2022年09月27日

【From America】「オミクロン対応のワクチン接種」

アメリカのウインドゲイト緑です。
日本のワクチン接種は、オミクロン対応のワクチンが始まったばかりと聞いていますが、アメリカでは現在、全てのワクチンはオミクロン対応の最新のものになっています。

アメリカでは、オンラインで予約が出来ますし、近所のドラッグストアで接種できるのでとても便利になっています。ワクチンを接種してくれるのは、医師でもなく、看護師でもなく、トレーニングを受けた薬剤師です。普通のドラッグストアの一角がワクチン接種の場所になっていて、予約があるために待ち時間はゼロ。料金も無料で、あっという間に終わります。接種後15分ほど店の中に居て様子を見てください、といわれますが、殆どの人は問題なく帰宅します。

オミクロンワクチン私も先週、このオミクロン対応のワクチンを受けました。お陰様で特に酷い副反応もなく、無事に終わることが出来ました。2週間しなければ効果は出ないので、ワクチンを接種したからと言っても安心しないでマスクをつけていてくださいね、という注意を受けました。

ワクチンを打ってもコロナにかからないという保証はないのですから、気をつけなければなりません。実際に、私のご近所の方はワクチンを打ったのにコロナに感染してしまいました。アメリカでは無料で自宅検査キットが配られているので、先ずは自宅で自己検査をします。それで陽性になった人だけが、念の為にWalk-inクリニック(予約がなくても行かれるクリニック)に行き、改めてPCR検査を受けていますので、日本のようにクリニックが感染しているか心配な人、証明書を出してもらいたい目的で行く人で溢れてしまうということは先ずありません。

相変わらずアメリカ人は殆どマスクをしていませんが、大統領がペンデミックは終わったと発表したこともあり、一般の人達は 間もなくインフルエンザと同じになっていくだろうと楽観視している人が多いようです。しかし、今でもコロナで亡くなる人もいるのですから、甘く見てはいけないと思って欲しいものですね。

日本の皆さんも秋になって涼しくなると風邪の時期が始まります。どうぞ気を緩めずにコロナ予防に気をつけながら毎日を送ってくださいね。



aokijuku at 00:30│コメント(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
月別の記事一覧
最新コメント