2023年01月03日

【From America】「魚の盛り付け方」

アメリカのウインドゲイト緑です。

アメリカから日本の皆様に向けて「あけましておめでとうございます。」 
今年もFrom Americaをよろしくお願い致します。

魚盛り付けお正月と言えば、たくさんのお節料理が食卓に並ぶと思いますが、タイの尾頭付きもお正月の料理に欠かせない縁起物ですね。「めでたい」という言葉からタイは縁起物です。
日本では魚の盛り付け方と言えば、必ず頭が左側、尾が右側と決まっています。それが当然と思っていました。ですから、そうではない盛り付けで魚料理が出てくるまではこの盛り付けが正しいものと思って不思議にも思いませんでした。しかし、アメリカでは必ずと言ってよいほど、日本とは逆の頭が右、尾が左で魚料理が出てきます。何故なのか? 不思議に思って調べてみましたが、「日本人は右利きの人が多いから、頭を左手で押さえて右手のお箸で食べるため」 「日本では左側が上座に当たるから」などの他、諸説色々あるようです。

世界中を見回すと、欧米のシェフの料理本などではどうも魚の頭が右側に来ている物が多いように思います。日本では当たり前のことでも、世界から見るとマイナーな常識もあるようです。

しかし、日本には日本の良さがあり、日本人がそれを大切にしていくことは実に大切なことです。
お正月にめでたい「タイの尾頭付き」を召し上がって、今年も沢山おめでたい事で一杯にしてくださいね。

今年もどうぞよろしくお願い致します。

aokijuku at 00:30│コメント(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
月別の記事一覧
最新コメント