、ミュラー(31歳)フンメルス(31歳)の採用も再考されるのかもしれません。

 最後に、真っ暗な国技サッカー成績を少し明るくする努力の見える冗談をお知せしたいと思います。

 記憶に留めていただくようにお願いしたアシスタント・トレーナー Flick氏は時折ヒステリー状況に陥るヨギの傍らで常に言葉少なく、落ち着いた物腰でヨギを助けているという印象の助けトレーナーでした。
 2014年にヨギのアシスタントを辞め、2019/20年から成績の落ちたFCーBayer Muenchen のトレーナーになり、このチームを最高地位に導いた監督でもあるのです。
 ある日、ある人の、「昔のヨギはきちんとした采配ができたのに、今はできないのはどうしてだかわかる?」との質問への答えは「ヨギができたのではなくて、 Flick がしていたんだよ!」です。
 笑えると思うのですが・・・


aokijuku at 16:46|この記事のみを表示コメント(0)

2020年11月14日

ビュッケブルグ歳時記 236

パンでミーのもたらす変化 = 閉籠された年代

 先回のブログでは勤労界にもたらす変化をお伝えしましたが、今回は視野を広げて、この国での憂い、若い世代の被るコロナ危機についてお知らせしたいと思います。

 今の社会を作っている壮年層者が 、10年の義務教育を終えるか、またはAbitur を取って次の段階大学勉学とか、実務に着くとかを考慮した時代、1990年前後はドイツ統合の年でもあるわけです。ですから当時の若者は、ある難関を突破したことで頭が軽くなり、次の段階に至るまでの期間を、自由に満喫できた時代であったということです。あるグループは世界展望の旅行を計画したり、あるグールプは未来に偶然の出来事を託したりと、そこここで彼らを受け入れるいろいろな扉が開いた時代であったわけです。観念形態の上でも東西:共産主義と資本主義の区別がなくなった後はネオ・リベラリスムスとなるとの考えが横行した時代で、この考えが間違っていたことは時を経ることから教えられたことではあっても、そこには自発性の成長があったということです。

 これに引き換え、15歳から25歳までの今の若者、特にコロナ時代の今の若い人たちにはこれらの自由は全てLockdown されているわけです。
 ”若い” ということは、好きなところに旅をする、祝い祭りパーテイをする、知らない人と親しくなる、またこれは異性との接触にも重要な役目を果たすことを意味し、ある場合には将来の家庭構成に繋がる重要な事である。異性との交際が無くなると結婚も少なくなり、そこから子供の数が少なくなり人口減少を招くとの意見もあるそうです。
 このように、これらの事柄が全部禁止されているのがコロナ時代なのです。

 Marie は毎日図書館に通って、迫っている試験の準備に精を出していたところ、 Lockdawn のため、図書館も閉鎖されてしまい勉強のできる環境を追われてしまったのです。というのは彼女の住んでいたWG (共同住居)の友達が恋人を持ったため、住居が愛の巣になって、彼女の勉学にはふさわしくないため家に戻っているのです。ただここでも勉強は犠牲になり、軽度ではあってもデプレッション病となりテラピーに通っているとのことです。
  Lukas は最初のゼメスターをベルリンの大学で始めたそうですが、全てがon-lineで行われ、以前のように学部についての説明とか、歓迎会などは皆無で講義の行われる講堂に人の姿は見つからなかったと、新しい人間サークルを作ることに期待を持っていたのにとがっかりしているそうです。
 15歳のLeo は10学年の義務教育の後は Duales Berufs Ausbildung (現場と職業学校の2本立て)で自動車技術者になろうとしていたのですが、その訓練場を見つけることができず、毎日お昼の12時まで寝ていて、その後も寝巻きのままうろうろしていることから母親の神経を刺激しているということです。 

 ”Young Minds“ のT.M. 氏は、コロナ時代の若者は修養期間、労働時間、日常
些事などの変化、特に社会的隔離に対する医学的対策法を習う、すなわちテラピーを受ける人が多くなっていると述べています。これは若い人たちの間に、ある種の精神障害が多く発生しているということです。 

