【情報手帳】

2010年03月13日

情報手帖 3 「伝承医学」という西洋医学以外の医療

先にブログでご案内しました3月29日(月)の講師である島田修先生に出会うまでは
伝承医学」という耳なれない医学を知りませんでした。「伝承医学」のことを多く
の皆さんにもぜひ知って頂きたいと投稿しました。
「伝承医学」とは、総合的な人間医学であり心身救済のための医学だということです。1,500年前 光明皇后の開設された「施薬院」が始りです。寺に寄進、無償で治療が行なわれたようです。病気だけを治すのでなく、病者を救うのが教えです。病人自らが自らの意志と体内の自然治癒力をもとに自然法則である「伝承医学」の指導原理に従い実践することにより完治に至るのです。
島田修先生は30数年この「伝承医学」を追求され、従来の枠内にとらわれず、西洋医学(現代医学)と「伝承医学」を融和させた新しい統合医療(ニュー・インテグレイ
ト・メディソン)の道を開き、全ての未病に対応できる医療体制作りが必要不可欠であると考えておられます。島田修先生は、その為に熊本と東京深大寺(近く、長野県安曇野に開設)に「施楽院」を開設、製薬会社2社を持ち自然生薬も作られ、「びわ種子のエキス」(高知大学医学部附属病院薬剤部が「びわの効用」を研究報告している)による「ビワ温圧療法」治療を広めておられます。(※ビワの効用、温圧療法については次回紹介します。)

日本古来に伝わる「伝承医学」が戦後GHQにより、この医学が禁じられたというのです。そのアメリカの医師が古来より伝わる医療の効果を認め、アメリカ人の半数が伝承医療」を利用しています。ドイツやイギリスでも60〜70%の人達が西洋医学(現代医学)と「伝承医療」の両方を利用しているといいます。先進国では西洋医学が普及していますが、その他の国々では「伝承医療」が広く行われており、国連では「伝承医療」の専門家を再教育して技術を高め、「伝承医療」を上手に活用して世界の医療水準を引き上げる取り組みを進めてきています。
日本でも病院や診療所で患者の状態に合わせて併用するところが増えてきています。
細菌による感染症こそ西洋医学に及ばないものの、病気の予防や初期治療、慢性病の治療にも役立つうえ、今さわがれている「うつ」などの精神治療に大きな効果が証明されています。

3月29日(月曜)午後2時から築地本願寺「ブディストホール」で開催されます「伝承医学」の島田修先生と現代医療「うつ」の権威小林正信先生の西洋医学から見た「伝承医療」の検証の講演をぜひ聞きに来て下さい。お待ちしています。


aokijuku at 00:05|この記事のみを表示コメント(0)

2010年02月13日

フクオカマーケット

福岡に笠榮一という知人がいます。実に精力的な人物です。
1943年生まれの66歳ですが、今日東京に出てきたと思ったら、翌日には沖縄にいて、翌々日には韓国といった具合です。(少し表現がオーバーです。)重い荷物(キャリーバック)を引きずって歩速が又早いのです。一般の人の倍速です。並んで歩くのに息切れします。この笠さんがコーディネーターとして参画している「フクオカマーケット」があります。協会会長は九州電力(株)相談役の鎌田迪貞氏です。協会会員、銀行・商社・メーカー・証券会社等での様々な分野から参加しています。
毎月マンスリーマーケット(毎月20日頃)を開催し、ベンチャー企業の資金調達、販
路拡大、技術の提携、業務提携などの支援をしています。又、年2回(毎年1月、7月)展示会等を開催しています。このマーケットは福岡だけでなく、九州全域、日本全域、アジア地区(福岡、アジア新時代創造特区)にも拡大して、新しい出会いの場を設けています。3月18日のマンスリーマーケットには、河辺さんの紹介で知り合った大坪風貴子さんが支援している高性能マスクを開発販売している螢皀船ゼ(鳥取市)と私の関係先でLLC(新時代の蛍光灯)の販売元、つばさインターナショナル(有)が参加します。
地方発信ですが、新しい出会いの場として期待できます。景気低迷、アジアに追いつ かれ、追い抜かれ、日本政府に期待が持てない時代に、地方が頑張っています。青木塾の皆さんもぜひ参加してください。
(財)福岡県産業・科学技術振興財団。ベンチャーサポートセンター
     http://www.ist.or.jp/ven/


aokijuku at 00:05|この記事のみを表示コメント(0)

2010年01月23日

社会環境の歪み!うつ病など気分障害の患者が急増

財)仁泉指導会講演会3月29日(月)

仁泉指導会という財団がある。なんと大正15年(1926年)7月15日に時の内閣総理大臣田中義一が大正天皇の下賜基金によって設立された(2010年で84年)由緒ある恩賜財団である。*田中義一は「健全な児童を育成するにはまず健全な家庭生活が基本である」と説いています。田中義一は常に目を世界に向けると同時に、我が国固有の文化を尊重し、一貫して教育信条を通し「日本の将来を担う児童育成教育こそが重要である」と決意し、財団を設立し自ら初代理事長に就任し、その目的達成のため生涯を当財団に捧げました。この由緒ある財団の事務局長に昨年就任しました。現在まで公益法人の運営に携わったことがなく右往左往しています。

この財団で3月29日(月)午後2時から築地市場の隣にある築地本願寺の「ブディストホール」で、子供から老人 / うつから認知症(副題:皆の健康観が正しい方向性を向いて生涯健康)をテーマに講演会を催します。
今、現代病の一つとして「うつ病」など気分障害の患者が急激に増えている。急速な社会環境の変化についていけない。職場での人間関係が作れない。日常的な悩みによる落込み等も病気でないかという人が増えている。同じことが子供達の世界でも起こっている。厚労省のデーターでは、中学生の10人に1人は「うつ病」だという。
潜在的には5人に1人ともいわれる。原因は様々だが、配信機器が発達し、日常のコミュニケーションがとれない他、家庭での食事の乱れがある。満腹になるだけの食事はバランスが悪いと健康を維持できなくなり、副交感神経が低下する。このこともうつ病」の原因になる。又、運動能力の低下も副交感神経の低下につながり、脳の活性低下にもつながっているというデーターもある。食事のバランス、運動低下は高齢者の認知症にもつながる。人間がこの世に生まれ死ぬまで「意識の成長・進化」であり、その為には、バランスの良い食事と適度な運動が大切です。

この度の講師の島田修先生は、30数年の歳月をかけ、伝承医学にまつわる様々な技法を現代に再興−本来人間に備わっている自然治癒力(免疫力)について活動されていて、「日常生活とメンタル面の方向性」を話していただきます。
又、小林正信先生は安曇野で「虹の村診療所」を経営、有名な「うつ病」の権威でこころの教育・メンタルヘルスケア」を話していただきます。
余談ですが、安曇野の「虹の村ブランド計画」にこの計画を支援されている島田修先生と先日訪ねました。驚きました。他所から治療にきていた家族が移住。皆さんの協力で社会復帰の施設が作られていて福祉村ができているのです。その上に「虹の村ブランド」の計画が立てられているのです。テーマは「子供と老人の『共生』・伝承医療と西洋医療の『統合』・『生』と『死』の『教育』」で、新たなブランドが誕生しようとしている。感動しました。「意識の成長・進化」を追い求められている両先生の講演をぜひ聞きにきて下さい。無料です。

*添付:田中義一 / 山口県萩市出身 / 1864年−1929年 / 日本陸軍軍人から第26代内閣総理大臣


aokijuku at 00:05|この記事のみを表示コメント(0)
最新コメント