2012年02月27日

【明日の世界】No.113  「ジャズピアニスト、桑原あい」を聴く

羽田空港第二ターミナルのエスカレータ横のマルゴバーから流れるホイットニーヒューストンのボディーガードの主題歌 「I WILL ALWAYS LOVE YOU」 に前を通る人、エスカレーを降りる人(降りるや)皆立ち止まって聞きほれていました。

 ボイストレーナーの第一人者の野口千代子さんに誘われてジャズピアニストとして若手NO1の桑原あいさんの演奏を聴きに行きました。音楽に弱い筆者が軽い気持ちでのこのこ羽田空港まで行きましたが野口さんが横で解説をしてくださったのでジャズの演奏が多少理解できました。「上を向いて歩こう」「見上げてごらん夜の空を」「涙そうそう」をジャズ風に引くのですが、どこにポイントがあるのか横で教えてくださるので、考えてみるとこんな贅沢な演奏鑑賞はありません。

例えば「上を向いて歩こう」のリズムが何回かでてくるのですが、そこまでの演奏が全てアドリブで譜面なしそのアドリブがすべて違うのです。野口さんいわくこのレベルに達するには相当の才能と努力が必要で日本のトップレベルとのことでした。、残念ながら日本では大学でアドリブを教えるジャズは存在しないので、一流を目指す人はボストンのバクリーに行ってしまうそうです。


aokijuku at 00:05│コメント(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
月別の記事一覧
最新コメント