【昨今】

2015年09月03日

飛鳥兇叛朕更舛能于颪

河辺さんは先週から帯状疱疹にかかってしまい、現在闘病中です。青木塾の段取りやアポのお願いなど、河辺さんがいないと小生ではうまくいかず、河辺さんの行動力のすばらしさを改めて実感しております。
一日も早い、快気をお祈りしております。

ところで、先週の週末は青森県のお客様を伺い、少し時間があったので青森港に行ってみました。

すると、なんと「飛鳥供廚停泊していました。
横浜港で一度見かけたことがありましたが、横浜港自体が狭いのと飛鳥兇梁腓さでとても写真に納まる状況ではありませんでした。
さすが、青森港は広々としていて、尚且つ、客船や飛行機は普通は左舷が岸壁に接岸していることが多いと聞きましたが、ここでは右舷を接岸していて、とてもきれいに全身をカメラに収めることができました。

前回の青木塾ではこの飛鳥兇痢屮┘鵐拭璽謄ぅ鵐瓮鵐肇繊璽狡后廚諒が参加してくださり、いろいろお話を伺いましたが、この美しい船体を見ますと改めて感動しました。

見物者は一様に、「いつか乗ってみたいねー」と言葉を発していました。

*写真をクリックすると大きくなります。

P1110759


P1110772P1110746

aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)

2015年01月07日

ダイエット

2015年を迎えるにあたり、今年は何か飛躍的な変化を体感しようと思っていました。

昨年は、ここ10年の内でも一番知人の死亡が多い年でした。昨年末になると喪中はがきで知らされる死亡も多く、私のことを知っているご家族の方は、必ず「青木様も体重に気を付けて・・・。」という言葉を必ずいただきました。

今までは、「苦労が身に着く体質」ということで半ば冗談で逃げていたが、今年は一念発起、ダイエットをしてみようと思います。

どんな方法が良いのか、ここ数週間で情報を集めて本気で取り組もうと思います。

もちろん、健康のためですので過激なのはしないつもりです。

乞うご期待!

aokijuku at 00:05|この記事のみを表示コメント(0)

2014年11月26日

久々の富士山

P1100517海外の友人から、最近富士山の写真が無いのが寂しいとメールをいただき、久しぶりに富士山を機内から撮りました。
先週の週末、大阪へ向かう機中から撮りました。

雪化粧もまだ、薄っすらとしていてなかなか上品な富士山です。夏場の富士山もそれなりに素晴らしいですがやはり雪がないとなんとなく間の抜けた感じがします。

P1100522この秋から、機内で携帯電話を動作させることができるようになりました。
久々にきれいな姿を拝めましたので、携帯(ガラ系)の待ち受け画面用にも撮りました。

aokijuku at 12:13|この記事のみを表示コメント(0)

2014年11月12日

たかがカレー、されどカレー

P11004342012年の販売時には購入できなかった、「航空自衛隊小松基地 隊員給食カレー」の第二弾が発売となり、本日やっと購入できました。

第一弾の発売では即完売となり、第二弾の販売を小松空港に行くたびに確認していたのですが今日やっと入手しました。

価格は一箱(一食分)750円と、普通のスーパーにあったら絶対買わないと思いますが、箱の下には「この商品の売上の一部は小松市内の青少年健全育成のために使われます。」と明記されていました。
それにしてもレトルトで750円とは・・・。

ところが、第一弾で購入した人たちのブログや口コミでの評価は非常に高かったのです。

P1100435基地内での給食カレーを忠実に再現したとありますが、その「原材料名」を見てびっくり!地元産のトマトをふんだんに使用しているのはわかりますが、いか・バナナ・オリーブ油・ウヰスキー・焼酎・レモンジュースまで入っています。

コクを出すのに、基地内で受け継がれていった隠し味のオンパレードのようです。

果たして味は?しばらく飾ってから食べることにします。食べた際にはまた報告します。

aokijuku at 00:06|この記事のみを表示コメント(0)

2014年10月15日

秋茄子は嫁に食わすな?

先日、椿山荘で行われている「文化講座」に知人の山野上先生が講師をされると聞き参加させていただきました。

陰陽五行に精通された方で、この日は「重陽の節句」のお話を聞くことができました。

また、そこで初めて「秋茄子は嫁に食わすな」の意味を知りました。
先の文字通り「秋茄子は体を冷やすのでお嫁さんには食べさえない方が良い」とばかりを今まで信じてきましたが、実は語源は、鎌倉時代の夫木和歌抄(フボクワカショウ)の中の歌
「秋なすび わささの粕につきまぜて よめにはくれじ 棚におくとも」

というものだそうです。
わささの粕とは今年とれた粕のことで、実は「よめ」は(嫁)ではなく(夜目=ねずみ)
というのが正当な解釈だそうです。

秋茄子を今年とれた粕に漬けて、ネズミに食べられないように棚にしっかり置きましょう
という解釈が正しいようです。

aokijuku at 00:05|この記事のみを表示コメント(0)
最新コメント