2019年01月20日

目と耳を塞がれて。

先日某銀行に会社の届印の変更をするため、口座を開設した支店まで行きました。
久しぶりに行ってみて、待合所がホテルのラウンジのようになっていたのにまず驚きました。

整理券を渡され待つことになりましたが、それは覚悟の上、持参した本を読み始めました。
ホテルのラウンジなみに整えられた待合所でしたが、順番が来たときのお知らせは他の銀行と変わらず大型の液晶画面に番号が出て更に音声で番号が呼ばれるシステムです。

待つことを覚悟していたとはいえかれこれ50分ほど待ち、本を読み終えてしまいました。
あとはいつもの癖で人間観察をしたり掲示物を見たりしていました。

更に暫くして、私の一つ前の番号が掲示され、同時に機械音声が響きました。
しかし、誰も反応せず音声は4回繰り返されました。私は前の番号の人は帰ってしまったと思い、次に私の番号が呼ばれることを疑わず移動の準備を始めました。

すると、カウンターから女性行員さんが現れて、番号を呼びながらラウンジを回り始めました。それはかれこれ5分ほど続き私の斜め前の人の荷物の上に置かれた整理券を見て、その人の視界に入り微笑みました。

その人はイヤホンを外し、行員から順番が来たことを知らされ、無造作にカウンターへと進んで行きました。

彼がスマホゲームをしていたのは私も後方から気付いていました。おまけに両耳をイヤホンで塞いでいたのですから自分の呼び出しに気付かないのは当然でした。
驚いたことに辺りを見ると、ほぼ半数の人がイヤホンをして何やらスマホに見入っていました。

因みに順番が来て、私の手続きは書類の確認だけでしたので5分も掛かりませんでした。

そう、行員さんが彼を探していた時間より短かったのです。


aokijuku at 12:33│コメント(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
月別の記事一覧
最新コメント