2010年02月18日

【青木塾便り】No.36「山元雄二郎博士」その13

「ご冗談でしょう、ファイマンさん」
1965年に朝永振一郎博士とともにノーベル物理学賞を受賞したカルテック教授のファイマン博士についてお話させてください。岩波現代文庫から「ご冗談でしょう、ファイマンさん」が出版されていますが21版としっかりとファンを掴んでいます。
1988年没とありますので、小生がカルテックの教授専用のカフェテリアで隣の席に偶然見かけてから20年以上たっていることが分かりました。当時ふくろうの聴覚を研究していた日本人のA教授に呼ばれて、お話をきいているうちにランチタイムになったので上記カフェテリアでランチをご馳走になった時、A教授がこっそり耳打ちして、河辺さん隣にいる方が有名なファイマン博士ですよと教えてくれました。
名前ぐらいは知っていましたが、著書を読んだこともないので、日本から上記本を取り寄せて読み始めました彼が金庫破りの名人だと言うことが分かりました。趣味として重要書類〈原子爆弾の書類等)が入っている金庫のナンバーを数分で解読すると言う技です。
ちょっと上記本の一節をご紹介します
「僕に金庫破りの術を教えてくれたのはレオ・ラバテリと言う男だ。実のところありふれたエール錠のようなタンブラー(翻転式)錠を開けるのはごく簡単なのだ。まず鍵穴にねじ回しを差し込んで(穴がよく開くようにねじまわしを横から押す必要がある)回してみる…とあります。
実はこれからが本当にあったお話です。
家族を日本に返したので会社の近くのマンションに移り住んで独身生活をエンジョイ?していました。週末はゴルフをするのが一般的パターンです。
ある日ゴルフの帰り疲れてマンションに帰って、ベットの上で日本から取り寄せた「ご冗談でしょう、ファイマンさん」を読み始めましたがすぐうとうとと寝てしまいました。ちょうど金庫破りのページを読んでいたところです。そのうちことことと言う音に目が覚めてなんの音だろうとじっと耳を研ぎ澄ませました。どうやら部屋に入る時ドアをしっかり閉めないで入ったのでこそ泥が入って別室を物色していることが分かってきました。財布は枕元においてありましたが、さあどうするか、泥棒!と大声を出して部屋に乗り込むのか、もし大男で逆にやられてしまったら大変なことになるさあどうしよう。あの数分は決断の躊躇に恐ろしくなりました。結局枕元でかけていたラジオの声を少し大きくしてここに人がいるぞと知らせたつもりになりそのままじっとしていました。
そのうちドアの閉まる音がしました。廊下を追いかける勇気もありませんでした。被害は小銭箱約20ドルだけでしたが、あの数分は今でも思い出すとぞっとします。まったく偶然にファイマンさんの金庫破りのページを読んでいただけに懐かしい出来事でした。次回は人間・動物の予知能力についてお話します。…続く

kiyoshi_kawabe at 00:00│コメント(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
月別の記事一覧
最新コメント