2022年09月24日

ビュッケブルグ歳時記 281

 総額 65Milliarden の「冬に向かっての市民に対する援助小包」が決議され、内容が発表されましたのでお知らせします。

* 高騰するエネルギー代金に関して・・・全ての年金生活者に対して12月1日に300ユーロが支給される。これは所得税を支払う義務がある。

* 大学生、専門学校生には200ユーロが支給される。 

* 児童手当(辞書には:ドイツでは公務員、年金生活者以外の市民に国が支給するもの、とあります)・・・2023年1月から、第1及び第2子に、18ユーロが増額された237ユーロが毎月支給される。また低収入家族への児童手当は2023年1月から、229から250ユーロへと増額される。

* 失業者には・・・新しく改名された “Buergergeld“ ( 市民金)として1月から500ユーロが支給される。この金額は今までの HaltzーIV(これまで使われていた失業者への援助金) の449ユーロよりも多額である。

* Midiーjobs(月額収入が1300ユーロまでの仕事)・・・の最高額を10月から1600ユーロに、2023年1月からは2000ユーロに格上げし、社会保険支払い義務を少なくする。

* 収入税・・・ある勤人が昇給した場合、それに合う税金を支払うと手元に残る額が少なくなりすぎる場合を考えて、収入税とインフレとの間の税額を考慮し、税金を少なくする。

* Homeoffice ・・・パンデミーの時期に施行されていた、日毎5ユーロ ー 年間600ユーロを税金から除く可能性は、今年までであったが、以後は期間制限はなしとする。

* レストランでの食事にかかる追加価値税・・・今までは7%だったが、9月の末からは無くなる。

* CO2ー価格・・・車を走らせるガソリンや暖房に使われるガスやオイルなどの販売会社に義務付けされる資金、1トンあたりにつき30ユーロを35ユーロに引き上げる計画は1年伸ばされる。同時に2025年には55ユーロとの計画も26年までと変更される。


 大雑把な援助小包(全部で65 Milliarden かかる)の内容はこのようなものです。 

 市民の反応はいろいろで、例えば「全部の年金生活者に300ユーロを支払うというのは不適当である。十分な年金をもらっている人にまで支給する必要はない」とか、「温暖化防御への支援が少なすぎる」とかの非難の言葉もあるようです。が、暖房費を節約するために暖かい Schlafsack を買ってきて長い冬の夜を楽しむ支度をしたとかの協力をしている若い世代のことも耳に入ります。

 日本の昔の国会と政治家しか知らない私には、市民に向けて国の方針を公開する連合政党に驚くと同時に、政治と市民が近い新鮮な民主主義の形が見えるように思われるのです。
 「国民から選ばれた連合政党の我々は、このような政治を国民に返す」という話し合いがあるように見えるのです。


aokijuku at 11:31│コメント(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
月別の記事一覧
最新コメント