 このような現状に対して 社会民主党のGiffey家庭大臣は次のような対策案を出しています。
1、政治教育を奨励する。これは若者に、ヘイトスピーチや陰謀に対する抵抗力をつける助けとなる。
2、若者たちの声を尊重する。
3、選挙年齢を18歳以下にする。

 コロナはこのようにヴィールスによる病気で世界の人間を 脅迫するだけでなく、これからの世情を大きく変化させる要素も持つ病魔だと思うと、本当に怖くなります。1日も早く有効な予防注射薬が作られることなどで退治できるように願いながら・・・。


aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2020年10月24日

ビュッケブルグ歳時記 235

パンデミーのもたらす変化 = 変化する労働環境

 日本の事情はよく知らないのですが、この地ではパンデミーの蔓延とともに盛んに耳に入ってくるのが Homeoffice という言葉です。
 これは多分 ー Digitarisierung(デジタル化する)という言葉と共に使うことでこのブログの意図する意味を持つのだと思いますが ー「自宅事務所」(以後Homeoff とする)で働く会社員が多くなり、企業家は会社を小さくして、会社員は事情の許す限り自然のある近郊に引っ越すということになり、勤労環境に自由が大きくなるという構成の変化を意味する言葉といって良いと思います。

 3−4年前からドイツの大都市では居住建物が居住希望者数に追いつかず、家賃の値上がりが膨大となり、XX法が新しくされたという事情もあり、市中の土地、住宅問題は深刻になっていることもお知らせしておきます。
 2019年の大都市の市中事務所の 使用料金は、1平方メートルあたり18−25Euro だとされています。 したがって一人の事務員を雇うと、その他の諸費を計算に入れると年間に6500−9000Euro、ベルリン、フランクフルトなどでは15000Euro が掛かるそうです。会社員が Homeoff で働くことになるとこの金額が節約できるわけです。この節約がコロナ騒動の残す経済不安定への一つの解決策と考えられているのかも知れません。

 そこからTelefonica とか Siemens などの大会社ではすでに、会社員は週に2−3日 Homeoff で務めを果たすという社則にすると決めたということです。また名の通った Hugo Boss 社でも 90%の従業員がここでも週に2−3日はビュロー以外のところで働くことを望み、そうすることでストレスが少なくなり、家族のための時間も増えるという賛成意見が多いということです。
 この様に事務所と移動性のあるHomeoff での勤労を両立させることは、スタッフが満足することを意味し、会社の営業に好成績をもたらすとしているわけです。

 しかしこの様に社員が仕事場を自由に選べるということは、その後の都市に大きな影響を与えるだけではなく、仕事場に大きな自由が入ってくることになり、社員一人ひとりの人生計画の変革にも大きな影響を与えることでもあるので、企業界全体が文化変遷をすることにも繋がるとして、今のところ簡単に結論付けることは避けているようにも思えます。

 今まで都会住まいをしていた勤労者の60%は、深刻な温暖化を憂うことや、通勤の混雑を嫌ったりすることから、緑の多い郊外に住むことを望んでいて、事務所通いが少なくなれば少し遠いところからの通勤でも我慢できるとの意見が多く、これは同時に都市周辺の郊外の発展のためにも良しとしているのも事実です。
 日本の厚生省とでもいうようなドイツの年金を扱う省は、数年前から書類に紙を使うことを止めて、事務全体をデジタル化しているそうですが、そこでも
Homeoff が、特にコロナ騒動以後は率先して行われているそうです。最後に、そこでの経験談をお知らせしてみます。

 第一にはやはり高年齢になる程、デジタル化には抵抗を持つ人が多いという統計が出ているそうです。50歳見当の大部分のスタッフは、 Homeoff の成果や、機械を通しての会議には 懐疑感を持つ人が多かったということですが、結果はその反対で、成果は良かったという結果が出たそうです。特に会議は、今までの一室に集まる形式には ”無駄話” が混じることがしばしばだったが、デジタル会議では主題に徹底して好成果が出たということです。
 もう一人は仕事とプライベート生活を混同することには反対ということで、仕事場でのデジタル化には賛成、Homeoff には不賛成という意見でした。

