イク・リスマン

2018年07月14日

ビュッケブルグ歳時記 182

カナスタ会の終末

 数回前のブログで2人の93歳になる老婦人とのカナスタ会のことを書きましたが、今回はこの会の幕切れの様子をお伝えすることになってしまいました。
 御両人の年齢を考え合せると頷かれることなのですが、夏の始めに、不思議なことにお二人とも大腿骨骨折と、同じ怪我で入院、手術の後、慌ただしくそれぞれの息子さんの側の施設に入られることになったのです。ヒルデさんはミュンスターランドという比較的近い土地のホームに、インゲさんはフランクフルトの保護住居と呼ばれる介護付きのアパートにです。

 インゲさんの経歴は60年前の、まだ壁が作られない前の比較的監視が厳しくなかった時代に、旧東からご主人を置いて一人で西に越境し、ビュッケブルグに腰を据えた基礎学校(小学校)教師だったというものです。この小都市に、基礎学校は今は数校がありますがわたしの娘が小学生の時代は一校しか無く、したがってインゲさんは担任になったことは無いのですが、娘の恩師というわけです。
 数年してご主人も西に来られ息子さんが生まれ、今の家に定住されたのは40年ほど前のことと思います。そしてこの40年は彼女にとってはかけがえのない年月で、これまでにも息子さんは自分たちが住む近くに来るようにと度々奨めたようですが、頑として聞く耳を持たなったのですが、今回の怪我には彼女も降参するより他なしということだと思います。それで独り身の自由を束縛されぬようにと、2間に台所、風呂場付きの、介護付きアパートに行かれることになったのです。

 手術の後、レハビリの病院にお見舞いした折りの彼女は、ロラートアと呼ばれる歩行介助機をしっかり操作して、これからの新しい生活への意気込みに溢れて見えました。非常に自己意識のしっかりした老婦人です。
 彼女のビュッケブルグの家が無くなると話した時、孫たちは「エツ、これから何処でチェスするの」と訊いていたと話してくれました。オマ(オバアちゃん)のところへ来ると、わたしとのチェスを楽しみにしてくれていた孫たちのことは前のブログに書きましたので記憶して下さっている方もあると思います。19歳になったアンスガーはこの5月にアビチュアーをとり、希望学科が決まるまでの1年は自由意志による社会保護事業奉仕に参加する積もりだそうです。双子の一人テイモンは中等科を良い成績で終えたためギムナジュウムに転校してアビチュアーを取った暁に、願望のオーストラリア旅行が両親から贈られるそうです。ビクトアーは、1年のフランス滞在を終えた後は見違えるほど何事に関しても自立したそうです。アンスガーは10学年生の時に、1年間北京の世界学校に留学していたのです。このような2人の兄弟の外国体験がテイモンのオーストラリヤ行き願望の基であることを書き添えておきます。
 この3人の若者と知り合えたことと、もう一つ、インゲさんが残していってくれた良いことがあるのをお知らせしておきたいと思います。

 インゲさんの家の向かい側に住んでいるケストナー夫人のことです。彼女はこれまでインゲさんの毎週の買い物行きと、重要な公務の付き添いをしていた人です。今回のインゲさんの怪我のことでわたしとも知り合ったわけですが、ある日突然、彼女自身の前暦を話してくれたのです。中でとても感動したのは、生後間もなくの子どもを亡くし、その後若くして未亡人になった時、彼女が選択したのは不幸な子どもの親になることで、「2人の女の子を養子にしたのよ。その中の1人が肌の黒い子なのよ」と云うのです。今、彼女が80歳ということは50年以上前のことで、まだまだ外国人に対する差別感のあっただろうこの国で、彼女には全く偏見が無かったのかと驚いたのです。来週はこの二人の娘と、白黒混じり合った4人の孫たちが来て、彼女の誕生日を祝うという予定を聞いて、尊敬するべきと思われる人格を持つ彼女のこれからの歳月を、わたしも心からお祝いしたいという気になりました。


aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2018年06月23日

ビュッケブルグ歳時記 181

サッカー哲学


 今のドイツは先週始まったサッカー世界選手権に沸いています。先回は優勝を飾ったドイツですが、今回は対メキシコの第一戦で残念ながら1:0で負けてしまいました。
 サッカーはこの国の国技なので、敗戦についても色々原因が取り沙汰されたりしているのですが、中にG. 氏という哲学者のサッカー感が目に入りました。新しい見方を興味深く読みましたので、皆様にもお伝えしてみます。


