2020年08月08日

ビュッケブルグ歳時記 232

今年の休暇

 この国の人たちの休暇に対する考え方は全く徹底していて、多くの人は夏の休暇のために1年間働いているような感じがあります。毎月、きちんと休暇用の費用を貯金して、ほとんどの人が夏が来ると太陽と海のある亜熱帯地、例えばフランスの海岸、スペインの地中海沿岸、イタリアやギリシャの海に浮かぶ島々、滞在費の安いトルコの海辺などで2−3週間、休暇を過ごすのです。

 この長年にわたる休暇の習慣が今年はコロナパンデミーのため狂ってしまったのですが、休暇希望者側と受け入れ側の運営経済を考える必要からか、コロナ規制が緩和されると同時に格安の航空機関も飛ぶようになり、多くの人が南の方向、とくに地中海に浮かぶマヨルカ島やトルコ海岸へ出かける人々が多いことがTVで報道されると、休暇にゆく人の良識を疑いたくなります。これらの地方がコロナフリーというわけではないからです。特にマヨルカ島はドイツと英国人の好む休暇地で、この二つの国の人がそれぞれに集まって、毎夜、馬鹿騒ぎをするバラマンと呼ばれる地区があり、今年もコロナ警戒が出されているにもかかわらずアルコールの消費が大きいパーテイ騒ぎが続き、あまりの騒ぎに当地の担当者からの警告と該当国の呼びかけで、この地域のバーや飲食店が閉店を強いられたと報道されました。このような障害があっても休暇に行く人たちが居ることに、休暇欲求が深く住みついていることがうかがえると思います。 

 このような休暇に対する考えが今年は変わってきているとの報道も多くあります。43%の市民は夏の休暇を中止とする。その中の25%が他の形の休暇を考え中ということで、その多くが外国に飛ぶことよりも、国内の良い所、風光明美な所を再訪問するなど、それぞれが特徴のある案を練っているようなので、例をお知らせしてみます。
 *ミュンヘンに住むカーロとハネスのコロナ前の計画はバルカン地方訪問だったのですが、急遽変更。「バルカンの代わりにバルコニエン滞在」と変えたということです。ここにはある冗談があるのです。ドイツ語では良く国の名前に ・・・ニエンとnien がつくことが多いのです。例えばブルガリエンとかアルバニエンとかクロアテイエンというふうに。そこから自宅のバルコン(バルコニー)にnien を付けてバルコニエンとして、あたかも外国の名のような呼び方をして結局は自宅滞在を意味するというわけなのです。そして近くに住む両人の両親を訪問し、数日を彼らと共に過ごすという家族訪問休暇を計画中。

 *レアと彼女の母親の旅はベルリンとバルト海を繋ぐ湖海岸で、水、水、自然界、それに続くのは又の湖というもので、彼女たちは泳いだり、カヌー漕ぎをしたりと体力養成の健康休暇となった。
 *クラウスは毎朝早起きをして、望遠鏡を持って近くの公園に急ぎます。何が目的かと言えば、最近になって街に戻ってきた鳥を観察し、彼らの歌声を聞くためです。近くの農作地では殺虫剤が多く巻かれるため、昆虫がいなくなったことが原因で野鳥が街に戻ってきて、姿とさえずり声が多くなったからです。

 このブログを書いている途中に、コロナの第2流行を防ぐためのテスト命令が出ました。
 1 8月8日の土曜から危険性のある地域からの帰国者は全員コロナテストを受けること。
 2 ドイツのほとんどの空港にテスト場がある。
 3 出国の地でもできるが48時間以内のものであること。
 4 この事例に反した者には罰金を科す。
 5 危険性のある地域とは130の国を指す。その中でも特に注意されるのはエジプト、
   トルコ、スペイン、ベルギーの諸国。
 

 この指令でコロナ第2波が防げることを切に願いつつ・・・

aokijuku at 15:27│コメント(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
月別の記事一覧
最新コメント