2018年06月05日

【From America】「チキンスープ」

チキンスープ日本では体調が優れない時、病気になった時の食べ物として代表的なのは「おかゆ」でしょうか。アメリカでは「チキンスープ」と言われています。

風邪を引いたときにはチキンスープを飲んで治しましょう、ということは古くは12世紀からいわれているそうです。それは本当なのか? という健康雑誌の記事がありましたのでご紹介しましょう。チキンにはアミノ酸が含まれており肺の中のねばねばした痰を薄める効果。暖かいスープは鼻詰まりを楽にして脱水を防ぐ効果。のどの炎症を抑える効果。など医学的にも根拠があるそうです。ポタージュなどのとろみのあるスープではなく、クリアなスープは水分と塩分がはっているので、脱水を防ぐ効果があり、普通その中に様々な野菜が入っているのでそれも身体に良い。チキンスープは特に風邪、インフルエンザ、などの炎症を抑えるのに効果が高い。ということで、おばあちゃんの知恵として言い伝えられてきた「チキンスープは」本当に効果があるそうです。

そこで、様々な病人が集まる病院の食事にもこのチキンスープをメニューに取り入れていることが多いようです。大勢の食事をまかなう病院の調理場では、なんと鶏を丸ごと大鍋に入れてコトコトじっくりと煮込んで作るそうです。

日本はこれから梅雨に入り冷える日もあります。その後には暑い夏がやってきます。暑いときに冷たいものばかりを食べたり飲んだりしている時にも、このチキンスープは役立つかもしれませんね。チキンスープは一年を通して、私達の体調を整えてくれる優れもののスープだと思います。日本の皆さんも、体調が優れない時には是非チキンスープをお試しください。


aokijuku at 00:32│コメント(0)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
最新コメント