2018年04月10日

【From America】「ハイテクの歯医者さん」

アメリカのウインドゲイト緑です。

日本の歯医者さんといえば、一本の歯の治療に何回も足を運ばないと治療が終わらない、というのが一般的だと思います。私がアメリカに住むようになって以来ずっと感じているのは アメリカの歯医者さんの治療は日本に比べると実に早いということです。殆どの歯の治療は一回で終わり、クラウンをかぶせる場合には型を取って、仮の歯を入れて、1週間後には本物のクラウンが出来上がって、それを入れて終わり、というパターンでした。

ところが、最近はコンピューターを駆使して歯の写真を様々な角度から撮り、その情報をコンピューターに入れます。その次には歯医者さんにある小さな3Dプリンターのようなものがあっという間にクラウンを削ってくれます。その時間はわずか8分。その次には、こちらも小さなオーブンのようなもので焼く作業が12分。合計20分でその場でクラウンが出来上がり、そのクラウンをはめ込んでくれます。たった一回の歯医者さんの治療で全てが終わってしまう、という夢のような治療が大病院などではなく普通のクリニックで可能なのです。

数年前からその話は聞いていましたが、今回 実際にその削る作業からオーブンに入れて焼く作業。そしてクラウンが出来るまでの工程を見せていただきました。写真を見ていただくのが一番ですが、とにかく早い。これが一番嬉しいことだと思います。仕事が忙しい人がなかなか歯医者さんに行かれないのは、一旦 治療を始めると何回も通わなければいけないので仕事に影響が出るから歯医者さんに行くことが出来ない、というビジネスマンやビジネスウーマンがどれほどいることでしょう?

仕事をしながら病気の治療は難しいです。日本ではその事情を理解してくれるお医者様が増えて、最近は夜遅くまで治療してくれるクリニックや週末にオープンしているクリニックが出てきたことは実に嬉しいことですね。歯医者さんもスピーデイーに治療工程を短縮できるクリニックが増えることを期待したいと思います。

歯医者01


歯医者02


歯医者03


歯医者04


aokijuku at 00:00│コメント(0)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
最新コメント