2022年01月

2022年01月08日

ビュッケブルグ歳時記 264

2022年はパンデミーの終わる年となるでしょうか?

 この問いに答えるのは新しい連立党SPD(社会民主党)の K.Lauterbach (ラウターバッハ)健康大臣です。彼は Duesseldorf 大学で Dr. Med を取った後アメリカに渡り Havard Uni. で Epidemiologie (流行病学)と 健康経済学を学んだ経歴を持つ学者で、パンデミーが蔓延っていらい、参考学者として新聞やTV のメデアで意見を発表してきた学者です。前期の政治では党が違っていたので、大臣の席はなかったのですが、昨年のSPDの勝利で健康大臣となったわけです。

 2021年のクリスマスも人間間のコンタクトは最小限に制限され、新年に向けての最後の日の夜半を彩る花火の饗宴も一昨年に続き禁止されて、寂しい静かなジルベスターを強いられた市民はパンデミー政治政策に不服も多く、クリスマスから新年かけての休日は多くの都市で接種反対などの反抗デモが頻繁に行われていました。

 新年になってオミクロン患者が増え、その対策に今は第一線に立って活躍している 健康大臣の考えと方法をお知らせしてみます。

* 今週の金曜日に開かれる閣僚会議では隔離期間を短くすることを決議する、との大臣に、質問者は懐疑の意を示したようですが、答えはオミクロンは感染者の体内に止まる時間はデルタヴィールス に比べて非常に短いので危険性はない。

* コンタクトに関する政策はこれまでと同様でこれを緩めることはできない。

* オミクロンはデルタ・ヴィールスよりも危険性が薄いと言われているが、残念ながらこれを証明するデータが少なすぎるので、確信には至らない。

* 再度、コロナとの生活に戻っての質問になるが、16の州のうち、5州が学校での普通の授業を始めたが、この件についての大臣の意見は「この国の教育は州に高権があるので自分としてはそれを尊敬し、口出しをすることはできない。
ただし流行病学者としては学校でのマスク着装義務の必要性は指摘する。ヴィールス感度が低いということはマスクを使用することで被害を防ぐことが大きい」との意見を言っています。

* 2022年の接種薬の供給は、毎週10Millionen Dosen を用意したので、この数の接種が可能である。Biontech は依然として不足がちなので30歳以上の男性には Moderna を使用している。

* 「連邦議会は接種義務を決議するか」との質問への答えは「下院議員としての自分の意見は18歳以上の国民には必要だし義務とすることは正しいと思う。これは杓子定規的ではなく記録簿などを使うことなく施行されるべきだ。

* 四回目の接種が必要となる可能性は自分としては高いと思われる。オミクロン・ヴィールスは今までの結果が70−80%と成功率が完璧でないから。

* 最後に、パンデミーが2022年に終わる可能性については「成功率はヴィールスの発展状態と、我々が行なっている接種運動の結果にかかっている。接種運動が成功すれば パンデミーはエンデミー(エンデ=Ende= 終わり)となり得る」

 この最後の項、パンデミーがエンデミーとなることは今は全世界の人たちの願いだと思います。
 パンデミーによって制限された自由を少しでも早く取り戻すためには、自分のためと世界の人間のために接種をするべきだと思います。
 いろいろな形の「自由」に気づき、そのあり方を考える時でもあるような気がします。


 今年がエンデミーとなる良い年になりますように願いながら・・・


aokijuku at 00:30|この記事のみを表示コメント(0)
月別の記事一覧
最新コメント