2022年06月11日

ビュッケブルグ歳時記 274

Eurovision Song Contest (ESC) 

 この、 ヨーロッパとオーストラリアを含む国々を対象に年に一回開かれるポップ コンテストは日本でも知られていることと思います。
 今年はイタリヤの Turin で行われ、ウクライナが優勝しました。
 この結果について、ESC は ”政治的” であって良いのか、否かという議論が活発に行われているこの頃の事情をお伝えしてみます。

 世界最大の音楽スペクタクルである ESC は1956年に開始されたのですが、その目的は、二次世界大戦で戦い合ったヨーロッパの国々が、2度と戦いをしないで、欧州全体で平和に、仲良く暮らそうということがその目的であったということです。加盟している40國が団結して、平和に生きることの喜びを謳歌しようというわけで、政治的香りをあまり感じさせないのが目的であった様に受け取れます。

 しかし1982年にドイツのニコールが歌って優勝した「ちっちゃな平和」という歌は当時の平和を思わせる政治感に触れた歌であったことと、2016年にストックホルムでウクライナのヤマナが歌った「1944」はクリム合併に触れた歌であったことから政治の影が見えると言われています。

 そしてESCにおけるロシアの活動状況を見てみると1993年から参加を許されていた東ヨーロッパの国々の第一番目として、2001年には、最初のロシア圏の国としてのエストニア共和国が、ヨーロッパへの復帰として参加、そして優勝したことが「我々は音楽を通してソヴィエット帝国から解放された」とみなされ、勝利を狂喜したということです。 

 続いて2009年にグルジア国が ”Put in Disco“ で登場しようとしたところ、折り返しの ” We don’t wanna put in „ が ” We don’t want Putin“ に非常に似ていることからグルジア国の出場が認められなかったということです。 

 そしてロシアも2008年に一回、優勝したようですが、ウクライナは2004年と2016年に二回の優勝を勝ち取ったということです。
 そして上記のウクライナ人女性歌手Jamalaは、ロシアによるウクライナ人のクリム半島追放痛恨を、2年半後に”1944” の中で歌い上げたということです。

 『今回ウクライナに優勝をもたらせた Oleh Psiuk の Rap と Folk の混じった曲、「Stefania」は母親への愛の歌なのだが、この愛を大きく伸ばすとヨーロッパになり、ウクライナはその母の子供の一人であるということになる。この母の世界、すなわち自由主義のヨーロッパにロシアの入る余地はない。入るためには ”entputiniert = (プーチン除外) “ をしなければならない。しかしこれは一方からだけ出来ることではなく、ESC同盟の国々の意見と協力が必要である』
 このような説明とともに、今回のウクライナ優勝を歓迎するとともに、ESCは政治的であるべきだとの意見に同意を示している様に思われます。

 次の年のESCは今年の優勝国で開かれるのが 条例なので、現在の戦争状態を考えると来年の開催が危ぶまれるのですがラッパー Psiuk は「新しく発展した我が国、ウクライナで開かれる!」と、楽観しているということです。

 ドイツの若い人たちもESCの政治化には半々の意見がある様です。
 改めて政治の重要さを知らされる気がします。


aokijuku at 00:30│コメント(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
月別の記事一覧
最新コメント