2018年02月13日

【From America】「子供のうつ病」

アメリカのウインドゲイト緑です。

うつ病日本でもアメリカでもうつ病に悩む人は大勢います。心の病は身体の病と違い、血が出たり、痛い痛いと痛みを訴えたりすることがないだけに、周囲に理解してもらうのが難しいものです。

今まで、うつ病というのはある程度の年齢になってから、社会性をもった生活をしていく間に様々なストレスなどを抱えていることが原因で発症すると考えられていたようです。しかし、最近のアメリカの研究では小さな子供でもうつ病になる。その年齢は3歳の子供もうつ病になっている、ということが分かったそうです。そして、そのうつ病は大人になっても続いていくそうです。アメリカのうつ病治療というと直ぐに頭に浮かぶのは、心理セラピストに会って自分の心のうちを話す、というものです。しかし、まだ会話もしっかり出来ない、語彙の少ない3歳児をどうやって診断、治療するのでしょう?

小さい子供のうつ病のサインは、普通の子供以上にぐずったり、泣いたり、怒ったり、ということが挙げられていました。治療は親子で行い、医師のモニターの下で子供と遊んだり、本を読み聞かせたりして、そのような子供に対してどうやって周囲が対処していくかを指導してもらう方法が紹介されていました。
小さい時にうつ病を治してしまうことが、うつ病患者を減らす一番良い方法だとTVでは伝えていました。

現実的には一体何人の人が、自分の子供のうつ病を発見すること、治療をすることが出来るだろう? 見逃してしまうことも多いのではないか? と思いましたが、ふと「三つ子の魂百までも」という言葉が頭に浮かびました。

少しでもうつ病を減らすことが出来ると良いですね。


aokijuku at 00:00│コメント(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
月別の記事一覧
最新コメント