2017年05月30日

【From America】「世界中の種を保存」

世界の種02アメリカのウインドゲイト緑です。

皆さんは「ノアの箱舟」ではありませんが、地球に何か大変なことが起こって地上の全てのものが無くなってしまった場合を想定して、世界中のあらゆる植物や穀物の種を冷凍保存している場所があることをご存知でしょうか?
その場所とは、ノルウエーの北にあるSvalbardという場所で「Global
Seed Vault」と呼ばれています。ここでしっかりと温度管理された場所に世界中の様々な「種」が保存されています。小麦の種だけでも150、000種類と言いますから、保存されている種の総数は想像を絶する数なのでしょう。なぜ、そんなに沢山の種類が必要か? 例えば麦ですが、それぞれの麦の種には特徴があり、今後 地球温暖化が進んだ時にどの種類が生き延びられるか? また、それぞれの麦の栄養も違うのでどの種類が大切になるか分からない、と言います。

世界の種01日本でも「地産地消」などという言葉もあるほど、その土地独特の野菜がある、もしくは「あった」ということを尊重して昔ながらの料理を再現して、絶滅寸前の野菜の種を育てて、復活させよう、という動きがあることを日本のTV番組で紹介していました。特に都会になって農業が廃れてしまった東京にも、その地域独特の野菜があったのですから、大切にしたいですね。
アメリカでも似たようなことがあります。
アメリカのある家族は、代々結婚する時のプレゼントとして指輪でもなくウエデイング・ドレスでもなく、おばあちゃんからお母さん、娘、そして孫娘へと受け継がれているパプリカの種を継承している、という話題を紹介していました。この種類のパプリカは、今となってはこの家族以外に持っている人がいないそうです。

世界中には1700のSeed Bankがあるそうですが、その総本山ともいえるこのノルウエーのGlobal Seed Vaultに日本の貴重な種も保存されていることでしょうが、新しく再発見された絶滅寸前の種も仲間に入れてもらいたいですね。



aokijuku at 00:00│コメント(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
月別の記事一覧
最新コメント