2022年05月10日

【From America】「高速道路のスピードリミット」

drive fastアメリカのウインドゲイト緑です。
日本の皆さんはコロナウイルスが蔓延してから、電車に乗らずに出来れば車で外出したい、と思うようになったのではないかと思います。それが原因で道路の混雑が増したと感じていますか?

アメリカでは移動の手段が殆ど車です。リモートで仕事をするようになったので自宅勤務が多くなり出勤の必要が減って高速道路の交通量が減ったと言われています。それに伴い、道路が空いていることから車のスピードが速くなったと感じている人が多いようです。
本来なら、スピード違反は警察が取り締まりをするはずなのですが、警官も違反車を止めて運転手と直接話したり、書類にサインをさせたりする接触を避けたいので、スピード違反取締りが減ったように思う、と多くの人が言います。これは単に人々がそのように感じているだけで、本当かどうかは分かりません。勿論 目に余るほどのスピード違反は別ですが、道路を走る車の平均スピードが少し増しても、安全にかつスムーズに流れているのなら「良し」としようという気持ちも分からないではありません。

コロナによって人々の生活は本当に変わってしまいました。公共交通機関が充実している日本の事情と、車の移動が基本のアメリカでは、こんな風に違いが出るのだと改めて興味深いと感じました。

aokijuku at 00:30│コメント(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
月別の記事一覧
最新コメント