2015年03月09日

【明日の世界271】 マレーシア・カンボジア旅行記その7

04クアラルンプールのマジックハウス・バー&レストランにて
「どこの出身ですかとマジッシアンに聞きました」
「広島です」
「それなら手妻の藤山師匠を知っていますか」
「もちろん知っています。我々の業界では神様です」
藤山師匠が月1回広島に手品指導に行っていることを知っていることで上記の
質問になりました。
マレーシアにきて二日目昨年8月にできた高級マジックレストランに行った時のことです。2,3000円出せば美味しい料理が食せる時に5000円ですから高いほうでしょう。オーナーは日本人で4人のマジッシアンが日本から来ております。彼らのレベルはかなり高く、人柄もよいので必ずもっと繁盛することでしょう。マジックの腕がよいのと店が繁盛するのは全く別でどう持っていくのか支配人の腕でしょう。普段レストラン業務を手伝っているにしても4人もマジッシアンを日本からスカウトするには相当資金に余裕がないとできないことでしょう。支配人に聞きましたら客は日本人が多くどうやって現地の方に知ってもらうのかこれからの大きな課題であると。
05どうして一般の方が藤山師匠を知っているか支配人は不思議に思ったようです。


aokijuku at 00:30│コメント(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
月別の記事一覧
最新コメント