木村 悟

2012年05月19日

スペイン体験記 21

スペイン語での専門教科の授業に少しづつ慣れ、アンドレスのやや図々しい態度にも
慣れたころ、同じ音楽院で学んでいる日本人の先輩と知り合うことができました。

Aさんは私より3,4年前からスペインで勉強しており、何かとお世話になった大事な方です。
そのAさんにアンドレスを知っているか訊ねたところ、驚いたようにアンドレスについて話してくれました。

アンドレスはAさんと同時期にスペインに来ており、当時のアンドレスの演奏力は群を抜いていたということでした。その頃のアンドレスの演奏に対する集中は他人を寄せ付けないとても厳しい雰囲気を纏い、ちょうど同じ時期に台湾から勉強にきていた同国人にはとても評判が悪く、常に一人でいたという話しを聞いて私の方がびっくりしました。

アンドレスはギターの実技を先に修了させ、(私が音楽院に入った時には実技のみの修了は廃止になりました)
当然のごとく首席で終え、既に国際コンクールでも優勝を飾っているという話しを聞いて更に驚きました。
アンドレスと仲良くお茶を飲むようになっても彼は私に一切、そんな話しは語りませんでした。
Aさんの話しを聞いてアンドレスが孤独と引き換えに得た結果と、現在のアンドレスの余りにも柔らかい態度を思うと、なぜか悲しいような、でも周囲に何も言わせないその強さにとても感銘しました。

そんな話しを聞いてアンドレスに「お前、すげーなー!!」
と、Aさんから聞いた話しの経緯を語ると、はにかみながら「あの時は若すぎた」
と、自慢するでもなく、むしろ首席を取った当時の自分は好きじゃないと話してくれました。

むしろ、私には首席なんぞ取らなくていいから周囲の人間を大事にした方がいいという今までのアンドレスらしからぬ一面を垣間見ることができました。

その後、アンドレスには色々と教わりました。但し、ギターや音楽ではなくもっぱらビンゴというギャンブルと中華レストランでしたが・・・。


aokijuku at 08:18|この記事のみを表示コメント(0)

2012年04月21日

スペイン体験記 その20

登録手続きをした授業が本格的に始まりました。

時間に教室に入ると、真っ先に目に飛び込んできたのがアンドレスでした。
良い意味でも悪い意味でも何かひと際、目立つ存在感をもっていました。

私は内心、“同じクラスか〜”と、アンドレスに対して敬遠した感情を抱いていました。

当然、アンドレスから離れた席に座りました。
ところが、私に気付いたアンドレスは私の近くに席を変えて「よう!同じクラスでウレシヨ!」と、私が抱いている彼に対してのマイナスの気持ちなど一向に気にかける様子はありません。

私は救いを求めるように他に知った顔はいないかクラスの中を見回しましたが、アンドレス以外に知った顔はありませんでした・・・。

仕方なくその席で授業を受けたのですが、初めての授業はチンプンカンプンでした。
90分の講義はあっという間に終わってしまいました。
ノートを取るコツも掴めず、分からないスペイン語はバンバン出てくるし、分からないスペイン語を調べているうちに話しは先へ進むしで、このままの状態では全く何も出来ないと思いしらされました。

ここで単位を取りこぼすと当然、ギターも上に進むことは出来ません・・・。

そんなことを考えて少し、落ち込んだ状態でした。
そんな私の不安を察してかどうか、アンドレスは笑顔で私の肩をたたきながら、
「ムズカシ、でもダイジョブ、ダイジョブ」
と、元気づけてくれました。

とても下手くそなスペイン語なのですが、とても温度がありました。
きっと母国語であれば頭に浮かぶ限りの言葉をそのまま口にして、不安を発散させることもできたでしょう。
しかし、ジタバタしたところで現実は変わりません。

アンドレスのダイジョブで、お互い言葉のハンデを持つ異国の人間同士ならではの連帯感のようなものが、一クラス一緒に過ごしたことによって生まれました。


それからアンドレスのことを少しずつ知っていくのですが、凄い奴でした。



aokijuku at 00:03|この記事のみを表示コメント(0)

2012年03月21日

スペイン体験記 その19

音楽院に通い始め、正規の学生として認められ、一安心すると共に、これからクリアーしていかなければならない課題に向かっていく始まりでもありました。

昨年度、頑張ったせいか、本来なら非正規の学生は試験を受けることは出来ないのですが、ギター以外の授業は皆、合格単位を得る事ができました。

今度はスペインのいい加減さが、逆に私を救ってくれる結果になりました。

おかげで選択出来る授業の幅が増え、とにかく、上の音楽院を一刻も早く目指すべく、取れる科目には全て登録を行いました。
そんな登録手続きをしている最中だったのですが、前方に今まで見たことの無い東洋人が確認できました。明らかに日本人では無いのがひと目でわかりました。

一瞬、目が合ったのですが、私は彼の前を無言で通り過ぎました。
すると、大きな声で「おい、おい!」と、彼が追いかけてきました。

彼は鼻にかかったお世辞にも上手いとはいえないスペイン語で右手を差し出しながら、「オデ、アンドレス。オマエ、ニホンジンカ?」と、握手を求めて来ます。

こちらも握手を交わしながら、
「そうだよ、日本人。おれはキムラです。」
「オデハ、ギターオハテ、ソレイガイノジュギョ」(私、ギター科は修了して卒業に必要な単位を取らなければいけないんだ・・・。)
「へー、そうなんだ」