 コロナ騒動直後に思った社会層変化のことを思い出します。今、第二波に襲われているこの国が、1日も早く、H omeoff を含めた良い社会変化を成し遂げるように願いながらのブログです。


aokijuku at 12:22|この記事のみを表示コメント(0)

2020年10月10日

ビュッケブルグ歳時記 234

統一後、30年を迎えたドイツ


 9月3日は、DDR消滅の1990年の東西統一建国記念日として、今年はブランデンブルグ州の首都ポツダムで祝賀祭が行われました。
 TVや新聞などのメデイアは数日前から様々な方法で統合後の社会の模様とか政治家の見解や東西住人の意見とかをニュースとして取り上げ、国民の社会情勢への参加を図っていました。
 大戦後、根は同じなのに政治システムの違う二つの国に分割されてきた国を元に戻すということは、現在の旧東の州の政治の状態が示しているように簡単なことではないことがわかりますし、全貌を書くことも普通の市民には範囲も大き過ぎます。そして長短を云々するよりも、未来を考えることがこの問題解決には重要だと思っていたところに、旧東出身のメルケル首相(生まれはハンブルグですが、牧師の父親の意向で幼年時代に東に移住し、勉学はライプチッヒ大学)とのインタビュウが目に入りましたのでご紹介してみます。

 *「コロナ騒動が起こった時に行われたあなたの国民に向けてのTV演説では、ご自分の旧東出身を主題にし、強いられる自由拘束を克服するには分割されていた国で習ったことが役に立つとおっしゃったが・・・」との第一の質問には :
 「出かけることを控えることなどで人間間のコミュニケーションを拘束するとか、ホームに入っている両親を訪問してはいけない、学校休止などの、人間の持つ権利の一つ、行動自由の権利を奪う事は最低のことで、これらのことはわたしの子供の頃の東独生活で強いられていたことで、それが思い出されて、少し過激な発言になったのです」

 *「ロストックとズール地方の住民は、30年経った今でも自分たちは”二級の人間”だとのコンプレックスを持っていることで有名ですが」 :
 「我が国は、誰もが同じ権利を持ち、同じ個人の尊厳を持つとの法則の下に建てられているのです。西の社会でも差はあって、所によってはある青年の出世は難しかった。しかし西ではそれを常に即席に変更したり、変更したりする機会を作れる自由の地盤があった事は旧東に比べて幸いだったわけです。統合以降はこの機会が東にもあることになるのですから、平等なわけです」

 *「旧東地域ではデモクラシーに対する同意が少ないことと、 AfD (ドイツのための選択肢党という右翼の党)の勢いが強いのはなぜでしょうか」 :
 「旧東ではデモクラシーへの解釈が行き渡っていないことが原因だと思われます。民主主義というものは常に獲得勧誘をしなければならないものであって、そこにあってすぐ手に入るというものではないのです。もしかしたら統一直後にこの事ーーデモクラシーとは得るのに辛苦を要するとの説明と履行を徹底的にしなかった西側にも責任はあるのかも知れません」 

 *「最近になって、東からのあなたに対する批判が大きくなっている現状ですが、彼らに対する答えは?」 :
 「第一にわたしとしては東ドイツでも自由の元に生活ができて、昔のように人と違う意見を持つことに恐怖を持つ必要がないことだけでも幸せなことであると思います。そして次に必要なのは ”Dialog“  で、これは自分の意見を怒鳴ることだけではなく、他の意見を聞く耳を持つことが必要なのだが、東にはこのような耳を持つ人は残念ながら少ないのです。これからは異なる意見を聞き、それを民主的討論に持ち込むことによって差を縮めるとか、妥協するかなどの社会を目指す必要があると思われます」

