2017年07月08日

ビュッケブルグ歳時記 158

民主主義にまつわり・・・


 今秋、この国では連邦議会選挙が行われることは、日本にも報道されていることと思います。各政党がそれぞれの政策プログラムを掲げて票集めに努めている今日この頃ですが、その中で、あるイヴェントが目に留まりました。ドイツでも初めての試みということですが、この国の、市民と政治とメデイア間の考えかたが示されているように思われますので紹介してみます。


 このイヴェントの名は「 Bundesleserkonferenz 2017」で、直訳では「連邦読者会議」となりますが、意味する所は、「全国の新聞愛読者と、各党最有力候補者5人との質問会談会」です。

 生き生きとした対話のある文化があってこそ民主主義は育つ、との意向のもとに、全国28の日刊紙のもつ「ドイツ編集局ネットワーク」が主催者です。特設のネットアドレスが作られ、選挙を前に、質問、希望などを持つ市民は、持つ問題をそこへ送る。集まった事項は編集者により厳選され、8月の末から9月の末に予定された、ベルリンのプレス会館で開催される5日間の会議日に、読者と有力候補者とが直接、質疑応答しようというイヴェントです。この会議出席希望者もネットで選出され、会議に招待され、政治家と直々に話し合う機会を与えられるというわけです。

 出席予定の政党は社会民主党、自由民主党、左党、みどりの党、ドイツのための選択肢党 の5党です。残念ながらメルケル首相は欠席です。
 

 現在、この国が向かい合っている一番大きな問題はEU圏の確保で、フランスとの連合結束から、EU 圏の国々を「ヨーロッパ連合国」のような形態にするまでの外交形成確立に関する問題です。その他、老年者社会となることからの介護問題、環境問題、年金問題、難民問題等々、数々の問題が浮かび上がっています。
 何処の国でも問題を抱えているのは同じだと思いますが、TVや新聞からはドイツは経済情勢も良、国としての安定性も良、民主主義も良く機能していると言われていることが耳に入ります。これは自国自賛だけではなく、外国からの声でもあるようです。 

 民主主義が上手く存在していることの原因は、議会が政府の意見に左右されること無く、一件を決定出来ることにあるようです。議員はその人の持つ意見に従って義務を果たせるわけです。政府からの拘束は皆無というわけです。これはメデイアに付いても同じで、報道することの内容も、報道先もその自由が確保されているわけです。意見の自由(日本では言論の自由と訳されています)と報道の自由が厳守されているわけです。


 このような民主主義を確保、持続するためには、これに対する市民の認識と、揺るぎの無い支持応援が必要とあります。そこから、このような国になるためへの筆頭行事として、今回ご紹介する「話し合い」イヴェントが施行されるわけです。これは、国も市民も絶え間無く、このような国を作ろうと努力していることを示していると思います。
 民による政治が行われるために、この国では人任せにせず、市民が率先して取り組むという感じです。このことは、いつも同じことになりますが、政治が国民に近いということから、国民も民主主義の意味を知っていて、それへの期待を自力で達しようとする気概を造っているように思われます。
 「話すこと」がそれへの第一の必要事項だということは云うまでもありません。 


aokijuku at 00:30│コメント(0)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
最新コメント