他愛のない会話のやりとりでしたが、周りは当然、スペイン人。私はあまりにも下手クソなスペイン語で話している東洋人2人というシチュエーションに我慢がならず、最低限の会話を済ますと、恥ずかしささから逃げるようにアンドレスの前を立ち去りました。

今、思うと改めて自分の器の小ささを思いしらされます。
絶対、友達にはならないだろうと思ったアンドレスとの出会いでした。



aokijuku at 00:03|この記事のみを表示コメント(0)

2012年02月18日

スペイン体験記 その18

本当に運良く、音楽院で勉強を続けることが決まり、短期間のうちに天国と地獄の気分を味わいました。

音楽院に入るのも大変でしたが、入ってからも大変でした。

基礎的な学科、例えばソルフェージュなどは小学生高学年〜中学生ぐらいまでにはクリアーしている学科のひとつでした。
合唱Iともなるとクラスメートはほぼ、小学生低学年の子が集まる授業でした。とにかく、音楽的な背景がない私は更に上の学年を目指す上でもこうした基礎的な授業を受けて消化しなければいけませんでした。
正規の学生とは違うので本来なら聴講のみだけだったのですが、幸いにも試験を受けることが許されました。

こうしたアバウトなところでは苦労もした分、とても助かった面もありました。

合唱Iで、今でも思い出すのは、7、8才ぐらいの品の良い女の子がとても優しく話しかけてきてくれました。大人は私を含めて3人、しかも東洋人は私だけだったのでめずらしかったこともあるのでしょう。
合唱担当の先生が来ると、それまで収拾がつかないほど騒がしかった空気がピッタリと止みました。女の子の情報だと、とても厳しい先生だということでした。確かに厳しそうな雰囲気を持った先生だということは一見してよくわかりました。

まず、声部を分けるために一人ずつ、檀上で発声を行っていきました。
私の番になり、先生は訝しげに「スペイン語がわかるのか?」 と、質問してきました。私の中では分かるほど分かってないし、分からないってこともないという、非常に微妙な状態だったので答えあぐねていたところ、先ほどの女の子が「その人はスペイン語、分かるよー」と、助け船を出してくれました。

ところが、今度は周りの男の子が「あっ、あいつ、あいつのこと好きなんやー!!」と、大騒ぎになり、女の子は泣き出し、先生は喚きちらし、女の子にはとても悪いことをしたなーと、思っています。
その後、その女の子は私に話しかけてくることはありませんでした…。

最初の1年は皆がそれなりの年齢で抜けてきたところをとにかく、駆け抜けた1年になりました。



aokijuku at 00:03|この記事のみを表示コメント(0)

2012年01月21日

スペイン体験記 その17

その後、2人でコーヒーを飲みながらひとしきり、スペインの国、制度、国民性を罵倒してみましたが、何の解決もしません・・・。

試験に合格して勉強できないという想像もしていなかった現実に私達は怒りとも悲しみともいえない複雑な気持ちでいました。
ルーマニアの彼は音楽院に合格した証明書ではなく、入学しますよという証明書がなければ自国に帰ってもビザが取得できないし、戻ったらいつまたスペインに来られるか分からない。と、事態は私より一層、厳しいものでした。
その点、スペインに滞在するという点では私の場合、まだ何とかなる状況でした。

その後、なす術が無いのでとりあえず、彼とはそこで別れました。
その時点では“また会おうな!”と、ガッチリ握手をかわしたのですが、その後、彼とは会う機会がありませんでした・・・。

私もどうしたものかと、帰り道、頭を悩ませていました。
この時点まですっかり頭の中から落ちていましたが、この編入試験に備えるため、プライベートでソルフェージュを勉強していました。チェロ先生という女性の先生です。旦那さんとは別れ、4人の娘さんを育てている、まさしくおっかさんというとても素敵な先生でした。
早速、電話をかけて試験の結果、状況を伝えると、チェロ先生も驚いていました。

その後、よくあったことですが、スペインではスペイン人自身、理解に苦しむことやシステムはままあることで、考えてみればこの日本でもあることです。が、当時の私にはこうした事態も初体験でチェロ先生には藁をもすがる思いで何とかならないかという相談をしました。

チェロ先生は快く相談に乗ってくれ、“色々と心当たりに聞いてみるわ”と、電話を切りました。チェロ先生からの連絡は意外にも早く、“あたしの知り合いが、別の音楽院にいるんだけど、そこでギターを教えてくれるわよ!先生はホセ マヌエルっていうの!“と、電話の向こうからは“よかったわね〜あんた!!”と、祝福してくれているのがよく分かる声でした。
私も嬉しさで一杯でしたが、一方ではこんなにあっさりと事が運んでいる事に対してやや懐疑的でした。

“まだ、入学手続きをするまではわからない、スペインは恐ろしい国だ。”と、嬉しくて仕方がないことなのに気を許していない自分がどこかにいました。
しかし、あらゆる人脈を辿ってこんなに良い知らせをくれたチェロ先生には感謝してもしきれません。何か形にしたいと思い、食事に誘うと、逆に招待してくれて本当にお世話になった方です。

思えば、チェロ先生との出会いは新聞の広告欄からでした。
たくさんいるソルフェージュの先生からチェロ先生を選んだのは本当に運がよかったとしかいえません。

そんな訳で今度はホセ マヌエルと今後、奇妙な縁で結ばれることになりました。



aokijuku at 00:03|この記事のみを表示コメント(0)
最新コメント