 「サッカーは不公正な競技でしょうか」という問いかけが標題で、G. 氏 へのインタビュウーの形です。彼の発言を書き並べてみます。
 「手 という、人間の持つ素晴らしい機能機関を使うことを禁じた競技サッカーとは、突き詰めると、人間の身体を原始に戻し、進化を拒否することを意味し、サッカーの脚競技は一種のアントロポロギー(人類哲学)の実験と云える。そして、脚競技の果てに、オーバーヘッドキックが必要になった場合などは、それこそサッカー競技の最も芸術的な美しいシーンとなる」
 しかし、ハンドボールやバスケットボールのように、ゴールに入る点が多いことが目的なゲームと違って、いくらやってもゴールが入らないサッカー競技は、退屈で、面白くないという声が多いが、との質問には次のような返事がありました。「その質問は、サッカー理解者とそうでない人の区別から来る質問である。理解者は、サッカー競技はゴールに入れないことが競技の目的でもあることを知っている。敵方のボールをゴールに入れないことと、味方のボールをゴールに入れることの2つが、サッカーの競技目的である」
 今回のように1:0で勝負が決まる場合は、勝者は満足するだろうが、反面、負けチームの被る精神的打撃はそれ相応に大きくなると思われるが、そこからサッカーは不公正な競技ではないかとの問いかけに対しての返答は「サッカーでは負けていたチームとか、不評の声の多かったチームが最後にどんでんがえしとして、逆転勝ちする可能性もあるわけで、そこには公正も不公正もない。ここから、サッカー世界は決して平穏世界ではないことがわかるであろう。実際的には、不公正で、破損した、野卑な世界ともいえる。そこから競技という意味だけではなく、実生活に通じるものがあるのだ。サッカーWMも最後に残ったチームは90分間に、同点の場合は延長戦になり、そして場合によれば11メーターキックで勝負を決めることになる。これは劇的事件と云ってもいいのではないか。このようなことは人生でも同じことで、いろいろと疑問が湧いたり、悲しみも、喜びも起こるのは誰でもが知っていることで、競技と同じことと考えてよいと思われる」
 フランス人の哲学者 カミユは、若い頃ゴールキーパーとして活躍していましたが ”わたしは、ボールは何時も予期しない方向に飛んで来ることを知っていた。これが自分の人生への教訓となった”という言葉を残していますが、と訊かれると、「やはりここでもサッカーと実生活の並行線が見えるのではないか。サッカーでは時によって勇気を持って一人でボールをドリブルしながらゴールを目指す選手を目にする場合もあるが、実社会でも冒険を望む人は、自分から壁を破って危険を冒すことを選択するわけで、その危険度は同じだと思われる」との返事がかえってきたとあります。


 サッカーを違った角度から見ることを知らされた感じがあります。


 対メキシコ戦ではドイツチーム内に作戦誤解感情があったため、分裂感があったということも耳に入るのですが、選手間の連帯感を新たにして、土曜日のスウェーデン戦に対して欲しいと思うのが、サッカーファンの願いだと思います。


aokijuku at 10:31|この記事のみを表示コメント(0)

2018年06月09日

ビュッケブルグ歳時記 180

エラスムス ー ヨーロッパ教育


 この間、町中で昔近くに住んでいたSさんに会いました。彼女の家族もわたしと同じで女の子が一人いました。彼女がベルリンでジャーナリストの勉強をしているのは知っていたのですが現況を聞いたところ、この間から2ゼメスター(学期)の予定でフィンランドに行っているということでした。方法はヨーロッパで行われている大学生対象のエラスムス奨学金によってということを知りました。知らなかったことなのと、また、ヨーロッパ団結の一策ということに興味が引かれたので、早速、調べてみました。 
 

 まず、 エラスムスとはDesiderius Erasmusu という1466年にロッテルダムで生を受けたオランダ人のことです。彼の称号は哲学者、人文主義者、カトリックの司祭など広範囲に渡っている人道者です。。パリで勉学、英国に在住、トリノで博士号習得、バーゼルやフライブルグで就職、このようにヨーロッパの様々な国を経験していることから彼はスーパー・ヨーロッパ人であるとされているのす。
ルターの時代、宗教改革の時期を生きた人です。
 そして何よりもすでに5百年前に、人間の理知性を信ずることを説き、暴力である戦争も、紛争をもたらす宗教も排することで、人間社会に平和を作ろうとした人だということです。このことこそ、ヨーロッパ団結の真髄であることから、1987年にヨーロッパの大学制度が統一された時、大学生と大学教官の誰もが、希望すれば2ゼメスターを外国で生活、勉学出来るような奨学金制度が作られたとのことです。外国での生活経験が、お互いの国を理解し合うのには欠かせないことだとの信念が見えるように思えます。


