2011年08月21日

スペイン体験記  その12

翌日、パスポートコントロールに勤めている、名前は確か…ハッサムさんだったと思います。

が、紹介してくれた宿まで迎えに来てくれて、旧市街を案内してくれました。 流石にハッサムさんと一緒にいると、勧誘してくる人はおらず、怪しい細道も心強く探索することが出来ました。
暫く、街並みを歩いているとハッサムさん、ある店の前で歩を止め、「ここは、私の友人がいる店で、とても良い品揃えの所だよ」
と、私のハッサムさんに対する信頼、心強さがマックス状態の時、実に絶妙なタイミングで勧誘してきました。

私も、買うかどうか、分からないけど、見るだけなら…と、何の抵抗もなくそのお店に入りました。 店内は見事なペルシャ絨毯が大小、様々に展示してあり、本当に色彩も見事でした。すると、奥から見事な髭を蓄えた店主らしき人が顏を出し、二階にある別室に案内されました。

ハッサムさんと別れる事に一抹の不安を感じましたが、彼は、「どんなに時間がかかってもいいから、待ってるよ」と、笑顔で彼もまた、別室に消えていきました。
店主は二階にもある絨毯や民族衣装を誇らしげに紹介してくれ、更に自分の日本人の顧客リストを見せてくれ、とても日本、日本人が好きだとアピールしてきます。そのアピールが逆に怪しさタップリだったのですが、どこか憎めません。
私の中でお土産を購入する予定はなかったのですが、店の雰囲気にやられてしまったのか、フードコートのような民族衣装、ジュラブが欲しくなりました。

昨夜、紹介してくれた宿が500円、食事も100〜200円あればかなり豪勢に食べられたので、私の中の、現地、モロッコでの価値観の感覚で、2000円だったら買おうと、心に決めて店主と交渉に臨みました。
店主は絨毯に座るように薦めてくれ、私が選んだジュラブを15000円だとどうだ?と、ふっかけてきます。こんな交渉は生まれて初めてだったのですが、海外にいると防衛本能が働くのかどうか、警戒心だけは高くなっていたので、ギリギリの所まで自分が買っても良い値段はいうまいと、慎重に話しを進めていきました。

直ぐに5000円まで値が下がったのですが、そこからがとても長い道のりでした。店主さんも一時休憩とばかりに階下からミントティーを持ってきてくれました。
店主は5000円以下では譲らないぞと、私にジャブを放って来ます。まずはこのジュラブが厳選されたラクダの毛で出来ている事やたくさんの写真を見せてくれます。
私は早くも自分で購入を決めた値段を盾にして、自分は貧乏学生でこれ以上出すとスペインに戻る事が出来ないんだと、力説します。
更に微妙に4500円まで下がりました。

ここまで30分ぐらいは経過していたのですが、いつの間にかこの値段交渉に本気で取り組んでいる自分がおり、最初はそこまで欲しいと思っていなかったジュラブがとても、欲しくなっていました。

店主は戦術を変えてきました。このジュラブを作ったのは実は自分の女房と娘だと、写真を見せてきます。高い山の上で作っていてとても大変な作業なんだと。少し、泣きも入ってきました。こう言ってはなんですが、直ぐにウソだとわかりました。
私も負けずに母親を病気にして泣きを入れます。更に父親には死んでもらいました。

この時、一時間は経っており流石に疲れ果ててきました。なかなか折り合いがつかないと判断した私は交渉では最終手段であろう、
「もう、いらない」
を放つと、店主さんは最高に悲しそうな表情で、紙切れに2500円と書いてきました。

ここに来てこの値下げ、私は「勝った!!」と、内心、喜びつつも、極力、表情には出さずに「今日の食事を抜けば買える値段だから、頂きます。」と、苦しい言い訳を吐きながらそのジュラブを身につけました。

下に降りるとハッサムさんは既に姿が見えなかったのですが、初めての値段交渉で、自分の第一印象にかなり近い額で購入出来た喜びと、店主に対する勝利感とで店主に挨拶をして店を出ました。
一歩、外に出るとまた、勧誘の嵐でしたが、気分が良かったので、
「このジュラブ、いくらだと思う?」
と、聞くと
「ん?まず500円以上だったら買わないな」
と、耳を疑う答えが返ってきました。

勧誘される度、質問してみました。
答えは300〜500円でした…。
先程の勝利感は消し飛び、通りすがりの観光客が現地の感覚で買い物は出来ないんだと思い知らされました。

宿に戻る道すがら、更に疑い深くなった私は、ハッサムさんは全てこうなる事を予測した上で、声を掛けてきたのではないだろうかという思いに至り、だとしたらハッサムさんの勧誘方法は実にスマートで、太刀打ち出来ないなぁーと、また、モノを買う時の値段を自分で量るのは何て難しいんだろうと思いました。


aokijuku at 00:03│コメント(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
月別の記事一覧
最新コメント