2017年07月11日

【From America】「代理交渉人」

交渉人02アメリカのウインドゲイト緑です。

日本でもアメリカでも電話会社の様々なサービス合戦で「今 キャンペーン中だから こちらに乗り換えればお安くなりますよ」と声高に宣伝しています。
しかし、様々な美味しい話には裏があるのが常で、安いと思って加入したけれど、それは最初の1年だけ。後から、思ってもいなかった高額な請求金額に変化してしまった。或いは、全く同じサービスを受けているのに、隣近所の人はうちより安い金額だ。どうしてなんだろう? ケーブルTVとインターネットと電話が抱き合わせになっていて、請求書を見てもはっきりと金額が分からない。こんな経験はどなたにも多かれ少なかれあるのではないでしょうか?

こんな疑問、不満を解決するのに、勿論 自分で電話会社やケーブルTV会社に交渉することも可能です。しかし、それよりもプロの交渉人を雇ってはどうですか? というビジネスがアメリカに登場しました。えー? プロの代理交渉人? その人に手数料を払ったら、もっと高くなってしまうのではないか? こんな疑問が更に浮上するのも「ごもっとも」な話ですね。
写真にあるサメのぬいぐるみは、美味しい獲物の匂いを嗅ぎ付けて近寄ってくるサメの習性を利用して、美味しいディール(トランプ大統領の好きな言葉のディールですね)を見逃さないこの代理交渉人を表現しています。

TVのニュースでは、細かい様々なルールを熟知している代理交渉人なら、あなたに絶対特になるディールを見つけて、現在の高い請求金額よりずっと良い条件で再契約してくれる、という物です。報酬は、一回交渉した時の数パーセントを支払うだけで、写真の家族はなんと年間$2,311(約20万円)も節約できた、というお話です。
何事も「餅は餅屋」ということなのでしょうか? 様々な面白いサービスが登場するアメリカですね。

これを機会に皆さんもご自分の請求書を見直して、小さな字で書いてある詳細にも目を留めてみてください。
交渉人01


aokijuku at 00:00│コメント(0)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
最新コメント