 2020年には予算額が大幅に引き上げられる予定とも聞きました。なるべく多くの若い人が外国生活をすることで、今までのように英語を学ぶだけではなく、その他の国の言葉を学ぶことになり、言葉とか習慣の違いを超えてお互いの国を理解する力を持たせようとする奨学金制度をもっと発展させようとするする意図は、すばらしいことだと思います。このようなムルチ・文化奨励教育こそ、グローバール人間養成を意味するように思えます。
 このように、多くの国の人が自由に他の国と行き来することを意図するヨーロッパ的教育は、これからの世界を理解し合う重要な要素ではないでしょうか。若い世代への投資は必要で、エラスムス奨学金制度はこれ以上のものはないようにも受け取られています。その人の人生を良い方向に向け、お互いの理解を深めることから、ヨーロッパの国々の理解を深めることことに繋がるのだからと。
 エラスムス奨学金は、EUがヨーロッパ人に対して行う直接な投資であり、長い目で見るとき、安全な利子が保障される貯金通帳を未来を担う若い人達に与えるようなものだと云われています。


 そしてEU同盟が出来て以来、ヨーロッパの中での戦争はなかったわけです。そこからヨーロッパ軍隊ができるようになったときは、この軍隊がヨーロッパの安全を守ってくれることになるかも、という意見も出てきているようです。
 このような意見はさておき、これからの教育はお互いの国を理解することに重点が置かれるべきだということがわかります。単一文化に留まっていると遅れをとるのではないでしょうか。 


aokijuku at 09:13|この記事のみを表示コメント(0)

2018年05月26日

ビュッケブルグ歳時記 179

不思議な島への遠足

 この間、Hallig と呼ばれる島々へ行ってきました。この島の在り方はとても奇妙で面白いと感じたので、標題を不思議な島としたのですが、何故この島が不思議なのかをお話ししてみます。この種の島は日本には無いように思われますので。

 ドイツの北部は、デンマークに続く細長い陸を挿んで西側が北海、東が東海です。北海の西はオランダまで、北はデンマークまでの沿岸はフリースランドと呼ばれていて、沿岸の向側の海にはフツウ(不思議ではないの意味)の島々が並んでいます。これ等の島と大陸本土の間の海は Wattenmeer と呼ばれる干潟、砂州で、干潮になると海水が退き、裸足や長靴で散歩が出来るようになるのです。案内人が必要ですが。このようなことからか、これ等の島々は休暇を過ごす地として好まれ、一年中、各地から訪れる休暇族で賑わっています。

 不思議な島 Hallig はこれ等の島の北端、デンマークに近い海の中にある9個の小島の群れです。全島の総合面積が33qkm です。そしてその中の極小島々は暴風による高潮がくると、海の中に没してしまうのです! そして風が治まり潮が退くと、魔法が解かれたようにまたその姿を現すのです。 
 歴史はおおまかなことしか判らないということですが、1300年頃、島の姿が現れたそうで、人が住みついたのはヴァイキング時代ということです。現在はこの6島に、全部で約650人が住んでいるそうです。
 暴風高潮の非常時には、住んでいる家の庭周りが海水に覆われる自然現象は今も続いているのです。そしてその時は、家々がぽつぽつと海水の上に建っているように見える光景になって、謎めいて、不思議な感じの絵のようになるのです!