 *「お聞きしたい事はまだまだあるのですが、30年たった今、これから来る30年に対して首相が国民に望む事柄をお聞きして、インタビューを終わりにしたいと思います」 :
 「第一に、我が国がこれからも平和と自由の中にあることを望みます。次の望みは、ある問題が起こった時、国全体が一体となって(東西の区別なく)解決に臨む状態であることを切に望みます。そして州による区別などを考えることなく、大きい構想で我々の持つ文明や歴史を活かす環境の国でありますように・・・」


 インタビューのほんのわずかな部分をお知らせしたわけですが、首相としての様相をわかっていただければ幸いです。
 来年の選挙には立候補をしないとの彼女の決意は行き渡っているのですが、72%の国民が彼女の政治力に賛意を示している今のドイツです。


aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2020年08月22日

ビュッケブルグ歳時記 233

今、一番望まれているもの

「 ここに一つの注射器があればそこから希望が湧き出すのに」
 これは8月10日の月曜日の朝刊の注視点誌面の見出しです。そして、「今は数え切れないほどの薬剤研究者が全世界で Covid-19 に対する予防注射液を発明するべく研究を重ねていて、その誰もが第一人者となりたい希望を持っているのは想像に難くない」と続いています。

 今ドイツでの研究者の頂点に立つのは  Tuebingen 市にある大学の熱帯医学部部長 P. K.氏で、彼の研究成果についての記事をご紹介してみます。
 彼は今ちょうど、CVO7050101と名付けられた、99人目の人体実験者に彼の見出した予防接種液を実験注射したところで、この予防液の将来は全てが明るい見通しだとの声明を発表しています。Tuebingen 市はこの国で予防液研究所として期待されている4つの中の一つで、最近、国から300Million ユーロの援助が支給されたということです。 

ここで Sars - CoV-2-Virus に対する予防液の今までの実際の成果を見てみると、世界健康体制機構 (WHO) が発表した先週の数字では165種の登録があり、その中の26種が臨床(人体)実験を済ませているということです。ここに示されたテンポは驚くばかりで、今までの10年から15年という条例を遥かに越しているとあります。しかしその反対の例もあることを忘れないようにとの注意書きもあります。 
 その例として挙げたいのは7月の末に英国と中国の学者が、Covid-19 病に似た病気の患者は人間の免疫反応を抹消したと発表したことが示しているように、簡単に似た症状から予防液研究の大切さを誤診する例もあることを忘れてはならない、との注意書きの後に続くのは、「予防液発見の世界的競争は、初めは同僚間での親睦感に満ちたものであったのが、今では国同士の勢力争いとお金の問題になっている」とあります。 

 そして、この発言の証拠のように2日後の8月12日の新聞には「モスクワはスプートニックVをコロナヴィールスに対する最初の対症薬として認める」=「ただし決定的なテストは行われていないが」との記事がのり、プーテイン大統領がこの予防薬を自分の娘に注射したとの記事が載りました。そして9月には毎月Million に及ぶアンプルが製造され、教師、医学関係者を最先優遇者として予防液として使用する。そしてこの成果が世界中に伸びる折はそれに応じた莫大な儲けになるとの記事です。 

 そしてトランプ大統領も11月の選挙までにはアメリカでも予防注射液が発見されると発表しているとのことです。

 EU 圏でも14Milliarden という巨額の予算が許可され、その内でドイツもすでに登録されている予防液もあるのだが、多くの感染者を救うにはそれだけの注射液を製造することが必要だし、予防注射を受ける順番の問題も解決しなければならないことであるとして、予防注射は発見だけではなく、その行く道にも問題が大きいことを示しています。

 最後に、ある新聞の政治揶揄漫画をお見せしたいと思います。
 大型軍隊トラックの上には、ミサイルの代わりに巨大な予防液の入った注射器が乗せられていて、その針先は進む方向の反対を向いています。その横には(プーテインと思われる)一人の男性がスイッチ機を持っていて、「一番!」と言いながらクリックしようとする画です。この絵の画名は「ワクチンの軍備拡張競争」です!!!

aokijuku at 18:33|この記事のみを表示コメント(0)
月別の記事一覧
最新コメント