2023年01月28日

ビュッケブルグ歳時記 289

Kampf-panzer (高精度を持つ戦車)の登場


 先回のBlog ではウクライナへのSchuetzen-panzer (防護戦車)の提供についてお知らせしましたが、新年になっての戦争状態から、表題の高度性能を持つ戦車の要求が大きくなり、1月25日にショルツ首相が沈黙を破り、ドイツ製造の精度世界一と言われている Kampf-panzer ”Leopard 2PA6“ の提供に同意するとの発表がありました。
 アメリカからの30台の ”Abrams 戦車との合同提供への複雑な経過は日本にも報道されていると思われますので、このBlog では ” Leopard “ について知ったことをお知らせしてみます。


* ウクライナが ” Leopard “ を要求する理由は?
 今まではウクライナはロシヤ製の古い戦車を使用していたが、国際交付が進んでいる 最近はドイツ産の “Leopard2” を欲しがっていた。
 1月の初めにドイツ外務大臣が東ウクライナを訪問した折に、ウクライナ外務大臣は「この戦車を提供してくれないと、ウクライナの兵隊の死亡数は多くなる一方である」との苦情を訴えていた。
 このようにウクライナは西からの兵器に頼っている。


* ”Leopard” の価値が上がる理由は?
 ドイツで1978年から Kraus- Maffei Wegmann 社は戦車製造を始めた。”Leopard 2A7“ の重さは60トン、体長は10mで、2014年から納入が始まり現在までに3500の戦車が生産されている。
 世界の14の国々がこの戦車を使用している。

 この戦車の主眼精度は:・120Millimeter-Glattrohrkanone(直訳は120ミリメーターの円滑大砲)で、停止していても、走りながらでも数千メートル離れている敵を射撃できる大砲を持っていることである。
 このほかに・時速70kmと動きの速いこと・走りながら大砲を打てること・モーターはDiesel で動くという経済的なこと・数キロを後方運転ができる、etc。


* ドイツ国とLeopardとの関係
 ドイツで生産されたこの戦車を他の国に売った場合、「買った国がこの戦車を他の国に提供する場合には、生産国ドイツの許可を必要とする」との条約がある。

 今回はポーランドがドイツの許容なしにウクライナに提供すると主張していたが、ショルツ首相の声明にはこの許可も含まれているので、障害なし。


* 首相の提供宣言はあったが、実際の提供可能性は?
 答えを先に言うと「?」である。この戦車の製造には1年がかかるので、今、必要な戦車は連邦国防軍にあるものを提供することになるわけだが、その詳細をここで明らかにすることは自国の軍備状況を明かすことになるのでできないが、2025年までに320の戦車を、との計画があるので、古いものを整備して提供することになるだろうとの記事が、ある政治雑誌の中で読めるということです。  


* 法律上での問題はないのかとの問いの答えとしては、ウクライナは自衛の戦争をしているので、ドイツが武器を提供しても交戦団体とはならない、ということです。 


 このような状況が今のウクライナ戦争の現状のようですが、一般市民の私はやはり戦争を仕掛ける国が人間的感情を失わないようにと切に願うばかりです。

aokijuku at 00:30│コメント(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
月別の記事一覧
最新コメント