 Langeness と名ずけられた一番大きな島の様子をお伝えしてみます。
 この島は、長さ10km、巾は、一番広いところで1、4kmの細長い形です。本土からフェリーボートで、約1時間半後に着いた港の前には真っ直ぐな細い舗装道路が貫いているのが見えます。車2台がすれ違うことは出来ない巾のため、所々にそのための車待ち場が見えました。そして、草に覆われた平地に時々現れる家々は低いけれど盛り上がった丘の上に建っているのです。この丘は、海抜4−5mのWerftと呼ばれる、家と周囲の地帯を高潮から守るために人力によって作られた丘のことです。約200名の定住者を持つこの島には18のWerft があるそうです。
 そして先ず教会が建てられ、その後2002年には3人の幼児のための幼稚園が作られ、2011年には学校が建てられたのです。現在は2ー9年生にわたる15人の生徒に、2人の女性教師がこの学校の在籍者ということです。15人の生徒は2組に分けられ、個性を重んじる教育法で勉強に励んでいるそうです。示されたスローガンに感心しましたので、皆様にもお伝えしておきます。「Education is not leaning of facts. It's rather the training of the mind to think」 アインシュタインの言葉だそうです。 
 もう一つ感心したのは生徒の一人が、卒業後は本土で職業を身につけ、その後又島に帰って来るとの意志を云っていたことです。島に生きることの誇りを見たように思われました。

 Hallig は海底の泥炭地の上に肥沃湿地土が重なって出来たものだそうです。ですからそこに生える植物も塩分を多分に含んでいるので、純粋な農業だけでは生活は成り立たず、本土に働きに出ることと両立している人が多いとのことです。
 
 今の季節は、渡島した、北極地に生息するシジュウカラガン(鳥の種類)の群れが観光の華のようでした。


aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2018年05月12日

ビュッケブルグ歳時記 178

考えさせられる未来 続き


 先回は人工知能の発達過程について学んだことを書きました。その中に、人間のしていた仕事を機械がするようになる社会がどのようになるのかが心配だと書きましたが、この心配はわたしだけのものではなく、現代の労働者社会全般の持つ、考えるべき大きな課題であるようです。
 ある日刊紙が、「視点ーーデジタル化は大多数国民を失業者にするのか? それとも発展啓発の余地があるのか」という標題でこの問題を取り扱っていますので、この国では現時点でどのように考えられているかをお知らせしてみます。


 先ず、次のような職業の将来が例として取り上げられています。
 47歳のシュミットさんは時速200kmで都市間を走る急行列車の運転手です。
「子どもの頃の夢が実現した汽車運転手という職種は、”最初に無くなる職業の例”となるだろう」と、考え深い面持ちで語っているようです。すでに、ある地方で23kmが無人列車のテスト区間として用意されていることからの発言とのことです。
 第2例は医学関係で、ここではある種の職が過多とされる可能性があるのではないか、とあります。例えば患者のレントゲン撮図を、コンピュータープログラムが医者よりも早く読み取り、分析が出来るようになれば、医者の必要はなくなるのではないか。また、ある手術が出来るロボットが作られた場合は外科医は不必要になると、いうわけです。
 そして次には、弁護士が、例えば2会社間の分厚い契約書を作る場合、作成の場では機械の言語知識組織が、間違えなく、短時間で作り上げることになり、多くの人間の手が不要となるとの例が挙げられています。
 また、中国のアリババ・オンラインデパートの繁盛振りは、以後3世紀間に800万の、今まで人間が扱っていた職場を奪うことになるだろうと予言しているとあります。
 

 これらの例は、猛スピードで発展している人工知能技術が社会に与える、極端に云うとネガテイブな面を示していて、ここからは上記の”心配な面”だけが読み取れるわけです。
 が、次に読み進むと”啓発の余地について”としてポジテイブな面が挙げられています。これは言い換えると、機械が働くようになる未来社会に対して国民の持つべき心構えを示しているような気がしますので、お伝えしておきます。


 シーメンス会社で開発技術者として働いているS.さんは、「自分たちはModulと基礎用材のプログラムを作る仕事をしているが、この二つの組み立て方を工夫することで、我が社の製造物に特殊性をもたらせることが出来る。例えば、薬品関係の機械が、今までのように全ての患者に標準薬品を与えるのではなく、その患者に適した薬品を選ぶ機械を生産することが出来るということなのです」と云っています。そして、「今の仕事は大学で学んだとととは全く違うものなのですが、そこで止まってはいけません。このコトが示しているのは、止まること無く、新しいことに対する興味を持ち続けること。言い換えると学ぶことを面白いと思う心を忘れないことが、デジタル化する社会への心がけだと思います」と結んでいます。
 

 社会が新しくなるという革命的!前提に対しての、実行が出来るような気になる
忠言はやはり慰めになります。


aokijuku at 01:23|この記事のみを表示コメント(0)
最新コメント