2019年11月09日

ビュッケブルグ歳時記 214

「本質におよぶ問題」

 に続き、「よりにもよって教育国家とかチャンスに満ちた国として教育を誇りとする我が国が、今、教師不足という実質的挫折状態に陥っている」とのタイトルで、今メデイアを賑わせているニュースをお知らせしたいと思います。

 不足しているのは主に小学校教師で、教育省の往年の概算が間違ったための現象だということです。人口少数化時代の教師育成数をそのままにしたため、出生率の上昇や避難民の増加などによる大幅な小学生の増加に追いつけないほど、初段(小学校)教師不足になっているのです。要するに教育省の怠慢が原因というわけで、2025年までに26300人の教師が不足するとの調査結果が出ています。
 この教師不足は、現在ドイツ全国にある学校の45%が被っている災害なのです。
 ちなみにこの国の教師課程は、10ゼメスター(5年間)勉学の後、2年間の試補研修期間が必修で、医学、法律部に次ぐ長い教育期間が必要です。

 この不足補充には次のような方法がとられています。
 一番多いのが ”横入り教師”と呼ばれる、何らかの専門課程、例えばゲルマン語学、物理、政治学などの勉学は終えているが教師資格は持っていない人が、急場の教授法や教育学の講座を受け教師として教壇に立つという方策です。ベルリンでの、昨年新しく教師になった人達の70%がこの種の教師であるとのニュースには驚きました。その他、定年後のギムナジウム教師が希望して、格を落として小学校教師となるとか、ある東州(ここで、この国の教育は連邦制であることを思い出していただきます)では父兄が教壇に立たなければならないという窮状態に陥っているということも聞きます。

 この”横入り教師”についての賛否意見を書いてみます。
 この制度は学校教育に害を及ぼすか否かの質問に対して、Ya(害あり)ーーの意見を持つ46歳の教師本職のP.さんは「短期間での教育法などの急場講義が十分ではないため、”横入り先生”方からの質問が多く、助けたいとは思っても自身の問題でいっぱいの専門教師にはストレスになることが多い。また社会的下層階級の子どもの指導には向かない。この方策を続ける場合には、教育学と教授法の講座を長期にして必要事項を充分学ばせると同時に、教壇に立つ前に専門教師の授業を聴講する期間を長く持たせる必要がある」との意見です。
 Nein(害なし)ーー「”横入り教師”は 教師として一級下の救急教師ではなく、ある意味で 広範囲にチャンスをもたらす改革者となる可能性を持っている。学校とは勉強、知識蓄積の他に様々な事を学ぶ所でもあるはずだ。例えば障害児童との包含クラス生活や、外国人とか他文化との融合などを学ぶ所であることを思うと、”横入り教師”はこれらのことを指導するのに適しているのではないか。本職教師は悲観するのを、父兄は文句を言うのを、ジャーナリストは揶揄するのを止めるべきである」が、38歳のH.氏の意見です。
 
 この国は9月が新学期の始まりなのですが、わたしの通っている小学校も教師不足の影響を受けています。友だちのアナは午後からの生活指導をしている、教師資格を持たない準教育者なのですが、今年の夏休みの最後の週は、研修期間になって、休みが短くなった、とぼやいていたのです。これは、午前中に本職教師ができなかったことを、準指導者の彼女たちが午後、子供達に教えるという教師不足の被害対策であることに気がつきます。

 一国の、明日の建国は子ども達にかかっていると思うと、教師不足は、冒頭の「本質におよぶ問題」であることがわかります。教育の国ドイツの将来が危ぶまれることのないように願いながら・・・ 


aokijuku at 11:49│コメント(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
月別の記事一覧
最新コメント