2011年12月17日

スペイン体験記 その16

ルーマニア人の彼と私は早速、指示のあった事務室に向かいました。
ちょっとした螺旋階段を降りて行く時間が心なし、スローモーションに感じたのを覚えています。

スペインに来てから約1年の間、ビザ抜けなどを駆使して滞在を伸ばし、異国での数々の洗礼を浴び、どうにかこの日まで辿りつけたという思いが駆け巡っていたせいかも
しれません。

そんな、思い入れたっぷりな気持ちで事務室の係の方と話しをしました。
やはり、事務室の方も「良かったなー、おめでとう!また、来年な!」と、開口一番、意味不明なことをいってきました・・・。

一体、「また来年」とはどういう事なのか、はっきりさせなければいけません。

「ん?また来年って?」
聞き返しながらも嫌な予感が漂い始めました・・・。

事務室の方は実に何でもないことのように、
「来年、また会おうな!」
と、私達に満面の笑みで応えます。

状況を理解していないルーマニアの彼もニコニコしております・・・。
一体、何事が起きているのかパニックになりましたが、事務室の方にいつから授業が始まるのか、入学手続きはいつやればいいのか具体的な質問をしてみました。

事務室の人間は実に不可解な様子で、こう答えました。
「君達は合格したけど今年は勉強できないよ」
「!?」私は意味が分かりませんでした。
理由を訊ねると、今年のギター科はもう定員が一杯だから私達の席が無いということでした。

私は、「は?」という、状態から怒りの「おい!」という状態へ移行し、結局、「あぁ・・・」と、哀しみしかない状態へと短時間で移り変わる経験を味わいました。

編入試験までしてこんな仕打ちは酷い!!
一体、なんの為の編入試験だ!!
一体、これからどうすりゃいいんだ!!

事務室の人間に当たり散らしてもなんら状況は好転しません。私がどうにもならないと諦め、事務室を後にすると、彼はこう言いました。
「そんなに急いでどうする?来年は入れるんだからいいじゃないか。」
この時、心底、スペインという国が嫌で嫌で仕方がなくなりました・・・。

私のただならぬ様子でルーマニアの彼も何かおかしいと、察したようで、
「どうしたんだ?」
と、訊ねて来ます・・・。
先ほど喜びを共有していた彼と今度は哀しみを共有することになりました。

どうにか彼も理解した様子でしたが、こんな事、ルーマニアでは絶っ対あり得ない、おかしな国だ。と、先ほどの私と同じステップで哀しみまで到達したようでした・・・。

私達はその後、とりあえずコーヒーを飲みにバル(喫茶店)に入ったのでした・・・。



aokijuku at 12:06│コメント(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
月別の記事一覧
最新コメント