2011年07月16日

スペイン体験記 その11

ようやくマドリッドでの拠点を得て、本格的に音楽院に入るための準備に取り掛かることになったのですが、ここに至るまで自分の中の価値観が目まぐるしく変化した時期でもありました。

とにかくどんなに虚勢を張っても通用しない現実が異国にはあるということをとても痛感しました。そして世界はとんでもなく広いという現実にわずかながら触れることもできました。
また、横道に逸れてしまいますが、当時はまだEU統一前だったのでビザ抜けという裏ワザが通用する時期でした。滞在が許可されている期間ギリギリまでその国にいて、他国に一度、滞在してまた、その国に戻って滞在するという方法が法的に許されていた時期でした。

私もそれで一度、モロッコに行き、ビザ抜けをしたのですが、またスペインとは異なる文化を持つ国でした。

モロッコに着くやいなや、凄いのがしつこい勧誘です。
ようするにホテルや店を紹介したり、自らガイドを買って出て、料金を請求するということなのですが、とてもウンザリするぐらいしつこい勧誘の洗礼を受けました。
同時に彼らの語学能力の高さにもとても驚きました。彼らはアラビア語は勿論、フランス語、スペイン語、英語、片言の日本語にも堪能でした。
パターンとしては日本語、英語を交えて話しかけ、少しでも反応があると食いついてなかなか離れません。
数メートル歩くごとに寄ってくるものですから中々、進むことも困難でした。色々と対応を重ねるうちに最も効果があったのが、
「ごめん、俺、ここに住んでるから」
と、返答すると皆、興味を失って去っていきました。

やっとパスポートコントロールの場所に辿り着き、スタンプをもらい、一心地ついていると、今度はパスポートコントロールでついさっきまでスタンプを押していた人間が“今日はどうするんだ?”と、話しかけてきます。“もう少しで終わるから待っててくれたらいい宿、紹介するよ”と、人懐っこいのか、少しでも異国の人間からお金を引き出そうとしているのか、とにかく逞しい人ばかりです。
ただ、この時、あらゆる勧誘を受けたのですが、直感的に今までの勧誘とは違うものを感じて彼に付き合ってみることにしました。

ホテルも食事をする場所も異様に安くて良い場所を紹介してくれました。
彼、いわく、余りにも怪しい勧誘が多すぎて観光客にモロッコという国が誤解されてしまうのは極めて遺憾であるからと、いうのが彼の言い分でした。

私にとってはとても幸運な出会いでした。

・・・ところが、彼のほうが一枚も二枚も上手だということが判明したのは翌日になってからでした・・・。



aokijuku at 00:03│コメント(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
月別の記事一覧
最新コメント