2018年01月30日

【From America】「インフルエンザで死人多数」

アメリカのウインドゲイト緑です。
Flu今年は世界中にインフルエンザが蔓延していることはご存知と思います。日本でも今年は猛威を振るっているそうですが、アメリカのインフルエンザは死人多数で国民に恐怖感をもたらしています。

インフルエンザの予防注射が今年の場合は10%しか効き目がない、という報道がありましたが、それを証明するかのようにアメリカ全土でインフルエンザが蔓延しています。地図を見ると、ほぼ全部の州が真っ赤になっていて、流行の物凄さを感じます。しかも、「H3N2」というウイルスの威力がとても強くて、10代のホッケー選手や40代のマラソン選手など、一般人よりも体力があり健康に自信がありそうな人達でさえも、病院に担ぎ込まれて18時間後には死亡してしまう、という怖いニュースが流れます。

アメリカ全土でインフルエンザを発症している数は、毎日TVで数字が更新されています。5万人が7万人に、そして私の知っている最新情報では1100万人と言われます。この文章を読んでいただく頃には、もっと数字が膨れ上がっていることでしょう。

予防は先ずインフルエンザの予防注射をすること。たとえ10%しか効果がなくても、やはり注射はしたほうが良いそうです。こまめに手を洗うとかうがいをする。人ごみに行かない。など今まで知っている事ばかりで、特に新しい情報はありません。

ひとつ希望の星と思えることは、インフルエンザ予防注射の研究が進んでいることです。現在は毎年 流行しそうなタイプのインフルエンザ・ウイルスを予測して予防注射を用意していますが、将来は全ての可能なインフルエンザ・ウイルスに効果のあるワクチン(Universal Vaccine)が登場して、5−10年間に一度の予防注射で済むというお話です。そのワクチンが登場するまでは、毎年の予防接種とこまめな日常の注意点に気をつけて自己防衛するしか手はないようです。

皆さん どうぞ気をつけてくださいね!


aokijuku at 00:00│コメント(0)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
最新コメント