2010年02月13日

フクオカマーケット

福岡に笠榮一という知人がいます。実に精力的な人物です。
1943年生まれの66歳ですが、今日東京に出てきたと思ったら、翌日には沖縄にいて、翌々日には韓国といった具合です。(少し表現がオーバーです。)重い荷物(キャリーバック)を引きずって歩速が又早いのです。一般の人の倍速です。並んで歩くのに息切れします。この笠さんがコーディネーターとして参画している「フクオカマーケット」があります。協会会長は九州電力(株)相談役の鎌田迪貞氏です。協会会員、銀行・商社・メーカー・証券会社等での様々な分野から参加しています。
毎月マンスリーマーケット(毎月20日頃)を開催し、ベンチャー企業の資金調達、販
路拡大、技術の提携、業務提携などの支援をしています。又、年2回(毎年1月、7月)展示会等を開催しています。このマーケットは福岡だけでなく、九州全域、日本全域、アジア地区(福岡、アジア新時代創造特区)にも拡大して、新しい出会いの場を設けています。3月18日のマンスリーマーケットには、河辺さんの紹介で知り合った大坪風貴子さんが支援している高性能マスクを開発販売している螢皀船ゼ(鳥取市)と私の関係先でLLC(新時代の蛍光灯)の販売元、つばさインターナショナル(有)が参加します。
地方発信ですが、新しい出会いの場として期待できます。景気低迷、アジアに追いつ かれ、追い抜かれ、日本政府に期待が持てない時代に、地方が頑張っています。青木塾の皆さんもぜひ参加してください。
(財)福岡県産業・科学技術振興財団。ベンチャーサポートセンター
     http://www.ist.or.jp/ven/


aokijuku at 00:05│コメント(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
月別の記事一覧
最新コメント