2017年10月10日

【From America】「精子減少の原因は?」

少子化アメリカのウインドゲイト緑です。
日本の少子化は世界的にも有名で、アメリカのTVでは「後100年すると、日本人は居なくなる」と日本の低い出産率から割り出した数字を提示して、報道していました。少子化は日本にとって大きな問題です。その原因は若いカップルが結婚出産に消極的である、ということで「婚活」などという言葉も生まれています。

さて、アメリカでは全く別の観点から「子供が出来ない。出来にくい」という問題を取り上げていました。それは精子の数の減少です。これは日本だけのことではなく、世界的に問題になっているそうです。1973年から2011年にかけての調査では、精子の数は世界的に50%も減ってしまったそうです。そうです。これは日本だけの問題ではないのです。

その原因はどこにあるのか? あくまでも想像の事としながらも、例えばプラスチックの多用を挙げていました。確かに、私達の生活を見回すとプラスチック製品のお世話になっていることが多いですね。コーヒーカップとして保温性に優れた白いプラスチックのカップ。自動販売機で売られている様々な飲み物。肉や魚の販売に使うトレー。お弁当を入れるプラスチックの弁当箱。食品を包むプラスチックのラップ。などなど 数えたらきりがありません。とても便利で、重宝に使っています。しかし、その害にかんしてはあまり知られていなくて、アメリカではプラスチックのサインである三角の矢印、日本では「プラ」と書かれていることが多いと思います。あの三角の中に数字が書いてあり、この数字なら食品を保存しても安全ですよ。と分かるようになっているのです。当然ながら、数字によって食品に使えるものと使えないものに分類されます。逆に言うと、数字がないものは安全性が不明、つまり要注意、ということかもしれません。中国産の安いプラスチック容器は要注意だそうです。私も過日 TV番組でその数字のことを取り上げるまで、三角の矢印の中の数字なんて全く気にしていませんでした。

現代の生活の中からプラスチック製品を排除することなんて出来そうにありませんが、ちょっとした気遣いがもし少子化につながっているのなら、そして健康被害につながっているのなら、出来ることから始めてみるのも一つの少子化対策になるのかもしれません。


aokijuku at 00:00│コメント(0)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
最新コメント