2015年05月20日

オリーブのクレタ島と海のシルクロード

今年もギリシャのクレタ島から有機オリーブオイル「バイオジョイ」が先月入荷した。待ちかねたオリーブオイル愛好の皆さんへの出荷が続いている。
そのクレタ島であるが、中国の李克強総理が昨年6月に訪問して州都イラクリオンでアルナウタキス知事と会談したことは、
日本ではほとんど報道されなかった。しかしその前の訪問地英国では、国家元首でもないNO.2の中国首相がエリザベス女王に会ったことが中国の力を示す外交としてメデアでは報じられた。
その帰り道に李総理はギリシャに3日間の公式訪問を行って、港湾・鉄道などの物流インフラ、造船・観光分野などで約50億ドル規模の経済協定を結んだ。すでにCOSCO(中国遠洋運輸総公司)が運営しているギリシャ最大の港ピレウスを訪問し港湾労働者と握手した李総理は、この港を“欧州への中国のGateway”,“地中海の真珠”と讃えて、ギリシャと協力して「世界で最も競争力のある港」にせねばならないと述べている。
現在、EUのギリシャ財政支援の瀬戸際の交渉が行われており、国有企業の民営化によるギリシャの債務軽減策の試金石としてピレウス港の67%民間売却(約8億ユーロ)が現実味を帯びてきている。買い手の最有力は言うまでもなくすでにターミナル運営を行っているCOSCOである。李総理の訪問によりその布石は打たれていると考えてよい。
では、李総理は超多忙の中なぜクレタ島へ行ったのか?それは、リビアの動乱時に中国政府が中国人を緊急避難させた時にクレタ島では知事が率先して迅速に救援の手を差し伸べてくれた友情への御礼とのことである。
しかしクレタに詳しい人によると,島の北西にあるSouda 湾の海軍基地の存在を中国は意識しているはずだという。この湾は
第二次大戦中にイタリアの小艇がイギリスの軍艦を攻撃して大打撃を与え海戦上有名な場所であり、地中海の海上戦略の要衝である。それとともに港湾として開発すればマルタ島のバレッタのように一大ハブ港となりうる可能性を秘めている。
中国と欧州をむすぶ海のシルクロードは、一歩一歩伸びているようである。


aokijuku at 13:10│コメント(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
月別の記事一覧
最新コメント