2010年12月27日

【明日の世界】No.52「不登校生」その2

Nさん簡単にあきらめないところがウイーンで学んだ一つかもしれません。
子供ミュージカルに関心あるところはどこかインターネットで調べましたら静岡が浮かび上がりました。そこでNさん静岡市に電話したら話を聞きたいとなりました。
 青年会議所が話を聞いてくれて、PTAとタイアップして市内の小中学校にミュージカル出演者募集となりました。ポイントは不登校生大歓迎としました。
 オーディションを受けた子供全てを一次審査合格としたところがウイーン流と言うかN方式と言うかとにかく合格したとなったら不登校生に変化が現れました。TVの向こうの世界が自分の世界になってきたからです。
 二日間の講演にはお金もかかります。静岡市も青年会議所も市内のの商店街も協力してくれて600万円が集まりました。最初は脚本代にもお金がかかります。二日間四回の講演が無事終了しいましたが
なんと不登校生の四分の三が見事に回復したそうです。ミュージカルにトライすることはそれだけインパクトがあるようです。
この春に港区も静岡の応援を得て同じミュージカルを演じましたが静岡のスタッフも応援してくれて大成功しました。静岡からの出演者を呼ぶに当たって貸し切りバスを一台チャーターしましたがここにも工夫があって、
終わったらデズニーランド行くことで気持ちよく父兄がお金を出してくれたそうです。
 全国に不登校生が12万人いるそうですが、Nさん方式で75%治るならこれは大変なことです。問題は関係者が聞く耳を持つかです。Nさん方式を普及するべく我々も応援したくなるところです。


kiyoshi_kawabe at 00:00│
月別の記事一覧
最新コメント