2022年04月26日

【From America】「イースター時に卵の値段高騰」

アメリカのウインドゲイト緑です。

4月17日はイースターの祝日でした。クリスマスほど日本では馴染みのないイースターですが、キリスト教徒にとってはとても大切な祝日です。

eggsイースターといえば卵。日本の皆さんもホワイトハウスの芝生でイースター・エッグ・ハンテイングを行う姿をTVで見たことがあると思います。ゆで卵をカラフルな色に塗ったり、プラスチックの卵(半分に割れて中にプレゼントが入るもの)を庭に隠して子供達がそれを探したり、イースターの食卓にも卵料理が並んだり、とイースターには卵は欠かせないものなのです。

所が今年のイースターの時期の卵の値段の高騰には皆が頭を痛めていたのです。
その原因は、ウクライナ戦争での物価高騰も関係しているものの、アメリカで鳥インフルエンザが流行して大量のニワトリを殺処分しなければならなくなったことです。
写真の卵売り場をご覧になればお分かりと思いますが、1パックの卵(写真はオーガニックの卵)が12個入りで$5.29です。ざっと日本円に直すと、現在は円安にふれているので$1を120円としますと635円になります。日本の1パック10個入りのものに比べても高いですよね。今年のイースターは卵で意外な散財を迫られてしまったアメリカです。

鳥インフルエンザは人間にはそんなに影響は無い、と言われていますが、鶏肉を避ける消費者は増えるでしょうか? 今後も鶏肉は6−7%の値上がりするようです。 卵はゆで卵にするだけでなく、様々な料理やベーキングに使われるので2.5%−3.5%の値上がりが予想されるのは困ったことになりますね。
早く鳥インフルエンザが終息して、また手軽に鶏肉や卵が食卓に上ることに期待したいです。

aokijuku at 00:30│コメント(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
月別の記事一覧
最新コメント