2022年11月08日

【From America】「人手削減」

アメリカのウインドゲイト緑です。

最近の私たちの生活はたくさんのロボットやAIを駆使して、どんどん人間がやっていたことを機械が代わりになってやってくれるようになってきています。

今回は私がアメリカで最近遭遇した二つの人手削減の場合をお知らせしましょう。
マックドナルド先ずは、日本でもお馴染みのマクドナルドです。日本では受付の方が注文を聞いてくれて会計を済ませ、番号をもらってその人の注文が出来上がるのを待って、受け取る、という形ですね。この方法だと、注文を聞く人、その注文を聞いてバーガーやポテト、飲み物を用意する人、と二つのチームの人員が必要です。
アメリカでは最近は写真のような大きなタッチパネルで注文をします。カード決済をして番号をもらいます。そこには全く従業員は居ません。勿論 その注文は厨房に行き、注文の品を用意する人は裏にいるのでしょうが、私が見かけたのは番号を呼んで注文を渡す人が一人いるだけでした。かなりの人手削減ですね。

クエスト次は血液検査をするラボの状況です。オンラインで予約します。その日時に行くと、写真の通り受付には全く人が居ません。タッチパネルで自分の名前を入れます。次は本人確認の運転免許証をかざします。写真認証ですね。その次には保険証をかざします。こちらも写真認証です。これで受け付けは終わりです。
待合室で待っていると、一分と違わない予約時間に血液を採ってくれる検査員が名前を呼んでくれて採決所に行きます。採決をして終わりです。なんとスムーズなことでしょう。受付の人手が削減されています。

こんな感じで、アメリカでは人間の姿を見ることが珍しいくらいになってきました。
電話応対で録音テープが流れて、「xxの人は1番を押してください」「〇〇の人は2番を押してください」と聞こえてくるときに、どの番号にも当てはまらないことで電話しているので「人間と話したい!!!」と思った経験があるのは私だけではないと思います。
今度は人間が居るはずの受付や注文の場に人間が居ません。機械の扱い方が分からない人はどうするのか? と心配になります。しかし、このような変化に消費者がついていかないといけない時代なのだと思います。
日本でもアメリカでもこんな風に人間がやっていた仕事がどんどん機械に代わっていくという現象は起こっているのですね。人手削減だと言ってもなんだかちょっと寂しい気がするのは私だけでしょうか?


aokijuku at 00:30│コメント(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
月別の記事一覧
最新コメント