2019年02月12日

【From America】「アルツハイマー対策が望まれる」

アメリカのウインドゲイト緑です。

日本でも将来大幅に増えると予想されるアルツハイマーを含む認知症問題は、アメリカでも同じです。

認知症問題アメリカもメモリーケアー専門の老人ホームを次々と建設していますが、やはり家族が自宅で看てあげたいと思うのは洋の東西を問わず同じです。しかし、自宅でアルツハイマーの老人の面倒を看ることは、ケアーをしている家族の負担が多く、60%の人がストレスを感じると答え、40%の人は看病が原因でウツになっている、というアンケート調査結果が出ました。

アメリカ人は陽気で明るい。何事にも前向きで積極的。というイメージがありますが、この問題に関しては、さすがのアメリカ人も今のところ、これと言った対策が見つからず困っているようです。

これから先に、この問題は日米ともに、そして世界中が真剣に対策を考えないといけないところまで来ています。アルツハイマーに効果があるといわれていた薬も、どうやら副作用が強いのにその割に効果が得られない、ということが分かってきたので、フランスではこれらの薬を保険適用から外した、ということです。それに代わる新たな薬の研究も頑張って貰いたいですね。


aokijuku at 00:30│コメント(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
月別の記事一覧
最新コメント